2014-06-05

http://anond.hatelabo.jp/20140605182337

ウィキペディアによると、

黄砂は、

北京では粒子の直径がおよそ 4 – 20 μm 、発生後 3 – 4 日経って到達する日本では 4 μm 前後という調査結果がある

PM2.5は、

大気中に浮遊する微粒子のうち、粒子径が概ね2.5μm以下のもの

とあるから

日本に来る黄砂PM2.5 というより PM10 という範疇に入りそうだね

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん