2014-04-08

自殺を考えていたけど辞めました

http://anond.hatelabo.jp/20140408212848

http://anond.hatelabo.jp/20140210175751


はじめに、本当にid:aukusoeなのかどうかは断言しません。

ただ、僕のことをそうかも知れないと分析してくれる人がいることへの感謝です。

ぶっちゃけ、それがあのビリーブなんちゃらだろうと、青二才であろうと決めつけられていたとしても、この感謝の気持ちは変わりません。

僕のことをそこまで分析してくれたという事実けがただただ嬉しいのです。

あれから二ヶ月がたった。

会社も辞めたし、静岡の祖父のお墓に手を合わせにいった。

もうやることは何もないと思っていた。

だって、誰も見つけてくれないから

もう消えればいい、死ねばいいそう思った。

医者はただただ薬の量を増やすだけだった。

けれど、薬を飲んでいる間は楽になれたから、それはそれでよかった。

でも僕はやっぱり誰にも見つけてもらえていなかった。

会社はもちろん、両親も、友達も、誰も僕を見つけてくれなかった。

見つけて欲しかった。

「よう、吉田!」って声をかけて欲しかった。

誰かとたわいのない雑談がしたかった。

今期のアニメの話がしたかった。

昔のアニメを見返した話がしたかった。

ボトムズ面白い話をしたかった。

ポケモンの対戦がしたかった。

ポケカを買ったのでデッキを貸してあげて対戦したかった。

Xbox360オフラインCoopプレイの実績を解除がてら色々遊びたかった。

僕は誰かに心配されて、かまって欲しかった。

でも、僕は誰かに見つけてもらう努力をしていなかった。

だって、僕はブログ更新はもうほとんどしていないし、Twitterでもろくに呟かない。

はてブはかろうじてやっているけど、有名アルファブクマカーにはほど遠い。

みんな誰かに好かれる努力をしているんだと、始めて気づいた。

両親が離婚したときも、学校のみんなにいじめられたときも、僕は誰かに好かれる努力を、

僕自身をさらけ出すことを恐怖していた。

から、誰も僕のことを見つけてくれなかったんだ。

でも今日、誰かが僕のことを見つけてくれました。

誰かが僕のことを興味をもってくれていることがわかりました。

そう思えたとき世界が変わる、ことはありませんでした。

うつ病銀の弾丸はないのです。

ただ、それでも、僕はこの場所に今こうしていることが幸せだと感じてもいいのだと自覚しました。

コウモリさんを擁護したり、

pkmさんやmetrogさんと増田の記事をブクマして「案外これは伸びなかったねー」なんて言うかのように無言のコミュニケーションをはかったり、

cider_kondoさんがトピシュさん関連の面白いブコメスターをくれたり、

sys-artsさんIT系ちょっとした面白いブコメスターをくれたり、

増田で夜中までくだらないことをダベったり、真面目に議論をしたり。

時には釣り記事をたてて、ブクマ数がどれだけ伸びるのかを観察して反応を楽しんだり。

(ただ、これは前回の自殺云々の件が歴代最高ブクマ数だったのでもう辞めてます

そういうはてな村生活が、そういう増田での活動が、僕はたまらなく幸せだと感じています

増田の11人の一人でしかない自分ですが、この十人は僕の人生の中で始めてできた友達です。

スターフレンドたちや、お気に入りに入れてくれてる人もそうです、僕の友達です。

みんなはてなが繋いでくれた友達なんです。


もちろん、先ほど言ったようにうつ病には銀の弾丸はありません。

ですから、また不安感が募り、どうしようもなくなることがあったり、増田愚痴を書いたりすることもあると思います

でも、今までのような「見つけて欲しい」「居場所が無い」という気持ちにだけは絶対になりません。

僕ははてな村増田にいて、idがあるのですから


今日こうして誰かに見つけてもらえたことで、僕は自殺を辞めますし、これから自殺しません。

見つけてくれた人、本当にありがとうございました

また明日からゲーム日記を書き続けようと思います

本当に、本当に、ありがとうございます

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん