2014年04月07日の日記

2014-04-07

自由恋愛欧米に学ぼう

少子化対策に一番いいのは自由恋愛作法欧米人から学ぶことじゃないかと。

俺らって自由恋愛必須な世の中に生きてるのに、未だに昔ながらの親同士が持ち合った相手と結婚することを前提とした学生生活送らされるじゃん。

自由恋愛自然な流れで発達する文化の中で生きれてないじゃん。

俺ら学生時代ダンスパーティとか男女でメシを食うなんて表向きご法度だったじゃん。ごく少数のいきがってる奴だけが裏で女と付き合ってた感じでさ。

それでいきなり適齢期になったら自由恋愛を始めろなんて無理な話よ。

やっぱさ、学生時代大勢の男女が形式的に戯れられる機会があるってすごく大事だと思うわけよ。

日本でも昔はあれだろ?農村地帯お祭りで男女が一緒に踊ってたんでしょ?夜這い文化もあったわけで。

草食系とか恋愛ベタって言っても結局は男女で触れ合う機会が少ないのがそもそもの原因でしょ。

普段から女と近づいて楽しく触れ合う機会があったら男はどうしたって女に向かっていくようになるよ。そういう生き物だから

それも街コンとか婚活パーティとか最初から付き合うことを前面に押し出しものじゃなくて、表向きはこの地域じゃだれでも参加する遊び、って感じにしておく。

そうしないともしうまくアピールできなかったり相手ができなかったりしたら男はカッコ悪くて誰も参加しなくなる。

そういう男女の戯れの機会を半強制で公式に開くことが男の本能を刺激することになると思うよ。

欧米ってそういうの凄く発達してそうだよな、ドラマとかでしか知らんけど。

笑っててもいいかな?

 フィナーレに関する目に留まったいくつかの……多くの記事と多くの部分におよそ三十年分の記憶との齟齬があり、明石家さんを軸に百字で収まらぬあれこれを書き留めておこうと。

笑っていいとも!最終回スペシャルで、明石家さんまはこう考えていた~エムカクさんによる文字起こし - Togetterまとめ http://togetter.com/li/651874

 文字起こしではなくライブ関西ローカルラジオを全国の明石家さんファンが聴けば、おそらくその数は激減すると思う。伊集院ラジオを聴きスタッフ馬鹿笑いにたちまち拒否反応を起こす関西人よりも多かろうと。

笑っていいとも!」へのたけし乱入はたいした事件ではなかった。登場でいきなり出演者の首を締め上げるのは当時からお約束。たけしが人選を間違えて変になった。「お笑い論を偉そうにぶっていた康夫にカチンときた」といった経緯もない。そもそも初期のいいともアングラ芸人タモリを始めとする監督芸術家作家アナウンサー文化人が時事風俗を斬る、社会風刺を主とする番組であったのだ(田中裕子回必見の安産祈願を巡る宗教団体の抗議等々により、観覧客だけでなく視聴者にもタモリは恐怖感を抱いてしまい、ゆるいお笑い路線となった。最終週の後説で安産祈願ネタタモリがややムキになって話していたのが感慨深い)。ほぼ初対面で髪をぐしゃぐしゃにされた康夫がむくれたのはたけしのミス。後のインタビューで「あそこで俺の首を締めかえしたら成立したのに、これだから作家ダメ」とたけしが語っていたが、芸人矜持を偉そうに語るなら当時毒づいていたタモリに(大橋巨泉なぞに認められる奴はそろって贋物だとか)いけよと思った。たけしオタクを自負する太田ならこのインタビューも当然読んでいたはずだが、フィナーレでは反撃を恐れて放りっぱなしで逃走、康夫は仕方なく傍の田中裕二に組み付いたが本気で抵抗され、諦めて壇上を降りる康夫の背中に裕二は蹴りをかます(当たってはいないが)。「あいつは、テレビの前の皆様に向けてじゃないんですよ。あれは俺に向けてやりよったんですよ」は明石屋さんの自意識過剰だと思われ。あと、いいとも降板は選手権で笑いを取ったことを責められせいではなく、制限時間オーバーで失格と裁定されたのが気に入らなかったため。

 鶴瓶ヤンタンも聴いたが、同じく最初に読み上げられたリスナーハガキが「師匠の引き際に感嘆した、素晴らしい」だったのが象徴的。共演NGが本人よりも外野スタッフ死活問題に帰するという見解は正しいのではと考える。さんま毒舌というより真正から他者批判を聞いていれば、共演を避けるよう周囲が動くのも仕方ないなと。さんまはNGが多いタレントという印象。徳光とのNGは徳光側の意向もあるのだろうが、「次番組に呼んだら俺は降板する」とからくりTVのスタッフに伝えた野村克也のケースは異例だろう。ひょうきん族とんねるずが出演した際、石橋に今後の相談を受けたさんまは、お前らなぞ眼中にないとばかり、そのままでええんちゃうと軽くいなしてやったと得意げにラジオで語っていた(のりお石橋はともかく木梨なんて竜介レベル、すぐに消えると言っていた)。石橋関西芸人敵視になったのも仕方ない。夕ニャンが終了した際は「フジテレビとしてはとんねるずよりおニャン子が惜しい、大事」と素人の私も首を傾げる業界事情を報告していた。松本に関してはさんまのまんま登場時の松本へのスカシや、最近も「すべらない話」なんて掲げる自体お笑い失格、恥ずかしいと語っていたが、吉本芸人同士、両者に重なるスタッフもいてあからさまな共演NGとはならなかったのだろう。後輩の松本配慮していたというのもある(まんま出演後は自らの失敗と反省していたし、「まだまだ売れるわー」の連呼もそう)。浜田に関しては先輩である寛平の頭を叩く行為に怒っているという噂も聞いたが、フィナーレでミニコントしたり、太田への浜田の苛立ちを腕を抑えて笑いにしたりと決して険悪な関係ではないのだろう。

 長々になってしまったので他の関係は駆け足で。

 太田談志後継者らしく政治的に動く人という印象(談志と揉めた後、業界の偉いさんらに悪口言い触らされたとたかじんがぼやいていた)。タモリさんま石橋があの芸風を好んで許容しているのかはなはだ疑問。ファンには「プロレスをせず、真剣で戦っている唯一の芸人なのだろうが、もしも浜田ツッコミを振り切り、例の客席、視聴者へのつまらぬアピールをやったら、浜田は加減なしでケツを蹴り上げる。今田東野宮迫もその覚悟を持ち共演しているが、怪我でもしたら社長吉本に大人の申し入れをしそうでなんとも。土下座事件は噂の真相事実のように書かれていたがこちらもはなはだ疑わしい話。たけし後継に勝手に名乗りを上げるなとプロレス好きの弟子水道橋が乗っかっただけのように思われる。太田が著書で松本批判をしたのは確かなので、ライバルとしてではなく、何が面白いのかわからぬ後輩の売れっ子がこっちにからんでくるなと、俺らウンナンとは違うからなという程度だろうと(太田は「笑いの殿堂」でメインのウンナンの悪口陰口を石塚英彦と一緒にくっちゃべっていた)。

 たけしに「男気」を感じたことは一度もない。その類のエピソードが語られるたびに、正月フジヒットパレードでの松村との初顔合わせのVTR、どこかに残ってないかと思う。最終回いいともの辞もありきたりのベタ。「似非インテリ集団」に担がれたが自虐ネタになってないのは辛かった(山下赤塚浅井慎平高平哲郎に比べ高田文夫テリー高信太郎はいかにも山師っぽい。筒井康隆タモリ小説に登場させたほどだが、たけしについては俺の毒舌二番煎じ、ぐらいに考えていた節がある)。

 ナイナイも当初は太田批判をANNなどで話していた。とんねるず世代で、舞台漫才ではなく、あくまでもテレビに出たい人。芸人ダメだしするなと中居批判、下駄を履いたジャニーズ批判もやっていて、めちゃイケ共演までははっきりと敵視していた。いいともへのレギュラーが決まった際は「見つかってもうた」と嘆き(有吉のバカに見つかっちゃったの先行事例)、その「タモリ愛」もジャングルTVから始まったものだといえる。ちなみに東野のツボ芸人は「さんまスポーツするぞ」で会話に割っていけず泣きくれたナイナイ矢部いいとも後期の森脇健児、どSの中川礼二現在爆笑太田

 鶴瓶はやはり怖いという印象。関西時代はたけしの何が面白いのかわからないと問うていた(問われた相手は爆笑こそしないがニヤリとはすると答え、そんなん笑いなら爆笑させんとと)。たけしのANN開始前に鶴瓶ラジオを参考にしていたと聞き、さらに「東京進出失敗」もあり「たけし兄さん」と呼ぶように。メインではなくサブに回るのには抵抗もあったはずだが、タモリに諭されいいとも出演を続けた。タモリとは深い親交を結んだが、さらに古いさだまさしとの親交は話さなかったらしくジャングルTVゲスト出演の際の交友フリップを見て初めて知ったタモリが「え、あんた友達だったの?」と仰天していた。いいとも出演よりもさんまの「覚えてるでえ」が東京での起爆剤になったと思う。

 タイトルにした香取慎吾スピーチは印象に残った。それぞれ良かったのではないか(石橋の発言は馬鹿にしたものじゃなく本心だと思うので、タモリの反応は可哀相だった)。これ以上の盛り上がりはない、スピーチは余計という声もあるが、芸人祭りで締めればそれこそ「バラエティーのフジテレビの終わり」で終了してしまう。

 

駆け足が長くなった。ここでおわり。

http://anond.hatelabo.jp/20140407220210

なんで落とすことが決まっている人のために、わざわざコストかけなくちゃいけないの?

意味がわからない。

http://anond.hatelabo.jp/20140407220210

はじめから落とすつもりなら面接なんてやるかよ。人件費なめんな。

そんな頭だから(略

面接の順番で合格不合格が決まってる

俺が経験した所では20社中17社は最後だったが落ちた。

残り3社は朝か昼過ぎ位で受かった。

やっぱ面接官が疲れる時間帯に持ってくのは初めから落とす目的なんだろうな

http://anond.hatelabo.jp/20140407201052

なんでも聞いて、と言われなんでも聞いたら

具体的にやりたいこと決めてから来て、とか言われて

こんがらがったあの日

アフィブログを「まとめブログ」と呼ぶ謎

2ちゃんねらーが一番嫌ってるのは他人の褌で相撲を取って利益を得る乞食

まりアフィブログは、アフィリエイトを行ってるブログ2ちゃんねる運営の許諾なく勝手著作物を利用して金儲けをしている。

このような違法行為に対してニュースサイト著名人は皆アフィブログを「まとめブログ」と呼ぶのである

考えてみれば、至極明快である

昨今話題となった通称ステマ騒動に起因する。

ステマ騒動ことステルスマーケティング商法を扱った問題では、代表例ではやらおん管理人アニプレックス要望に従って意図的2ちゃんねるの内容を歪めて記事にしていた事で

広告収入などアフィリエイトによる利益を得ていた問題である

これらから類推するに、結局この手のアフィブログを「まとめブログ」と呼ぶ現象というのは、双方グルだった場合である

これまた代表例で食べログステマ騒動があったが、こちらを見ても業者が介入し、あたかもその商品は絶品である賞賛した書き込みが多くなされた問題である

このように、アフィブログステマは切っても切れない関係であり、ステマ元が依頼した広告商品があり、それを記事にすると報酬が貰える至極当然のように思われがちである

しかしながら、前述したようにそれは、2ちゃんねるの許諾なく行われており、きわめて悪質なものである

そのため、大手の「アフィブログ」を扱う有名ニュースサイト(殆どが依頼元、アニプレックスなどや広告会社運営)や著名人(も依頼元であったり、コネ)がこの違法行為を黙認してあまつさえ

まとめブログ」と総称するのである

やはり謎である

何故(2ちゃんねるには許されないのに周囲には)許されてしまっているのか、本当に謎である

大学入学したけどさっそくさぼっている奴ちょっと来い

大学入学したけど、履修登録前だからって大学さぼっている奴は明日からでも大学行け。

今なら、みんな知り合いつくりたがっているから早く友達つくれ

時期を逃すと、大学友達いなくなってつらい日々をすごすことになるぞ

  

高校までは学校にいる間、ほぼ同じ教室で過ごすクラスがあるから

嫌われ者かいじめられっ子はいても、誰にも名前が知られていない奴っていうのはまずいない

  

でも大学高校まで見たいに毎日同じ授業を受けるクラスとかはないので

学校の誰にも名前が知られていない奴にはなりうる

クラスの中で人気者だったような性格人間でも結構そんな状態になる奴はいる。

そして大学を自ら中退することになる。

 

かくいう自分大学入学したてで履修登録前の単位にならない授業を受けてもしかないと

最初にさぼって、上記に近い状況になったので大学卒業はしたが結構きつかった。

 

下のURL漫画サンプルみて、

こうはこうはなりたくないと思った奴は明日からでも大学行くんだ。

文系大学は後からいくらでもさぼれるし長期休暇も長いから

学校生活が落ち着いてからいくらでもさぼれ

 

http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/page/index_d.htm?tid=249407-200

http://anond.hatelabo.jp/20140407214435

増田で目から鱗が落ちる思いをしたのは久しぶりだ。なるほどな。

大多数はたしかにまともだ。

いやDISられてもいいんだけどね。それはそれで。

いやでもふと、あれ?初対面DISるってありだったけ?とフト思ったら。

DISらないほうがまともか。目からうろこ

まぁまぁまぁまぁ 軽くDISられる程度はどっちでもいいけどね。

無視られるよのなか、興味を持ってもらった分だけありがたいんだろう。

いやほんと、ふと。あれこれいいのか?と思っただけだ。

http://anond.hatelabo.jp/20140407213807

現実、道端で見ず知らずの人間DISってくるアホな男や女と遭遇したんだろ?

でもそいつら、すごく少数派だろ?

少数派だけど、DISってこない圧倒的大多数のまともな連中より、そいつらの方が気になる(目立つ)だろ?

ネットも同じ。

君の言ってることは正しくて、非常識だしマナー違反だけど、アホはいるんだからどうにもならん……。

マジで

街を歩いていると、服装がダサい女性に笑われる。男性にダッセて言われる。そりゃまぁいいんだが。

見ず知らずの第3者に対して気軽にDISっていいってのは、一部の人だけの文化なんじゃないかなぁと。

通常、見ず知らずの第3者の場合、丁寧に失礼がないように話しかけるのが社会常識で、

見ず知らずの人間にダッセっていえるのは社会的非常識に当てはまるのでは?

と思わなくもない。

まり、仲間や友達なら、出会って、お前ダッセって言うのは有りなんだが

なぜ、見ず知らずの第3者に出会い頭でダッセって言うのが有りなんだろうかと?

 

Twitterも同じじゃね?友達や仲間同士でDISりあうのはいいけど、もしくは芸能人DISるのは職業からいいんだろうが(良くないかもしれないが)

知り合いでも何でもない第3社DISるってのは、非常識というかマナー違反なのでは?というのは、真面目すぎるけどちょっと思う。

僕らは今日も醜く生きる

な、殴らせろ

何か、殴らせろ

おで、誰か殴る好き、文章で殴る、楽しい

お前、何か書け、おで、それ殴る

お前、何か書いた、よく分からない、難しい、うむむ

お前、これきっと言い訳、おで、わかる

だって、お前言い訳してるなら、おで、お前殴れる

から、それ言い訳、だから、おで、お前殴る

言い訳、殴る、そういえば何で、分からない

でも、みんなそうしてる、だから、おで、殴る

おで、殴る、好き、楽しい、簡単、楽しい

殴る、本当簡単、おでにも出来る

から、おで、殴る、全部殴る

お前、何か書け、おで、それ殴る

殴る、なぐぐくぐぐるるるるるるるるるるるるるる

安倍総理外国人労働者受け入れは実にミソジニーかつ非愛国主義であろうか

安倍ちゃんがパソナ竹中平蔵の入れ知恵に耳を傾けて将来的に始めようとする外国人労働者受け入れ体制に関して

安倍ちゃんは「日本女性社会進出を促すために、それを支える人材外国人を宛がう」というものであった。

実はそこに誤りがあった。

そもそも外国人労働者とはどういう人を指すのだろうか。

暗にアメリカ人ブラジル人中国韓国東南アジア人達雇用受入れという事なのか

それにしても彼らは皆男性労働者なのだろうか。

安倍ちゃんがすっかり失念している事は、日本女性社会進出にとって最も弊害だと言えるのがその外国人労働者である

外国人労働者母国家族のために日本にやってくる出稼ぎ労働者である

加えて、この出稼ぎ労働者というのは、歴史的に見てもまた現代中国地誌を顧みても男性労働者だけではない。

女性も多いのである

外国人女性労働者も多いという事は、日本女性社会進出の妨げにならないだろうか。

低賃金労働を課すためだけに外国人労働者を受け入れる体制を取ってきた安倍ちゃんにとっては寝耳に水であろう。

それだけに今回の発言は、実にミソジニストらしい発言なのである

まり外国人労働者の受け入れは、日本人労働者の職を喪失させるばかりか、日本女性社会進出の妨げにもなるのである

また、フランスドイツネオナチズムによる外国人労働者迫害に発展する危険性が将来的に出て来る可能性がある。

但し、安倍ちゃんはもう年齢が年齢だから外国人労働者に取って代わられる日本国を見る事がないだろう。

それだけに無責任な発言なのである

所詮富裕層が豊かであればいい、実家お金持ちの坊ちゃん政治家はいつの日も労働階級に厳しいのである

由紀夫ちゃんもそうであったように安倍ちゃんも結局同じ穴のムジナであったのだ。

>誰もがついていける人にならないといけないと、誰も教えてくれなかったんだろう。

えっそうなの?

ならんといかんの??

うあー、やだやだ

http://anond.hatelabo.jp/20140407191918

自覚があるなら、あとは訓練の問題だと思うけどな。批評され慣れてるかどうか。

身近な信頼できる人に頻繁にアウトプット批評してもらって、そこを改善する→良くなる、って経験を繰り返してると、だんだん関心が「自分がどうか」じゃなくて「どうすれば良くできるか」に向いてくると思うよ。重要なのは自分じゃなくて、出来上がるものの方。

在特会副会長八木康洋さん、人種差別で勤務先から懲戒処分

http://oyajiteki.blog.fc2.com/blog-entry-2520.html

自分思想と違う相手には会社電凸ってこれまでネトウヨが散々やってきた手法じゃんw

因果応報自分がやってきたことが自分に返って来たんだから当然の報いでしょ

自分達で「スポンサーへのクレームは正当な戦略!」って主張してやってきたのに自分がやられたら「お願いだから止めてください」ってそりゃ通らないでしょ

艦これキモすぎワロタ

内容自体別に貶すつもりはない。

あれで儲けられるならおおいに売ればいい。

私はあの声とかロリとかキモくて受け入れられないけど。

どっちかっていうと、艦これ自体キモイというより、『艦これ公式いま初めて見たが最強に気持ち悪い。』っていうヒトコトだけで炎上ちゃう艦これ厨が気持ち悪い。

少子化でJY JS JC JKは減ったがJDは減っていない

18歳人口の減少に対して大学数および大学生数は増加し続けている。

言い換えると、女子幼稚(保育)園児女子小学生女子中学生女子高生の数は減り続けているが、女子大生の数だけは増え続けているのだ。

少子化というと遠く漠然とした話に思えていても、女子学生数の減少と聞くと途端に身近な問題に思え危機感を抱く御仁も多いのではないか。

ちなみに下記表には載せなかったが女子短大生(略称JTでいいのだろうか)の数は減り続け、女子専門(専修)学生JSだと女子小学生ダブる)の数は減少傾向だったがここ5年ほど増加に転じている。

18歳大学大学生JDJYJSJCJK
1960200万人245校62.6万人8.5万人35.9万人616.6万人289.1万人148.3万人
196519531793.715.255.3478.1291.7241.2
1970195382140.625.281.9463.8230.7207.8
1975156420173.436.8112.1505.6232.7214.7
1980158446183.540.5117.7576.4248.7229.2
1985156460184.643.4102.1541.2292.2256.8
1990201507213.358.498.7457.5262.1279.3
1995177565254.682.189.0408.7223.1235.1
2000151649274.099.287.5359.6200.4207.4
2001151669276.5102.686.5356.3195.0201.9
2002150686278.6105.987.3353.6188.7194.7
2003146702280.3108.786.8352.9183.3188.2
2004141709280.9110.086.4351.8179.0183.4
2005137726286.5112.485.5351.7177.2177.7
2006133744285.9112.785.1351.1175.9172.5
2007130756282.8112.684.1348.4176.6168.1
2008124765283.6114.082.5347.7175.7166.3
2009121773284.5115.880.4344.8176.1165.2
2010122778288.7118.579.1341.3174.0166.5
2011120780289.3120.076.8336.2174.8165.8
2012119783287.6120.679.0330.2173.7166.3
2013123万人782校286.8万人121.6万人78.0万人326.0万人172.7万人164.7万人
2014118
18歳大学大学生JDJYJSJCJK

注:

・表が横に伸びてしまうので項目名には略語を使用

・JYは女子幼稚園児のみを指し女子保育園児を含んでいない

・各学生数は百の単位で切り捨て

・1960,65,70年は沖縄県の数を含んでいない

参照:

・18歳人口高校卒業者数、進学率、専門学校短大大学入学者数等の推移

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/dai11/sankou2.pdf

・各学校数、各学生数、各教員数、進学率、就職率等の推移と詳細

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001015843

簡単なことなのに

褒めるのが下手な人は上役になったらアカンよ。上役にしたらアカンよ。とはいえ、褒められずに育った人ばっかりで、そのうちにそれが正しいと思いこむ人ばっかりだ。自分の歩いてきた道を全肯定。起こってばっかりの人を見ると、家族にも、とりわけ子供にもそんなふうに接しているのかと疑問がわく。仕事仲間なんて善意で一緒にいるだけなんだから家族より扱いが難しいと思うのだけれど、実際には扱いは粗雑にすぎる。上役ともなれば、人を人とも思わない。ついて来られないほうが悪いと自己正当化完了だ。

そんなことないのにね。誰もがついていける人にならないといけないと、誰も教えてくれなかったんだろう。というと「それが社会だ」と訳知り顔に言う人がいるんだろうけど、そういうことを言ってしまう自身が不幸な道を歩いてきたことに目を向けようともしない。もっといい方法雰囲気関係があるはずなのに、そっちに進まない。自分が正しいと信じこむ。間違ってるのにね。

4月になってそういう不幸をいっぱいみかける。甘えだよね、甘え。「俺にならついてきてくれる」と信じてる甘え。

http://anond.hatelabo.jp/20140407200527

センスがある人は何やっても継続さえすれば出来るようになるし、センスが無い人は何やっても駄目。というのが真実な気がする…。

ナウシカあらすじ07

からトルメキアの王都トラスから戦線崩壊に業を煮やしたヴ王がシュワに向けて自ら出陣していた。彼もまた墓所を狙っていたのである。敗走した生き残りの兄皇子たちもまた、国境警備を命じられたものの、ヴ王の目を盗んでシュワに向かう。そして偶然ナウシカは兄皇子たちの斥候部隊と遭遇する。嬉々として彼らを撃滅する巨神兵を制止したナウシカは、彼を立派な人になるようにさとし、エフタル語で無垢を意味するオーマと名づける。

名を与えられた巨神兵は急速に知能を発達させ、自らを調停者と称する。ナウシカ巨神兵についての伝承に疑問を抱く。巨神兵とは単なる兵器ではなかったのではないだろうか?

一方難民終結地は一瞬即発の危機状態にあった。クシャナによる、ナウシカを追ってシュワに行く為の船を貸してほしい、との要請火種になり皇帝と僧会という重石がとれ権力真空状態にあった土鬼難民の間に、侵略者トルメキア軍への憎悪クシャナを標的として再燃する。クシャナももはやかつてのような攻撃性は失ったものの、自体平和的に打開する手を打つでもなく、「所詮血塗られた道か・・・」と呆然とすべての終わりを待っているだけであり、

チャルカもまた圧制者たる僧会への民衆憎悪をなだめるのに手一杯で後手に回ってしまう。しかしユパがクシャナ殺到する兵の刃から身を持って庇ったその瞬間、マニの僧正の霊が彼の体を借りて再臨し、人々の憎悪は打ち消され、衝突は回避される。「そなたには王道こそふさわしい」と言い残しユパは死に、「友達になろう」と差し出されたチククの手をようやくクシャナはとる。

ナウシカとオーマは兄皇子たちの艦隊に合流するが、ナウシカの身体はオーマの発する「毒の光」によって衰弱しきっていた。テレパシーで伝わったユパとほぼ同時に、彼女の旅にずっと同伴してきたキツネリスのテトも死に、テトを埋葬する為ナウシカはオーマとともに艦隊を離れる。ナウシカを逃がすまいとする兄皇子たちはオーマの「裁定」により艦隊から引き離され、身一つでナウシカに伴わなければならなくなる。

テトを埋葬するために降りたオアシスナウシカは奇妙な牧人に救われ、彼の庭園の館で治療を受ける。彼女の身体はみるみる回復し、とうに滅びたはずの動植物ヒドラの農夫が世話するこの館で、彼女はくつろぐと同時に記憶をなくしていく。しかし同じように記憶をなくし、かつての権力への妄執から解き放たれて別人のようになった兄皇子たちの奏でる、「火の七日間」以前の古典音楽の調べが呼び覚ました「青き清浄の地」のイメージとともに、彼女忘却から醒め脱出をはかるが、牧人に制止される。

目覚めた彼女は牧人のテレパシーによる誘惑をもはや受け付けず、牧人に真実を語ることを求める。しかし牧人は、二百年ほど前にこの庭を訪れた「そなたに良く似た少年」のことを語る。彼はやがて人類を救いたいと書き置いて、ヒドラを連れて脱出し、初代神聖皇帝になった。「そなたのしようとしていることはもうなんども人間が繰り返してきたことなんだよ」。

くじけそうになるナウシカのもとにセルムがテレパシーで救援に駆けつける。しかし、牧人もまた一種のヒドラであることを指摘するセルムの前でも、彼(彼女)の奏然たる様は揺らぐことはなく、逆にセルムを問い詰める。「青き清浄の地」に今の人間適応できずに死んでしまう。そのことを森の人は知っておきながら何故それを希望と偽るのか、と。

しかし、問答をきっかけにナウシカは一気に自体真相に肉薄する。実は「腐海」の地球環境浄化機能は、自然にできたものではなく人為の所産である。そして腐海の周辺の汚染された環境に対する人間の耐性もまた、人為的な改良の所産である。つまり産業文明末期、「火の七日間」の前後に巨大な地球環境復元プロジェクトが組まれ、そのために「腐海」という人工の生態系創造され、プロジェクトの期間中、「腐海」が副産物として生成する毒物に耐えて生延びていけるように人間も改造されたのだと。

そしてこの庭は復元された環境の中に開放されるべきものたち、農作物家畜文学芸術を保存したタイムカプセルのようなものなのだと。

「この庭にあるもの以外に次の世に伝える価値のあるもの人間は造れなかったのだ・・・つぶやく牧人にナウシカは「何故墓所には伝えるに値しない技が遺され死の影を吐き出しているのですか?」と問う。答えない牧人に「沈黙もまた答えです」と言い放ち、牧人ももはや彼女を止めようとせず、「そなたのためにこの庭はいつも開けておこう」と別れを告げる。そしてナウシカは館を脱出し、ガンシップで追ってきた風の谷の従者たち、蟲使いの若者たちと合流する。すでにオーマは、病んだ彼女を置いて一人シュワに出発していた。ナウシカたちはシュワに急行する。

シュワにはすでにヴ王軍勢が到着し、制圧完了していたが、墓所の門は閉ざされたままあらゆる攻撃を跳ね返し、逆に激しく反撃してくる。そこに到着したオーマは裁定を申し入れ、墓所に対して門を開くように通告し攻撃を加える。これにさしもの墓所も損壊するが、反撃でオーマは傷つき倒れ、シュワの市街ともどもヴ王の軍も全滅する。辛くも生き残ったヴ王とその忠実な道化の前に、門は其の新しい王を迎えるためついに開かれる。

ヴ王に遅れてナウシカも到着し、ともに墓所最深部、主の前に立つ。主はその表面に旧世界の知を記した古文字を浮かび上がらせた巨大な肉塊である。そこから人々(浄化計画を設計した旧世界科学者達?)の幻影が立ち現れ、「腐海の尽きる日」「青き清浄の地」の復活を予告し、其の準備として用意された技術の貯蔵庫である墓所を守るように要請する。しかナウシカはそれを拒絶し、「真実をかたれっ」と迫る。

幻影はかき消え主は新たに道化の口を通し、お前は人類を滅ぼそうとするのか、と責めるが、ナウシカ未来と引き換えに現在犠牲するプロジェクトをあくまで拒絶、かろうじて生きていたオーマを呼び出し、主を攻撃させて破壊する。断末魔の主の反撃からナウシカを庇ったのはヴ王であった。オーマは母の名を呼びながら絶命し、その死を哀しむナウシカはオーマとともに解体する墓所の中に沈もうとするところをアスベルに救われて脱出する。

救出されたヴ王クシャナに看取られ、彼女王位とトルメキア再建の責務を託して死ぬクシャナは「わたしは王にはならぬ すでに新しい王を持っている だが帰ろう!! 王道を開くために」と、ユパとヴ王の遺志に従うことを決意する。

ナウシカは青き衣のものとして民衆の歓呼に迎えらる。彼女自分の知りえた真実については黙して語らず、人々を欺き続けることに決める。ただ秘密セルム、森の人とのみ分け合って。

後日談としてナウシカはその後土鬼の地にとどまり、チククの成人まで風の谷にもどらなかったこと、また一説には森の人の元に去ったとも伝えられていること、そして後に「トルメキア中興の祖」とたたえられたクシャナは生涯王位につかず代王にとどまり、以後トルメキアは「王を持たぬ国」になったこと、が記されてこの長い物語は終わる。

ナウシカあらすじ06

チククとチャルカは飛行ガメで彼女を探して粘菌の合流地点へ向かう。そこで彼らはナウシカメーヴェを手に入れた蟲使いの大群に出会う。蟲使いたちは森の人の呼びかけに応じ、新たに広がった「腐海」の領有権を確認しに来たのだ。チャルカたちはユパを救った森の人の青年セルムに導かれ、奬液に包まれたナウシカを回収する、彼女は心を閉ざして眠り続けていた。

ナウシカ保護して難民終結地へ戻る途中、彼らは皇兄の乗る旗艦出会うが、そこに肉体を失った皇弟の霊が取り付いており、ナウシカ発見した皇弟はセルムのガードをかわしてナウシカの無防備な心に入り込んでしまう。

他方、旗艦チャルカ難民救出のために収集した船団に皇弟と僧会の失権を通告し、指揮権強奪した。新たな混乱を予感したチャルカナウシカセルムとチククに託し、戦火の再燃を食い止めるべく、死を覚悟して単身難民終結地へと戻る。

眠るナウシカセルムはテレパシーで呼びかけ、森の人の秘密腐海の中の最も古い土地、その浄化作用が一巡して昔の汚染されていない生態系が回復した「青き清浄の地」へと案内する。ナウシカの仮説は正しく、しかもそれは部分的にであれ現実のものとなっているのである。皇弟の霊はこの「青き清浄の地」成仏する。しかし森になろうとしたはずのナウシカはそうしない。

 「もどろうね 自分達の世界へ この世界を汚しちゃいけないから・・・・ 土の毒や瘴気に脅かされないで皆とここに住めたらどんなにいいだろう でも今の人間が知ったら また 自分達が 世界の主人だと思い始める たちまち生まれたばかりのこのひよわな土地を食べつくして又同じことの繰り返し 1000年かもっとたって あなたもっと広くつよくなって 私たちが滅びずもう少しかしこくなっていたら その時こそあなたの元にやってきます

そして希望を取り戻して目覚めたナウシカは、「私と一緒に森に来てくれませんか」と誘うセルムにも「人間の汚したたそがれの世界で私は生きていきます」と応え、ついに彼女の元に到着した従者や彼女女神と慕ってきた蟲使いの若者とともに、難民終結地へと向かう。

終結地では皇兄による粛清の嵐が吹き荒れ、チャルカもまた処刑されようとしていた。間一髪でまにあったナウシカはチククのテレパシーを通じて民衆に呼びかけ、皇帝の言いなりになってトルメキアに侵攻するのをやめるように説得する。

「土鬼の地がすべて失われたわけではありません。腐海ほとりに住みそこで生きましょう 腐海私たち業苦です でも敵ではありません 苦しみを分かち合って生きる方法を私の一族は知っています。 皆さんに教えられます 苦しみより友愛を 王蟲の心を・・・

ナウシカの説得は功を奏するが、頭上には巨神兵が到着していた。ナウシカガンシップ輸送艦ごと巨神兵撃墜しようとするが、巨神兵本体破壊することはできず、かえってそれを目覚めさせただけであった。マニ族を説得して駆けつけたアスベルから託された秘石を持って、土鬼旗艦上で巨神兵対峙したナウシカの前で、巨神兵自我を生じ、彼女ママと呼びかける。呼びかけに応じたナウシカは、この巨神兵を伴って、シュワの墓所封印すべく飛び立つ。

土壇場でのクシャナの反乱もあってすべてを失った皇兄は「俺はもう生き飽きた なにをやっても墓所の主の言うとおりにしかならん あとはあの小娘が背負って立てばいい」と言い残し(ここまで単行本6巻

ナウシカあらすじ05

ところがちょうどそのころ聖都シュワの墓所に戻った皇弟は、神聖皇帝の片割れ超能力を持たないが故に組み敷かれてきた皇兄ナムリスのクーデターによって殺されてしまう。皇兄は人工生命、不死身の怪物ヒドラ軍勢を従え、「恐怖と歓喜の火のような日々を生きるために」自ら出陣する。

ついに本格化した大海嘯の中、いまや戦線は完全に崩壊し、トルメキア軍も土鬼各国の軍勢も撤退を開始し、大量の土鬼の民衆難民となって動き始めた。その混乱の中ナウシカを探すユパたちは、脱出方法を失い、兄皇子捜索隊が来たらその艦を乗っ取ることに一縷の望みを賭けて待ち伏せていたクシャナたちを発見する。

クシャナは部下の生命と引き換えに降伏する。アスベルはペジテの仇を前に激昂するが、ユパの説得により復讐を思いとどまる。救出されたクシャナはユパに、大海嘯の後にこそ、残された土地をめぐって戦火が再燃し、より多くの命が失われるのではないか、と問う。かつて古エフタルがそうであったように。「真の王道を歩むものが出現しなければ人間は滅びる。」と彼女他人事のように言う。

ナウシカたちは粘菌の追跡と難民の救出に奔走するが、粘菌の勢いはとどまることなく大地を呑み込んでいく。「どんな生命でも喜びや充足を知っているのに、憎しみと恐怖しか知らない」粘菌ナウシカは深い哀しみを覚えるが、その粘菌を追跡して力尽きた「腐海」の蟲達の死骸を苗床して生えてくる「腐海」の植物の芽を見て、新たな結論に到達する。

「助けを求めている南の森」とは、人間の作った粘菌蹂躙される自然のことではなく、異質な環境に放り込まれて恐怖に怯えていた粘菌自体のことだったのである。蟲達は粘菌を攻撃するためにではなく、それを食うことによって「腐海」の生態系の中に取り込んで安定化するために来たのだ。この結論に絶望したナウシカは、暴走する粘菌の合流地点で蟲の群の本隊、王蟲たちの到達を待ち、そこで、ともに「森になろうとする」。しかし死に際の一匹の王蟲彼女を飲み込み自らの漿液で保護し、かのじょはそのまま眠りに付く。

ユパとクシャナクシャナの軍が立てこもるサパタ都城に到着するが、そこはすでに瘴気に覆われ、本隊は脱出した後で、わずかな留守番兵士達はヒドラに襲われて全滅していた。さらにそこに襲来したヒドラ部隊クシャナ拉致され、後を追ってヒドラの母艦にとりついたユパは皇兄に会う。

彼はクシャナを妻としてそのトルメキア王位継承権と第三軍を手に入れ、トルメキアに侵攻して土鬼トルメキア二重帝国を作り上げようと野心を抱いていた。生き残りの兵を救う為にクシャナはその提案を受け入れる。

難民達を指導して何とか秩序を取り戻そうとするチャルカは、民衆大海嘯の到来に絶望し、彼らを救いに飛び回ったナウシカを「青き衣の者」、ただし現世において救いを示すものではなく彼岸へと救済をもたらす者と信じ、腐海に没した故郷で安らかに死にたいと願うのを見て焦燥に襲われる。「おなじ予言が時には生への希望と成り時には彼岸への憧れとなる」。「僧会は人民になにをしてきたのだ虚無をはびこらせただけなのか・・・・」

王蟲の中で眠りについていたナウシカからテレパシーが途絶えたので(ここまで単行本第五巻)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん