2014-03-10

マスコミが報じない大阪市長選真実

下市長の辞任で始まった大阪市長選挙では、主要政党は一切の対立候補擁立を見送った。それにより市長選は現職の橋下と新人マック赤坂事実上一騎打ち様相だ。一部では、これまで連戦連敗のマックにようやくの勝機を見出す動きもあるが、少し冷静になってほしい。今回の市長選をめぐる報道を見つめ直すといくつかのおかしな点に気付くはずだ。

まずひとつには、マックが橋下行政への言及を避けていることだ。他の泡沫候補大阪都構想始めとした橋下批判を鮮明に打ち出しているのに対し、主要対立候補であるマックは「大阪都構想がどうのこうのとか、そういったちっぽけな問題よりもスマイルあふれる大阪にしたい」として、橋下行政に対し是とも否とも言わない。何故マックは言わないのか。それはマックと橋下が繋がっているからではないだろうか。

そんなことを言うと増田がまた法螺を吹いていると思うかもしれない。しか情況証拠は揃っているのだ。報道ではマック赤坂所属政党名は一切伏せられているが、賢明諸君マックスマイル党総裁であることはご存知だろう。もし橋下も同じスマイル党だとしたらどうだろう。この度の選挙は完全に出来レースと言えるのではないだろうか。そんなことはにわかに信じられないかもしれない。それももっともだと思う。だからもうこれ以上は何も言わない。増田の言うことが真実かどうかは、橋下自身のこのツイートを読んで各自で判断して欲しい。

https://twitter.com/t_ishin/statuses/340640143058825216

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん