2013-09-19

http://anond.hatelabo.jp/20130919170741

承前


斉藤由貴デビューシングル『卒業』を発表した1985年2月、同名のシングルが他に2作、チャートインしていました。菊池桃子『卒業』尾崎豊『卒業』です。毛色の違う尾崎別にして、ここでは斉藤菊池斉藤『卒業』菊池『卒業』比較してみましょう。

80年代女性アイドル格付」では私は斉藤を8位、菊池を9位にしましたが、記録上の実績では菊池の方が上です。菊池オリコン1位のシングルを6枚出していますが、斉藤は『青空のかけら』1作のみです。ただし、1985年から1989年まで、年間の順位で菊池斉藤を上回ったのは1985年のみで、菊池1988年1989年には年間100位以内にチャートインしていませんが、斉藤はしています斉藤の方が息が長いアイドルだったことがうかがえます

1985年菊池の全盛期で、菊池『卒業』オリコン1位になっています斉藤『卒業』も6位ですから新人の実績としては大健闘だったのですが、その時点では菊池版の方が実績を残したのも確かです。しかどうでしょうか、あれから30年近く過ぎて、言及される頻度が高いのも、記憶に残っているのも斉藤『卒業』の方ではないでしょうか。それは楽曲としては斉藤版の方が出来がいいからだと思います

松本隆はもちろん松田聖子プロデュースで知られますが、聖子以外に提供した楽曲の中にも佳作傑作はずいぶんあって、石川秀美『ゆ・れ・て湘南』、薬師丸ひろ子Woman~"Wの悲劇"より』、斉藤由貴『卒業』情熱』は白眉の出来です。

斉藤『卒業』で好きなフレーズは、

ああ 卒業しても友達

それは嘘ではないけれど

でも 過ぎる季節に流されて

逢えないことも知っている

のところですね。集団から浮き上がっている、集団の中では流されない冷静な批評眼が提示されています

これは私のある種の偏見かもしれませんが、女性による批評評論の多くは自己憐憫主観が強すぎて読むに堪えません。平均のライン男性よりもずっと低い。けれども最高水準の批評家何人かを選べと言われればおそらくそれは女性ばかりになるでしょう。批評に限らず創作でも感じることですが、女性全般の平均は低いけれども最高水準の女性書き手男性トップ比較してもなお傑出している。そう感じることが多々あります

斉藤『卒業』における松本隆作詞は、そうした女性の高度な批評眼を的確に捉えています。彼もまた超一流である証です。卒業と言う感傷の中にある冷静な眼差し、これを書いた松本隆もすごいし、これを歌わせようと思わせた斉藤由貴もすごいですね。菊池桃子『卒業』もいい曲なんですが秋元康は男目線なんですよ、やっぱり。松本隆はさすがに年季が入っているだけあって、頭がいい女性批評眼と言うか冷たさと言うか冷静さ、しっかり捉えていますね。けれども、これを菊池桃子が歌ったら似合わないと思いますから秋元康菊池桃子と言うフォーマットに沿った詞を作っただけかも知れません。

ただ、菊池桃子『卒業』斉藤由貴『卒業』ヒロイン立場は似通っているんですよ。どちらも、付き合っている/付き合ってはいない、は別にして初恋男性を都会(東京)へと送り出す立場です。

菊池『卒業』では、

4月が過ぎて都会へと

旅立ってゆくあの人の

素敵な生き方

うなづいた私

何だか物足りない、妙に物分かりがいい感じがします。対して、斉藤『卒業』では、

セーラーの薄いスカーフ

止まった時間を結びたい

だけど東京で変わってく

あなた未来は縛れない

とより主体的な、色彩の豊かな表現になっています

諸般の要素があるから一概に作詞家の優劣はつけられませんが、出来上がったラインだけを見れば、『卒業』合戦松本隆圧勝なのは明らか、少なくとも私はそう思います。ただ、菊池桃子の歌ではヒロインぼんやりとしているのはわりあい一貫しているんですね。『Broken Sunset』では彼氏からいきなり「他に好きな人が出来た」と切り出されても、「泣かないように目を閉じた」、それが精いっぱいの感情表現なんですね。重要なのは菊池桃子にこういう歌を歌わせたい、こういう歌を歌うべきと作家製作者が考えてサジェストした歌がそういう歌なんだということです。

女性なり女子なりが持っている批評性をみじんも感じさせない、幼女のような聖女のような、どこか現実離れした世界菊池桃子は歌っています。男目線少女の歌ですね。

対して、斉藤由貴楽曲ヒロインは遥かに色彩が豊かです。デビュー曲『卒業』からして、片思いの相手に対する批評が含まれています斉藤由貴はそういう歌を歌わせたくなる、躍動感のあるアイドルです。

斉藤由貴個性が、ライターを刺激して、それが結果的に神曲ばかりになった、ライター歌い手幸福な結合が斉藤由貴楽曲にはあります


女優としての斉藤由貴キャリアを考えてみましょう。

斉藤由貴は一般に演技が上手な女優と見られています。もちろん下手ではありませんが、まず役柄の幅が狭い。活発でお転婆な少女女性)が困難にたいあたりでぶつかって、周囲を動かしてなんとかなってゆく。このタイプの役、仮に斉藤由貴型と呼んでおきますが、こう言う役が非常に多い。

この型の初出は、1985年に放送されたNHK銀河テレビ小説『父(パッパ)からの贈りもの』です。これは日本最初期のコメディエンヌ文学座の重鎮だった新劇女優演出家だった長岡輝子自伝テレビドラマ化したものです。長岡輝子テレビドラマでは『おしん』の加賀屋大奥様役(おしんに文字を教えた老女)で一般には知られています斉藤由貴が出演した連続テレビドラマでは『スケバン刑事』の次、『スケバン刑事』の放送期間中に撮影・放送されたものです。

長岡輝子の父は著名な英文学者で、洋行のたびにお土産を買ってきてくれる、娘思いの父親でしたが、長岡女優になりたい、そのためにパリで芝居修行をしたいと言うと、後押しをして費用も出してくれた、それが「父からの贈りもの」だった、そういう話です。『はいからさんが通る』っぽいというか、非常に『はね駒』的です。斉藤由貴の演技は、この斉藤由貴型、スケバン刑事型(『野球狂の詩』『スケバン刑事』『和宮様御留』『新十津川物語』)、その他型(『小公女セイラ』など)に分けられるとすると、圧倒的に斉藤由貴型が占める割合が高いです。

はね駒』も『あまえないでョ!』でも『はいすくーる落書』でも『吾輩は主婦である』でも、『八代将軍吉宗』や『同窓会』でさえ、基本的には同じ演技、同じキャラクターです。敢えてスケバン刑事型と分けたのもしいて言えばという話であって、ああ、いかにも斉藤由貴の演技だなと思わせるには違いありません。2012年朝ドラおひさま』でも基本線を踏襲していたのには、ある意味、さすがだと思いました。

丹波哲郎がかつて言っていたのですが、キャスティングの時点で、この役はいかにもこの人に合うと思われてキャスティングされているのだから、余計な役作りは不要自分自身がその場に置かれた状態で演じればいいと言っていました。一つの方法論としては分かる気がします。斉藤由貴が役作りをどう捉えているのかは別として、結果的に役を自分の側に引き寄せる人だと思います

役の後ろに斉藤由貴が見えて興醒めだ、というのではないんです。「役を自分に引き寄せる」型の人にはそういう人がいますね。そう言う人は多分、役それ自体に対する理解が足りません。他人に対するアンテナが弱いんじゃないかと思います本質的ナルシストの人は役者には向いていません。

斉藤由貴は役として非常にリアリティがある演技を見せています。ただ、そのリアリティ斉藤由貴と言うフィルターを抜きがたく感じさせる、そういう意味ではたぶん、役そのものとは違います斉藤由貴が実際にそう言う立場だったらこういう反応を返すだろうという意味では非常に説得力があります。ただし、そのリアクション斉藤由貴以外では再現不能という意味おいて、役そのものには根差していないのです。

もちろん、役者の演技なんて誰の演技でもその人以外には、その人であっても再現不能じゃないかと言うならばそうなんです。その通りなんですが、自分と言うフィルターを演技の構築の上でどれだけ重視するかどうかで、役そのものからロジカルに構築するタイプと役を自分に引き寄せるタイプに分かれるのではないか、そう思います。その分け方ならば斉藤由貴は明らかに後者ですね。


続く

http://anond.hatelabo.jp/20130919170749

記事への反応 -
  • 80年代女性アイドル格付 マスダ80年代女性アイドル論~松田聖子論 マスダ80年代女性アイドル論~中森明菜論 マスダ80年代女性アイドル論~小泉今日子論 マスダ80年代女性アイドル論~インタ...

    • 80年代女性アイドル格付 マスダ80年代女性アイドル論~松田聖子論 マスダ80年代女性アイドル論~中森明菜論 マスダ80年代女性アイドル論~小泉今日子論 マスダ80年代女性アイドル論~インタ...

      • ブコメの。 さそりアーマーに殺される夢を見た増田 俺はさそりアーマーに殺される夢を見たな 80年代女性アイドル論の増田 マスダ80年代女性アイドル論~総論 おまえは今まで食っ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130919170745 承前 1986年、朝の連続テレビ小説『はね駒』の主役に斉藤由貴は抜擢されました。朝ドラではヒロインはオーディションで発掘されることが多く、実際、『...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん