2013年08月21日の日記

2013-08-21

http://anond.hatelabo.jp/20130818230914

菜穂子はなぜバスに乗らなかったのか?」

・あの日は加代がやってくる約束で、通常利用するバス停から乗車しようとすると、鉢合わせする可能性があるため。

 (加代と鉢合わせすれば必ず引き止められてしまうので、それは避けたいと思った)

・生きてこの地を踏むことはない、という覚悟から二郎と共に暮らし土地にゆっくりと別れを告げるため。

元増田意見を読んで、あの時感じた違和感について自分なりに考えるきっかけができました。

どうもありがとう

自分菜穂子自殺はせず、病院に戻っていたと思う。

普通に考えれば2つか3つ先のバス停から乗ったのでは?

菜穂子自分の死が二郎に大きな影響を与えるだろうことは知っていただろうし、自ら命を絶つようなマネをするとは考えにくい。

加代に後ろ姿を見送らせるための演出の一つ、というのも大きいと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20130821215943

いや、俺はどっちでも良かったんだよね

「あっそー」って感じ

期待値が低かったというか

女性専用車両

女性専用車両優先席に座ろうとしてるばあちゃんをおしのけて座る男が許せない。

今日2回めを目撃したので書きなぐり。

普通車両でもありえんのに、わざわざ女性専用車両でやるかね。

http://anond.hatelabo.jp/20130821230111

元増田だけど、返信の仕方はこれでいいのかな?間違ってたらごめん。

彼女彼氏ができたんだよ。

しかも「好きだった」って告白からもう俺は過去の人なんでしょう。

今も仲はいいけど、恋愛感情はもってないと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20130821212701

信頼度調査国際比較 雑誌新聞軍隊   警察   国連   労働組合 行政   大企業  国会   宗教団体 
日本70.261.548.146.433.529.425.319.79.0
イギリス14.281.167.749.525.341.635.034.632.3
アメリカ26.381.471.455.236.652.152.437.175.3

はてブデザイン変更して以来使うのやめた者だが

未だに時々改善されたか見に行っては変わってなくてムカついている

あんだけ叩かれて改善しない神経が理解できない

http://anond.hatelabo.jp/20130821233259

おつかれさまです。 私の場合は1歳児あり、嫁さんは派遣で働いてもらってます

結局のところ男女どちらか専業主婦or主夫の方が効率がいいし、子どもと触れ合う時間も増える。第二子も生まれやすいって事なんでしょう。

子どもと触れ合えないという辛さは保育では解決できないからなぁ。 いいお母さんですね。

あとこんな話(女性労働力参加と出生率の真の関係について-OECD諸国分析と政策的意味 http://www.rieti.go.jp/jp/papers/journal/0604/rr01.html)も。

団塊専業主婦が多い世代で、団塊Jrを生み出した。ってのはその辺もあるかもな、と思いました。

うちの嫁さんは第二子を希望してて、妊娠したら専業主婦になりたいって言ってます

まぁそれも悪くないかなと私も思ってます。私の家事量の一部を仕事に向けられそうだし。

http://anond.hatelabo.jp/20130821003506

増田は受け入れ難いコメをしてしまった。

淫夢増田一言の響を呉れただけだ。そして淫夢増田に呉れた一言の響は、増田をすっかり吸い込んでしまった。

淫夢の呉れた響が果たして邪悪ものだったのか否か、増田には判断することが出来ない。

ただ、それがどれだけ邪なものであったとしても、読み込んでしまった増田にとって、それは限りなく魅惑的な一言であったことは疑いようがないことである

http://anond.hatelabo.jp/20130821222236

ぶちかませる銀の弾丸があったらなー、と思うことは多々あります

まさーか

僕のこと好きだったりしないよねまさーーかね

そんなこと考える俺キモ死ねwww

http://anond.hatelabo.jp/20130821233416

とつげき東北は嫌いじゃないよ。

だけど、あいつをじかに見たらどんなデジタル派も手のひらを返すさ。

http://anond.hatelabo.jp/20090513011946

なんでそんな奴と結婚してるの?

お前にプライドは無いの?

ってかその嫁だって、そこまで恥ずべき出会いだと思ってるなら結婚すんなよ

糞みたいな夫婦だなあ

http://anond.hatelabo.jp/20130821232714

えー、偽装する方はよくても、される方は気付くだろ。普通

元増田は気付かなかったみたいだけど、そういう頭の弱い男|女を狙うものなのかな?

ワーキングマザーは苦しい

本日久しぶりに残業をして、帰宅が少し遅くなりました。

まだ今日タスクは終わっていなかったのだけれども、どうしてもこどもが布団に入る10分前に帰宅たかった・・別に朝会えばいいだけの話で、会いたいと思うのなら、寝付いたあとのこどもの顔をずっとみていたり、寝てしまっているこどもの手をつないで添い寝などをすればいいというのも一つの考えだと思う。だけども起きている娘に会わずに、そういったことで代償していて、少しずつ少しずつひずみが出て、自分の心ががたがたになったことをかつて経験している。だからどんなに仕事が大変でも無理をして、起きている娘に会い、精一杯抱きしめることにしている。これはまったく娘のためではなく、自分のため。

私は一部上場企業会社員で、ワーキングマザーとしてはとても恵まれている類いなのではないかと思う。独身の男ばかりの職場なので、子持ちへの理解、配慮は全く無いに等しいけれども、一部上場企業の建前としてコンプライアンス云々があるので、産休育休は問題なく取得させてもらえる。産休育休をとったからといって、暗にいじめられることなどもない。帰ろうと思えば定時の17時に帰れる。(ほとんど帰れない。)だけど仮に毎日17時には上がれると仮定したとしても、可愛い盛りの子供に一日の大半を一緒に過ごすことができないのは、本当に苦痛

子供に会えない苦痛にみんなよく耐えているなと思う。私たち夫婦のように、両親がどちらも地方在住で助けがほとんど得られない場合、お迎えもどちらかがいかないといけないわけだし、子供病気ともなると、やりくりが本当に大変だ。

毎日毎日、もうこんな生活終わりにしたい。と思いながら生活している。子供は大好きだけど、生んだ後の保育園探し、育休中の周りに話をする大人がいない辛さ、職場復帰した後のしんどさを考えると、たぶん私たち夫婦の間に第二子は生まれないなと思う。

麻雀で勝つために一番大切なこと

はじめに断っておくが、完全オカルト理論だぜ。デジタル派は黙ってな。

麻雀で勝つために一番大切なこと一般的に言われているのは「流れ」だ。

麻雀は流れを読み、流れに乗るゲーム。それはそうだろう。

しかしだ。流れによる浮き沈みは重要だが、最重要ではないと俺は考えている。

最も重要もの。それは「ツモ力」だ。

「ツモ力」の源泉はなんなのか。俺もよく分からないが、おそらく人は「ツモ力」を持って生まれ、それは大なり小なり人それぞれだが、麻雀を打ち続けることで少しずつ磨かれていくんだろうと思う。

麻雀を打ち続けることで実力も向上していくはずだが、技術的な力の上昇と「ツモ力」の上昇を、おそらく多くの人は区別できていないのではないかと思う。

10年以上昔のことだが、俺はとんでもない奴と麻雀を打ったことがある。驚くべきことに、そいつは一半荘の間に四暗刻を3回あがった。

俺がそいつと打った晩は、一晩で20半荘をこなした。一晩というのは、だいたい12時間だ。

その時の面子は確かに打つのは速いほうだったが、それでも途中で休憩を挟みながら一晩で20半荘は異常だ。それはほとんどの半荘が南四まで辿り着かずトビ終了したからだ。

その晩、そいつは数え切れないほど役満を上がった。一番強烈だった半荘はさっき書いたとおりだが、役満が一度出れば誰かが飛ぶ事が多い。

たまたまトビが出ず半荘が続いたってだけで、おそらく南四まで打ち切ることができれば、そいつは5,6回役満を上がることもあるだろう。

国士四暗刻を見た回数は覚えていない。それ以外に天和を2回、門前緑一色を1回見た。不思議大三元は見なかった。それどころか、鳴いた役満ひとつも見なかった。

もちろん、そんな奴でも「流れ」に左右されることもある。二連続親ッパネに振り込んで飛んだ半荘もあれば、南四まで進んで焼き鳥だった半荘もあった。

それでも、そいつはその晩ぶっちぎりでトップだった。他の三人は仲良く圧倒的なマイナスだ。

その晩、そいつから「ツモ力」の話を聞いた。その時のそいつ言葉を今でも強烈に覚えている。

「俺は何年も、国士四暗刻を上がる練習だけをしてきた」

時は流れ、俺は今でも麻雀をやっているが、そいつのその言葉を受けて俺は毎日国士四暗刻を上がる練習をしている。

なかなか四暗刻を上がれるようにはならないが、やはりそいつとは生まれ持った「ツモ力」が違うんだろう。

しかし、少しずつだが四暗刻を上がれる割合が増えている。ような気がする。

http://anond.hatelabo.jp/20130821231630

今のやり方で正しい。

余った時間自分の好きなことでも勉強しとけ。

性格によっては社内政治にいそしんでもいいぞ。

http://anond.hatelabo.jp/20130821232011

うそう、よくある話だと思うんだよね。 なんか残念なんだよな。

素直に女性から告白が進む社会になれば、いろいろ捗る

ちょっと前に「最近女性から告白が増えてるみたいです!」みたいなニュースがあって、これは良い方向性かなーと。

告白は男がすべし、みたいな前提は頭おかしいと言わざるをえない。

くだらないサイト宣伝

はてなさん、いい加減、規約に反して自分サイト宣伝してる馬鹿の記事を強制削除してくれませんか?

そりゃ、最初の頃は、"素人がこれらを参考にしてサイトを作り上げた"って記事は宣伝以上の意味を持っていたかもしれない。

だが、今となっては単なる宣伝以上の意味を持つものは皆無。

目障りでしか無い。

ホント、削除して欲しい。

http://anond.hatelabo.jp/20120521211001

このスレッドやべーな。

魅力の無い男が無理矢理結婚したらこういう悲惨なことになるという実例。

はい元増田も鈍感な男だからあんまり傷ついてないのな。

こういうの見ると絶対結婚しようとか思わないわ。


しか世間体のための偽装結婚ビジネスってのはわりと繁盛すると思うんだが、無いものなのかねえ。

http://anond.hatelabo.jp/20130821225809

あんたが言ってるのは、薄っぺらい誰でも独学でできるレベルの"プログラミング"な?

その程度、今の時代、どこの分野に行ったって"道具"として自分勉強して出来るようにならなきゃ困るもんなんだよ。

それしか出来ない"プログラマー(笑)"が偉そうに言うなよ。

物理学にしたって場合によっては音楽にしたってプログラミング必要だろう。

その程度の話は自分勉強しとけ、ってだけの話。

実際専門学校とかもあるけど、そういう所に行けば独学よりも効率良く勉強できることは確か。


もしくは、そういった新しいことを"学ぶ姿勢"の事を言いたいんだろう?

どんどん新しい技術フレームワークが出てくる中、一度学校で習ったからといってその知識だけでは済まされない、どんどん自分で新しいものを身につけなければならない、と。

それも本来"学校"で習得すべきものの1つだ。そもそも、そういった物理数学建築音楽世界人達自分で学ばないでやってるのか?学校で学んだことだけで終わらせてるのか?それでは済まされないことくらい分かるだろう?



で、情報工学科でやってるようなことは、そういった道具を使って何かを作りましょうね、って簡単な話をしてるわけではない。

その道具自体をどう作るか、どの様に成り立ち、今後どう進化させることが出来るか、新しいものはどう作れるか、と言ったレベルの話だろ

(勿論、研究対象によって色々あるので、"プログラミング"に近い部分をやってることもあるだろうし、ざっくり過ぎて申し訳ないが、少なくとも何も知らんでいきなり"エンジニア"とかになったやつが

"学ぶ"こととは全く違うことをしているのは分かるだろう?)

情報工学科で勉強したことを生かしたいなら、そんなただの土方プログラマーになっても仕方ないしならんだろうが。

情報工学科はプログラマー養成のための専門機関ではない。

http://anond.hatelabo.jp/20130821221757

そうなんだよな。男性容姿ってあまり重要ではないのかなと思うことがある。

時々、美女と野獣みたいな組み合わせあるし。

ただ野獣になるのも難しいよな。インテリっぽい女性だと声かけただけでセクハラ認定されそうだし。

結局のところ、頭弱い系、けど家事はそこそこできる、みたいな女性から結婚が進みそうだ。

1日で終わりそうな仕事の期限を2日って言われたら

どうしたらいいの?

1日で終わらせて、早めに終わりましたって言えばいいの?

言われた時点で、1日でできますって言うの?

現状は、就業時間の半分はネット見たりしてサボって、2日かけて終わらせてから報告してる。

もし1日で終えたら次から仕事が増えるのかな、いやだなーと思ってそうしてるけど、

仕事が適切な量になったほうがいいんだろうか。

仕事が充実してるように感じたり、周囲の自分に対する認識が上がったり、罪悪感を感じずに済んだり?するかな。

先輩はどう思ってるんだろう。

そもそも、どうして見積もる日数に違いがあるんだろう。

入社して5カ月になるけど、それ以外に、

デスクお菓子やパンを食べたり、隠れて携帯充電したり、

残業せずに帰ったりを続けてるから自分でも「あーゆとり()」って思う。

そのうち怒られるのかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん