2013年07月22日の日記

2013-07-22

http://anond.hatelabo.jp/20130722235357

山本太郎氏は、なぜ福島を敵に回してまであのような言説を述べなければいけないのか

敵に回しているというソースでも何かあるの。

単にタレント議員を目の仇にしてるだけでしょ。

赤松健氏「もう自民党の協力無しでは動けない。悪口言ってる場合ではない、頭を下げて話を聞いてもらわなくては」|やらおん!

http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-17539.html

そもそも、自分達の悪口を言ってるような連中のために、まともに働く気になんてならんわな。

http://anond.hatelabo.jp/20130722230759

お前がここに書き込んでいるようなものとかわりなしwwww

http://anond.hatelabo.jp/20130722232623

山本太郎をたたくゴミクズってなんで自分たちのことは棚にあげるの?

陣営ゴミクズ道連れにして今すぐ死ね

それだけヘイトスピーチする奴が減るから

自分たち」って誰のことですか? 私は単なるノンポリですが。ただ、国際的な場で仕事をする時に、ああいうのは迷惑になるからやめて欲しい、という動機はあります

山本太郎氏は、なぜ福島を敵に回してまであのような言説を述べなければいけないのか、理由を教えて頂けますか?

落選組には選管選挙違反で追い込みをかける

選挙違反報道がチラホラ出てるが選管が動いてるのは落選した候補ばかり。

やっぱ当選した議員様には金銭授受などの決定的な証拠がないと及び腰みたい。

http://anond.hatelabo.jp/20130722233444

家族ギブアップするのに、普通の人(介護者)が普通なはずないジャン

お世話するならそれなりに大人しくできないと、暴言や傷害を起こされるとすぐ転院だよ?

盛るしかない。もりもり盛るしかない。

自分で面倒見れなかったのに、老人施設を信じてたなんて言っちゃダメだよ。

もう面倒見れなかったんでしょ?その時にもう父は殺されたんだよ。

仕方ないよ。自分でやったことだ。美化せず受け入れるしかない。

http://anond.hatelabo.jp/20130722233444

医者なんてクスリ売ってなんぼの商売やからな。

クスリ患者総合的な健康状態が悪化しようが知ったこっちゃない。

強制徴収のホケン税金サマサマや!

局所最適の西洋医学バンザーイ。

http://anond.hatelabo.jp/20130722232503

結局はキャラ勝負な気はする。

キャラが良ければ定番的なハーレムものでもヒット作品になりえる。

ただ大ヒット系は他とは違う新しい要素が必要と思う。

まぁひたすら書いてりゃ当たるかもねってのが本音だろうな。

http://anond.hatelabo.jp/20130722231526

今見てきたけど、これって、もともと近隣にプログラムがあったらそれを利用できる。という条件がプログラム言語に負荷されていて

近隣にコピープログラムがあったら、自己コピーできるコピープログラムを持たないプログラムが生まれるのは当然では?

 

1 近隣にプログラムがあったら利用できるという命令セット

2 初期値としてコピープログラムを持ったプログラムがある。

3 プログラムが長くなったり、短くなったりする可能性がある命令セット

 

の3つの条件があれば、3の条件により2のコピープログラムからコピー命令がなくなることは、言語体系上当然

その上で1の条件があるんだからパラサイト種が生まれるように言語体系を作ったんだから、生まれるのは当然。

 

自然科学として、パラサイトが生まれる事の必然性をゆうなら、1と3が自然発生することを証明しないといけないけど、それを定理として組み込んじゃえば、そりゃぁ生まれる。

増田の住民には

ある程度まとまった文章を投稿する層と、2ch的に短文を投稿する層に分かれてるんかな。

http://anond.hatelabo.jp/20130722233621

こういう「自分の物の考え方は人よりすぐれている」ということばかり気にかけている人を見ると未熟だなあと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20130722230530

規制でPINK板にも書けなくなってこっちに流れてきた。

ある話題の集まりだとあっちが便利なんだけど、金払ってまで書く気もないし。

とりあえず読むだけで情報チェックしてるぐらい。

はてなグループとかも見たが、閑散として使い物になりそうにないし。

書き込みが多すぎても困るが、少なすぎるのも困る。

容姿重要性と恋人がずっといない人について

飲み会があって、ある人が彼女を連れて来た。

その彼女個性的面白い子で、私と彼氏はそのキャラクターを気に入っているのだけれど、ある女の子は、その彼女のことを「かわいい」とか「美人」とかしか褒めない。

考えてみると、その女の子は、誰かのことを「面白い」とか、キャラクターについては言及せず、あと、男の人についても、「その人かっこいい?」とか容姿についてのコメントが多い。

別にその女の子(という年齢ではないが・・・)について、嫌いなわけではないのだけれど、人によって人の見方は違うんだなあと改めて思った。

それと、もうこんな年になったら、人に興味を持つ理由に容姿って重要じゃないなとも改めて感じた。まあ美男美女やかわいい子は見てて楽しいけど、それで好きにはならない。

その彼女高校以来20年位?恋人がいないのだけれど、会社美人(30代でずっと彼氏無し)も面食いなことを思い出した。会社の子女性容姿は気にしないけれど。二人とも性格は悪くなく、むしろ真面目で純粋

恋人がずっといない人は、容姿に注意が向くものなのかなあ。

付き合っているとある、相性の相違が次第に顕在化して、容姿関係性への影響や重要度がどんどん下がっていくということがないから?(どうしようもない相性というものを痛感したことがないのかもしれない。)

男の人はいつまでも容姿って重要なのかな。

あ、でも、面食いの人のこと、やっぱり未熟な人って思ってる。なんかその女の子にもがっかりたかも。美人好きな男も気持ち悪いと思う(ひがみ?)。

容姿直感?)でのみ判断する、知性を感じない動物的なところが嫌なのかも。

父が死んだ

今年の四月に父が介護施設で亡くなった。八十七歳だった。

百箇日法要を先日済ませた。あれからもう百日も経過したのだ。だが、まだ実感がわかない。父が死んだという事実を認めたくない。受け入れたくない。受け入れられない。

とても頑固な父親だった。父より頑固な人を僕は知らない。しかも、思いやりが欠如した人間だった。しかも、ひとの言うことを全くきかない。毎日毎日苦痛だった。毎日戦争のような生活だった。どうしてこんな人の息子に生まれてしまったのだろうか・・・。早く死ねばいいのに・・・。一日も早く父のいない世界でのびのびと暮らしたい。毎日、そんなことばかり考えていた。

僕を悩ませていたのは父だけではない。認知症母親も同居していて面倒を自分ひとりでみていたのだ。認知症のため毎日母は失敗する。その母の失敗に対して執拗に攻撃する父。今にも殴りかからんばかりの勢いで・・・。そんな父から母を守ってやらなければならないし、酷い認知症のためトイレ風呂や着替えや見守りなど気が抜けない毎日だった。

父が風呂場で熱中症のような症状になり、救急車を呼んだ時はもう限界だった。

「ごめん、もう面倒見切れないから施設に入って!」絶対に言わないつもりの台詞が口から出てしまっていた。死ぬまで家で自分が面倒をみるつもりで頑張ってきたから。

数日後、父の方から施設に行くと言い出したので、話が急展開した。直ぐに近くの有料老人ホームに入れるように手配した。母共々。万歳

しかし、喜んだのもつかの間、二週間後、家に帰ると言って聞かず、一晩中暴れたためレッドカード。その老人ホームにいることはできなくなり、しかたなく自宅に戻すことになった。天国からまた地獄に逆戻り。やれやれ・・・

念願の自宅に戻れて安堵したかに思えたが、翌朝起きるなり、また暴れだした。

「お母さん(妻)がいない!今直ぐに連れ戻せ!」わめき散らして手が付けられない。もうギブアップ。助けて!

姉の家に逃げ込み事情を説明して対策を考えた。とりあえず精神科受診が結論だった。運悪く土曜の午後だったのでなかなか受け入れてくれる病院が見つからなかったが、なんとか電話で探し出した。遠方だったがしかたがない。

必死で暴れて抵抗する父親を姉夫婦自分で車に引きずり込んで、一時間以上かかってやっとクリニックに着いた。

「この薬を飲ませてください。」その精神科医は言った。

すんなりと飲んでくれたらいいのだが、頑として飲まないのは分かり切っている。飲まなければ暴れる。今夜は寝れない。もしかしたら包丁で刺されるかもしれない。以前、姉が実際刺されたことがあるから

このクリニックには入院施設はない。しかし、父とふたりで家に帰る勇気はなかった。

そして、出した結論が精神病院への強制入院だった。強制入院をさせるためには警察を出動させた方が良いということだったので、クリニックから警察電話していただき、パトカー先導で精神病院へ強制入院となった。父は命がけで抵抗した。

それから父は大人しくなった。別人みたいに。薬の力は凄いのだ。しばらく安堵の日々が続いた。三日に一度洗濯物を取りに面会に行った。

父の異変に気付いたのはそれから一ヶ月くらいしてからだった。大人しくなったと言うより明らかに弱って来ていた。それに足の甲のあたりが不自然に腫れていた。看護婦さんに聞いても寝たら足の腫れは小さくなるということだったが、そんなことはなかった。面会の度に足をもんでやったが、腫れが小さくなることはなかった。この病院に不信感を抱くようになったので、転院先を探したが空きがなかった。とりあえず予約だけはしておいた。

空きが出たのは三ヶ月くらいしてからだった。30人待ちのはずがどういう訳か空きが出た。その施設は精神科病棟付属介護施設だったので安心していた。ラッキーだと思った。その時は・・・

その精神科病棟付属介護施設に転院する時、父は目も開かないくらいに弱っていた。でも、その施設で療養すれば次第に回復するだろうと思っていた。

安堵するのも束の間、始めは介助すれば歩ける状態だったが、直ぐに車椅子になった。食事もお粥になって、目もつぶっていることが多くなっていた。なんかおかしい。回復するどころか明らかに悪化しているではないかしかも、食事は当然介助が必要であるにも関わらず放置されていた。そんなこととは知らなかったので、慌てて僕が介助して食べさせた。

その介護施設介護サービス計画書には、こういうふうにこんな良いことをします的なことを丁寧にすらすら記載されていたが、全くそんなことはしてもらっていなかった。読んで反吐が出た。

医師に説明を求めた。施設の担当内科医だった。内科的には特に問題はないが、精神科の薬の量が年齢的、身体的に4倍から8倍の量を投与されているので、多すぎるのではないかということだった。初めて知った。前の病院でも、この施設でもなんの説明もなかった。

父が弱った原因はこれだと思った。直ぐに量を減らすよう頼んだ。直ぐに減らすことは出来ないので徐々に減らしていくというのが答えだった。この施設に来てからもう三週間以上経過しているではないか。いつから減らすのか?遅過ぎはしないか

心配だったのでその日に担当精神科医に会って話を聞きに行ったが、来週しか会えないということだった。

その翌朝、未明に父は死んだ。これから薬を減らしていこうという時に。

まりにも呆気ない死だった。納得できない死に方だった。

から、まだ実感がわかない。父が死んだという事実を認めたくない。受け入れたくない。受け入れられない。

そして、自分が選択した強制入院について、それが正しい選択だったのかどうか・・・

そして、もっと早く薬の過剰投与を知っていれば・・・

ゴメンな!父ちゃん

うな重万引き、制止の従業員振り落とす…愛知

滝井容疑者は調べに対し、「うなぎが欲しかった」などと話しているという。

http://news.livedoor.com/topics/detail/7882729/

http://anond.hatelabo.jp/20130722213733

鳩菅が酷すぎてあとは誰がなっても敗戦処理しかならなかったからね。

エコ野郎が絶滅絶滅うるさいか

ウナギ食いまくってやろうと思ったが

何だあの値段買う奴いるのか?

半額シール貼ってるのに売れ残りまくりだぞ

http://anond.hatelabo.jp/20130722231246

まり感情の発散だけであそこまでの運動をやっている、ということなんですかね。

もしほんとなら、前頭葉ついてるのか不安になりますね。何かの精神障害でっち上げることすらできそうです。

http://anond.hatelabo.jp/20130722230530ですが

ありがとうございます。なるほど…。確かにちょっとした投稿にすごいブクマついてることもあるな。

ブクマたくさん集めた時ってどんな気分なんでしょ。

「つけびして煙り喜ぶ田舎者

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん