2013-06-30

http://anond.hatelabo.jp/20130629174851

中絶に伴う葛藤精神的・身体的な痛みと、治療法のない先天疾患を抱えた子供を何十年にもわたって抱えるのとでは、どちらが苦しいであろうか。

障碍に対するサポートや理解が万全と言えないこの国で、家族が多大なる負担を強いられ、数十年後、兄弟姉妹に「あいつさえ生まれて来なければ…」などと恨まれる可能性のある人生を生み出すことは、その子にとって幸せだろうか。

中絶に伴う苦しみがどれほど極限的であったとしても、時間的には短いものである。(ただし、その後ゆるやかな後悔が残るだろうとも思う。)一方、障碍児を抱えるという選択は、来る日も来る日も、他人に理解されにくいしんどさ・苦しみ・葛藤が一生涯続くということである

単純化し過ぎの極論であるのは承知しつつ。

記事への反応 -
  • https://anond.hatelabo.jp/20130628194054

    羊水が何色かご存知か。私は知っている。さっき見た。 なんとまあ、鮮やかな黄色なのだ。はじめ、入れている容器にそういう色が付いているのかと勘違いしたほどの、見事な黄色であ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130628194054

      みんなどんなものか知らないのか、中期中絶のこと軽く考え過ぎだと思う。 中期の中絶は人工死産なのだ。 まず、開いてない子宮口を無理やりこじ開ける器具を子宮口に入れ(大人でも...

      • http://anond.hatelabo.jp/20130629174851

        中絶に伴う葛藤や精神的・身体的な痛みと、治療法のない先天疾患を抱えた子供を何十年にもわたって抱えるのとでは、どちらが苦しいであろうか。 障碍に対するサポートや理解が万全...

      • http://anond.hatelabo.jp/20130629174851

        あんたこそ、障害児を育てるってことを軽く考え過ぎなのでは? 人工的に取り除ける不運であればぜひとも取り除きたいと考える人は多いだろうよ

    • http://anond.hatelabo.jp/20130628194054

      海外で出生前検査をする理由は、生まれる前に障害の有無を確認し、もし障害があった場合は「生まれる前から準備をしましょう」っていうのが基本的な考えだと聞いた事がある(親の...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130628194054

      羊水検査についての記事は何個か読んだが、さすがに一人生んでいると冷静な対応ができるんだなと感心した。母強し。

    • http://anond.hatelabo.jp/20130628194054

      こんなとき増田にスターがつけられないシステムを少しだけ怨む。★★☆132☆☆

    • http://anond.hatelabo.jp/20130628194054

      旦那は他人事だなんて思ってないだろうしリスクを低減する必要があるのは二人の合意なのに この先起こるかどうか分からない不測の事態を挙げて試すような真似するなんて。 怯えを...

      • http://anond.hatelabo.jp/20130629105141

        他人事という言葉に傷ついてるようだけど 妻の受ける検査を『そういうこと言わないでよー、と怯え』る旦那さんは 少なくともこの奥さんほどに羊水検査とそれによる命の取捨について...

    • 厨2病をこじらせた自分用メモ

      http://anond.hatelabo.jp/20130628194054を読んで。 イギリスでは出生前診断と障害がある場合の中絶費が無料だ。 なぜならイギリス政府の考えでは「障害者向け福祉サービスのコスト>診断+中...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん