2013-06-28

今日兄と話したこと(長文)

私は理系大学の4年生で今現在卒業研究就職活動をしている。この時期腐るほどいるような人間のうちの一人。

最近100人未満の小さな会社から初めて内定をもらえた。そこまで入社したい気持ちは無いのだが、正直もう就活を終わらしたかったのでここに決めようかと思っていた。

このことを両親に話したら当然ながら反応は悪い。そりゃ高い金払って大学に4年通った集大成100人未満の小企業新卒入社なんて認めたくは無いだろう。

同じくこのことを兄にも話した。兄は大学院2年で割と大きな企業に、内定を貰い就活を終えている状況だ。

そんな兄に説教をされた。といってもいわゆる典型的説教じみた話じゃない。

本当にその会社で良いのか、本当に行きたいのかということ。今とこれまでの週活のこと。自分履歴書のこと。他人に相談をしているのか

多分志望する会社の人以外にしっかりと履歴書を見てもらって、意見をもらったのは兄が初めてだ。基本的な書き方から内容まで色々言われた。

自分と同じく理系大学に通っているので卒研に関する自分で作った資料も見てもらった。色々意見をもらった。

兄弟から、図星を付いてくる。痛いところを指摘してくる。兄と弟の上下関係を抜きにしても言い返せないほどにズバズバいたいところをつく。

ちょっと泣きそうになった。言い返せないから。間違ったことは言われてないと自分でも思った。

まり仲のいい関係じゃないけどなんだかんだでしっかり話してくれると心にくる。ずっと前から向き合っていたらなあとか考える。

とにかく今は悩むしかない。兄にも言われたし、研究室の先輩、教授にも言われた。就活微妙な状態。

卒研全然先が見えず前へ進めていない。悩む。悩む。悩む。そして今日はたまったモヤモヤをここに吐き出す。

支離滅裂な文章だけど。とにかく吐き出さないと気がすまない。これからもっと悩んで、もっと苦しんで何か見つけられたらなと思う。おわり

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん