2013年06月28日の日記

2013-06-28

anond:20130628215402

そもそもなんで付き合ったんだ?

生活レベルが違うことくらい付き合う前にわかるだろ

http://anond.hatelabo.jp/20130628225611

働きたくないでござる~

絶対に働きたくないでござる~

最近はてブまじで終わってるわ

2chまとめ記事増えすぎだし、コメント欄ヤフコメ並になってるし

やまもといちろうかいう経歴捏造しまくって嘘吐きまくってた奴のブログがやけにホッテントリに入るし(誰が有難がってるの?)

はてながこのレベルだともう日本ネットは落ちるとこまで落ちたんだなぁ・・

非常に残念だわ

http://anond.hatelabo.jp/20130628221207

そうだよな、書きながらちょっと面倒になってきたのもあったんだが、

引っ張る意味特にないので続き。

結論から言えば、地元に帰った時にAとはタイミングが合えば一緒に飲んだりしている。

事件のその後、まずは周囲の話から

大学側もサーバーの公開設定の点をAに謝罪し、A自身も不勉強だったとはい

安易にそういうことをしたという思いもあったことから

お互い手打ちみたいな感じで話を終えたそうだ。

そうしたこともあり、Aは正直言うと多少精神的に楽になったと言う。

「たぶん自分が100%悪い、ってあのまま思ってたらヤバかったな」

一度、飲んでる時にボソッとそう言ったのを覚えてる。

当時の職場には再度大学側と一緒に説明。A一人だったら解雇もありえたが

両方の説明を聞き、そのまま臨時だが雇用継続

いわゆる公的な機関だったので上では結構揉めたらしい、とAは後で苦笑いしながら

教えてくれた。

Aは2年ぐらいそこで働いた後、結局その大学の院に進学した。

元々その大学の院に進むか迷っていたところで起きた事件だったので、

本人も最後まで相当迷ったらしい。

しかし、研究室教授も後押ししてくれた事もあり、敢えてやってみよう

という気持ちになったそうだ。

「まぁ事件の事も影響して教授は薦めてくれたのもあるとは思うけどな」

とはAの談。

その後、院を卒業し、今は研究職で企業に勤めている。

ネット周りのその後。

Aの個人情報含めて、巨大掲示板に載った情報は結局そのまま。

削除依頼意味をなさず、警察も力になってくれなかったため

一時は弁護士相談しようかと考えたらしいが・・・

同時期に同じような事件というか騒ぎは沢山あったし、

風化を待つことにしたそうだ。

大学が協力してくれた事、友人、両親、そういった自分の周囲が

力になってくれた事で、このままでもいい、そう思えるように

なれたそうだ。

からスレッド自体は風化したが、ひょっとしたらどっかの過去ログ

あたりに残ってるかもな。

少なくとも自分は今もAの名前検索をかけたくないが。

ちなみにAは未だにネットメールと文献を調べたりする以外には

使わないそうだ。

他人の書いたBlog記事も読まないし、TwitterFacebookなんて

もってのほか!だとさ。まとめサイトとか巨大掲示板存在は知ってるが

絶対に見たくないそうだ。

一時期はやはりネットに関わること自体が精神的に苦痛だったらしい。

今となっては飲んだ時の笑い話にできるけど、

新聞テレビネットでの炎上が話題になる度に苦い気持ちになるらしい。

炎上している相手への罰というか私刑がさ、オレからしたら

行き過ぎてるよなぁ、って自分がそうなった立場から思うだけかもしれないけどさ」

そうAが以前言ってたのを炎上事件がある度に思い出す。

自分自身、そういうのを見たら自業自得だとは思うけど、そこから

色々特定していって晒すのは正直どうかと思う部分もあるからなぁ…

アレだ、「おまいら大勝利!」

みたいなまとめ記事見かける度にモヤモヤするわ。

http://anond.hatelabo.jp/20130625171218

実際、息の長い人気歌手って平均~高身長ばっかりじゃない?矢沢とか小田とか。

明らかに世代平均より小さいのは藤井フミヤさだまさしくらい?

先週日記書いたセックス依存症者だけど

また週末がやってきたよね。

出会い系は退会し、出会いアプリも削除したが、こんなのちょっと手間取るだけで、復活させるのは簡単だ。

というか、何度も復活させたことがある。

でも、今週は円光しなくても何とか我慢できそう。

 

JCとやりたいって気持ちもあるが、今は仕事も順調だからそれで捕まって社会的信用失いたくないってのが歯止めになっている。

前にJCとやった時は事後に逮捕されるかも知れないって心配うつ病になった。そのJCもとっくに成人してる歳か。

それから、夜道でミニスカ女子の後をつけて、チャンスがあればめくったろうなんて考えが当たり前のようによぎる。でも、今は実行してない。

携帯普及前は何度もやったけどな(電車痴漢路上痴漢のぞき盗撮はやった。レイプはしたことない)。

  

ちなみにオナニーは我慢してません。オナニーやりすぎもセックス依存症の症状の一つらしい。

実際、休日一日やり続けたり、出勤前にイクまでやってて遅刻しかけたことはこれまでも何度もあるけど、1回の短時間円光で2万払ったり、性犯罪に走ることの生活破壊力に比べたら、大したことはない。自分で性欲をある程度解消してたら外出するとき保険になるしね。

ある程度、増田で吐き出して、自分が異常者なんだってことを自覚できたおかげかな。

 

ただ、街行く女や職場の同僚女性セックスの対象としてしか見れない。おっぱいや腰つき、おしり、股間、脚しか興味を引くものがない。

普通の男女関係(ただの知り合い同士や友達同士)ってのが、いまいち理解できない。自分セックスする可能性でしか女性との距離がはかれない。

世の中には不正が溢れている

そうだ、自分不正をして他人より気持ちよくなろう

http://anond.hatelabo.jp/20130628230021

いつも思うんだけど、こういう文系ビジネスマンの類型みたいな「仕事できる」に全然当てはまらない「仕事の出来かた」ってあると思うんだよね。

忙しい人と仕事ができる人の20の違い

http://liginc.co.jp/life/president/37570

所々おかしいのがあるな。

無理矢理20出さなくてもいいんやで。と思うんだが。

今日ジョギング

昨日は、雨上がりの好天とあって蛙の歌がかしましく聞こえたものだけど

今日同じ道を通ったら、ちょっとばかり寂しくなっていた。

何でなんだろうと思いながらぼーっと走っていたら、

つの間にか二ケツしてた自転車がちりんちりんと追い抜いて

...こいつら、昨日あぶれたオスたちなのかな

「雨蛙」が夏のぼっち意味する季語になって、もの悲しくなった。

罪悪感を負わせるのが好きだ

と、いうことに最近気付いた。

ごめんね、と言われると本当にぞくぞくする。

私が○○なのはあなた責任なんだから、一生背負ってよ。

苦しんで苦しんでもがいてよ、と思うときがある。

しかしこの性癖(?)を自覚したところで受け入れるのかというとそんなことはしたくないわけで。

最低だな、きったねーなと軽蔑するわけで。

悪質なクレーマーやら、そういうところまでは転げ落ちたくないと思っている。

どこかでふっ切れてしまわないように、自制していきたい。

http://anond.hatelabo.jp/20130628221207

引っ張られてもきになるから、この際、書いてくれ。

「~地方方言」の類のリストには、かなり頻繁に明らかに方言でないものが混じっている。

おそらくは、たまたま相手の語彙が貧弱なために通じなかっただけなのに、短絡的に方言だと判断してしまったのだろうね。

短絡的な人間の周りに語彙の貧弱な人間が集まるのは仕方ない。類は友を呼ぶ。馬鹿馬鹿同士群れる。

昔の炎上?の話

先週ぐらいに某議員Blog炎上して自殺した(実際どうかしらんけど)だのなんだので、

炎上関連の記事が結構あったけど、そういうのもすっかり落ち着いたのでこっそり投稿

実話を元にしたフィクションだと思って下さい。

友人、仮にAとしよう。

Aはゼミである分野の研究をしていたが、院に進むかどうかずっと迷っていた。

そんな時、とある公的な臨時採用試験たまたま受かったのでそこで働きながら

お金を貯めて(もし進むならその費用に充てるつもりで)院に進むかどうかを

もう少し考えようと思った。

そうして大学卒業し、働き始めて半年ほどが過ぎた頃、Aに卒業した大学から

一本の電話がかかってくる。

「A君、君の個人情報ネット某巨大掲示板に掲載されている」と。

それと同時に友人たちからも連絡が。

「お前の個人情報某巨大掲示板に載ってるけど、どうしたんだ?」

Aは驚き、その掲示板を初めて覗いてみた。

「確かに載っている!これはオレだ・・・

Aはネットに疎く、そういったものはよくわからない怖いものだと考えており、

当時有名になりつつあったその巨大掲示板を見ることはおろか、

mixiBlogといったものは一切やっていなかった。

そんなAの個人情報がいわゆる「晒されていた」理由・・・

それはAがゼミHTMLの練習で作ったプロフィールページにあった。

某巨大掲示板に掲載されていたAの個人情報は全てそのプロフィール

記載していた内容だった。

教授に言われるがままに練習で作ったプロフィールHTML

そこにAは顔写真自分名前、年齢、血液型趣味などを書き、

最後にこう書き記した。

「好きな曲は●●です!」

これだけなら問題にはならなかったのかもしれない。

だがしかし、Aはちょっと変わったことをやりたくて、HTMLでその●●に

リンクを貼り、他のゼミ生がCDから取り込んで共用のパソコンに入れていた

音楽ファイルへ拙いHTMLの知識を動員しリンクを貼ったのだった。

Aはそもそもこのプロフィールが学外に公開されている認識は無い。

そして当時のゼミ生達にもなかった。

しかしそのゼミ共有のパソコンは、学内ネットワークから学外に

公開された状態になっていた。

今では殆ど考えられない事だけどね。昔はURLを削ると上の階層が丸見えとか

よくあった話だ・・・っと、おっさん臭くなってしまったな。

話を戻して・・・

そうしてそのまま作られたページは・・・最初ゼミ生同士の自己紹介

手助けを多少は果たしつつも、作られたたまま忘れさられてしまう。

ゼミ生は新しい生徒が入ってきて、そしてその1年でHTML講義

大学情報処理関連の必修講義となり・・・

新しいゼミ生がHTMLの練習でプロフィールページを作ることも無くなり・・・

誰もが忘れ去ったまま、HTMLファイルと皆が持ち込んだCD音楽ファイルけが

ゼミPCの中に残った。

やがてAはそのまま卒業し、進路に多少悩みつつも冒頭のように公的機関で臨時として

働き始めたのだった。

折しもファイル共有や、音楽ファイルの無断配布などが問題になり始めた頃だった。

最初に誰がそれに気づいたのかはわからない。

ある日、巨大掲示板にAのプロフィールページへのリンクが貼られ

こう書かれる。

「☓☓大学■年生 ●●●●君 音楽ファイルネット違法に配布!」

スレッドは瞬く間に伸び、ディレクトリを漁った者達がAの個人情報を、

残っていた他の当時のゼミ生のプロフィール情報を掲載していく。

そうやって冒頭の場面へ、大学からAへ電話が。

ネットに疎いAはまず巨大掲示板友達に頼んで書き込みを消してもらうよう

書き込んでもらう。

だが当時、その巨大掲示板では書き込みの削除は滅多に行われないことだった。

人達が書き込むことで巨大掲示板の住人たちは喜び、スレッドはどんどん

炎上していく。また友人もAを擁護する発言をしたせいで非難されていく。

悪循環に業を煮やした彼は次に警察相談する。

しか警察で言われたのは「実際に被害がない限り動けない」の一言だった。

個人情報に対する考え方も今とは違う。

警察も動いてくれない。

ネット自分名前検索したらその記事ばかりがヒットする・・・

周囲の人間視線が気になり始める・・・

初めて会う人が怖い・・・

夜も眠れなくなる・・・

臨時の今の職場に説明はしたがこれからどうなるかがわからない・・・

自分だけならまだしも当時の仲間たちの情報まで掲載されている・・・

仲間たちは皆「気にするな」とか「人の噂もなんとやらだよ、そのうち

自然に消えるって、だいたい大学サーバーが公開されたまま

だったのが問題だろ?」などと慰めてくれるが、自分がキッカケに

なったのは間違いない・・・

責任感も強かったAは次第に精神的に追い詰められていった。

























・・・その後Aが、どうなったのか?そこまで書いたほうがいい?

文系仕事をこなせる理系は多いが

理系仕事をこなせる文系は少ない。

http://anond.hatelabo.jp/20130628210406

あー、トノスとか亀頭に塗る麻酔タイプな。

あれでもダメだったわ。

完全に感覚がなくなるわけじゃないからなー。鈍るだけで、結局は感覚あるんだよあれ。

コンドーム

ゴムを付けてて、中で破れてなかったり、はずれてなかったり、また装着後の膣に触れる部分に精子やガマン汁がついてなければ、妊娠することは絶対ないと思うんだけど、

それでも妊娠する可能性があるって言う人がいます

具体的に、どういう場合ゴムをつけているのに妊娠する可能性があるのですか?

http://anond.hatelabo.jp/20130628205254

てきとうに「早漏 薬」とかでググれ。

てかエロ本とかでも早漏の薬?とかよく売ってるじゃん。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん