2013-05-29

http://anond.hatelabo.jp/20130529105725

江戸時代武士は主君ひいては幕府から食い扶持を得て公務にあたっていたわけで、

現代的に言えば公務員以外の何者でもないよね。

「食い扶持を得て公務に当たってる」で現代日本公務員と同じにくくる程度の雑さでよいのなら

戦前日本を「武士道精神の発露だ」と総括する雑さを批判する資格はないよね。

どっちかにしようよ。

あとなんども言うけど食わないで高楊枝しなきゃいけないってことは

そいつは食い扶持を得てないっぽいんだけどな。

ここではその「高楊枝」を現代生活保護受給者に求めているんだから

現代公務員が高給だろうが薄給だろうが、

生活保護受給者に求めんな」ということにしかならないよね。

「高楊枝」の是非はどうでもいいんだけど

そもそも「高楊枝」が公務員心得の類には見えないよねえ。

どう公務員待遇と係ってるの?

しろ食い詰めもんの意地や誇りの話に見えるんだけど。

それこそ公務員待遇を失ってしまった改易浪人とかね。

(ついでにいやあ、本来の役人の心得的なもの別にあって藩によっては一部は残ってるよ。)

あとさあ

「高楊枝」みたいなのって武士の間で秘匿されてた心得ですらないんだよね。

江戸時代ですら既に町民が「武士道」的な美学の一部を取り入れたり語ったり(騙ったり?)している。

そういう意味でも君の「高楊枝」理解は現実より狭い。


太平の世に餓狼のような戦国の気風がそぐわないことから

儒教ベースに作り上げられたのが「武士道」だよね。

もう平和になったんだから戦国気分は捨て、大人しく主君に忠勤しろよ、ってなもんで。

名誉を損ねたら腹切って死ね

お家に一朝事ある時は槍を取り馬を駆って主君の馬前で死ね

というハイテンションな死生感がベースにあって

家臣としての格すら戦国の世の父祖の勲功で決まってたような価値観です。

からこそ300年の太平でだいぶ錆びた後ですら維新の斬った張ったが出来、

その後の近代軍の精神性のバックボーンにも(功罪ありつつ)なり得た訳です。


こんなんを現代公務員と比定するだけでも不見識と言うか、パーですな。

記事への反応 -
  • http://anond.hatelabo.jp/20130528160727

    戦時において平時の心得である武士道を押し付ける (例:大東亜戦争で先人達が成し遂げた偉業は武士道精神の賜) →似非 庶民に対して公務員の心得である武士道を押し付ける (例...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130528161432

      戦時において平時の心得である武士道を押し付ける (例:大東亜戦争で先人達が成し遂げた偉業は武士道精神の賜) →似非 任務に忠実で進んで死ぬ、軍国主義と武士道は普通に噛...

      • http://anond.hatelabo.jp/20130528162234

        滅私奉公、任務に忠実で進んで死ぬ、軍国主義と江戸時代武士道は普通に噛み合ってるんだけど。 江戸時代の武士道を信奉するなら、平和な時代の心得として実践すべきであり、 「噛...

        • http://anond.hatelabo.jp/20130528175602

          「録が少なければ公務員とは言えない」? どういう定義だ? 「武士なんて現代で言えば公務員みたいなもんじゃねえか」というどっかのおばかさんのたとえに対して 「現代日本に食...

          • http://anond.hatelabo.jp/20130529091039

            「武士なんて現代で言えば公務員みたいなもんじゃねえか」というどっかのおばかさんのたとえに対して 「現代日本に食うに困ってる公務員なんかいねーよ」と教えてあげました。 ...

            • http://anond.hatelabo.jp/20130529105725

              江戸時代の武士は主君ひいては幕府から食い扶持を得て公務にあたっていたわけで、 現代的に言えば公務員以外の何者でもないよね。 「食い扶持を得て公務に当たってる」で現代日...

              • http://anond.hatelabo.jp/20130529125847

                「食い扶持を得て公務に当たってる」で現代日本の公務員と同じにくくる程度の雑さでよいのなら 戦前日本を「武士道精神の発露だ」と総括する雑さを批判する資格はないよね。 「...

                • http://anond.hatelabo.jp/20130529141913

                  「公務員」で辞書を引いてみなよ。その雑な定義がそのまま載ってるから。 うん、だから雑な議論でいいんだね? 君がいいならいいんだよ。 俺が困るんじゃねえもの。 そんなら雑な...

                  • http://anond.hatelabo.jp/20130529151511

                    うん、だから雑な議論でいいんだね? じゃあ増田の考える「雑でない公務員の定義」を教えてくれよ。 「食わねど」「食えない」という文字を無視して頑張るのはやめなよ。 い...

                    • http://anond.hatelabo.jp/20130529153557

                      じゃあ増田の考える「雑でない公務員の定義」を教えてくれよ。 はあ? 定義なんかお前が考えなよ。 俺は「禄をもらってるから武士と公務員は同じ」っていう お前の論法が雑だねっ...

                      • http://anond.hatelabo.jp/20130529162028

                        横だけどさ、 例えば禄なんかサラリーマンももらってるので 「武士とサラリーマンは同じ」もありだよね。 なんで公務員に限定するのかすらよくわかんねえ。 江戸時代の武士は盆...

                        • http://anond.hatelabo.jp/20130529164116

                          禄をもらってるから、侍を現代のサラリーマンに例えるのは普通に「あり」だよな。 うん、ありだよな。 別にそのレベルの与太話をしたいならそれを咎める気はねーのよ。 何度もそ...

                      • http://anond.hatelabo.jp/20130529162028

                        俺は「禄をもらってるから武士と公務員は同じ」っていう お前の論法が雑だねって言ってるだけだよ。 「江戸時代の武士=現代の公務員」という比定の妥当性は認めるがおまえの論...

                • http://anond.hatelabo.jp/20130529141913

                  「同じ女として恥ずかしい」って言い方はどこでよく目にするの? あんまり見かけないんだけど…

            • http://anond.hatelabo.jp/20130529105725

              主旨に異論はないんだけど、 >江戸時代の武士は主君ひいては幕府から食い扶持を得て公務にあたっていたわけで 江戸時代の侍は主君に直接俸禄をもらっていたわけではない(主君が...

              • http://anond.hatelabo.jp/20130529111310

                あれ、みなもと太郎「風雲児たち~幕末編~」で、 朝廷から俸禄をもらっているわけでも無く、 幕府から○○をもらっているのに、幕府を軽んじて「朝臣(あそん)」を語る藩が~とい...

          • http://anond.hatelabo.jp/20130529091039

            「現代日本に食うに困ってる公務員なんかいねーよ」 横だがふつーにたくさんいます 公務員ワープアとかでぐぐってみろ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん