2013-05-27

http://anond.hatelabo.jp/20130523054102

の続き、小田嶋さんの乙武問題に関する?記事読んだ。

今回の出来事についていうなら、馬券を買っていた(つまりリスクを負っていた)のは、乙武さんとイタリアンレストランの店主だけ

人々が、見慣れない対象にぶつかって、ぎこちない反応を示すことは、賞賛すべきことではないにしても、大筋から言ってほほえましいリアクションではある。問題なのは、他人の偽善を指摘することで、何かを成し遂げた気持ちになっている人々が、結果として、善なる人々の善なる意思を台無しにしている現状だ。


結局、名前と顔をさらすことで「上品ぶる」ことを余儀なくされている公的な場所(「社会的偽善」を要求される枠組み)に居ないと、人は、上品にふるまうことができないのだとすると、ネットがもたらす本音の言論は、われわれの社会上品ぶることでかろうじて持ちこたえている社会的な基盤を根底から破壊しかねない

→んー。前半というか導入部分はあんまり好きくない。 佐々木俊尚さんのstudygiftに関するFacebook記事を読んだ時と同じうぇっって感じになった。

http://b.hatena.ne.jp/entry/business.nikkeibp.co.jp/article/life/20130523/248527/

ブコメの評価もいつものアンチさんを除いてもちょっと辛口だけど、記事全体としてみると気持ちよくないので仕方ないかも。

私は上記の過激な意見をぶちまけて人の注目を集めることにハマってるバカな人たちのことをパーソナリティ障害だと思ってるので、

小田嶋さんの言ってることが、パーソナリティ障害者排除のようにも見える。 まぁ善意なんだろうけど。



それと分けて、後半は大事。実際オダジマンは乙武問題については本当にどうでもいい、くらいの感覚なのではないか

佐々木俊尚さんが、家入さんのし行為自体はどうでも良くて、ネット当事者論を語りたかったのと同じように。

studygift論総括としての佐々木俊尚さんの記事がそうであったように乙武問題に関する記事として見ると「コレジャナイ」感が強い。

でもまぁ、studygiftの時と違って、正直乙武問題に対してこんなにわーわー騒いでる人の気分に同調したくないという気持が強かったので

あえて正面からとりあげない感じのこういうズレた記事になってるのが好ましいと思った。 studygiftの記事もそういう風に見るべきだったのかな。

私の感想はこれ  http://anond.hatelabo.jp/20130523171054

どちらかというと、乙武さんを犯罪者のように扱って、彼が不満を感じたこと自体否定するような地点を目指してる人を見てものすごく萎えた。




後半部分だけ読むと良いかもしれない。

「好ましからざるニュアンスを持った文字が含まれているから」という理由で、文脈の中から特定の用語を排除しようとする姿勢は、「余計な社会的コストがかかるから」という理由で、社会の中から障害者を排除しようとする思想と、その根本において軌を一にするもの



当事者のやりとりとは別なところで、「生産寄与しない人間は遠慮すべきだ」という声をあげる人々の声が大勢を占める結果になる

→どっかの大学生がこういうこといってたな。たしかリアラ39みたいな名前アカウントだった。

 「僕は議論の提起のために言ったのに全否定されて悲しい」みたいな発言してたけど、議論の提起以前の問題ってのがわからないバカ。


一種の「生産管理思想」と言って差し支えのない効率万能主義が根を張っている。彼らの考え方からすると、「大きさや形の揃っていない部品は、システムの不確実性を増大させる」という意味で、「不良品」に分類される。と、それらの、「粒の揃っていない」「不定形な」部品は、ジグソーの絵柄にハマらないパズルピースとして、排除せねばならないことになる。工場長立場で、工業製品を相手にものを言っているのであれば、彼の主張は正しい。しかしながら


われわれは、世界効率的ならしめるためにこの世に生まれたわけではないし、社会的生産量を極大化するために生きているのでもない。順番が逆だ。むしろ、そもそもバラつきのある個々人であるわれら人間が、それぞれに違った方法と条件で、個々の快適な時間を過ごすために、社会設計されている

うん。

記事への反応 -
  • 散々書かれている乙武さんの件

    入店拒否をされたことで、店の実名をあげてしまった乙武さん。 今回、ツイッターであのやり取りを見ていて、心底ゾッとした。 乙武さんのブログの説明記事を読んで、さらにゾッと...

    • 乙武問題の議論が障害者差別問題からコミュ障差別問題に移行

      http://anond.hatelabo.jp/20130521221514 http://anond.hatelabo.jp/20130522120324 http://anond.hatelabo.jp/20130522181800 最初は乙武をDISってたと思ったら、店長のコミュ障問題に飛び火し、 コミュ障という話題にな...

      • http://anond.hatelabo.jp/20130527073021

        http://anond.hatelabo.jp/20130523054102 の続き、小田嶋さんの乙武問題に関する?記事読んだ。 今回の出来事についていうなら、馬券を買っていた(つまり、リスクを負っていた)のは、乙武...

    • 遠慮して黙っている障害者はよい障害者

      http://anond.hatelabo.jp/20130521221514 社会的なコストがたくさん費やされている障害者が、不快な思いをしたときに全力で言い返すと、健常者の人は不愉快になるらしい。 黙っているのはよい...

      • http://anond.hatelabo.jp/20130522120324

        関係ないけど、障害者たたくのって健常者より障碍者のほうが多いのよ 例えば、後天的な全盲を先天的な全盲が叩く、とかね 足引っ張り合ってるのとは違うんだけど、障害者って人くく...

      • 障害者を黙らせているのは乙武さん

        http://anond.hatelabo.jp/20130522120324 . 障害者は社会に進出していくべきで、勿論障害者からの働きかけが必須となる。 飲食店を利用する時は事前の申告が必須となろう。全ての飲食店はバリア...

      • 遠慮して黙ってる健常者はいい健常者

        「遠慮して黙ってる障害者はいい障害者」 http://anond.hatelabo.jp/20130522120324 こんな感情的な文章、ひっくり返せばいくらでもひっくり返るじゃん。 全力で反論するのはよいのではないか...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130521221514

      乙武さんの件があまりに不愉快で日記書こうとしたら、ほとんど同じ意見の増田がいたのでトラバ。障害がどうとかではなく、客として当たり前の気遣いができずに、権利だけを主張し...

    • この人なんか問題あるよね

      障害者同士からも評判良くないし http://anond.hatelabo.jp/20130521221514

    • http://anond.hatelabo.jp/20130521221514

      前半部分は本当に同じ感覚を覚えた。 何が一番怖いかって、乙武氏にとって不愉快な経験をすると(今回はそれが入店お断りだった) ただの私怨でも障碍者差別の文脈に持ち込んで60万...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130521221514

      順序が逆な気がするんだよね。 真偽はともかく、ブログを読む限り乙武氏はツイッターで晒すのもやむなしと 思うほど侮辱された、サービス業にあるまじき行動を店長がした、と思った...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん