2013-05-15

血は争えない

僕はあるコンサートの裏方をしていた。(サークルで)

その間、客席の様子をモニターで観ていた。

コンサートでは、演奏中にお客さんに楽しんでもらえるようにパフォーマンスをする場面があった。

モニターを観ながら僕は言った「前のほうに座っているお婆さん、顔の表情かわらないなーw」

すると、僕の横に居た後輩が一言「あの二人、僕のお婆ちゃんたちです」と。

そうだったのか と思い僕は「あーそうなの?知らなかったよ。まぁ当たり前だよねwww」と返事をした。

僕はそこで、その話は終わったと思っていた。

しかし、今日 後輩から1週間以上前のこのことについて文句が来た。

「先輩は、あのとき僕のお婆ちゃんたちを 頑固 だと言いましたよね」と。

そう言われて、僕は「頑固」だなんて言葉をあの時に使った覚えはないので

「そんなことは言っていない!」と語気を強めて言い返した。

けれども後輩はそれこそ「頑固」に僕の言い分を聴こうとしなかった。(頑固な孫のババアも実際に頑固なのかもしれない)

そんなことがあった後、そういや後輩の家は〇〇学会員である、ということを思い出した。

僕は〇〇学会が大嫌いだ。

結果的に(不本意ではあるが)、僕が〇〇学会員の行動に対して消極的な言動をしたのだとしたら、

僕の心情にとっては正義であることをやったと思う。

しかし「頑固」なんて言葉を発した覚えはない。

言っていたとしても、「頑固」と言ったことだけで否定になるのか?(「頑固おやじ」はマイナスなのか?)

お望み通り今こそ言ってやる。頑固なババアと頑固な孫 血は争えませんねぇ と。

「頑固」は悪い言葉しかないわけではない。

彼が不愉快に思った からこそ否定になっただけだと思う。

こっちが不愉快だクソ野郎。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん