2013-05-10

インターネットポルノ危険性と「オナ禁」について

ポルノを閲覧して性的興奮を得たり、自慰行為をして性的快感を得ることで、

脳内には「オピオイド」というアヘンに似た成分が自然分泌されます

もちろん、分泌量が適量であれば、その人は健康的な人間です。

しかオピオイド依存してしまい、オピオイドを大量分泌させるために一生懸命になり、

日常生活にまで支障が出るようになると、もう立派な依存症です。

アルコールタバココカイン大麻、その他のドラッグ類への依存状態とあまり変わりません。

 

以下の項目に当てはまるものが多いほど、ポルノ依存症危険性が高いです。

 

ポルノ依存症患者は、インターネットポルノの普及によって増加しています

インターネットが広がる前のポルノコンテンツは、探してお金を支払うことをしなければ入手できないものでした。

そのハードルの高さが、多くの人の依存症化を防いでいたと考えられます

しかし、インターネットポルノ無料で手軽に手に入れることができます

ポルノサイトをあえて探さなくても、一般サイトポルノサイトによる性的広告バナーが貼られていたりもします。

普通にインターネットをしているだけで、私たちは繰り返しセックスイメージ喚起させられます

たまたま嫌なことが起こったときに、気軽に性的興奮・快楽に逃げさせ、ついには依存させる仕組みになっています

 

この依存症の正式名称は「性依存症」です。性行為依存自慰行為依存が一つのくくりで語られています

行為依存は、タイガー・ウッズの多重不倫の例などが有名です。

行為依存の結果として、不倫以外にも性病、望まぬ妊娠売買春痴漢強姦性的虐待など数多くの問題が起こります

よって、精神医学会でも問題にされがちなのはこの性行為依存のほうです。

その影で無視されがちなのが自慰行為依存ポルノ依存です。

 

自慰行為によるオピオイド依存場合、人と関わらずとも依存対象を得られます

よって、ドラッグ治療施設のように依存対象からの完全隔離を行うことが出来ません。

ユタ州にある施設ではポルノ依存症患者治療が行われていますが、

そこで得られた結論は、ポルノ依存治療コカイン依存治療よりも難しいというものでした。

ポルノコンテンツは、コカインのように身体から完全に出し切ることができません。

これまでに見てきたもの記憶の中に残っているからです。

 

人と関わらずに依存物質を自力で生成できることは、依存の発覚の遅れにも繋がります

「なぜか不登校になり、ネットばかりするようになった」

「なぜか会社に行かなくなり、ネットばかりするようになった」

「なぜか人付き合いを絶ち、ネットばかりするようになった」

こうした「理由のわからない引きこもり化」で、混乱している家族が居ます

それらの原因のうちのいくらかは、ポルノ依存であることが考えられます

 

日本では「オナ禁」という流行があったようです。自慰行為を自主的に一定期間禁じるというものです。

オナ禁効果として「頭がすっきりする」「やる気が出る」「集中力がアップする」等がよく挙げられますが、

これは実際にはオナ禁効果ではなく、「ポルノ依存状態から脱却できている状態」…

…つまりそれが本人の「普通の状態」であることが考えられます

オナ禁をしても、何も変わらないという報告もあります。その方は、元々依存状態では無かったのでしょう。

依存対象に関わらず、何かに依存するとパフォーマンスは落ちます

落ち続けると社会生活に深い影響を及ぼします。ポルノもほどほどにね。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん