2013-05-08

http://anond.hatelabo.jp/20130508081111

増田です。「おびき寄せる」に笑いました。

しかに偶然の「結果」という部分もあります。ですが、それ以前に、そもそも素敵な服には最初からモテ」や「萌え」の歴史刻印されていることも多いのです。そういう服を着ておきながら、「私だけモテの文脈から勝手に降りちゃうぜ」と言うのは論理上、不可能であるよと言いたいのです。

もちろん、フェイオーバーニーソックスは、男性からの「萌え」の視線をある程度まで無効化してくれますしかしそれでもなお、フェイクオー(以下略)というアイテム歴史性や政治性が消去されたとは思えないのですよ。一つ言えるのは、「萌えないニーソなんてクソ」とか言ってる男性はアホだし無視すべきだということです。それと同じで「顔や体型が××な女は△△の服を着るな」とか言うのもアウトです。

逆に、「嫌われることを意図する」というのは、

異性の視線や判断基準にとらわれてしまっている、ということでは?

すみません言葉が足りませんでした。私が想定したのは、自分が好きになった服が「偶然」にも「すべての異性から嫌われるファッション」であった人たちです。たとえば、ゴスロリきゃりーぱみゅぱみゅ的な。それらは「90%の異性から嫌われるファッション」ってところでしょうか。異性や社会を敵に回してでも、自分ファッションを貫く覚悟をもった人たちは、かっこいいです。

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん