2013-03-13

ネットがある種の人々から奪ったもの

ネットが普及してない時代って「物知りな人」が結構チヤホヤされてた気がするんだけど、

Wikipediaが出来てからは、そういう人ってただ面倒なだけになってしまった。

元々「物知りな人」って、質問した内容について答えてくれたら嬉しいんだけど、

自分の語りたい内容にどんどん脱線していってうんざりなところがあった。

その点、Wikipedia必要な部分だけ読めばいいか完璧

「物知りな人」のポジションWikipediaに奪われてしまった。

 

そんな便利なWikipediaだけど、知った当初は

「こんな有益情報無料で共有してくれるなんて、なんてありがたいんだろう」と感謝してた。

たくさんの人が公共のために無料で知識を持ち寄っていることに感動した。

でも今はそんな感謝の心なんて忘れてしまった。Wikipediaはあるのが当たり前。

調べたことが載ってないと「使えねーな」とすら思う。そんな人、私だけじゃないんじゃないですか。

 

結局、ツールは大切にされない。

ツール的な人間、お役立ち人間である限り、大事人間にはなれない。

ならどういう人間だったら大事にされるのか。共感を与える人間だと思う。

 

ネット上でも共感的な話はよくされている。

ぼっちなのがつらいという話。

彼女が出来ないのがつらいという話。

失恋したのがつらいという話。

ブサイクなのがつらいという話。

就活がうまくいかないのがつらいという話。

職場ブラックなのがつらいという話。

こういうやり取りって、どうせ結論は出ないしあまり意味が無い。

「このようにすればその状況を脱出できる!」などと方法論を説く人があらわれても、

誰も聞いちゃいないし実行しない。ただ「つらいなぁ」というつぶやきに対して、

似た状況に置かれている人が「だよねぇ」と答える、こんなやり取りが続くだけ。

おんなじやり取りが何度も何度もネット上で繰り返されてる。何の進歩もなく、ずっと。

でも、このやり取りこそが「人間人間に求めるもの」なんじゃないかと思う。

 

人には向き不向きがあって、共感して傷ついた人を慰めるのが得意な人間と不得意な人間がいる。

ネットが出来るまでは、共感が不得意でも「物知りな人」として、Wikipediaポジション活躍できた。

でもネットが出来たことで、本当にそういう人のポジションは無くなって、友達になる意味が無い人になってしまったと思う。

から必要とされるには、物知り度合いをさらに磨いて本を書いて生きていくとか、その道のプロになっていくしかない。

そして、そうなったとしても人から求められているのは「あなたの書いた本」であって、「あなた」ではない。

 

それで構わないよ、という人ももちろん居ると思う。

「わたし」が求められるより、「わたしの作ったもの」が求められる方が嬉しいという人も居ると思う。

でもそこまで到達できず、「わたし」を必要とされたい、友達恋人が欲しい、と思っていながら、

共感して傷ついた人を慰めるのが不得意で、身近にいる誰から必要とされていない人も居ると思う。

こういう人々からネットが奪ったものは大きい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん