2013-02-06

労働について 諸悪の根源

私は女だが、家に引きこもってまったりゴロゴロ中の男性や、プーケットバカンス中の男性などにはセクシーさを感じない。

何がセクシーか。目覚めたのは、男子が体育の授業中に見栄を張って無理をしている姿。

二次元では、戦いのある作品で、男のキャラクター戦闘中に無理をしている姿。

オタ女性には、軍萌えや傷萌えなど、負荷がかかっている状態の男性キャラ萌えるのが結構メジャー属性としてある。

一般女性の中にもスーツ萌えなど、企業戦士としてやや無理してるところに萌える人が居る。

ブラック労働などの無理が男性に対して強要されていて、当人が鬱になったりするまでそれがまかり通ってしまいがちなのは

「男らしさという魅力」と「無理がきくこと」が密接に結びついているからなのではないかと思う。

「男ならブラック労働に耐えなければいけない」という義務感から解放されている男性は、

男に生まれたからには「男らしさ」を持っていなければ、という執着にも欠けるのではないだろうか。

ブラック企業戦争など、男性を苦しめる諸悪の根源は、全てが経営者政治家にあるわけではなく、

男が無理をしている姿に性的魅力を感じてしまう、一部の女にもあるのではないかと思う。その欲情は悪だ。

無理をしている姿が女にウケが良いことを、学生時代から本能的に察している男もおり、その下心もまた、悪だ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん