2012-08-09

御堂筋線梅田駅電車に飛び込んで、警察から精神病院に強制入院になった。

飛び込んだ人間プロフィール

30代前半 女 某通信系大手会社勤務。

ある日、昼で仕事体調不良で早退して、御堂筋線に乗って家に帰宅しようとしたところ電車にいきなり飛び込む。

その後、怪我は頭に2箇所、全身打撲。警察鉄道警察保護され警察署へ。ダイヤへの遅れは出なかったそうだ。

警官2名に両手を拘束されて、ワゴン車のような車でいきなり2時間ほど大阪市中心部から走ったところにある

山の中のような丘や森林がある病院に到着する。

最初は診察室で診察。医師に「あなたはここで入院することになります」と言われる。

最初ナースステーションの中にある、全面透明なガラスで覆われた部屋に案内される。お手洗いは、部屋の外。

全体が学校のような病室。 そこで入院案内と夕食を出される。

夕食はトマトで煮た肉と豆。それにピラフのようなものお茶

お茶だけ飲んでつき返して終わる。 

あと保護入院になったということの書類をテーブルに置かれる。

翌日ドアが開けられ、朝食だといわれロビーのようなところへ。

オーブントースターが置かれていて パンとジュースを渡される。

患者たちは仲良くみなで話し合って食事を楽しそうにとっているが。

自分はパンをつかんで、ゴミ箱に投げ捨てて病室に戻り眠る。

ちなみに治療必要な薬は時間ごとにワゴンにのせられて各々の病室に配られる。薬の管理自分ですることができない形になっている。

午後になり、保護室を出て一般病棟に行くことになる。

そこで見たのは、老人の山。山。山。 老人ホームかと思った。

後でその老人たちには少々痛い目にあうことになる。

一般病棟うつっても個室の病室なのでさほどかわらない。自分お茶を部屋にいれ寝て過ごしていた。

スルト「ドンドンドンドンドン」とたたく音。医者の往診かと思うと違う。

まったく知らない老女が立っている「ここは私のお部屋なんですよ」とにっこり。

しかし部屋移動が行われていてネームプレートは私の名前になっている。その人は別の部屋になったのだろう。看護士を呼び、

そのまま誘導をお願いする。が ニコニコその老女は後をついてくる。「@@ちゃんが遊んでくれるって!」と

けがからない。

あとで聞いた話だが、この病院では老人患者認知症)を多く抱えており。その認知症患者の世話を比較的若く軽症の患者に任せているそうだ。

実際この老女はずっと退院まで、お手玉だの折り紙だのにくっついていた。まさに金魚のフン状態。

どこにいくにもついてくる そんな感じだった。

しかし。精神的に私は検査を経て「統合失調症(破瓜型)」と診断されていたのですが 実際に「他人(老人)の部屋など見られるはずがない。

かなり疲れ切っているのだし、他人にまで注意はいかない。私のように、老人の世話を任されていた若い患者は数人いたらしく、みなやはり

一様に疲れ切っていた。老人によっては性的なことまで行おうとセクハラまでしていたという話も聞くし、深夜まで元気な老人は多かった。

そして老人の世話を押し付けられていた患者はみな一様に調子はよくなかった。自傷に走っていたものもいたし、首をトイレでつった人もいた

それでなくてもベッドでずっと休み続けている人も多かった。何より目がつかれきっていた。

自分もやはり疲れきってしまい、老人と唯一離れられるトイレで、ストッキングを使い、荷物をつけるひっかけ棒を使い、首を吊ってしまった。

意識はなくなってしまったらしい。数日その間保護室に入れられた。

保護室には老女から覗ける位置のドアがないため解放されることができた。

入院からまた2ヶ月ほどが過ぎたが、次々とやはり人が押し付けられてくる。

「@@さん(私のことは)世話が上手だからね~」冗談じゃねえよ。死ねよ。

拒食症で絵本を音読をせがむ20台前半の女の子

胸を毎日執拗に触ったり下着の色を聞いてきたり服を脱がそうとする男性老人

などが私にはあてがわれた。

なお服を脱がそうとした男性老人は、私が怒りを覚えてしまい、頬をけりとばしてしまった。

そんな入院から3ヶ月。一応もう実家に帰るという形で入院の方を終えた

はいえ、自力ではほとんどまっすぐ歩けず、もう薬の副作用で常に眠気が抜けず

症状は治まっていない状況だった。

※なおこの本人は。その後も療養生活を続け

昨日朝、11時ごろ 自力で農薬を飲み亡くなられたとの事です。合掌

  • http://anond.hatelabo.jp/20120809003305

    ご冥福をお祈りします。 クリスチャンだったら申し訳ない。    ところで、 ※なおこの本人は。その後も療養生活を続け 昨日朝、11時ごろ 自力で農薬を飲み亡くなられたとの...

  • http://anond.hatelabo.jp/20120809003305

    ネタ乙なのか、病人をよく知らない貴方が騙されているのか知らないけれど 未だにこういった文章に食いついて騙される人が居なくならないのは何故なんだ? 後で、本当の事を書こうと...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん