2011-11-17

さとうふみやがきらい

急に思い出したので書いておく。

金田一少年の事件簿』が大人気だった頃

俺もコミックスを買ったんだが、合間の作者のコラム意味不明だった。


コラム名も確か

「六根煩悩シアター」(うろおぼえ)みたいなそんな感じで

小学生だった俺はなんだこれ、金田一と関係ある用語なのかな

とかなり迷って内容を含め戸惑いながら読んだ。


後年さとうふみや幸福の科学信者であることを知り

金田一少年のつけるペンダントにも教義のシンボルがあしらわれたりしてると知った。

コラム幸福の科学式の仏教の用語っぽい。


信教の自由はもちろんある。

個人的には幸福の科学も笑えるから新興宗教の中では嫌いじゃない。

しかし、少年漫画原稿単行本

自分宗教ネタを入れんなよ。


一応さとうふみや名誉の為に言えば

子供を狙った布教」みたいな悪辣なニュアンスは感じなかった。

単純に彼女楽屋落ち・内輪ネタとしてやってたんだとは思う。

でも小学生とき俺はあれが意味からなくてかなりひっかかってたし

後年その意味を知ってかなり腹が立った。


ということを突然思い出したので書いておく。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん