2011-11-08

30歳になった。

ちょっと前に30歳になった。

感慨ぶかげに何か書いておこうかと思ってたけど、結局しなかった。

実のところ、書くことが思いつかなった。

大台に乗ってどんな気分ですかとか言われるんだけど、

まったく変わらないとしか言いようがない。

思えば、20歳になったときも同じだった。

多分、いいことなんだと思う。

40歳ときもそうありたいものだ。

もちろん10年前の自分と違うのは確かなんだけど、

自分のことは毎日見てるわけだし、実感するのは難しい。

感覚としてはとにかく、同じ自分が続いてる。

でも考えてみると、節目を意識してなかったわけでもない。

30になるまでにはそろそろ人生設計的なものを固めておかなきゃなとは思っていて、

実際、ちょっとした転機を乗り越えた。

30あたりというのは、けっこういいタイミングなのかもしれない。

気分が変わらないとは言ったけど、

ちょっと変な感じがすることはある。

たとえばサッカーとか見てて、ほとんどの選手が年下なんだなと思う。

自分より若いのにすごい、とうらやましがるのと同時に、

自分にはああなる可能性はもう絶対にないんだと実感する。

そして、ちょっと落ち込む。

から、そんな道に進むチャンスはもう来ない。。

というかもともとそんな素質はなかったけど。

業界でも似たようなことがある。

20歳とか中には10代とかで起業してる人もいるし、

30歳になったらすごくなるんだろうなと思う。

それでまた落ち込む。

自分も少しはすごいと言われるようなものを作ってきたつもりだけど、

今後どれくらいやれるかというと自信はない。

でもスポーツとは違って、望みがまったくないわけでもない。

体力が鍵になる世界とは違って、

ITでは、知識は年齢とともに増やせるし、それなりに役に立つ。

スティーブ・ジョブズは、

アップルを作ったときに21歳、

マックを発表したとき28歳だった。

でもiPodを作ったのは46歳、

iPhoneときは51歳、

iPadに至っては54歳になってた。

30代の抱負は、20代反省してこんな感じにしようと思う。

  • 健康を保つ。
  • モノではなく体験を買う。
  • 毎日集中する。目標を忘れない。

……と、ちょっとは自分へのプレッシャーになるかと思って書いておく。

気分は変わってないなどと言わずに、

大台に乗ったという機会を使って抱負を新たにするのは悪くない。

reblogged from parislemon

  • http://anond.hatelabo.jp/20111108192236

    このほど自分も30歳となった。 自分の場合、30歳になっても実感がわかないというのが自分の中で肯定的に捉えられてない。 20代を振り返ると、頭の中身は17か18で停まったまま、自分の...

  • 2011年の翻訳増田まとめ

    翻訳増田です。今年書いたものをまとめておきます。 手前味噌ながら、良エントリと思うものに★をつけてみました。 2011年2月1日 エジプトについてバカ丸出しな発言をしないための手...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん