2011-10-16

混雑と優先

店員ひとりあたりが受け持てるキャパシティは一定から、新発売とかでいつもより混雑していて

キャパシティ以上の仕事をしなければならない時は、その引き換えとして作業の遅れか、ミスが発生する。

 

ただしこの前提条件は、お客の全てを平等に取り扱うという事の上でのみ成り立つ。

その為自分の為の作業を優先的に、且つ確実に遂行して欲しいと望む場合

平等の前提条件を破れば良い。対応する店員に手続費用の1割から2割程度の小遣いをやれば良いのだ。

 

そんな簡単な事もせず、その他大勢の中に埋もれやれ遅れているだのミスが発生しただの騒ぐ奴には

「その原因は、お前の金の払いが悪いからだ」といってやれば良いといつも思う。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん