2011-08-26

ちんちんリアルタイム性を知った。

ちょっとそういう雰囲気になると、いつの間に?というくらいすっくと立っている。

でも、つけっぱなしのTVから、付き合いのある会社CMが流れて、お互い気づいて「あっ」てなったりして雰囲気が変わると、すぐ萎えたり。

気持ちの中の性的な部分が可視化されてしまうというか。

はえてる人たちからすると当たり前なのかもしれないけど、私にははえてないので当たり前ではない。

エロサトラレ棒』みたいに感じてる。

だって濡れるじゃないかと言われそうだけど、あの反応が性的興奮度合いときれいにリンクしてるかというと、なんか誤差はあるよなあと思うし、

タイムラグがあるし、なんつーか可視化され度合いが弱いと思うのよ。

ちんちんの状態のほうがより、今日はあんまりしたくないなあとか、もっと爆弾投下になるけど相手に飽きちゃったなあとか、

そういう気分が目に見える形であらわれてしまうと思う。

相手を傷つけるかもしれないから見せたくないと思っても見えてしまう。どうしようもなく、やっかい

これからも付き合っていくとそういうこともあるんだろうな。マンネリ化しちゃって彼がたたないとかさ。

私が太っちゃったり老けちゃったりした結果、そうなることもあるかもしれない。

怖いなあ。私、傷つくんだろうなあ。必死でダイエットしたりLCとか見てそうw

でも、私の性的な部分での気持ちが彼に丸わかりになるよりはマシだと思ってしまうんだ。

男に生まれるって、後輩におごってやらなきゃいけなかったり、ニートだと全方位からフルボッコにされたり、

痴漢セクハラ冤罪も)で人生が簡単に終了してしまったり、他に色々大変なこともあるだろうけど、

やっぱり一番「男じゃなくて良かった」と思えるのはちんちんが無いことなんだよね。

あーほんと、はえてなくてよかった。

  • まあ逆に生えてる側からしてみれば、 リアルタイム性が可視化されてるがゆえに口説く対象への性的興奮を本人にダイレクトに伝え易いし(つまりは口説き易い)、 あるいは浮気したっ...

  • ちょっとした心身の不調でまるっきり立たなくなることは覚えておいたほうがいい

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん