2011年07月21日の日記

2011-07-21

http://anond.hatelabo.jp/20110721231138

前に3週目って書いてた人?

おめでとうおめでとう。

最初3ヶ月はちょっと増えるけど特に悪いところ無かったらあとで筋トレとかでボディメイクするのはそんな難しくないよ。

炭水化物は減らすか、減らして足りなかったら分食すれば結構すぐ減るよ。

菅を撃ち殺すFlashゲームが出てきてないのが不思議

http://anond.hatelabo.jp/20110721232511

ええ、夏碓井から霧積へ行くみちで、 渓谷へ落としたあの麦稈帽子ですよ。

歯石取ってきた

初めて歯石取って来たので感想

・思った以上に痛い

・思った以上におっぱい当たる

正直言っておっぱいというご褒美が無ければ

将来の歯周病リスクなんて無視して

二度と行きたくないレベル

ありがとうおっぱい

加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように

加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように加害者は死にますように

父の日≠6月の第三土曜日

父の日って6月第3土曜じゃ… - その他(ライフ) - 教えて!goo

私も子供の頃からずっと「父の日=6月の第三土曜日」だと信じ込んでいた。

この人もただの思い違いじゃなくて、私と同じ情報源から間違った日付を覚えたんじゃないか

他に同じ勘違いをしていた人はいないだろうか。

情報源は1980年代子供向け雑誌あたりが怪しいと思うのだが。

日本韓国と同じ轍を踏まないよう警告する

http://www.news-postseven.com/archives/20110506_18794.html

書評】『サムスン栄えて不幸になる韓国経済』(三橋貴明/青春出版社/1575円)

【評者】森永卓郎エコノミスト

「一歩路地に入ると、昭和30年代のような時代に取り残された店舗がたくさん残っている。先進国途上国が同居しているのだ。また、いまの韓国経済には、多様性がない。自動車は現代と起亜ばかりだし、家電製品サムスンとLGばかりだ。だから、数少ない大企業に勤められれば天国だが、それを逃すと貧困が待ち受けている。」

で、韓国人連中は、自分たちが不幸な理由を日本人のせいにしているわけだ。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0627&f=national_0627_048.shtml

韓国青少年「天安艦事件の主犯は北朝鮮だが、韓国の主敵は日本」 - サーチナ

「『韓国の主敵』として、日本を挙げた青少年が44.5%でもっとも多かった。それに次いで北朝鮮が22.1%、米国が19.9%、中国12.8%の順だった。」


江沢民時代の中国と同じじゃん。

禁煙日記

ひと月になったかな。

体調わりい。

やだやだやだ。

それでもまあ肺活量が増えたのと、空気がうまくて呼吸が楽しくなった。熟睡もできる。

ただし顔が丸くなった。

これは肥満の前兆。

食事の管理運動をはじめなければね。

http://anond.hatelabo.jp/20110721225733

などとFランが申しており・・・

繰り返すけど「スクリーニングとして」最善のパフォーマンスを発揮するのが学歴

高校の時分に青春だー!って学業を疎かにし部活恋愛だに抜かすのは低能の思考。

中流以上の最低限としてそれらと勉学は両立しうるものであり、それができないやつが底辺私大に流れる。

なんどでも言うが学歴は指標の一つではなく、篩のひとつ漏れる奴は使えない。

http://anond.hatelabo.jp/20110721224557

あるある。

自分電話で相手の名前を聞いた次の瞬間に忘れること山の如し……。


解決策として、つねにメモという名の裏紙をクリップで束ねたやつを持ち歩くことにしたよ。

常にデスクの上にメモとペンをセットでおいて、いつでも書き込めるようにして、

頼まれたこととか相手の名前をその場(重要)で走り書き。あとで書こうとしても覚えてないので、汚くてもその場で走り書き。

で、持ち歩き。

会議ときでも持ち歩き。ちょっと別のPCで作業するときも持ち歩き。

雰囲気的に裏紙メモを持っていけないときノートに書いておいて、べりっとやぶって裏紙メモにイン。

古くなったメモはいらなければシュレッダー、必要なメモは穴開けてファイルにぽい。

持ち歩きとメモ走り書きだけ習慣付けに成功したら、かなり楽になると思うよ。

http://anond.hatelabo.jp/20110721223601

ほんとだよね。

学歴なんて関係ないとかドヤ顔で言ってる人は現実逃避してるとしか思えないんだわ。

学歴は厳然として存在する事実だし、勉強を疎かにする人間が使えないのは自明

スクリーニングとして最善のパフォーマンスを発揮するのが学歴だし、これを元に格差社会が実現するなら

それはそれはすばらしいパフォーマンスを持った合理化のひとつの極地として語り継がれるだろう自信あるよ

駄目すぎる

一つ仕事を熟すと一つ仕事を忘れる。

メモをとってもメモを忘れる。

メモにまとめていると、その前に頼まれた

仕事を忘れる。

大事から一応コピーをとっておこうとしたら、

原本を忘れる。

後で調べようと思った事は必ず忘れる。

どこに置いたかすぐ忘れる。

ルーティンを決めようとしても、そのルーティンを

守る事に意識が行き過ぎて他がおざなりになる。

なんだろ、この駄目さ加減。

自分でもちょっと信じられない。

気をつけて気をつけて、気を使い過ぎて他が駄目。

もうやだ。

http://anond.hatelabo.jp/20110721223813

お前が他の党がいいといったところで理想通りの政界再編が為されると思ったかバカめ!!

菅早く辞めろと言うと

必ず自民党がどうだとか言い出す奴がいるけど、別に自民がだめなら他の党でもいいし、

民主党でまともな人材がいるならそいつを担ぎ上げればいい。衆議院で過半数取ってるしな。

なのに、他の党の話ばかりすると言うことは、民主党にまともな人材がいないことを自ら認めたようなもの

これが元ニート底辺人間ボーナスだっ!!

スペック:Fラン卒元ニート27歳(入社2年目)

ボーナス:差引支給額151,000円www

いか、Fランニート予備軍ども。

絶対にニートにはなるな、新卒カードを逃すな、スポーツジムでもなんでもいいか運動しろ、間に合うならもっといい大学を目指せ、人見知りを改善するんだ。

過去自分ブーメランで帰ってくるぞ!!

うん…ほんとに……。

間に合う人はがんばれ……orz

20代半ばだというのに人間的にうすっぺらい

なんか人間的に分厚い人っているじゃないですか?

しっかりしてるとか、頼りがいがあるとかそういうのだと思うんだけど

どうすればああなれるんだろうか?いまから経験じゃどうにもならないものがあるんだろうか。

20代後半のつぶやき

就活戦士となっていたのは、もう5年前のこと。

あの頃は、学生特有の無敵状態で、何でもできると思ってた。

自分は見えているんだけど、悪いところは成長すれば改善するでしょう、という楽観思想。

自動車工業が盛んな都市に籍を置いていたのだけど、

すでに成熟しきった分野であることと、全く車に興味がなかったこと、目立つことをしたかったこと、

ぐらいの動機で、だけど、マスコミとか広告代理店という華やかでハードルが高い業界へは、

そんなん興味ねえし、ほどよく一目置かれるぐらいで満足だし、

という中途半端な感じで、IT関連を中心に会社を受けた。

とにかく、若い会社がよかった。

10年以上ある会社に、魅力がなかった。

インスピレーションで、びびびとき会社を狙った。

動機があいまいなので、面接は苦労した。

取り繕って捻出した動機では、本気でそこを目指している人には勝てなかった。

面接官は、よく見ている。

結局、受かった会社は、県外のIT系ベンチャーで、社長カリスマ性に惹かれての選択だった。

こんな風にブログを書くと、

どうせブラックでこき使われたんでしょう?

みたいなオチがありがちだけど、

そんなことはなかった。

そこは私は、石橋を叩いて渡るタチなので、見極めができていたようだ。

会社は、新人研修もしっかりしていて、社員の面倒見もよかった。

怒号や罵声が飛び交うなんてこともなく、ドライの中にも情がある、という感じだった。

そんな中、私は、自分に合ったペースで成長することができた。

ベンチャーと謳ってはいたけど、実に堅実な会社だったように思える。

客先に出始めたのも、1年目を終えるあたりから

遅すぎず早すぎず。

ただ、次第に、入社当初に抱いていた、

「この会社すげー!」

という感情が薄れていくのがわかった。

中に入ると、色んなものが当然見えてくる。

だんだんと、普通会社に見えてきたのである

私は、何のためにこの会社を選んだのか。

学生時代のかけがえのない友人や彼女と別れてまで捧げる会社なのだろうか。

やりたいこととは別に、その会社にいる意味を考えてしまった。

過去自分を否定しないために、今一度、別の世界へ飛び立ってみたくなった。

そこで、IT系が盛んな、東京へ進出することを検討した。

しかし、そこでも私は、冒険することができなかった。

無鉄砲東京に行くことを恐れた。

有名な会社を受けてみて、駄目だったら地元に帰ろう、という安全牌を選択した。

結果として、見事に受けた東京会社は全て落ちた。

「賭けている」という熱さも気概もなかったのだろう。

そして、身に付いている技術も未熟だった。

結局、地元に帰ってきた。

新しい会社は、前の会社と同じ職種だけど、前よりももっとベンチャー気質な感じ。

前の会社に比べたら組織化もまだまだで、上下関係をそんなに意識しなくてもいい。

そして、若い。

そんなベンチャーに身を置いてわかったのは、

この業界は、成長のスピードが速い。

昨日使ってた技術は、明日には変わっている。

私は、常にアンテナを張り、流れに置いてけぼりにならないようにしなければいけなかった。

また、一つの技術を掘り下げるより、幅広い技術を身につけないといけない。

いや、どっちでもいいんだろうけど、やるからには、どっちかなのだ。

ある一つの分野のエキスパートになるか、幅広く何でもできますよというスタンスでいくか。

どっちかでないと、今後、食っていけないと思う。


そういう業界に身を置いて、

だんだんと、自分の心が無くなっていくのを感じている。

心がこもっていないというか、上の空というか。

モーションだけは、「やりまっせ!」というのを出しているけど、心がついていってないというか。

ホントはこんなこと、やりたくないと、心が言っているのかもしれない。

から、振り返ってみて思うことは、私は、実にベンチャーに向かない、ということだ。

保守的中の保守的キングオブ保守的

ある実績のあることに対して安心をした上で、その道を突き進む。

新規開拓より、メンテナンスが好きなのかな。

ソースを一から作るより、誰かのソースを手直しするとか。

新しもの好きな性格と思っていたけど、

その前提は、それが評価が高いものであること。

自分が真っ先に抱いたインスピレーションよりも、

評判を先に気にする。

それは、革新派の皮を被った保守派の何者でもないと思った。

就活冒険することなく、堅実な会社に入って、気の置けない仲間と遊んだり、慣れ親しんだ街でデートしたり、

そういう生活を想像すると、はかなくて虚しいけど、心安らぐ。

過去自分を否定したくなくて、こんな風な考えは否定してきたけど、

やはり、これが自分だと思う。




疲れたね。

脱「オタクボイス」トレーニング

みたいな内容の本を作れば売れそうだ、と思った。

http://anond.hatelabo.jp/20110719213544

RubyKaigi 2011感想

こちらに書くのが流行りのようなので、こちらに書く。単に外向けのブログがないだけなので、他意はない。

RubyKaigi 2011が終わった。まずはRubyのパパを始めとするRuby開発者のみなさん、そして参加者のみなさんに御礼を言いたい。何はともあれRubyKaigiは、Ruby開発者同士、Ruby開発者と利用者、Ruby利用者同士のコミュニケーションの場所であった。RubyKaigiは、主催者が企画した講演を参加者に聞かせるだけという、一方向な関係の場ではない。会期中に開かれる講演は撒き餌とか出しみたいなもので、それだけが主眼ではない。それよりも、そこで交わされる会話や議論が貴重で、それこそ、場を提供するスタッフたちが目指していたものなのだ。

そういった意味でも、RubyKaigi 2011は成功だった。重要な決定がなされたり、こうした機会がなければ決して会うことのない人たちが出会ったり、久しぶりの友人と再開したり、そういう場面を会場でいくつも見かけた。RubyKaigiであるからこそ出会った人が、RubyKaigiからこその会話や議論をしていた。このような参加者同士のコミュニケーションメッシュ状に展開され、構築されるトポロジーこそが、まさにコミュニティなのだろう。

角谷さんの講演は、そういった気分をよく表現していた。コミュニティは目に見えないものなので、これであると指し示すことができない。とはいえ、私たち個々のコミュニケーションから成り立っているということも事実である。だからコミュニティ主語にしようとすると、それを構成する個々人のコミュニケーションへの構えを話すことになる。(この落差が誤解の元なのだが、それは別の話であるのでここには書かない。)

私がみなさんにお伝えしたいのは、RubyKaigiが現前してみせたコミュニティは、あなたコミュニケーションへの構えに過ぎないということだ。RubyKaigiという奇跡的な場は終わる。でも、悲しまないで欲しい。あなたが感じたコミュニティ情熱は、あなたに内在している。なぜなら、コミュニティとは、あなたあなた以外の人の間のコミュニケーションなのだから

最後に、実行委員や当日スタッフの皆さんにも最大限の感謝を贈りたい。それから、少しばかりスポットが当たることが少ない人を紹介させて欲しい。

まずは、高橋さんを紹介したい。高橋さんRubyKaigiの方向性を決め、責任を担う。これがどんなに難しいことか、イベント主催したことのある人間しかからいかもしれない。しかし、彼は最初から最後まで(最後と決めることも含めて)この難しい仕事を全うした。心から賞賛を送りたい。

そして、レオさん。彼はRubyKaigiを国際化した立役者だ。日本開発者海外開発者を結び付け、国際的な輪を広げた。講演のスクリーンでの翻訳だけではなく、日本開発者海外開発者を紹介したり、言語的な障壁を取り除くことに貢献した。彼の成し遂げた事は本当に大きいと思う。

あずみさんはずっと会計担当してくれた。とても信頼できる人で、仕事が忙しい中でも手間を惜しむことなく、面倒で難しい仕事を丁寧に根気良くしてくれた。とても負担をかけてしまっていたので、ご迷惑をおかけしたのではないかと、ずっと心配をしていた。

他にも紹介したい人はいっぱいいるが、書きかけてあまりにも個人的なメッセージになってしまったことに気付いたので、割愛したい。もしも御縁がありましたなら、いつの日か、また、お目にかかりましょう。

いじめを上の人に相談すると、加害者発狂しだすのはどうして?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん