2011-05-18

批評家評論家というイキモ

http://togetter.com/li/137022

やらおんとかただのネタまとめブログだと思ってるんだがなんで批評クラスタはこんなにマジレスしてんの

表面的にはやらおんによってネタ化されたものをただ消費するだけのその他多数の人と、やらおんによってネタにされる可能性があると(良い意味でも悪い意味でも)期待している人とのチガイじゃないですかね。今前者側にいる私から見たら普段自分アニメに寄生して好き勝手言ってるくせに、相手に同じことやり返されたら(ネタとして消費されると)ファビョるって心底ダセェと思うけど、実際自分もそういう状況になったら多分動揺してこういうみっともない姿を晒すと思う。自分がやりだまに挙げられたとき「ただのネタブログだろ」で済ませられる人はあずまんくらいだと思う。このひとだけは別にアニオタに否定されても痛くも痒くもないだろうからね。 でもそうじゃない私はあんまりマジレス格好悪いとか他人には言いにくい。

ただそれ以上に多分人種そのものがちがうとおもうんよ。

個人的な意見だけど、評論家というイキモノは、いかなるものについてもなんらかの評価・意味を見出せずには食べられない人たちなんだと思う。多分頭はメッチャ良いんだろうけど、そのせいかめちゃくちゃ精神的な胃袋が弱いか舌が敏感すぎて、ちゃんと加熱調理しないとそもそも体が受け付けないタイプなんじゃないかな。

しか無駄にお行儀いいから目の前に差し出されたものはいちいち全部食べてしまう、という。食べなきゃいいのにってのは私らの感覚であって、この人らは多分食べ物を残せないんだわ。ああこれだからインテリは嫌だ。自分わがままであることになんの自覚もない。いや自覚があっても開き直る図々しさ。それでやせてればまだ食べれるものが少なくてかわいそうと思えるが、実際にはデブから救いようがない。もち詰まらせて死なねーかなー んで、そういう人たちがやらおんというナンセンスそのものの存在意味付けをしようとすると、勢いネガティブな評価を付けざるを得ないでしょうねそりゃ。


私なんかは、いちいちなんらかの評価・意味付けせずともなんも考えずに口に入れて、口に合わなかったものはマナーなど気にせずところかまわず吐き捨てられてしまう。育ち悪いんで、作法とかあんまり気にならない。味覚もオコチャマかな。だから全く違う人種だといつも感じる。 正直私にはこの人らの生き方って理解出来ない。生きてて楽しいかな、と思うし、何人かの人は楽しくない時もあるって口に出して言ってるけど、たとえ楽しくなくてもそうせざるを得ないイキモノだと考えると、あんまりそこを叩く気にはなれないな。どうしようもないんだから。だから、別の生き物どおし、ちゃんと住み分けろよと思うんだけれどね。

なんかコンプレックスでもあるのか?

ある。というか明確に書いたつもりだが。私はとにかく頭が悪いです

とりあえず何でも読むけど、上の評論家がたのように強い反発も感じ無いし逆に深い感動を覚えることもない。単に消費することしか出来ないわけで、ネガティブ方向でもいいからこんだけごちゃごちゃと考えられるくらいなにか頭のヨサゲなひとというのは、実態がどうであれ羨望と嫉妬の対象ですよ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん