2011-05-12

twitter中毒の友人

友人AとBが、twitter中毒のような状態になっている。

ふたりとも、リアルでの友人・知人とのコミュニケーションツールとして使っているらしい

忙しく働いているふたりにとって、気軽に友人とコミュニケーションをとることができるというのは、嬉しいことなのだろうなと思う。

しかし、何かおかしい

最初におかしいと思ったのは、Aと食事に行った時だった。

Aは食事中、ずっと携帯電話をテーブルの上に置き、コンスタント携帯からツイートしている。食事が終わると、携帯を片手にTLをチェック。

その日は久しぶりに会ったので、色々なことを話したはずなのだが、私は熱心に携帯ディスプレイを見つめているAの姿しか記憶にない。

また、先日、Bを含む数人で遊びに行った。

このBも、外出先でも携帯を常に手に持ち、twitterのTLをチェックしている。

挙句、夕方には携帯バッテリーが無くなり、「誰か充電器持っていない?」

たまたま携帯用の充電器を持っていた人がいて、それを借りてまたtwitter

twitterに執着しすぎだと注意されても、まったく気にしていない様子だった。

そして、AとBと私の3人で飲みに行った時。

お手洗いに立った後、席に戻ってみると、AとBは無言で携帯twitter

このふたり、互いにフォローしあっていて、お互いが目の前にいるのにtwitter上で会話をしているという状態。

ガマンできず、せっかく友人同士で会っているのだから、こういう時くらいtwitterから離れてほしいと言った。

その場は、ふたりとも謝り、携帯しまったが、数日後、別の友人からAとBに対する愚痴を聞かされた。結局、状況は変わっていないらしい

もう放っておくしかないと思っているが、どうにもモヤモヤした気持が残る。

  • http://anond.hatelabo.jp/20110512091157

    @元増田 それだけtwitterがコミュニケーションツールとしてリアルなコミュニケーション以外を排除しても生活できるぐらいに十全なツールになった、ってことでしょ。テーブルマナーは...

  • http://anond.hatelabo.jp/20110512091157

    だれかこれの替え歌をtwitterでつくってよ。 mixiの歌(天誅remix) 作詞作曲:FQTQ,押切蓮介,天誅 他 「僕の名前は妖精mixi 今から馴れ合いの世界に貴方を誘うよ・・・」 知らな...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん