2010-05-18

リーチサイトって何?

知的財産戦略本部インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策に関するワーキンググループ第7回(2010/05/18)実況ツイート

http://togetter.com/li/22015

資料より抜粋>http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/contents_kyouka/dai7/siryou1.pdf

(1)リーチサイトによる著作権侵害への対策について

現状:侵害コンテンツへのリンクを集めたリーチサイト著作権侵害を助長・拡大

世界中に分散する著作権侵害コンテンツへのリンクを集めたリーチサイトによって、アクセスが容易となり、著作権侵害を助長・拡大している。

○ これらの一定の行為については、著作権侵害に該当する場合があると考えられるが、直接の侵害者ではないこともあり、その範囲が明確でない。

○ このため、著作権間接侵害についての議論の中で整理していくことが必要。

○ また、特に悪質なサイトについては、侵害対策の一環として、削除等の対策を検討することも必要。

(参考)リーチサイトについて

世界中の様々なサーバーに掲載されている著作権侵害コンテンツへのアクセスを容易にするため、

それらへのリンクをまとめて掲載するリーチサイトが数多く存在し、著作権侵害コンテンツの閲覧を助長している。

リンクの態様は、深度によって大別できる。

サイトトップページへ飛ぶケース

サイトの奥深くのディレクトリに飛ぶケース

違法データに直接飛ぶケース

場合によってはリーチサイト内で視聴可能)

例1:他の動画共有サイトに投稿されている動画ファイルリンクを張り、当該サイトにおいて視聴できるようになっているケース。

例2:本人が別のサイトファイルアップロードした上で当該サイトリンクを貼り付けている(と推測される)ケース。

例えば利用者が多く多様性の高いインターネット掲示板が、その使われ方によっては、この『リーチサイト』として当局に認定される可能性もある。また、一種のコピペブログなども同様だろう。さらに言えば、検索条件を狭めて検索が可能な情報検索サイトも、ひょっとしたらリーチサイトとして、当局がその気になれば摘発可能かも知れない。なんだか曖昧だなあ。

最近のこの手の議論って、もう「手段がダメ」と言うより「意図ダメ」という主張で裁けるようにしてしまおうって話が多い気がするな。こわいこわい。

仕事が増えていいなあ。そういうところに就職出来たら仕事がなくて困るなんてこともないんだろうか。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん