2010-05-04

起業に失敗した話を書くよ

正確には、起業とはいえないんだけどさ。読む人が読むとわかっちゃう確立高いけど、まあ、バレても俺が恥をかくだけなので。いざとなったら、知らんぷりすればいいかな。

僕の前職は、アメリカの某社の仕事だった。その会社自身がフリーダムすぎる社風で、上司に恵まれてすごい楽しかったし、自分も思った事を実行する事が実績になるという状態だった。でも、リーマンショックで一部人員削減上司にはvery high qualityと評価されつつ、首切りにあった。

そんで、日本就職活動をするものの、フリーダムな感じが抜けきれず、数ヶ月経っても決まらないままだったので、「一人で仕事する環境を作るしかないのかな」と思って、意に染まぬまま独立するという感じになった。それを知人に伝えたところ、ある人を紹介された。その人は一流企業の営業を長く勤めた人で、その会社が嫌になって先日辞めたという人。

で、その人と一緒に活動するものの、半年以上経っても一円にもならず。最後には別れて、今俺はフリーター貯金なんかとっくになくって、借金で食べている。月いくらという返済に追われ、余裕なんか全くない状態。

細かく書くと問題もあるので、ここで得られた教訓(?)をいくつかピックアップする。

泥臭いこともやろう

失敗の最大の原因は泥臭い事を避けた事だと思っている。営業先はそれほど多くなかったし、泥営業を避けていた。どんな仕事だって、最初肉体労働的に仕事をしたり、営業をしたりするはずだよ。奇麗な仕事だけなんてあり得ない。意図的に例を出すけど、Googleだって、最初検索エンジンライセンスを売るのに苦労していた。それでYahooに拾われて、やっと今のGoogleがある。自分Googleを目指した訳じゃないけど、Google創業者よりも優れてない人間Googleよりも苦労せずに儲かる訳がない。

実ははてなだって、コンシューマーだけでは収益が上がらずに http://www.hatena.ne.jp/help/business ビジネスはてなってのをやっていた過去がある。近藤さん最初受託的な仕事をいやがっていたけど、れいこんさんに説得されてやっていたんじゃなかったっけ(ほかの話とごっちゃにしているかも)。

お客よりも頭いい必要はない、少なくとも、それは武器ではない

特に僕に特殊な領域の経験があったので、それを最初売りにしていたけど、マッチングが悪かったのか、その経験は活かせる場所が見つからなかった。お客さんがついて来れないのだ。新しいものを提供するにしたって、お客さんにとってわかるものを提供するのが正しい。自分がいくら頭が良くっても、相手から乞われるようなコンサル事業でもない限り、大してお金にならない。真面目で誠意があることは価値になっても、お客さんの理解を越えてはダメ

また例を出すと、GoogleYahoo検索エンジンは、バカでも使える。創業者と同じ頭脳を持ってなくても十分利用できる。それが大事

能力よりも性格

これは特殊な事例かもしれないけど、実は、僕は年上すぎる人がいると、萎縮してしまう。自分で言うのもなんだけど、人の上に立つ方が能力を発揮できる。自分で背負って指示を出す方が得意(そういう実績もある)。普通に見れば「一流企業の営業+アメリカ帰りの特殊技能の持ち主」って、ゴールデンコンビのように見えるけど、実際はその萎縮が解けなくて、参ってしまった。もしかしたら、僕ではなくて、平凡でも他の人と組んだ方が、その人はうまくいったかもしれない。そう思うと、性格というか、相性って大事だなと思う。

もうちょっとポジティブアドバイス

念のため言うと、これは起業ブームに水を差したいわけじゃない。どちらかと言えば、応援したい。だからこそ、僕と同じ轍は踏んでほしくない。有力なコアコンピタンスを持つのも大事だけど、それと同じくらい「お金を稼ぐ」ことも大事。自分の知っている若手社長がいるんだけど、彼の会社は、自社製品は売れてないけど受託的に仕事して食っている。それで会社を少しずつ大きくして、最近は自社製品を売る営業も雇ったらしい。正直、彼は見た目は頼りなさそうで、頭脳だってお世辞にもすごいとは言えない。でも、誠意で頑張って支持を得て、普通の人よりも楽しそうな生活をしている。

起業しても、一年、二年の間に全ての夢を叶える必要はない。どちらかと言えば、起業最初数年は「夢を叶える資金集めをする時期」と割り切った方が良い。そうすれば、起業した価値があるというもの。夢を叶えるのは、それからでも遅くはない。

追記:

はてブで200越えしたぜ、イヤッホー

どうなるかと思っていたけど、なんとなく書いてくれた人のコメントを見て、応援コメントもあって、少し元気になった。どうもありがとう。心から感謝します。

再起云々はまぁ、無料で出来るとあるプロジェクト(?)をやっている。これは金目当てじゃなくて、自分立ち位置確立するためのもの。どうなるかは、もちろん未知数。やらないよりはマシという状態。

どうも、みなさん、ありがとう。こんなダメ記事でも、誰かの役に立てているなら、嬉しいです。

----

ごめん、もうちょっとだけ。

「頭がいいのは武器にならない」といったけど、「バカの振りをする」ってのは、少し違う。

頭がいいのが役に立つのは、組織内でミッションや問題がある程度明確になって、実行、解決する必要がある時。例えば、サーバーの速度が遅くて、ボトルネックを見つけてそれを解消する時とかは、当然腕っこきのエンジニアが必要になる。でも、お客さんの前で「うちにはすごい技術者がいるんですよ」っていっても意味はない。そういうことをしても、感心はされるけどお金にはならないし、得てして「奥が深い症候群」になりがち。自分の失敗もそこにある。

実は、この部分、DeNA南場智子の受け売りでもあったりする。彼女MBA持ちのコンサル上がりなんだけど、「コンサルの時は頭のいい振りをしていたけど、社長になったら何の役にも立たない」という趣旨のことを言っていたりする(出典を忘れた)。最近も、ブログで「私はマッキンゼーに10年以上在籍し、ひとさまの事業に「べきだ」を連発してアドバイスするうちに、自分もやればできる錯覚に陥って起業し、とんでもない失敗をフルコースでやらかして4年間も赤字をぶっこいた。」と言っている。 http://ameblo.jp/nambadena/entry-10056108610.html

なので、「バカの振りをする」必要はないけど、頭が良いとうことを活かす場所は間違えない方がいい。良くある大学教授ビジネスの失敗もほぼ同じ理屈だと思う。もし、頭のいい人と組みたいと思ったら、雇用関係を作り、指揮系統を明確にすること。パートナーにすると、その人の頭の良さに惑わされてしまうんじゃないかな。

ま、そんなところです。

  • http://anond.hatelabo.jp/20100504054753

    アメリカの上司がいい人だったんだろうなあ 首を切られた原因を、もっと突っ込んで分析してみてくれないか? 得られた教訓は、整理するとこういうことだろうか。 (1)仕事を選り好み...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100504063056

      首切りの話は、リーマンショックだよ。それまで、成果もあげていたし、担当していた部分は伸びていたのだから。自分は日本向けの事業だったけど、アジア関連の閉鎖で、台湾も一緒...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100504063056

      聞いたことがある、 日本でも、アメリカでも首切りが行われるのは優秀な従業員から。 なぜなら彼らは上のものからとって優秀すぎる、もしくはここで首を切ってもその優秀な技量でや...

      • http://anond.hatelabo.jp/20100504224914

        優秀すぎてわが社では使いこなせない、なんてことは、慰めるための言い訳。 そんなに優秀な奴なら、首切られる前に引き抜かれてるから。 魅力的なヘッドハンティングの話が来ない時...

  • http://anond.hatelabo.jp/20100504131346

    http://anond.hatelabo.jp/20100504054753 確率と確立の違いもわからないあほぅが会社を立ち上げることのできる自由の国日本

  • http://anond.hatelabo.jp/20100504054753

    自分も起業に失敗したことがある。 前職の会社がいろいろあって辞めることもままならなかった。 最終的に辞めたいなら子会社をつくればいいと会社の経営陣に説得されて、その会社の...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100504152559

      日本をダメにしているのは何かってのが 端的に現れてる良い例だね。 日本は既得権益を守る人々の力が強すぎる。 金持ちはより金持ちになるのは資本主義の必然だが、 政府はそれを...

      • http://anond.hatelabo.jp/20100505094918

        既得権益が強いのは世界中どこでもそうだとは思うんだけど、日本の場合、権威主義が強く、心情的に偉い人に逆らえない人が多いのかもと思う。

  • http://anond.hatelabo.jp/20100504054753

    起業に失敗したのは、単に頭が悪いからだと思う。 自分は頭がいい、と確信してるのが文章からプンプンにおって来る。 こういう人は、もっと頭がいい人が作った集団の中では素晴らし...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100504211201

      言いたいことはわかるが 「自分のことを頭がいいって言う奴ほど馬鹿」 って言う奴自身はどうなんだろ?

      • http://anond.hatelabo.jp/20100504230014

        増田は、この経験を活かして、ベンチャーキャピタルにでも勤めるといいよ。 って一文を見ても分かるように、上の立場から喋ってるだけ。 ラべリングしてからじゃないと話せない真...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100504211201

      商売を成功させられるかどうかの判断基準。 それは、必要な時に馬鹿になれるかどうかだと思う。 馬鹿な人は、常に馬鹿だし変なプライドも無いから、意外と成功してしまう。 逆に利...

      • http://anond.hatelabo.jp/20100505104140

        愚直さ、特攻精神、楽天主義、諦めの悪さ、面の皮の厚さ、素直に学ぶ姿勢 まさに両さんだな。秋本治はよくわかってるんだなあ。

  • 自分が真に成し遂げたいことを 自分の力でやり遂げることが起業

      創業した日に ダンボール箱の上に立って   世界中の人々を 幸せにする 笑顔にすると 高らかに 志を 宣言したか   遊びじゃないんだぞー                      anon...

  • フリーで手取り30万もらおうとすると、年間1080万売上げないといけない話(追記中、間違って投稿ボタン押しちゃった)

    起業失敗の増田記事が話題だ。https://anond.hatelabo.jp/20100504054753 かくいう私も、同じような経験があるからだ。 幸い、今は会社員をしている。 しかし、あの記事のように、もっと泥臭いこ...

  • https://anond.hatelabo.jp/20100504054753

    サラリーマンの自分ですら会社って難しいなと思う。 最初の2社は、ほぼ全社員パーティションがあって、静かで優秀な人も多かった個人的には集中して仕事に取り組んだ。しかし、性...

  • anond:20100504054753

    貴方が起業に失敗する理由。 > 雇用関係を作り、指揮系統を明確にすること。パートナーにすると、その人の頭の良さに惑わされてしまう これが正しいと思っているとすれば、会社...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん