2010-04-30

大阪市淀川区住民票があり、子供手当てを貰いたいと思って、

子ども手当」「淀川区」のキーワード検索

大阪市役所HP検索エンジンで行ったが、

http://www.city.osaka.lg.jp/

出てくるのは

西成区 子供手当制度が始まります」とか

生野区 子供手当てが始まります」

住之江区 子供手当てが始まります」

西淀川区 子供手当てが始まります」という

淀川区以外の区の子供手当て案内」ばかりであった。

これは、大阪市ホームページに設置されている検索エンジンの出来が

あまりにも悪くて、他区の結果ばかり拾ってくるのか?

それとも、他の区はホームページを用意しているにも係わらず、

淀川区担当者子供手当てのホームページを未だ用意していないのか?

いずれにしても、大阪市ホームページの作りが杜撰、ということだけはよーく分かった。

というか、市のホームページは形にしていても、下部組織の「区」の

ホームページは「適当に作っちゃうう」「別に責任負わなくていいや」なのか?

これが東京特別区であれば、墨田区とか板橋区は、自らが基礎自治体である、という

自覚があるので、キチンと子供手当てのページを用意するだろう。

そういう意味で、大阪各区の区を基礎自治体に引上げ、責任を持たせ、

一方で屋上屋になってしまう大阪「市」を大阪「府」へ吸収させる、という

橋下知事の案は、

「少なくとも淀川区子供手当ホームページ探しで10分間ロスをした自分にとっては」

説得力がある。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん