2009-06-23

http://anond.hatelabo.jp/20090622090955

取引先の会社がそんな感じで倒産しそう。

というか、完全な債務超過でなんでまだ存在しているか理解できない。

公共事業関係を受注してきた会社なので、昨今の情勢により昔ほど旨みを吸えないのだろう。

納税証明を取らないと仕事も取れないので、黒字で有るように粉飾してまで法人税を払っている。

なもんで、余計にお金がない。

消費税の中間納付や社会保険料なんかも滞納しているそうだ。

おかげで更に加算金がついて余計お金がなくなるというスパイラル

社長社長室に篭って談合をしているらしい。傍目には酒飲んでいるようにしか見えないとのことだが。

総務の連中電話に出たがらない。大抵買掛金の請求で怒鳴られたりねちねち言われたりするからだ。

そんなもんで従業員の士気は低い。当然給料も遅配から未払へと移行しつつある。

資金状況はやや改善してきているらしい。

しかしそれは役員が自己資金を注入しているからだ。それが無くなったらどうなることやら。

売上は10億超あるらしいんだがなあ。どう考えても原価設定を間違っているんだろうな…

記事への反応 -
  • 会社が倒産した

    玉砕覚悟でずっとやっていたわけだけど、ついに倒産が決定した。 まあ厳密にはまだ倒産してないな。まだ事実上の倒産。従業員を全員解雇して事業停止する段階。 あとは債権管理者と...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090622090955

      取引先の会社がそんな感じで倒産しそう。 というか、完全な債務超過でなんでまだ存在しているか理解できない。 公共事業関係を受注してきた会社なので、昨今の情勢により昔ほど旨...

    • 倒産の憂き目

      つぶれる会社がある。私の居る会社がいつかこのようになるかも知れない。 会社が倒産した 玉砕覚悟でずっと

    • http://anond.hatelabo.jp/20090622090955

      笑顔で記念撮影とかしちゃってのんきに わかるよその感じ。 一応最善を尽くす・・・ポーズくらいはするが、結局のところ雇われてる側は次の職場を探すだけだしな。 反発心を煽られ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090622090955

      初めて勤めた会社を思い出した。 学者肌だが経営のできないボンボン社長の下でプログラマとして勤め始めた。とは言え、プログラムを組むような仕事がある訳でもなく、色々雑務をこ...

    • 政局の重要性

      厳しい環境を生き抜くには「洞察力」や「判断力」はなくてはならないものですが、同時に「実行力」や「政治力」も必要です。これらは車の両輪のごとく、常に並存していなければな...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん