2009-05-02

http://anond.hatelabo.jp/20090502005606

おれも怪しい人間にひっかかって、会社つくって失敗して、26で1200万くらい抱えたよ。駅のホームは真ん中しか歩けなかった。「借りた金は返すな!」とかの本でずいぶん救われた。借金話を聞いてくれる人がいて、現実を受け止められたのが前を向くきっかけだった。借金で死ぬことなんか、ないよ。金を返せない自分は悪いけど、貸したあなたも半分は悪いんだよって。おれは東京湾に落とされて逃げ出した。知人に頼み込んで泊めていただいた。その4畳半の部屋に1年半も同居させてもらった。今は立ち直って生きてる。32歳になった。だましたやつは知らん顔して、今は作家の肩書きで本なんか出しているけど、おれは今、生きていられるよ。借金もあとすこし。通信の大学にも入れた。3年後には教員免許を取って、子どもたちに教えてやりたい。がんばれ。今がつらいだろうけど、どうにかなるから、がんばれ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん