2009-04-03

コンテンツ無料になると差別が起きる

クリエイターは単純に多くの人に自分作品を楽しんで貰いたいと思っている、というの間違いで

そんなのは自分作品をたくさん買って欲しい、金が欲しいと言っていたに過ぎない。

無料が当たり前になるとクリエイターは別の欲望を持つようになる。

俺様の認めた奴だけが見ていい」と客を選ぶようになり、客は作品を見たいがためにクリエイターに媚を売るようになる。

作品を作る目的が金儲けではなく他者支配になる。

また、一部のクリエイター自分作品マイナーさを演出しようと考えるようになる。

マイナーであることなど金儲けにはマイナスでしかなかったが

マイナーだから楽しい」という嗜好は間違いなく存在している。

マイナー作品信者は「自分たちだけが知っている」という状態を楽しんでいるので、人気が出た途端信者を止めたりする。

クリエイターマイナー嗜好であった場合、自分作品でこのようなマイナー作品信者を作りだそうと考える。

信者が「この作品を知っている俺達はすげえ」って言ってるのを見てクリエイターはニヤニヤするのである。

マイナーを維持するためにクリエイターは客を制限し始めようになる。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん