2008-11-15

うつ病?凄いね。帰っていいよ。

エントリ名は、ホッテントリーより。



高校1年の6月病気になった。

めちゃめちゃ辛くて、苦しかった。

何度も死のうと思ったし、実際何度も死のうとした。

駅のホームに飛び降りてみたり、友達の家でリスカしようとしたり、彼女の家で首吊ろうとしたりとか。

うつ病もちなんです。

比較的明るいタイプだし、友人だってちゃんといたし、問題があれば自分で考えて自分で解決できる人間だった。

自分がなるまでは、「うつ病とか、マジ甘え。おれには関係ない」とかって思ってた。

だけど、うつ病になった。

正直、こんな辛いものだと思わなかった。

何していても上手くいくイメージは湧かないし、目の前の選択肢が死ぬこと一つしか見えなくて。

自分が本当に無価値なものに思えたし、みんなが後ろ指さしてクスクス笑っているような気がした。

毎日、悔しくて悔しくて。

なんでおれがこんな目に、どうしておれが、ってそう思ってた。

でも、本当にいろんなことを考えさせられた。

馬鹿みたいだけど、生きることって何なのかって本気で考えたし、

ぬことの怖さを身を持って分からされた。

どうやったら、おれは幸せになれるかってこればっか考えてた。

悔しかった。

プライドの高い自分が日に日にダメになっていき、抗うつ剤飲みながら暮らして、登校前に駅のトイレで吐くのが日課。

自分の気分ひとつコントロールできない。

学校の成績だってドベで、お先真っ暗。

将来に抱ける希望なんて何一つない。

どうやったらこっから逆転できるだろうっていつも考えてた。

あれから3年。

まだたまに辛い時はあるけれど、元気でやってる。

あの頃の経験があったから今の自分がいるんだと思う。

本当に自分の幸せを考えて、生きていけてる。

逆転は、できたかな。

まだまだ納得いかないけれど。

今は、うつ病になってよかったとすら思ってる。

本当に強い人間になれた。

人の苦しみが分かるようになった。

ちっちゃなことが幸せに思えるようになった。

あんなに嫌だった自分が今は本当に好きだって思える。

よくぞ戻ってきたな!さすがおれ!と、声を掛けてあげたい。

救ってくれた、当時の彼女、兄、友人達

あの中で誰か一人でもいなかったらこうやってキーボード叩いてることもないんだろうと思うと、ぞっとする。

大切なひと達に日々感謝しなきゃなぁ。

あの頃に迷惑を掛けた人たち、

いつか恩返ししなくちゃ。

きっとこんなこと誰かに話すと

「キメェwwwww精神病患者乙wwwww」

ってなるんだろうな。

でも、聞いて欲しい。

今の元気な君が明日も続いているとは限らないから。ある日、突然やってくるから。

その日のために。

・がんばれる時にがんばらなきゃいけない。

明日、元気でいるとは限らないから。

だから元気のない明日の自分のために今がんばっておかなきゃ。

もし、君に元気がなくなった時はゆっくり休むしかないのだもの。

・毎秒を本当に楽しんで生きて欲しい。

今日を一日寝て過ごして、「ぁー糞な一日だったー」って思った人。

そんなことないよ。

そうやって過ごせる時間ってめちゃめちゃ幸せなんだ。

少なくとも、君が幸せに寝て過ごした時間を、世界中で1億2000万人の人は死だけを見つめて過ごしていたのだから。

だから、少しだけでいいから見方を変えて欲しい。

「一日中寝れるなんて幸せだ」って。

君の生きている間、君は自由に目の前の選択肢を選んでいい。

でも、できることなら最高のものを選び続けて欲しい。

そして、「あっちの方がよかったな」と気づいても後悔しないで欲しい。

どれも幸せなものなんだから。

・大切な人達感謝すること。

友人は大切にしなければいけない。君が本当に辛い時駆けつけて励ましてくれるのは、友人達だから。

恋人に優しくしなければいけない。君が辛い時にずっと寄り添ってくれるのは、恋人なのだから。

先輩には敬意を払わなければいけない。君がドン底に落ちた時に引き上げてくれるのは、先輩だから。

家族感謝しなければいけない。君を無条件に受け入れてくれるのは、家族だから。


・辛くなったらやめちゃえばいい。

無理なんてしなくていい。

自分だけのために生きればいい。

君は君のためだけに生きればいい。

辛くなったらやめちゃえばいい。

疲れたら寝てしまえ。

泣きたい時は声をあげて泣いたらいい。

苦しい時は友達に泣きついたらいい。

自分にできないことはやらなくたっていい。


矛盾してたっていい。

なんでもかんでも白黒なんてつけなくていい。

もやもやのままほっといたっていい。

矛盾してたって構わない。

人間はそんな簡単にできちゃいない。


何かの参考になれば幸いです。

どう生きるのも全て自分の自由。

難しく考えながら生きるには長すぎる人生です。

でも、自分がどうすれば幸せになれるかだけは本気で考えて欲しい。

少なくとも、僕は君に幸せになって欲しい。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん