2008-04-14

けだし、ガロアアーベルだと騒ぐのは、ずいぶんミーハーな心構えであって、 こんな調子で大学生活を送る学生は、「もぐりの数学者」にはなれても、立派 な数学者になれる事は少いのではないかとも思う。私の周囲の人で、立派な数 学者になっている人は、数学者の伝記ではなく、数学そのものに惹かれて数学 の道に入っているようである。高校時代にKleeneのIntroduction to metamathematics を読んで面白かったとか、ブルバキセミナーのセミナリーノー トシリーズ高校時代の愛読書であったとか、大学回生のとき、某大先生大学院生のための集中講義を聞きに行って「こりゃあ面白い」と思ったとか、 物理に進むつもりだったのが、友人につき合って岩沢健吉の「代数函数論」を 読んで、そのまま数学にはまってしまったとか、そういう人が偉くなっているようだ。 考えてみれば、当り前の話だとも言える。

http://www.ritsumei.ac.jp/se/~takayama/MathEssays/galois.html

  • http://anond.hatelabo.jp/20080414183704

    金融工学のエマニュエル・ダーマンは 最初はアインシュタインになりたかったが、やがて無理だとわかりファインマンに憧れた。 結局それも無理でポスドクの後泣く泣く方向転換して金...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん