2007-10-20

 ネットは自由にリンクしたりされたりするところがいいんだと漠然とイメージしていて、だからはてなを使い始めた頃は、人気記事やら見知らぬ人のブログにも好きなように言及してトラックバックを送ろうかなんて考えていた。好きに使えばいいじゃないかってね。

 でもやってみると人気記事にトラックバックするのは、よくわからんヤツが感想にもなっていない文章で言及しているぶしつけな行為に思えてきて、すぐやめた。僕は直接言われていないけどなかにはウザイという人も見かけて、小心者だから怖じ気づいたのだ。そのうち、人気記事やブログに言及して許されるのは、同じく人気のブロガーだけのような気がしてきた。今はもう静観しているだけだ。特別注目されているわけでもない見知らぬ人のブログにからむのも、似たような理由で止めた。

 自意識過剰で小心者だからこんな振る舞いになったんだろうが、ネットの向こうにも生身の人間がいる以上は、配慮や、いわゆる空気読むことも必要だと思った。かくして僕はネットの、とりわけはてな界隈で、誰かに遠慮しながら過ごしている。

 そして、比較的気楽なところを求めて流れ着いたのがこの場所だったというわけだ。

追記;日記よりも掲示板のほうが向いていたのだろう

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん