2007-09-28

俺はエンジニアをやめるぞ

僕は、某所でエンジニアをやっている。

数ヶ月前のある日、心をちょっと病んでしまった。

ただ、今でも休職せずに、通勤をしている。

就職する前の学生時代から、

「自分はエンジニアの世界で通用するほど頭がよくない」と悟っていた。

それでも、5年間努力した。その結果が病を心に得ることだったのは、残念だ。

「自分の限界を自分で決めるな」という人がいるが、

僕の場合、限界は決めるんじゃなく、決まってしまった。

限界を乗り越えようと、がんばってたら、

ある日突然空気が抜けるように、心が変になってしまった。

だから、がんばってもできないことは、

悲しいけど、あるんだって悟った。

でも、今の僕はその事実を受け入れられない。

だから、まだ心がおかしいままなのだろう。

今日上司エンジニアを辞めたい旨を相談した。

だが、病気が感知していないことを理由に慰留された。

まあ、妥当な判断で、仕方ない。

だから、病気をきちんと治して、

今度はちゃんと「エンジニアを辞めて、刺身の上に

タンポポを乗せる仕事をしたい」と言おうと思う。

gdgd日記ですみません。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん