2007-08-08

妖精哺乳類なんかじゃないよ、絶対に違うよ。

あの翅、あれは哺乳類のものじゃないよ、節足動物のものだよ。単肢類だとか大顎亜門だとか言われる、あの多細胞動物たちの盟主に見られるものだよ。その意味では、Gのアリアと言ってもいい。Gイコール台所の黒き悪魔と定義して。

けれど、あの肉体はどう見ても哺乳類のものだ。脊索動物の、あの奇怪なサルと外形を同じくている。自らを霊長と驕り高ぶる、あの哀れで忌まわしき裸のサルと、これほどと無いまでに一致している。

そして、哺乳類は一般に体重に関連して寿命が短くなるけれども、それじゃあいけない。彼女らは永久に若く美しく、千年の永きを踊り続け、そして無慈悲にも人々を誑かし狂わせ続けるのだから。いくら非常に似ているとはいえ、人間なんていう、こんな醜くも儚い者共の眷属なんかであるはずがない。それこそ、蝙蝠と鳥以上に違うはず。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん