2007-07-31

この書こうという気持ちが薄れる前に挨拶

さっさと書いてしまおう

これはマルコ向けの文章という体裁をとっているのでそのつもりで(独りごち)

消える直前の蝋燭の火が一瞬だけ燃え上がるようなもんかな、これを書く理由は

俺ははてダヲチスレ常連でさ、よくマルコについて言及したりもした(はてなidは一応持っている程度で、誰も俺のことを知らないだろう)

増田でかつて「マルコへ 語尾のwのあとに句読点まるをつけるような人間は、不誠実ではないかと思うのだがどうよw。」と書いたのも俺だ

マルコをはじめ、マルコの周りの奴らってよく踊ってくれるからとてもいいおもちゃだったんだ

でも最近頓にマルコに対する興味の衰えを感じる

原因ははっきりとしない

もともと俺は執着する性質でもないし、ある意味自然な感覚ではある

かつてkagamiとかをヲチしてきたときも似たような感覚に襲われることはあった(すぐいつものk様に戻って安心したけど)

でも今回はすごい勢いで潮が引いていくのを感じる

ちょっと前に言っていた、「あなたには失望しました」的な感慨とも違うし、

「あなたには失望しました」的発言でマルコに認知負荷(というのかな?)を与える意図でもない

別れた人間街角で不意に見つけても通り過ぎてしまうように、これからの自分のネット生活で

ふとmarco関連の記事を見つけても、ふっと通り過ぎるだけなんだろうな、と今感じている

というか最近は直接マルコのエントリを見に行った記憶がない

「マルコっていかにも大学受験or就活に失敗した私立中高一貫校出身だよなw」とか

「ああこんなマルコみたいな、文章全編がフェイクっぽくて脳内ストーリーの可能性が高い発言を繰り返す

まんこくさい青年を上から目線で眺める俺かわいい」という感覚があったことも認める

そして「こんなナルシストな文章キメエ」とマルコの取り巻き(まだいるよな?)がブクマグダグダ言ってくれる事も期待しているし、

逆にたいして/まったくこのエントリブクマがつかないことも期待している

そうそうquiznos、あんたほんとうにつまらなかったよ。rAdioもきもいけど、さすがにこの反応はメタキモい

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://marcon.g.hatena.ne.jp/Marco11/20070729/1185704719

話が逸れた

今は、心の底よりもう少し奥深くのたましい的な何かが、マルコの存在は上滑りしていると知らせている

もうネットワークフィルタを通してぼんやりと斜めに見ている感覚しか出てこない

さようならマルコ、別れには挨拶

マルコが派手に死んでくれたり訴訟を起こしてくれると楽しい気もするが、それは高望みというものか、わはは

とにかく、さよならだ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん