2007年07月05日の日記

2007-07-05

anond:20070705231618

COBOLFORTRANをバカにするとマジで泣きを見ることになるのにな。

あのシステムNTT DATAにとって通信サービス部分がとてもおいしい案件だし。

http://anond.hatelabo.jp/20070705233634

「どうしてそんなことを言うの? お母さんは太蔵が結婚をして、子供を産んで、

その子供を育ててくれるために、今あなたを育てているのよ」

こんな事言われたら俺グレそう

でも何故でしょう、こんなに幸せなのは?

あんまりに辛いけど、その事態を続けていかなければならないから、脳が「幸せだ」と思い込んでるだけじゃね?

ストックホルム症候群的な感じで

http://anond.hatelabo.jp/20070705231618

FORTRANって何に使うんだよwww

そういえば、Windowsサーバ銀行の勘定系稼動したところが最近あったような気がするけど

そういう環境でも開発言語ってやっぱりCOBOLなのかな?

http://anond.hatelabo.jp/20070705233634

タイゾー勉強しろ

不妊治療と同時に産婦人科の予算的人員的科学限界をしっかりみきわめて、

里子制度を併用して救済案にあたるべきだ。

まさか里親児童相談所の手当て削減とかいわないよな?

http://anond.hatelabo.jp/20070705234328

振られたんだろ?

一定期間は距離とらないと、相手もやりづらいんじゃなかろうか…。

http://anond.hatelabo.jp/20070705153046

いや、つーか、たとえ恋人としかセックスしてなくたって

その恋人エイズにかかってるかもしれないってこったろ。

セックスする以上無関係じゃないと思うが

http://anond.hatelabo.jp/20070705233839

逆に考えるんだ

スキ避けしているうちは恋ももりあがるが、

フツーにつきあってうまくいきすぎて20年もたつと

顔みてもチンコみても飽き飽きだ

・・・・という20年後くらいの気持ちでいけばスキ避けしなくてすむと思う

振られてから相手から連絡があまりきません!初めの3通はメール返事きたけど、

調子こいて電話かけたらメールの返事が一切こなくなりました!

顔あわせれば特に変わらない調子ですが、相手は本当は楽しくないのかもしれない、などと

後ろ向きなことを考えると何を話せばいいか判らなくなりました!

恋愛的に私のことが好きじゃなくても、きっと会話は楽しんでくれてただろう、と思うこともできますが、

なんだかそこまで自惚れる自信もありません!それでも相手が大好きです!もうどこが好きなのかも判りません!相手にとって迷惑なんだろうな、とか考えちゃいけないのは判ってるけど

これ以上傷つきたくない自分もいるのも本当で、ああもうなんで恋はうまくいかないんだー…

相手を傷つけてもいいから自分の気持ちをもっともっとも前面に押し出すべきなのかな。

…でもそうしたら今度は口も聞いて貰えなくなりそうで。

http://anond.hatelabo.jp/20070705153046

ほぼ日医者日記に、エイズキャリアのご夫婦の告白が出ていたよ。嫁。

なんでもそうなんだけど、嘘は嘘、たとえ話はたとえ話でしかない。

コンドームつかえば移らないってのは科学事実であり、

アフリカ某国では「処女とやればエイズが治る」という嘘が

まかりとおってひどい惨状になってる。

これ見ただけで事実ひろめるほうが絶対役立つのがわかる。

ヤリチンヤリマンだとかの精神論じゃどうにもならんのは、

それ以前に避妊さえまともにできない連中もうじゃうじゃ日本には居る点みてもわかる。

避妊に失敗してもエイズ感染予防に失敗するよりは悲惨でないという考えがDQNにあるわけじゃ、

絶対ないぞ)

処女とやれば直る」でヤラレてるアカンボに近い処女

お前さんの定義ならヤリマンということになるわな。

今週は

2回も好きな人に会っちゃったよ。

うれしい。

でも、緊張して上手く喋れない。

好き避けしてしまう。

もっと素直に、気持ち表現できたらなぁ。

杉村太蔵

赤ちゃんポストについてまったく個人的な感想ですが、まず名前が嫌ですよ。

赤ちゃんポスト”とは何ですかね。とんでもないネーミングだと思いますよ。

ただね、ここで政治家として国民の生命を守る責務を負った立場から一言申し上げると、どのようなご時世であろうとも、

常識ではおよそ考えつかないような、とんでもなく無責任な親は、たとえ数は少なくても絶対数存在する、となると、

「産んだはいいけど、育てられない」

よって、例えば赤ちゃんロッカーに入れてしまうだとか、捨ててしまうだとか、そうした胸が張り裂けそうになるような

事件が起きているのも事実です。 生まれてくる赤ちゃんには何の罪もないのに。

さてそこで、この赤ちゃんの命をいかにして国家が守るか、という点においては、胸中複雑なれども、

何らかしらの行政による救済方法は考えて当然です。

本当に難しい問題です。

仮にそうした救済措置を講じて、その結果無責任な親の増加をまねくような事態になったらとんでもない話しです。

だからといって、現にそうした赤ちゃんをではどこで面倒を見るか、安全な場所で保育するか、実に悩ましい問題であります。

柳沢厚生労働大臣は会見でこの問題を、

「なお非常に悩ましいし、慎重の上にも慎重な気持ちで」、と発言されています。

実際に担当所管大臣としての苦悩がひしひしと感じられます。

さて、皆様はどのようにお考えになりますでしょうか。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


娘の紗歩が生まれてちょうど2ヶ月目の日のことです。

久しぶりにママと二人で「外食でもしようか?」と画策し、まずは紗歩をお風呂に入れて、

おっぱいをあげて、うんちをさせて、お腹いっぱい、きれいさっぱり。

お部屋の室温を赤ちゃんの快適温度といわれている25度に設定し、風通しがいいように

少しだけ窓を開ける工夫も凝らして20分ほど抱っこ。

ようやく愛娘の寝息を夫婦で確認することができ、「ママ、そろそろ大丈夫じゃない?

行こうか?」と言いながら、足音を立てずに、そっと靴を……と思いきや、ママは久しぶりの

デートに少々気合が入り過ぎている様子で、やけにヒールの高い洒落込んだ靴を選び、

「そのまま履いたのでは足音が出る」と言うので玄関先まで持って出て、ようやく表に

出たときは計画立案から3時間。

それでもやっぱり「絶対に1時間で戻ってこよう!」、そんな誓いを立てて出かけた次第であります。

思い起こせば議員になって、夜は遅く、朝は早く、ようやくやってきた週末は出張に出かけ、

何だか慌しい1年だったな、などと思い出しながら、本当に久しぶりの夫婦水入らずの時間を

すっかりと安心してくつろいで、楽しく食事をさせていただきました。

おかげで夫婦の会話もよくはずみ、「よく俺と結婚する気になったな」などと妙に

ロマンチックなのかどうなのか、今更ながら白々しいことを抜かしながら、それでもご機嫌で

「あれから1年だよな」などと、マスコミに追いかけられていたあの頃を振り返り、

「本当に大変でしたわね」と、二人にしかわかりえない新婚1年目の辛苦を振り返りながら、

「これからも末永く何卒よろしく頼みます」というパパの締めの挨拶であっという間の

1時間が経過。

ママが「そろそろ帰らないと紗歩が心配だ」ということで、久しぶりのデートと紗歩の

初めてのお留守番が無事に終了した……かに思われました。

ところが、帰ってきてびっくり、というよりも親として本当に心から反省しなければならない事態に。

顔は真っ赤に紅潮し、生まれて2か月しか経たない娘の小さな額には、今までに見たこともない

大粒の汗がいくつも浮かび上がっており、着ていた服はぐっしょりと濡れた状態でした。

「紗歩、大丈夫か?」、思わず私は叫んでしまいました。

娘はもうすでに泣き疲れたのか、私の顔を見つけた矢先、何とも言えない安堵の表情を見せ、

抑えきれなかった不安からようやく解放された穏やかな表情で私を迎えてくれました。

本当に新米パパには何とも心に深く突き刺さるような印象的な事件で、これで何もなかったから

よかったものの、「本当に悪いことをしたな」、そんな思いが込み上げてまいります。

このことは私も妻も親として心から反省もしたし、同時に娘をこの腕の中で強く抱きしめて、

本当に無事でよかった、改めて娘に詫びた次第であります。

たったの1時間です。

それでも生後2か月の赤ん坊にとっては、その間、泣いてもわめいても誰も来てくれない、

その時間がどれほど孤独で不安な時間で、辛いものだったか、考えただけでも胸が苦しくなります。

それにしても子育て、これは本当に大変なことだと今更ながらに痛感させられています。

しかし、妻と、そして自分を産み育て、当たり前の話ですが、まったく同じように

子育ての苦労を味わった親とも話して思うことは、確かに大変ではあるけれども、

これほどのやりがいを感じるものはないし、これほどの幸せを感じることもなければ、

これほどの責任感を感じさせるものはないということです。

中には結婚をして子供を産み育てることを「平凡だ」と評する人がおりますが、これは

決して平凡でも平坦でもありませんね。

これほど崇高な、と言うのは大げさでも何でもなく、そういえば私がまだ中学生くらいの頃

でしょうか、私の母に「俺は結婚なんかしなくてもいいや。子供だって産みたくない」と、

どうしてそんな癇癪を起こしたかは忘れましたが、そう言ったときの母の悲しげな顔が

今でも忘れられません。

「どうしてそんなことを言うの? お母さんは太蔵が結婚をして、子供を産んで、

その子供を育ててくれるために、今あなたを育てているのよ」と諭されたことがありましてね、

思春期の初期段階といってもいい時期に母からそんなことを言われて、それでも何だか

母の言っていること、言いたいことの真意は子供ながらに胸の奥底から津々とわき出るように

伝わってきたものです。

子育て

楽しいことばかりではないかもしれません。

絶えず寝不足であり、絶えず欲求不満であり、絶えず心配をし、絶えずお世話をし、

絶えず子供に神経を注がなければならない生活、確かに楽しいことばかりではないかもしれません。

でも何故でしょう、こんなに幸せなのは?

http://anond.hatelabo.jp/20070705233414

だったら来なければいいだけの話だよ。さよならー。

いちいちログイン必要なら

ふつうに掲示板のほうが楽じゃね?ダイアリーである意味がない。

http://anond.hatelabo.jp/20070705230853

どっちかつーと生理前じゃね?増田女性で時期的にあってるならPMSでググれ。

http://anond.hatelabo.jp/20070705212916

気休めにもならんかもしれないですけども。

恋愛科学研究所:ストレス診断カルテ

かつて314.5という生きているのが不思議なくらいのスコアを叩き出した私ですが、現在は72まで下がり、そしてまだ一応生きております。

http://anond.hatelabo.jp/20070705232153

25-26くらいの頃、人生に迷いノートに色々書き出して整理したりした。考えとかやりたいこととか行きたい方向とか。でもその頃が最後だなぁ。20代も終わり近くなると正直そんなヒマはない。

自分の考えを大人になっても考えたりすることありますか?

そういうことは大学生で終わりますか?ノートなんかに真面目に書いたりするのは中二病ですか?

はじまりは価格破壊

http://anond.hatelabo.jp/20070705172601

微妙にずれた話になるけどさ。

思えば価格破壊って言葉がブームになった時代があって(確か1993年とか94年くらいかなあ)

そっからどんどんどんどん物の値段って下がっていったよね。

で、そのままデフレ不況になってったわけですけど。

そん時どうやって値段下げたかっていうと中間マージンとか人件費を削ったりしてたと思うんだけど、

その結果みんな収入が減ってしまって、ほいで結果デフレスパイラルになった。

結局価格破壊価格だけじゃなくて日本まで破壊しちゃったっぽい。

ミートホープニュースとか聞いてると、ホントはまだデフレは終わってなかったんじゃないのかと思う。

年金のプログラムは「COBOL」「FORTRAN」で動いているので、「C言語」で書き直すべき

Java屋さんがよくいう大規模ミッションクリティカルシステムってこういうのですか?

LL系で書くとダメそうだけどJavaならうまくいくかもねwwww

このへん作るハメになりそうな増田はいますか?

うつ

http://anond.hatelabo.jp/20070705214655

生きているのが辛い・・・様な気がする程度なら精神科行かない方がいいんだろうか。

数年前に元増田の様な症状を感じてに精神科に行ったら境界例だと言われた。

それ以降精神科には怖くて行ってない。

症状(?)がどうしてもって程でもなくなって面倒になったからでもあるけれど。

仕事忙しいと医者行くのも億劫になりますやね。

http://anond.hatelabo.jp/20070705225623

生まれつき目の見えない人に、この空の青さを伝えるには何て言ったらいいんだ?

伝えることを放棄すればいい

愚痴らせてくれい。

社長がおどろきの白さで無能。

皆が頑張ってるとこにやる気を失くす発言をぶちかまし、おそらくベストの選択肢を提示しても乗ってこない。

そのくせどうでもいいところに固執する。

あげく他社との取引のなかで不都合がでたとき、自分の責任だという自覚がないので社員の背中を射つ。

言ったら不利になるだけのこともバンバンお漏らし。

おまえ社長だろ。

こういう時に社員まもらんなら社長いらんやろ。こっちが社員でいる意味がないやろ。

人間的には嫌いではないが、あまりに社長として無能なので、このプロジェクトが終わったら転職することにした。

本当に悪い人じゃないんだ。

こっちも進んで辞めたくないが、改善のしようも無いくらい空気が読めない。

生まれつき目の見えない人に、この空の青さを伝えるには何て言ったらいいんだ?

江頭気分でハートブレイクだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん