2007年06月05日の日記

2007-06-05

サラリーマンNEO

セクスィー部長、あんな上司だったらいいな。

http://anond.hatelabo.jp/20070605235136

入札状況はいかがですか?

当方、何年も前に少年サンデー懸賞当選した坂本真綾の非売品テレカをもてあましてるんですが・・・今時テレカなんてねぇ

http://anond.hatelabo.jp/20070605233837

そうですか。きっかけってそんなものかもしれませんね。

ちなみに、それから後もほとんど吸わなかったですが、喫煙者の方を中二病だとか吸い始めるやつをタダの頭がおかしい人なんていう風に単純に疑うことは全くなくなりました。

ああ、やっぱり自分が経験した後だと、ボロクソにはいいづらいですよね。

煙草は独特なものです。酒みたいなものかなと今では思っています。

勝手に楽しむ分にはいいですがねぇ……。煙草には受動喫煙があるので、酒とは違うと思います。

つかれやすい

昔は疲れなんて出なかったのに。といってもまだ学生階段の上り下りが本当しんどい。辛い。

遠出なんてできない。遠出したら次の日必ず一日寝てなきゃ疲れが取れない。オールなんて無理。その次と次の日が潰れる。

近場ならいいかというとそうでもない。二時間外にいたらもうそれだけでダメ

年とったなぁ…と思うけど、もっと年とったら更につかれるんだよね?こんな重い体ひきずって生きて何か楽しいことあるの?

足が重い。鉛みたい。マッサージとかしたら多少は楽になるけど。

足重いと外に出る元気もなくなるね。子供の頃は朝とか平気だったように思うけど、今は本当に朝も辛い。

夕方にのそのそと外に出るくらい。二日に一回で。…あーあ、まだ若いのに…

極度の低血圧とかも関係してるのかな。それとも話題の鬱?単に足むくんでるだけか。どうでもいいが下半身が重い。

http://anond.hatelabo.jp/20070605220451

大丈夫、たとえ現れても新たな人はたぶん人間と似ても似つかない生物になるだろうから。

形態上の類似点はもしかしたら見られるかもだけれど、それもきっと鳥とコウモリみたいなものだろうし、人間が優秀な猿を見るような目、エイリアンを見るような目で滅んだ人間を見るんじゃないかな。

それ以前にもう人は出現しないかもしれない。現にこれだけ長期間に及ぶ生物史の過去には(知られている限り)人は現れなかったし、大昔に一度人類滅びかけたっぽいし、人は必ずしも世界で有利になれるわけじゃない。

となると、心配しなくちゃならないのは、知られている限りでは人はこの地球にしかいないということだ。何せ、(上記のように)他の生態系のある惑星があったとしても、そこに人がいるとは限らない。というか、恐らくいない。であればこそ、人がもっともっと他の星にも移住しなければ、この文化の担い手は永遠に消えてしまうかもしれない。パソコンでいうと今HDD1個ノーバックアップな状況なわけで、ちょっと壊せないかなーっていう隕石が地球向かって飛来したらはいサヨナラなので、なら宇宙戦争だろうがアーヴだろうが何としてでも宇宙に進出してリスクの分散を進めた方が、文化の維持っていう観点からは良いだろうなーという。それか、人と共に消える程度のものだよ文化ああ諸行無常と人の無力を噛み締めて、余計な心配は捨て去るか。

「『あまえる』ということについて」を読んでを読んでを読んでを読んで

http://anond.hatelabo.jp/20070605233211

エントリ増田です、どーも!

ああ、なるほど、母親は客体化されているかなあ、確かに。

この部分は私の勘違いだったなあと思いました。

ご指摘ありがとうございます。

> さきちゃんはもう他人を許すことを知っているのだから、

> 生きづらくなったりはしないでしょう。

> 弱い大人が勝手に自分を投影して心配してるだけでは。

> それはかえって彼女に対して失礼な気がします。

自分を投影している部分があることは否めませんが、

他人を許すことを知っていて、こんなに聡明なさきちゃんだからこそ、

生き辛さを覚えてしまうような悪意が、

この世には充満している気がやっぱりしちゃうんですよねえ。

余計な心配であることは重々承知ですけれども。

だからここは自分の感想をあえて支持します。

生き辛さは大体の場合他人との関係から生まれることは確かで、

そこに起こる問題を解決していくためには、

自他を許すだけでは足りないと私は思うのですよ。

そこの増田さんはどー思いますか?

懐疑的なコメントを書いている人についての、

あなたの感想は面白かったし、とっても納得。

認めたくないという人たちの、嫉妬で胸糞悪くなる気持ちもわかるけどね。

しなやかな大人になりたいな、と思いました。

http://anond.hatelabo.jp/20070605231834

マジで使うから。

俺は鼻毛を切ったりはしないけどな。

職場でも荷物の開梱とかなると、へなちょこカッターナイフではかえって危険なことがある。

最近ではこじる作業もできるよう、ペーパーナイフにしたけど。(先端を研いであるのは内緒

http://anond.hatelabo.jp/20070605212504

ちょっと愕然とした。

すあま、ちくわぶ存在を否定されたときと同じぐらいのインパクトだ。

放課後とかあげパンまでないのかよ!!

東京にもあったんだ!

みたいに東京にはなかったんだ!!

みたいな。

昨日知ったばかりの知識だが、

ばかでかいアシダカグモ

沖縄のGは10cm超えは普通だとか言われたぐらいの衝撃を覚える。

http://anond.hatelabo.jp/20070605232315

それは既にループネタだけど、自分の場合は身体に悪いだとか色々なデメリットが取り上げられる中、世界でこんなに沢山の人が吸っているのだからきっと良い物なんだろうという興味本位からでした。

ちなみに、それから後もほとんど吸わなかったですが、喫煙者の方を中二病だとか吸い始めるやつをタダの頭がおかしい人なんていう風に単純に疑うことは全くなくなりました。

煙草は独特なものです。酒みたいなものかなと今では思っています。

http://anond.hatelabo.jp/20070605230658

痰が詰まるのは凄い苦手だわ。

聞いていてもよさげじゃないな。

珈琲程度なら珈琲で良いか。

ありがと参考になった。

嗚呼、増田

増田こそ衆愚。哀れ。

衆愚でも良いじゃん、か、いや、哀れだ。

嗚呼、増田

http://anond.hatelabo.jp/20070605232735

デブ細工の女子マネおしつけられてチョイ美談風にまとめられてっけどどう考えても南ちゃんの方が圧倒的に上だろ。

女子マネに対して酷い言い様だ……

その調子だと美人礼賛ブス排除でもあるようだね。

「『あまえる』ということについて」を読んでを読んでを読んで

anond:20070605222236

さきちゃんはもう他人を許すことを知っているのだから、生きづらくなったりはしないでしょう。

弱い大人が勝手に自分を投影して心配してるだけでは。

それはかえって彼女に対して失礼な気がします。

> 子ども投影される母親の心

> http://d.hatena.ne.jp/aozora21/20070517/1179410983

私は、この人の指摘はピントが外れてると思いました。

お前、投影って言いたいだけちゃうんか、と。

奇跡詩人・日木流奈ちゃんの例でこういう話を持ち出すなら妥当ですけどね。

例の作文を全文読んでみると、母親は客体化された存在として登場しています。

同一視はされていません。

母親の言うことに「ちがう」と疑問を抱いて、それを自分なりに消化したプロセスがあの作文で書かれているのだから。

もちろん子供母親の影響をまったく受けないことは有り得ないでしょうが、母親が「この子がそういっていました」と語っているわけではなく、本人が書いた作文に対してこのような指摘をするのは的外れに感じました。

母親自身が代筆したと主張するのなら、それはそれでおかしな話です。もしあなたが代筆するとしたらあんな文章を書きますか?といいたい)

私もあの作文にまつわるトラックバック等を見て回りましたが、この人も含めて懐疑的なコメントをしてる人はほぼ全員、元の作文を読もうとすらしてないのが印象的でした。

ということは、そういう人たちは真実に興味があるわけではないということですよね。

単純に自分たちの世界観にあんなに聡明で達者な文章を書く小2は存在してはいけないから、脊髄反射的に反応しているだけ。

さきちゃんを「達観しすぎて気持ち悪い」等と言っている人たちもそう。

言ってしまえば「子供の分際で」と思っているということです。

こういうのをエイジズムというと思うんですが・・・。

仮に「子供」を「黒人」に置き換えたとしたら、とてもじゃないけど許される発言ではないですよね。

根拠のない決めつけで、存在すら認めようとしないなんて。

こういう大人たちがもっとも子供の心を傷つけ、圧殺するものなのに、本人たちは気づいていないんでしょうね。

それこそ「気持ち悪い」。

トラックバックさせていただいた増田の方の話から多少ずれましたが、興味深かったので。長文すみません。

(追記)ここで批判したご本人からブックマークされたようですが、そのコメントもまた脊髄反射的でピントが外れていて、思わず苦笑してしまいした。

追いつめてしまうような私の書き方も悪かったかもしれませんね。

あなたのような偏見をお持ちの方は少なくないと思っていますので、個人攻撃をしたいわけではありません。

今一度、ご自身の考えの根拠を確かめていただけると幸いに思います。

(追記)http://d.hatena.ne.jp/aozora21/20070608/1181266003

ご本人からさらに予想を超えて的外れな反論(というよりは脊髄反射レスですね)をいただき、微笑ましい限りです。

妄想タグをつけている、という主張にはなんとも・・・(笑)

母親の意識が投影」「欲望は他者の欲望である」等のフレーズの使い方がいかにも付け焼き刃的でピントが外れていらっしゃるので、それを根拠に何かを論じられても苦笑するよりほかにありません。

例の作文だけでなく、こういった聞きかじりのフレーズも、原典もお読みになって意味を確かめてみることをおすすめします。

まずは「投影」の意味や用法を正しくご理解ください。

http://anond.hatelabo.jp/20070605231834

ああいいね。読んでない感がバリバリするレス

新宿で捕まったって中盤に書いてあるだろ?

軍服は喩えだ。わかりにくかったのかも知らんが。

http://anond.hatelabo.jp/20070605192940

増田は「男は女ってだけで欲情する。見境なさ杉!」っていいたいのだと思うので多分話が違うと思うよ。

それもちょっと違う気が。

要するに、女は男を性別云々以前の、「一人の個人」として見れるけど(勿論「男」としてみる時もあるけど)、男はそれが出来ないという事を言っているんでしょう。恋愛とかそういう問題じゃなく。恋愛関係ない場面(仕事など)においても、男は女を性別云々以前の「一人の個人」として見れず、どうしても「女だハァハァ」というフィルターを通してしまうと。まあ私も男のそう言うところは好きじゃないな。でも、そうじゃない男の人もいると思うけどね。

タバコを吸ってる若者の、

最初に吸おうと思った動機は何なんだろうか。

一昔前はカッコイイ、とかそういうイメージもあったんだろうけど。20、30代で吸ってる人は、一体どんな動機で吸い始めたのだろうか。

私が物心ついた頃には既に、社会には「タバコ=よくないもの」という空気があった。最早「カッコイイ」イメージは(少なくとも私の暮らす環境では)ほとんどなかった。父親は喫煙者だったけど、「やめなきゃなぁ」なんていいつつコソコソ吸っていたし(ていうか今もだ……父よ……)。まあうちの父親くらいの人は、まだカッコイイイメージがあった時代に吸い始めちゃったから理由は分かるんだが、疑問なのは既に「タバコを吸うと、身体によくないですよ」「他者にも迷惑ですよ」という標語が散々広まっちゃった時代に吸い始めた人だ。何を思って吸い始めたんだろう。中二病的な精神やらかしちゃって、そのままズルズル、みたいな感じだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20070605231834

小畑健が銃刀法違反で〜ってあったじゃない。あれって、車の中に入れてたナイフが見咎められたんだったよね。

釣り具(ライン切り用のはさみに、魚おろし用のセラミック包丁)がトランクに入れっぱなしの俺の車なんて一発アウトだな・・・。

人達が有意義な仕事を成し遂げて行くようで焦る。

やりたいことをやっていたり、目標に向かって進んでいたり。

今の仕事が嫌いなわけではないし、今仕事で自分にできないことが結構ある。

先輩にはかなわないわけだし。

だから、努力をする甲斐はある。

他のことを考えるのは、俺にできないことが無くなってからでもいいだろう。

そうでなければいつまでも中途半端なままだ。

だから、今の仕事でできないことが無くなることを目標にしたいと思います。でも漠然としているなあそれも。

諸君 私は決断主義が好きだ

諸君 私は決断主義が好きだ

諸君 私は決断主義が大好きだ

バトル・ロワイヤル』が好きだ

リアル鬼ごっこ』が好きだ

ドラゴン桜』が好きだ

DEATH NOTE』が好きだ

コードギアス』が好きだ

「(平成仮面ライダーシリーズ」が好きだ

Fate/stay night』が好きだ

野ブタ。をプロデュース』が好きだ

小説で 漫画

アニメで TVドラマ

特撮で ライトノベル

映画で PCゲーム

ウェブログで 同人誌

この地上で行われるありとあらゆる決断主義が大好きだ

戦列をならべたゼロ年代の想像力の一斉発射が轟音と共にセカイ系を吹き飛ばすのが好きだ

空中高く放り上げられた第三世代オタク自意識がパワーゲーム世界観でばらばらになった時など心がおどる

サブカル保守の操る教養主義アイロニーポストモダン批評家を撃破するのが好きだ

悲鳴を上げて燃えさかる波状言論から飛び出してきた批評家を「現代の想像力」でなぎ倒した時など胸がすくような気持ちだった

銃剣先をそろえた職業ライターの横隊がブログ論壇を蹂躙するのが好きだ

恐慌状態のブックマーカーが既に息絶えたブロガーに何度も何度もネガティブコメントしている様など感動すら覚える

敗北主義の引きこもり達を実社会に吊るし上げていく様などはもうたまらない

泣き叫ぶ甘えた感性の持ち主がゼロ年代の振り下ろしたサバイブ感とともに金切り声を上げる決断主義者にばたばたと薙ぎ倒されるのも最高だ

哀れな反論者達が雑多なイジケパフォーマンスで健気にも立ち上がってきたのを河出スクールカースト文学が文化圏ごと木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える

諸君 私は決断主義を地獄の様な決断主義を望んでいる

諸君 私に付き従う決断主義者諸君

君達は一体何を望んでいる?

更なる決断主義を望むか?

情け容赦のない糞の様な決断主義を望むか?

鉄風雷火の限りを尽くしサブカル論壇の鴉を殺す嵐の様な闘争を望むか?

決断! 決断! 決断!』

よろしい ならば決断主義だ

我々は渾身の力をこめて今まさに振り降ろさんとする握り拳だ

だがこの暗いウェブの底で五年間もの間堪え続けてきた我々にただの決断主義ではもはや足りない!!

決断主義を!!

一心不乱の大決断主義を!!

我らはわずかに一個大隊 千人に満たぬ決断主義者に過ぎない

だが諸君は一騎当千の古強者だと私は信仰している

ならば我らは諸君と私で総力100万と1人の戦闘集団となる

我々を忘却の彼方へと追いやり眠りこけている批評家連中を叩き起こそう

髪の毛をつかんで引きずり降ろし眼を開けさせ思い出させよう

連中に不安の味を思い出させてやる

連中に我々の不安と憤りの音を思い出させてやる

ゼロ年代と九〇年代のはざまには奴らのテツガクでは思いもよらない事があることを思い出させてやる

一千人の決断主義者の戦闘団で

サブカル論壇を燃やし尽くしてやる

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん