2007年04月24日の日記

2007-04-24

http://anond.hatelabo.jp/20070423010807

でも結局、世界の名画モナリザよりも、サラという一人の女性の存在を選んだフジタ、というオチは最高だったな。

そうはいうけど増田さん

http://anond.hatelabo.jp/20070424234256

エトジュンとかカラヤン筆頭に日本文芸批評を読んでると、「オメーラ、漱石ぐらいはフツーに読んだトキあるよな、ああん?」ってなオーラが濃厚に放出されているワケで。文学部在籍の人がスルーしちゃうのはまずい気がする。といっても僕にもなんか助言ができるわけじゃニャーのだけど。

anond:20070424234256

お前個人が嫌いだからって、読むなと言う理由がわからん。

だいたいその程度のことで切られた友達が可哀相だ。

裏切り者を見つけたぞ。ポドチョン長官を呼べ。

小説を読み始めるとき

http://anond.hatelabo.jp/20070424233223

漱石を読めないあなたに合う方法かどうかはわかりませんが、わたしはどんな小説でもいつも、冒頭の数ページを何度も読み返して、徹底的に頭にたたき込むようにしています。冒頭からの設定は、漱石に限らずどんな小説でも、必要なものはあとから何度も出てきますから読み飛ばしても読書を進める障害にはならないのですが、作家の想定した感情の揺れとは違ってきますから、登場順に頭にたたき込むのと読み飛ばすのとでは、感動が変わってくるのです。そして、読み終わるまでできるだけ他のことをしないように、2時間ほどは読書だけに没入できるように環境を整えておきます。映画を見ると思えば、それほど難しくありません。

読まなくていいよ。

漱石にものすごい傾倒している人がいてこちらはものすごい引いた記憶がある。同窓生だったんだけどその人とはそれ以来交流を絶った。漱石って文豪とか言われてるけど今で言うとYoshiみたいなもんでしょ?違うの?

http://anond.hatelabo.jp/20070424233223

差異化ゲームなら後出しオススメ

http://anond.hatelabo.jp/20070424101530

やっぱり差異化ゲームで上手く立ち回りたかったら、自分のカードが何であるかは最初は見せない。で、誰かが差異化ゲームを挑んできたときに、周りを見渡して、自分の持ってるカードで勝てそうなときだけ、後出しで勝ちを得ていく。これが定石じゃないかしら。ポーカーみたいなもの。周りがブダなら、ワンペアでも勝てるし、フォーカードの奴がいる場でフルハウスを誇っても意味が無い。

わざと、なんちゃってマニアックちゃんの振りをして、誰かが被せて来るのを待ち、そいつを更に叩く、というのもアリだけど、空振りするとイタい

この悲しみをどうすりゃいいの。誰が僕を救ってくれるの。

http://anond.hatelabo.jp/20070424233635

二度と出られぬア・リ・ジ・ゴ・ク――――――――――――――――――!!

ああ……。

おっすおら増田!ひとりぼっちで会社だよ!

帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい

http://anond.hatelabo.jp/20070424230715

幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?

幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?

幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?

幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?

幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?

幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?

幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?

幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?

幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?

幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?

幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?

幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?

幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?

幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?

幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?幸セカイ?シアワ世界?死逢ワ世界?

ポドチョン長官を呼べ

この中に裏切り者がいる。下手人を探せ。

夏目漱石

また挫折しそう。中学時代から数えて何度目だろう。

一応文学部に籍を置いているんだからさっと一読くらいはしておこうと思うのだけど、どうも苦手で。

といっても、『吾輩は猫である』なんかは読めたし、「夢十夜」は大好き(特に第一夜。世界文学も含めて、これまで読んできた短編の中で五指に入るくらいの愛しぶり)。高校一年課題図書になった『こころ』も読めた。その他にも、短篇・中篇の類いはそこそこ読んでる。

問題はいわゆる「三部作三四郎・それから・門)」と呼ばれているもの。「三四郎」の頭数十ページでいつも挫折する。どうにも読み進めるためのドライブ感が感じられない。なんなんだこのインテリ非モテ! ウザいんじゃ! という気持ちがふつふつと沸いてきて堪えきれなくなってしまう。むー。どれくらい読み進めると面白くなってくるもんなんだろう。

『「超」入門』は素敵な本なんだけども。

http://anond.hatelabo.jp/20070424223734 みたいな薦め方はナシじゃねーかなあ。

あれは、作品を読むのはダルいけどライトノベル関係企画書を書きたいサラリーマンアンチョコ用、もしくはそれなりにライトノベルを読んでる人の脳内整理用の本だというのが、何度か読み返しての俺の印象。「大変だ」といいつつ http://anond.hatelabo.jp/20070424222549 こんだけちゃきちゃきと楽しんで読めている人に今更薦める本じゃないんじゃないかと思ったよ。

……ところで、もしまだライトノベル読む心の余裕があるんだったら、長年に渡ってヘビー級に君臨するタイソンばりの帝王であるところの『撲殺天使ドクロちゃん』を読んでみません? 元エントリのお方。

http://anond.hatelabo.jp/20070424225617

そこはそれ、ハヤカワSFハンドブックを手に取る感覚で一度、目を通していただけると自分の読みたい作家もみつかるかもしれません!と思ってお勧めさせていただきました。

あと、違和感の元とされるラノベコードに対峙する方法もみつかるかもしれません。

ラノベ解説書としては、たいへん優れた本で、各方面からも評価されているので、増田のみなさんも気が向いたらぜひ!!

俺は今、きれいに被ったチ○コらしき物体を目の前にして悩んでいる。

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。

%たいとる%を言ってみたかっただけです。

元ネタ

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ

http://anond.hatelabo.jp/20070424223306

ガツガツしてない30代としては大企業で少なくとも1年、キャリアを稼ぐことをお薦めしたい。20代後半からの転職に有利だと思うから。

ガツガツしてた20代の自分を思い出して考えると、もっと主体的に動ける、呼んでくれている会社のほうがいい。

4つ選択肢があるように見えるけど、「保守的に生きるか」「挑戦的に生きるか」の2択じゃないかな。しかも人生全体に関わる大きな選択肢。どちらの方法で生きるのがいいかは、人材次第。

無責任に言えば、増田は後者のように見える。

価値観の矛盾がある

絶望が器質的なものでないのなら、価値観矛盾がある。「こうあるべき」と思っていることが本当に正しいかどうかを徹底的に調べてみる。どこかに「幻想」や「慣習」で思い込んでしまっている内容がある。すべての価値を論理的に規定せよ。大変な作業だが、思い込みを訂正することで絶望から抜け出すことが可能。

追記と反応を兼ねて

anond:20070424223734

んんんんー。スマンけどそういうのは読みたくないなあ。

SFとかミステリーとかゴシックとかハードボイルドとか、別にそれを楽しむのに入門書とか不要だしねえ。これは追記を兼ねるんだけど、ライトノベルもなんかそれ自体を総体として一つのカルチャーと捉え、楽しむ/否定するモノだという流れは日頃感じていて、そこになんか違和感を覚えてたのね。そこで増田での話題を機にとりあえず飛び込んでみたわけ。

で、元々自分は濫読の傾向があるからかもしれないけど、別に十把一絡げに「小説群」として楽しむなら、ラノベも面白いものは面白くて、つまんないモノはつまんないだけじゃないかなという気はした。さっきは色々読み辛さについて触れておいて何だけど、この読み辛さは他のジャンルでもたまに当たる読み辛さと「度合い」においてはそんなに違いはないし。

ただ、ラノベに「特有の共通した」読み辛さってのは確かに感じたので、その辺はジャンル傾向として注意した方が&注意して買えるような仕組みが合った方が読み手は嬉しいかもな、と思ったわけです。その辺は先の人が挙げたように作家別が一番かもしれない。SF知らない人にいきなりスティーヴン・バクスターグレッグ・イーガンとか読ませたら多分泣くけど、別にレーベルでそれが回避できるわけじゃないしね。

生きろよ。

生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。生きろよ。

if,while,for,,,

24歳中卒女。ウェブ業界社会人歴6年。転職5回。ずっとベンチャーでガツガツしてきた。

過去にやってきた功績を認められ、新規プロジェクトを任せてもらえるということで

ヘッドハンティング、この春から大手企業転職

しかし入社してすぐ本社の方針変更で、専任のプロジェクトストップ。社内では放置プレイ

このプロジェクトができたら集大成だ!死んでも悔いはない!と本気で覚悟していたから

どうしてもストップの話をひっくり返したくて提案資料を作成する予定。(いまここ)

これでも却下されたらどうしよう。

もしもの場合ということでボスから、他の業務のサポートにという提案をされている。

それは、やりたいことじゃなお。確かに、今までのベンチャーと違って福利厚生が充実していて

ボーナスもあるし、ここにいれば安泰っチャー安泰。あれ?安泰を求めるために生きてきたんだっけ。

ウェブリアルシームレスに!これがしたい。荒波に飛び込みたい!

前の会社の人たちは戻って来いというし、別の会社からもお声がかかってる。

しかし何もせずに会社を辞めるというのは嫌だ。最短記録ってレベルじゃねーぞ

本来やりたかったことはできなかったけど、また出来ると信じてチャンスを狙って他の業務に没頭するか。

どうする自分。どうする自分。ライフカード並にどーすんのよ!

つ[そのままがんばる] つ[さっさと転職] つ[出家] つ[結婚]

こんなに人生で迷ったことはない。if文書いて実行したい!先読みしたい!

読んでみたライトノベルを晒してみるよ

何を読んだのかを書くんだ!(anond:20070424113931)と言われてしまったのでちょっと晒してみよう。

anond:20070424113931で名前が出てた人も一部読んだよ! ちなみに読んだ順。

イリヤの空、UFOの夏(秋山瑞人)
ライトノベルというならコレだよ古典だよキミぃ(意訳)と言われて選んだ。確かに今回読んだ中で一番「ラノベらしき匂い」がしたかも。あと巷でいうセカイ系という言葉が初めて腑に落ちた。感想としては……ギャグは面白かったけど主人公ヒロインに正直ついていけない感覚が今回一番強かったのと、舞台世界も説明不要と割り切られてる割りに、端々に半端さを感じてしまい違和感を持ったまま読み進めるのは辛かった。この辺が多分ラノベコードなんだと思う……ハードSF技術者トーク部分みたいな。面白くなかったわけじゃないけど、読後感は微妙
半分の月がのぼる空(橋本紡)
これはどうなんだろう。やっぱり主人公とかヒロインに若干ついていけない物を感じ、また少々描写が上っ面っぽいけど、ラノベというかジュブナイル小説かなとも感じたので作品としては丁度良いのかも。だから読み辛さはラノベコードなのか子供風味だからなのかは不明。大人が(続巻含め)何度も読むかと言われると微妙だけど、良質とは言えるかな。
猫の地球儀(秋山瑞人)
一応できれば1人2冊は読んでみよか、と挑戦。こ、これは普通SFなのでは。話作りも俄然面白かった。イラストが恥ずかしくなくて、文体がちょっと固くなったらそのままハヤカワ文庫かも。
砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない(桜庭一樹)
え、これもラノベなの?というのが第一感想。なんか芥川辺りの救いの無い文学現代版ライトモードって感じだ。普通小説っぽい、という意味では読みやすく(中身はあまり易くないけど)、今回一番楽だった。
荒野の恋(桜庭一樹)
1人2冊ルールで追加。これは少女小説、というより懐かしい児童文学の匂いがする。ラノベコードみたいなのはあまり感じられず、読みやすかった。大人が読める児童文学って感じ。せ、切ない。おいちゃん甘酸っぱさで死にそう。
涼宮ハルヒの憂鬱(谷川流)
も、申し訳ないけど今回一番辛かった……。2冊読もうと思ってて唯一1冊で断念。登場人物が誰一人として理解不能、物語の展開もわけが分からないというか、あと文体が馴染めない……。中身はメタオタクというかサブカルというか、なんか文字でタランティーノを目指して挫折したみたいな雰囲気。読み辛さは今回最強。
ゼロの使い魔1&2(ヤマグチノボル)
うわあ(感想)。これはこれである意味凄い。ラノベってこういうものだ!と説明されてたら、確かに小説じゃないかもと思ってたかもしれない。ラノベ、というよりオタクコードっていうのか?は読んでて死ぬほど恥ずかしかったけど、ここまでエンターテイメントに徹してるのはある意味凄いかも。こうも主張のない小説は書こうとしても書けないと思う(半分くらいちゃんと誉めてる)。ヘビー級の名に恥じてない。でも2冊は読めたってことは文章はいいんじゃない?
番外編・マリア様がみてる(今野緒雪)
今回読んだわけじゃないけど、anond:20070424113931で名前が出てたから入れてみた。これってラノベだったの!? 少女小説って奴だと思ってた。密かな背徳的娯楽として何巻かまでは読んでたよ。人物造詣が巧いのでイラストさえ耐えられれば結構誰でも読めるかも。

総評:やっぱり「フライライトノベル」と「ヘビーライトノベル」は、例えばレーベルとかで分類して欲しい! でも先の人が「ライト」と書いてた谷川流小説に読み辛さを感じたり、所詮は好みでもあるのかなとも。あとやっぱりイラスト恥ずかしい。カバーは掛けてるけど挿絵ビビる電車の隣の人もビビる

ちなみに普段の読書傾向は幅広くSFや海外サスペンス、軽く西洋歴史物、ミステリー古典、といった感じの男性がお届けしました。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん