「GFP」を含む日記 RSS

はてなキーワード: GFPとは

2016-01-30

小保方氏の手記が理系人間にも効力を持っていることに脱力する

[本]【読書感想】あの日 ☆☆☆ - 琥珀色の戯言

http://d.hatena.ne.jp/fujipon/20160129#p1

こういう書評が出てくるのを見ると、今回の手記の出版効果的な一手だったのだなあと思う。私は小保方氏と同じような分野の大学院生なのだけど、研究室の先輩にも、この本の出版を受けて「やはり若山先生悪者だったのでは?」というようなことを言いだす人がいて驚いた。まあ、感情に流されやすいかどうかは、文系理系とか関係ないことなので仕方がない。

私は、件の手記は未読だが、上のブログ引用されている部分だけを読んでも腹が立った。

しかし、なにより不安に思っていたことは、若山先生実験にはコントロール実験と呼ばれる対比のための実験が行なわれていなかったことだった。」

勘弁してほしい。それを不安に思うのならば、自分博論とか実験ノートとか、見ていて不安にならなかったのだろうか。私の記憶では、STAP論文にとどめを刺したのは、博論から画像コピペだったはずである。そして、その博論も中身がめちゃくちゃだったということで、さらに騒ぎが大きくなった。その不正に関しては誰に責任があるかは明白である。未読ではあるが手記ではスルーされているのだろう。

それからコントロール実験が行われていない件については、そもそも発端となったOct4-GFPマウス細胞を使った最初実験でも、野生型マウスコントロールはとっていない。この実験主体的に行ったのは小保方氏ではなかったのか。この実験にすら責任が無いならば、むしろ件の論文の中で一体どんなコントリビューションがあったのだという話でもある。

ただ、もちろんすべてを小保方氏の責任にして周りが逃げるのは許されないことだ。論文の中身だけの問題に関して言えば、責任はコレスポが負うべきである。その意味ではもちろん笹井先生、若山先生事実を明らかにする責任がある。ただ、アーティクルとレターの両方でコレスポだった小保方氏の責任が一番重い(彼女がコレスポになるにあたっていろいろな政治的判断はあっただろうけど)。それから、今再燃している議論の中で、アーティクルの方のラストレスポは存在を忘れられすぎではないだろうか。

2015-01-30

http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/43130215.html

小保方さんをモデルにした善悪は横に置くとして、培養液が黄緑なのが気持ち悪い

報道とかでよく見た画像から連想してるんだろうけどあれはGFPだろ

赤にしろよ赤に!!

2014-08-11

笹井は賭けに負けた。

STAP騒動を笹井の視点で、ギャンブルリスク管理の側面から考えてみると、リスクミニマイゼーションではなく期待値の大きい方を選択して破れた、ように見える。

敗因は小保方が稀代の嘘つきであったこと、また稀代の無能研究者(実験音痴パソコン音痴)であったことである


最初の賭け:小保方との共同研究から論文受理まで


小保方とそのケツ持ち(おそらく西川が中心)に、「酸浴あるいはその他の刺激による、遺伝子導入によらない、細胞初期化と多能性獲得」の可能性を聞いて、燃える

この時点ではおそらく純粋科学探究心と幹細胞研究トップランナーとしての野心の両方が刺激された。


笹井が論文の構成を考え、小保方にそれに合うデータ出させる、という共同作業が開始された。

笹井は極めて優秀なので、中にはかなり怪しいデータがあると気づいていたが、「酸浴による初期化」というメインストーリーが本当であれば、

一流誌に論文さえ載せれば、莫大な予算でこの領域を牽引して独走状態に持っていけると考えた。


① 怪しいデータ無視して論文を完成させる → すれば莫大な予算と名声、仮に不正データが露呈してもコリゲンダム程度かな?

② 怪しいデータを突っ返して小保方を問い詰め、関係を終了 → 自分を含め幹部採用責任を問われる


ここで①を選び、論文発表直後から疑惑さらされる。第一の賭けに負けたのである



第二の賭け:論文疑惑露呈から記者会見


小保方に確認し、肝のデータである奇形腫の免疫染色が流用であることを知る。

この時点で小保方が全て捏造であることを笹井に白状したかどうかは定かでないが、笹井であれば「全てが捏造であり虚構」だと気付いたはずである。ここで第二の賭けである


① 全て虚構でしたと言って謝罪する → 論文共著者および理研CDBの権威は失墜、Natureおよび姉妹から出禁研究費獲得もかなり厳しい。

しかし駒沢&下村など過去の例を考えれば、少なくとも小保方以外は科学者として退場というレベルの厳しい責任追及はない。

② 些細な取り違えであり現象自体リアルフェノメノン → ウソをつき通せればフェードアウトできる。無理ならみんな終わり。


この時点ではSTAP細胞ES細胞であったというゲノム解析結果などは出ておらず、直接証拠が露呈することはないと踏んで、②に賭けた。


会見で笹井は実によくやった。

客観的データからはかなり不利な状況であったものの、天才的な頭脳ディベート力を遺憾なく発揮し、記者質問の論点をずらして、自分の主張を堂々と述べた。

ほぼ全ての専門家(広くは医学生学者、狭くは幹細胞研究者)が、「完全に虚構だろう」と思っていた状況から

少なくとも私はあの会見で自信が揺らぎ、「あれ、やっぱりSTAP現象自体リアルフェノメノンなのかな。いやいやそんなわけあるかい

でも論理的には筋が通っているし・・・。」ぐらいまで揺さぶられた。

その辺は近藤滋さんのtwitterを参照。http://whatisascientist.blogspot.com.au/2014/04/blog-post_18.html


その後、8番トリソミーやアクロシンGFPなどとんでもない解析結果が続々と出て、科学的には完全に虚構であったことに疑いの余地がなくなる。


そしてにっちもさっちもいかなくなり、自殺した。

2014-06-09

http://anond.hatelabo.jp/20140609201527

生物におけるハードワークってわかんねーかな。

たとえば、同時並行にPCRとか遺伝子発現とかをやるんだよ。ノックアウトマウス作ったり。

それで物療作戦でひたすらやればなんらか結果は出るんだよ、だって遺伝子から

論理的にというが、生物系って緑色発光タンパク質(GFP)が特定細胞に光った光らないとかだから画像修正とかフォトショでなんとなく結果が変わるんだよ。(今回の小保方も緑の部分が光った光らないだっただろ?)

したら、結果がでたってなる。論理関係無いイメージの問題になる。

そしてそれは、まあ見間違えとかコンタミかいくらでも理屈ついちゃう

現実知らずに妄想語りすぎだろあんた。

2014-04-14

アホのミヤネ

こんなテレビ番組を見てるってだけでアホなのかもしれんが、今日のミヤネの番組香港STAP細胞再現実験やってるラボが紹介されてたけど、あれってかなり前に http://blogos.com/article/84142/ で指摘されてたよくある現象の「Oct4-GFP発現」を、さも何かあるのかも、香港に手柄取られちゃうよ、みたいに報道しててアホ。

 

そしてそれに騙されるアホ一覧

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=stap+%E9%A6%99%E6%B8%AF&ei=UTF-8

 

誰かこのアホ達をTogetterとかで記録して晒し上げてあげて。

2014-04-10

STAP細胞についてのコメントするブロガー

STAP細胞について言及してるブロガーを見下してる。

頭いい振りしてしたり顔で解説してるけど、一連の話って芸能ニュースだろ?

「バカどもに解説してやるよ!」

って格好つけてるけど、GFPの説明をしようが、ES細胞の説明をしようが、アイドル歌謡について熱く語ってるのと一緒だから

俺?

自分ブログには恥ずかしくてかけねーよ。

から増田で書いてるんだよ、言わせるな恥ずかしい。

「オンナ投げのピッチャー甲子園優勝校のエースだった」みたいな話

Natureに掲載された2編の小保方論文を、そこそこ詳細に、「抄読会でプレゼンする」ぐらいのレベルで読んで気づく違和感は下記のとおりである

1) FACSのゲートが不適切で、漏れを検出している

2) 蛍光顕微鏡によるGFPの検出で、ネガコン細胞に赤いフィルタを使っている

3) 免疫染色の抗体不適切(複数)

4) 奇形腫の写真がどう見ても成体マウスの正常組織

(次点で、HE写真免疫染色写真対応がない)

以上は理研調査委員会で争点になっておらず、またいずれの会見でも取り上げられていない。

さらに会見の資料には明らにおかしい点が1つある。

5) たかが3,000 bp電気泳動パルスフィールドで行ったと主張

(普通なら30分で終わる実験オーバーナイトでやってんの?)

これらの怪しい点は、仮にデータ捏造するにしてもあまりに場当たり的な印象を与える。少なくとも仮に平均的な能力を持ったポスドクが一から捏造するなら、このレベル整合性を疑われるデータを出すことはない。全部をでっちあげたとしても、あたりまえの材料と道具を使って、少なくとも見かけ上は完璧な図を作ることができる。それも比較的簡単に。ただ同僚に察知されずにやるとなればハードルが格段に上がるし、疑いをもって詳細に見られればバレると思うが。

また不適切画像処理についても、例えばバンド切り貼り境界を消すことなど、普通にPhotoshopが使える人にとっては造作もないことである人間の髪の毛を背景に溶け込ませることに比べればずっと簡単だ。

したがって彼女研究室主催者としてどころか、同世代ポスドクと比べても平均的な能力を備えていないと考えられる。しかし一方で理研のPIになれるのは研究者のなかで一握り、天才的な頭脳連続徹夜に耐えられる体力に加えて、キャリアの序盤で大仕事を成し遂げる強運が必要である彼女は私の知る限り医学生物学分野ではここ10年で2番目の若さユニットリーダー採用されているが、これを高校野球に例えるならオンナ投げのピッチャー甲子園優勝校のエースだった、みたいな話である幹細胞分野には、CNSや姉妹紙に複数報の業績を有し、分子構造からマウスまでなんでも扱えるような数多のスーパーポスドクが、食うや食わざるやの安月給でこき使われており、公募採用時における彼女の潜在的ライバルは数知れなかったはずだ。したがって採用経過が全く不透明で、仮に竹市先生がおっしゃるようにSTAPに強いインパクトを感じて特例で採用したにしても、笹井研究室の常勤研究員として雇い、スーパーポスドクとして育てるべきだったわけで、彼女をPIとして採用した責任は非常に重い。

STAP細胞存在に決着が着く最短の道のり

理研STAP細胞検証チーム丹羽氏ら)が検証実験を行うことを、先日の会見で発表している。

私は、この検証は案外早く決着が着くのではないかと思っている。完全な決着には1年を要するだろうが…。

1. 酸処理により、GFPの発現は、おそらく起こる。

これは、自家蛍光かもしれないし、死に際の断末魔でOCT4-GFPが発現するのかもしれない。しかしとにかく、蛍光は発すると思う。

小保方氏が200回以上見たというのは、この蛍光であろう。

(参照:http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52007102.html

蛍光が起こることが確認できれば、コツが要ると言われている酸処理の手技自体クリアされたことになる。

2. しかし、他の未分化マーカー遺伝子の発現は起こらないだろう。

検証チームは、酸処理後に他の未分化マーカー (Nanog, Sox2など)の発現をRT-PCRなどで調べると言っている。

Nature論文でも見ているが、はっきりいって信用出来ない)

3. ほかの未分化マーカーの発現がなければ、全能性を有する可能性は極めて薄い。

十分確認するためには、キメラマウスを作る必要があるが、ほとんど消化試合と言って良い。

とすれば、「STAP細胞存在しまぁす」という小保方氏の主張は、OCT4-GFPの発現のみを根拠とした「誤認」に基いていたことになる。

以上が、小保方氏の解釈は誤認でありSTAP細胞存在する可能性は低い、という結論に達する道のりで、これに至るのは意外と早いと想像する。

2008-12-11

こころ暖まるんだか、寒くなるんだかよくわからない話

今朝の読売新聞ノーベル賞特集に出てた記事で、GFPのCloningに成功したDouglas Prasherさんは研究室予算つかなくて追い出されて、現在トヨタの販売店で時給10ドルで運転手をしてるらしい。それを気の毒に思った、チャルフィーとチェンノーベル賞授賞式に招待してあげたとか。

こころ暖まるんだか、寒くなるんだかよくわからない話だった。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん