「雇い止め」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 雇い止めとは

2017-03-22

http://anond.hatelabo.jp/20170321214710

解雇通知は1ヶ月以上前にやらなければいけない。

雇い止めから遡って通知日までが1ヶ月以内ならその解雇無効なんだって

3日でクビにって3日目にクビ通告あってそれから何ヶ月か働いたってことじゃないよね

ブックマーク

あー試用期間である雇用から二週間以内は適用されないんだっけか

でも解雇できることもあるってだけで即日解雇してもいいってことじゃないでしょ。

経歴詐称とか無断欠勤とか横領とか客と喧嘩になったとか

四則演算ができないとかよほどの理由がない限り

そんなの通用しちゃいけないと思う。

教育間中なのにミスするからクビっていうのはおかしい。

↓のブログにもあるように、期間中にどんな教え方してたんだってことが要点。

たった3日でド素人に何を教え込めるんだっていいたい

http://d.hatena.ne.jp/hibiya_station_law_office/20140318/1395104787

2017-03-21

http://anond.hatelabo.jp/20170320222848

元増田です。

 

休みに覗いて見たらブコメトラバも沢山頂いていてびっくりしました。

叱咤激励、応援ありがとうございます。全て読ませていただきました。

 

ひとつだけ。私は今の状況を理不尽だとは思っていません。少なくとも今は。

結局のところ日頃の行いの結果が今なのだと思っています。いわゆる自業自得というものでしょうか。

努力無駄だとも思っていません。私の書き方が悪かったですね。すみません

私の努力の仕方や方向については、確かに自分でも違うのかなと途中で気づいて色々試行錯誤はしています

試行錯誤できているうちはきっと大丈夫、と自分に言い聞かせています

私が今までどう努力たかどう試行錯誤しているかはあまり詳しくはお話出来ませんが、手始めに勉強する事を増やしてみました。

今までは自分就職したい業界についての勉強だけをしていたのですが、全く畑違いだけれど経験が生かせる仕事勉強も始めてみました。

就く仕事関係ないとしても役に立たない勉強は無いと思ったからです。しかし闇雲に勉強をしても意味がないのでそこは計画を立てて行なっています

 

 

また、職場比較個人的な話もする方に、派遣立場申し訳ないと思いつつ雑談の中で次の仕事の事を聞かれたので、本当に軽くですが相談することが出来ました。

その時に派遣でも失業手当は出るというのも具体的な方法を伺ったので、もしどうしても決まらない場合はそちらもきちんと手続きしたいと思います

(今の雇用保険は9ヶ月分は払っています過去2年間の内に12ヶ月分がないかもしれません。就職してから通算なら数年分あります・・・雇用保険を払っていない会社で働いていた期間がネックになっています。)

ちなみに仕事を選ばなければ有るんじゃないかというのもごもっともなのですが、医者から次発作が起きたら保証は出来ないと言われていまして、

力を使うお仕事悪化が否めないという事でNGが出ています

それでも贅沢を言っていられないので体力を使う仕事にも応募はしていますが、今のところ体力勝負仕事100%病名ではじかれています

薬さえ飲んでいれば大丈夫と伝えていますが、やはり雇う側からすれば急に倒れられたりしたらと考えると怖いでしょうから仕方がありません。

(ちなみに昔は特定疾患でしたが今は特定疾患ではないため障害者枠は望めません)

そうなると必然的オフィスワークか力仕事の無いものになりますが、なかなか難しいのが現状です。

工場関係に応募した際は「PCスキルが有るのだから工場はやめておきなさい。受け入れる事は簡単だが続くとは思えない。」とその会社社長に諭されました。

体良く追い払われた気がしないでもないですが。

そんな状況なので、良くないことではありますがいつでも薬を断てば死ねる、いつ死んでもいいんだと言う事実が今はお守りになっています

死がお守りだなど後ろ向きにも程があると思われてしまうかもしれませんが、「死ぬ気になればまだ頑張れる」の亜種だと自分では考えています

相談する人もいなく、休日が多いと凹む状況でただただ辛いのが爆発してしまい吐き出したくて書いた文章でしたが、

こんなにも沢山の方々に言葉をいただけたことが本当に嬉しいです。こんなに反応があるとは思っていませんでした。

バズらせようとか全くそんなことは考えておらず、誰にも言えない事を言いたかっただけなんです。

はいつも周囲から「いつもニコニコして明るくていいね」と言われていたので、こういう心のドロドロを出すことが出来ません。(人のは聞きます・・・)

から兎に角吐き出したかった。本当は笑顔でいるのも辛いと吐き出したかっただけなんです。

努力する事が嫌になった事もありました。報われたと思った瞬間に叩き落とされたりして何もかも信じられなくなり、もう笑顔のまま消えてしまえばいいんだ。

となってしまったので。

でも、世の中悪いことばかりじゃないし悪い人ばかりでもないというのが良くわかりました。

もう少しだけ周りと自分を信じてみようと思います

下を向かず顔を上げて頑張ります

本当にありがとうございました

■補足■

言葉足らずで申し訳ないです。

お祈りメールが100件を超えたのは就職活動を始めて1ヶ月弱の頃で、書類も含めてトータルなので面接まで行って落ちたのは内20件程度です。

応募して書類で落ちたのと面接まで行って落ちたのを合わせて今の所通算で800件は越えました。内、面接に行けたけれど落ちたのは60件くらいです。

雇い止めが決まる前から派遣不安定なので色々応募はしていましたが、本格的に始めたのが終了が決まった11月の半ば位からなので・・・大体4ヶ月間で60件の面接です。まだまだ少ないですね・・・

書類がこんなにも通らない理由はわかっています募集要項で年齢やスキルが多少合わなくても業界的に自分希望している業界場合は片っ端から応募しているからなのです。

募集している人材に合わなければ落ちて当然なのだとは思いますが、そもそも募集要項40歳が入っている事が稀なのでそうせざるを得ないという状況もあります

■更に補足■

もう少し感情を出したり甘えたり逃げたりしてもいい、言うなればバカ真面目過ぎだというようなご指摘が有りますが、そうもいかないのです・・・

記事トラバに正にその通りな事が書いてありました。

たとえSOSを出せる相手がいても、こういうタイプの人は心を開ける人が限られてるから、大体同じ人にSOSを出し過ぎる。だから最初は親身になってくれている相手も何度も頼る内に嫌がられるようになる。http://anond.hatelabo.jp/20170320223744

正にこれなのです。だからもう我儘は言えないのです。

頼れる人はいないけれど、私は頑張る事も努力することもやめません。報われなくてもいい。でも無駄にはならないです、きっと。

 

 

3月22日追記 最後に■

いくつか、私が努力しているように見えないという指摘が有りました。私はここで全てを語っている訳ではありませんのでそう思われてしまってもしかたがありません。

 

ですが私は今まで自分が働きたい業界で役立つ資格も取得しましたし、それ以外にも幅が広がるから簿記資格も取得しました。

求人が出ていない所でも出していないだけで人を欲しがっている所は有ると聞いたので、働きたいと思った会社になんとか面接をしてもらえないか履歴書を送った事も一度や二度ではありません。

 

私は努力してます頑張ってますだけど報われませんと言いたかった訳ではないのであえて自分がどう努力たかなど書かなかったのすが、かえって意図が全く伝わらない文章だったようで本当に申し訳ないです。

 

私に悪い所が有るから就職が決まらない事は重々承知しております。今まで派遣で働いていたのにも理由はあります

理由を言ってしまうと今までの話と合わせて特定が容易なので明示出来ないのですが、今はその理由が無くなったので正社員仕事を探しています

年齢や疾病をカバーできる位の何かがないと難しいのはわかっているので、今回もし正社員仕事が見つからない場合は、しばらくもう一度派遣アルバイトパートお仕事をしつつ資格の取得を急ぎたいと思います

  

 

もうここに書くこともやめます

皆様に頂いたアドバイス叱咤激励を元に頑張りたいと思います

有難うございました。

2017-03-20

嫌な仕事だけど頑張ろうと思う

http://anond.hatelabo.jp/20170320230332

トラバありがとう

自分の今の仕事能力的にも、人間関係的にも、意欲的にも無理があってやりたくないと思っているんだけど、

給料はちゃんと支払われて、雇用としては安定しているから、続けようと思う。

世の中には、この増田ttp://anond.hatelabo.jp/20170320222848)みたいに

理不尽雇い止めされるようなケースですらあるから、贅沢は言っていられないと思った。

(追記しています)

頑張っていれば、努力していればいつか報われるなんて言うのは嘘だよ。努力したって一生懸命頑張ったって報われない事の方が多い。

生きていればいい事があるというのもほぼ嘘。ただ生きていたって良い事など何もない。

平等っていう言葉も嘘だよね。人間は生まれながらにして不平等なんだし。

---

でも、無駄だと言って頑張るのをやめたりうまく行かない事を何もかも全部自分のせいにしていたら生きているのが嫌になってしまう。

そんなの悲し過ぎる。一生懸命頑張ってる自分を認めてあげないと、いつか歪んでしまうよ。

って誰かに話しかけてるけど結局これって自分に言ってるんだ。

実は私、雇い止め仕事がなくなったんだ。

部署人達は◯◯さんにしか出来ない仕事も有るからいなくなったら困ると上に抗議してくれたけれど、部署の統廃合の都合でなので、上の決定は絶対だった。

それでずっと就職活動をしてた。面接の為に仕事を休む事が出来ないか面接を入れてもらうのは仕事が終わった後の夜遅く

対応してもらえる会社も少なくそれだけで面接を受けさせてもらえないこともあった。

それでもなんとか書類が通った所の面接に行き、毎日毎日少しでも分母を増やさないとと応募件数を増やす為に昼休みには携帯求人サイトに入り浸り。

でもメールをチェックする度に届くのはお祈りメールばかり。

面接までしたのにスキルや年齢ではねられることも多い。人柄はいいんだけど経験がねぇと面接で言われた時には流石に参った。

持病(身体的なもの)を理由に落ちる事も多い。それでも最初の内は仕方ないと思えてた。まだまだこれからだと思えてた。

でもお祈りメールが100通を超えた辺りからどんどん堕ちて、2月の頭には「今の仕事が終わるまでに次の仕事が見つからなかったら死のう」と思っていた。

甘い考えだというのはわかってる。でもその時はどうしようもなかった。そう言う風にしか考えられなかった。

不安を口に出す事も出来ず頼れる人もいない。時間けが進んで行き、仕事は見つからない。

就職活動が長引きそうだから事前に窓口で失業手当について聞いてみたけれど派遣は出ないと言われた。

何の為の雇用保険なの?と思ったけれど窓口の人には言えず、薄ら笑いでお礼を言って帰ってきた気がする。

役所相談しに行った際には仕事が無くなってからまた来いと言われた。

それでも凹む訳に行かないから人前ではずっと笑顔でいた。当たり前の話だけれどこれが結構辛かった。頭の中は常に不安でいっぱいだった。

一人暮らしから仕事が無ければ家賃を払えない→家賃を払えないならここを出なければならない→ここを出たら行く所がない・・・

マイナス方向へどんどん連想ゲームをして「そうか、死ねばいいんだ。なんだ簡単なことじゃないか」となった。

その考えにたどり着いた時に私は笑ってた。清々しい気分ですらあった。

でも今はもう少し頑張ってみようと思えてる。状況は何も変わってないけれど、もう少し足掻いてみようと思ってる。

死ぬことはいつでもできるけど、生きる事は今しかできないから、生きることを諦めないでみようと思う。

■追記■

先程これを書いた後にメールチェックをしたら、希望の会社ではないけれど1社から合格通知が来てた。

収入は今の3分の2になるけれど全くないよりマシだと思った。

残業も多く休日出勤も多いと言われているから実際にお願いするかどうかは病院身体の状況を詳しく聞いてからだし、

そこで働くとしても時給900円のバイトと変わらない金額からそれだけ暮らしていけない。副業も探さないと。

この仕事をどう思うかを相談出来る人もいない。

薄々は自分でもこの仕事ヤバいんじゃないかと思ってはいるけど、背に腹はかえられないという思いも大きい。

ちなみにその会社面接を受けたのは「ダメだったら死のう」と清々しい気持ちで思った直後だった。

諦めてしまたか自然体で面接を受けられたのかもしれない。笑い話にすらならないな。

今、凄く凄くやりたい仕事案件に応募している。

書類が通らないと面接に行けないし恐らくリミットを超えてしまう気がするけど、諦めないでアピールしていきたいと思う。書類で落ちたらどうにもならないけど。

■死の扱いについて■

ブコメトラバ死ぬことについて苦言をいただいておりますが、確かに皆様の仰る事はもっともです。

ただ私は昔から身体が弱く通院し続け薬を飲み続けていないと生きるのすら困難なので、仕事がなくなれば薬を飲めない→薬を飲めなければ・・・

健康体になりたいですがこの病気は完治しないため健康体にはなれません。

普通な一人暮らしなどしてはいけないそうですが、諸々の事情により一人暮らしせざるを得ません。

身内はいません。こういう事を話せるような友人はいません。

私の病気を知っている人は「薬を飲み続けなければ死ぬような人といるとこっちが滅入る」と言って離れていきました。

何回か友人の前で薬を飲んだことが嫌だったようです。

一時は生きるために必死に恥を恥と思わず色々な所に相談に行ったりしました。

何もしていない訳ではないですが、きっと私の努力が足りないのでしょう。それでも今自分が出来ることを必死にやっています

正直なところ、この状況で諦めずにいるだけでも精一杯です。

どうしてこう人生って苦難ばかりなのかな・・・勿論このご時世苦労しているのも苦しいのも私だけではないだろうけど・・・

2016-12-04

公立学校教員について考えること

効率学校先生になって数年経ったので思ったことを思うつくままに書く。少し悪意がある。

私自身は他業種を経験してきた中途臨時任用講師である雇い止め構造のために正規雇用に比べれば、ボーナスなどで手取りが劣るが、

最近正規採用されることに魅力を感じなくなって来ている。

学校先生別に知的エリートではない。

殆ど教員大学卒だというのが信じられないくらい、科学リテラシーというものがない。

採用選考基準知的に優れているというのを考慮してないのだろう。そりゃEM江戸しぐさ蔓延するだろうし、かけ算の順序を自分で考えられない人間多数派になってしまうだろう。

子供のあしらいは上手い。だが、お勉強の教え方が上手いかどうかは、個人資質によっているようだ。体育会系の奴は本当にバカだ。

ただ、小中学生は体力と学力はそこそこ相関するので、体力を伸ばすアプローチ有効なのだと思う。向いてない人を辞めさせる構造がないのが問題なのだと思う。

学校先生は美しい日本語というのに興味がない。

会議で一人の人間が五分話したら、10回は「させていただく」を使う。「します」でいいだろ。五人が喋れば50回聞く。

電話の応対もガチャガチャである。ただし、地域によっては身内の教員に「先生」と付けなければ保護者が図に乗ってしまうので、身内に敬称を付けざるを得ないという構造もあるようだ。それでも醜い表現だと思うが。

学校先生時間がない。

忙しい上に残業という概念がある世界経験したことがないので、ほとんどの仕事気合いでやっている。効率化の仕方をしらない。

ほとんどの人が大学卒業したあと、先輩の仕事ぶりをあまり間近で見ないままにOJTで仕事を覚えていく。

その為、仮に大学で覚えそびれたとしても、先輩や同僚から学んで、或いは仕事をサボってブラウジングしてる間に身につけるようなPCの使い方を身につけていない。

コピーペーストを知っているのはましな方で、ショートカットキー、気の利いた検索方法を知らない。コマンドバッチを書いてデータバックアップを取ったりしない。

忙しさのせいで、自分磨き時間を作れていない。他業種の人と交流する時間を取れていない。同業種の人とくっつく奴ばっかりだ。バカなのだと思う。

残業をもらうということを若いうちに経験しそこなったために、自分の1時間価値というもの考慮していない。

そこそこ偉いということになってる管理職人間教育委員会プリントアウトでよこした元がHTMLベースであろう資料に書いてある数値をエクセル入力して、

円グラフを作っていたりする。ものは、全国学力テスト結果の細目だったようだ。どうだ泣けてこないか校長という人種もっと酷い。

あなたはこんな人々に導かれている大人集団にまかせて、子供がITを使いこなすビジョンを持てるか。

時間がないといえば、地域格差もあるのだろうが、平気で給食費を踏み倒そうとするPも居て、余分に手紙を書いて渡して、

電話を掛けて無視され、家庭訪問をして無視されるという対応をしている例などもある。子ども手当減らして国庫から給食費を出せばいいのに。

学校先生別に大して人間的魅力があるわけではない。

子供といえば、あらゆる書類子供と書いた表現を「子ども」と頑なに直してくる。バカなのだと思う。

文科省が省内の書類表記統一する通達を出したことも知らないのだろう。矢玉四郎サイトも知らないのだろうし、本を読まないか矢玉四郎も知らないのだろう。

そうだ。本を読む人間は少数だ。ほとんどはバカなのだ

殆ど人間一社経験しかしていないので世間知らずである

ほとんど唯一と言って良い、よそでできる経験というのが、教育委員会への出向である

こちらは、地方行政機関なのだから残業代という概念経験しても良さそうなものだが、現役教員との格差を産まないためか、こちらも二級市民的に

慢性的サービス残業を行っている。採用試験に落ちた人間来年度の講師やらないかという連絡を日曜日に掛けて来たりする。

お前が落としておいてその言い草はなんだ? 来年の働き手が足りないということが今わかっているなら、採用枠を広げればいいのじゃないかバカ死ね

そういう非効率的な働き方を経験してきた人間現場に戻ってきたら管理職様なのらしい。バカバカ言ってきたが、気の毒である

教頭という立場の人々の働き方は非人間的である。おそらく90%以上の教頭という立場人間過労死ラインの向こう側で仕事をしている。

労働組合地方格差があるようだが、有名無実化しているようだ。

仕事に追われた、余暇の使いみちをしらない人間的魅力に乏しい人を生み出す構造しかない。

学校先生はわりとちょくちょく心を病む。

自分自由になる時間を作らずに、非効率的仕事と向き合って会社の外に付き合いを広げていかないのであれば、調子を悪くするのも当然だ。

気の毒だがバカなのだと思う。

学校先生別にイノベーティブではない。

悪い意味保守的である冒険心がない。気の毒に50代になっても自分がなにかを変えたという体験をしてこなかったのだろう。

学校先生研究をしているということになっているがその準備に大わらわになる一方でその研究とやらを積み重ねている様子が感じられない。

刹那的というか、近視眼的というか、一年こっきりの思いつきを繰り返しているように見えてしかたがない。

その研究とやらの成果が仕事教育)に活かしにくい構造もあるのだと思うが、こんだけ毎年研究を繰り返しているのならば、教育技法というのが、どんどん洗練化されても良さそうなものだが、十年一日な進歩しかしてないように見受けられる。

都道府県別の学力格差というのがあるのなら、愚直に先進的な地方のやり方を丸パクリしてみればいいのだ。

学校先生は社内/省内キャリアアップというビジョンを持たない。

しかしたら、正社員であらせられる人々の中ではあるのかもしれないが、自分過去の実績と現職ポストを振り返って、ゆくゆくのビジョンというのを持ってない。

少数の士官以外が全員現場一兵卒という構造もあるのだろうが、自分の将来展望についての話をしない。そもそも、同僚ととりとめのない話をする時間をそれほど持たないようなのだが……。そして、人事の内示がでるのが遅い。

女性発言力はそこそこある。

ここは評価していいところだと思うが、地方格差もあるのか管理職の登用というところでは、グッと下がるようだ。

管理職になれば今まで以上に奴隷のようにこき使われるのだ。旨味を感じられなくてもしかたがないのだと思う。

これは言っておきたいが、子供の美醜について口にするのは圧倒的に女性教員だ。イケメンという言葉カジュアルで使いやすいというのも

あるだろうが、これが男性教員子供の顔貌についてあれほど口にだしてたらと思うとゾッとすると思うのだが、どうだろうか。

◯親はもっとバカ

もちろん、全ての親がということはないが、公教育の失敗例というのをまざまざと目撃してしまう。

そこそこ都会でさえこの程度なのだから地方については考えたくもない。

お前はどうなんだと言われると思うがそこそこのクズだよ。

2016-09-27

ワイ、某公的機関パート

はてなブックマーク - 【悲報】ワイの職場、25年務めたパートのおばさんが辞めそうで現場大パニック【働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww】

ちょっと前の記事だけど読んだ。ここのブコメで挙がってる疑問や意見勝手に答える。

このおばさんが正規雇用じゃないのなんで

ウチの職場と同じなら、たぶん正職員になるのに公務員試験と同等の筆記試験小論文面接必要

公的機関だと正職員はほぼ公務員みたいなもんだから…。

また、正職員になるとジョブローテーションの対象になる(後述)ので、必ずしも同じ仕事を続けられるとは限らないし、転勤もあるかもしれない。

もろもろのリスクを背負ってまで正職員になりたがるパートさんは少ない。上から打診はあったかもしれないけど。

その人がいないと回らない組織がクソ

まぁクソなのはその通りなんだけど、正職員ジョブローテーションのために、長くても2~3年で異動してしまうという事情がある。

あとは上部機関からの出向だったりで、とにかく一つの職場に居つかない。

そうすると10選手20選手パートさんの方がよほど業務に詳しく、正職員がお伺いを立てる状況が発生する。

しかゼネラリストを育てるためとは言え、短期間でじゃんじゃん異動させて意味があるのかね?

(補足すると、正職員さんたちは流石に優秀で、短期間で業務理解して破綻なく回しているのは本当にすごいと思う。

ただ一方で前例主義と言うか、過去案件を参照することがすごく多いので、そうすると必然的パートさんが頼られるわけです。)

この問題職場が変わればいいね

変われるよ、現に俺は変わった。主に法改正で。

ウチの職場ではすでに、無期雇用ではパート職員採用していない。最長5年。

さらに、平成30年3月はいわゆる「平成30年問題(※)」で大量の雇い止めが出る模様。

(※改正労働契約法(H25.4)で勤続5年以上の契約パートを無期雇用に転換するというルールになったものの、無期にしたくない雇用主が施行から4年11か月のH30.3に契約満了にするんじゃねえかという問題。詳しくはおググりください。)

まり

という人員構成になる見込みです。

ヤッタネ!!これで属人化から切り離された職場になれるね!!! 具体案?しらね

かつて無期雇用で雇われた、あるいは頑張って無期雇用を勝ち取るベテランパートさんも一部は残るだろうけど、全体数から見ればごくわずかだろうし、20選手なんかだと60歳定年が迫ってたりするんだなこれが。


ということでH30.4以降、さまざまな職場で「職場を回せるベテランパートさん」すらいなくなる事態が発生するかもしれません。

まぁワイもH30.3で契約満了なんで関係ないですけどねプー

2016-09-08

5年以上で働いたら正社員にする法律会社「5年こえる前に雇い止めにする契約にする」

結局、法律正規雇用非正規雇用賃金を同じにするか、非正規雇用でも政府が援助して正規雇用と同じ福祉を受けられないと

官民関係なく、幹部以外はどんどん非正規雇用を増やしていくだけなんだよな。

非正規雇用派遣労働の拡大、自由化を促して20年たらずで、こんなに格差が拡大した。

 

正規雇用だったサラリーマンが半ばでリストラされて派遣バイト非正規雇用になって定年まで生活するのが当たり前になった。

2016-03-07

契約社員の同僚が雇い止めにあうんだけど

全員正社員として雇用して救うのは無理だとしても、正社員の職を守るために非正規雇用を切っていいのか?

正社員登用試験に受からなかったのが悪い、自業自得と割り切っていいのか?

氷河期就職できず、派遣バイトを繰り返し、5年勤めた会社から雇い止められて、歳は40近く。

この歳でなって、学歴高卒、職歴が派遣契約社員のみで無職にしたら、彼らにどう再就職させろというのだ。

からどんな資格を取れというのだ。

2015-12-01

はてな民は唐澤弁護士を何だと思っているのか

唐澤貴洋弁護士への嫌がらせの一環で数名が逮捕されたという件が報道されましたけど。

はてな民が唐澤弁護士について誤解してるというか、単純に知らないであろう情報があって。

彼は東日本大震災被災者への雇用創出をうたって国や自治体から補助金やら委託料を受け取っておきながら、収益が思ったほど上がらないことがわかると、いきなり雇用者への大量の雇い止めはおろか、挙げ句の果てには賃金の未払いまで起こして逃げているDIOジャパン社の顧問弁護士なんですよ。

勘違いしないでもらいたいのだけど、給料を取りっぱぐれた怒れる被災経験者たちの声なき声を代弁しようという正義の味方じゃなくて、企業側の弁護士

大学院時代宇都宮健児先生にお会いする機会がありました。

先生は、多重債務者の方の救済を行われており、先生過去に苦しい経験をされていた方々とご一緒されてる場所に同さ

せていただいたのですが、先生は、その方々と共に笑い、共に怒り、共に泣いていらっしゃいました。

すばらしい弁護士の方がいると思った一瞬でした。

事務所プロフィール欄にこんなことを書いておきながら、そんなことをしているわけですよ。

はてな民はそれでも「そんなことは関係ない、そのこととインターネット嫌がらせを受けていることとは何の関係もない」とか言うのかもしれないけど。

ブラック企業報道にはすぐに「許すな!不買運動だ!」ってネトウヨみたいに騒ぎ立てるわりには、そのへんの情報に疎いのが、本当にはてな民っぽくて、笑えてしまますよね。

2015-06-21

もう正社員ひとりも要らないよ

全員3年派遣で良いじゃん

中小企業課長部長も要らないよ

平等下の中雇い止めされたなら納得

しろ企業の業績上がると思う

正社員だった人の僅かな安心感無くなる訳だし

中途半端正社員が6割いて非正規が4割とかだと非正規差別意識持っちゃうから…うまく言えないけど腰据えてとか…

期待以上の成果出そうとか思えない

2014-10-03

Yahoo!ニュース早大総長の不起訴不当議決記事検索できなかった

このニュースことなんだけど。


早大総長の不起訴は「不当」 労基法違反容疑で検察審査会 - 47NEWS(よんななニュース

http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014100201002023.html


昨年話題になった非常勤講師雇い止め事件の続報。5年以上継続して勤務する非常勤講師希望すれば無期雇用に転換できるように法律上なっているのに、早稲田大はそれをさせないために5年で雇い止めを行っていた。で、怒った非常勤講師たちが早稲田大総長理事に対して労働契約法違反刑事告訴した。検察捜査で不起訴となったが、検察審査会に訴えて、不起訴不当の議決となり、再捜査されることとなった…というニュース10月2日記事


この共同記事以外はどんなふうに報道されているのか気になったか検索してみたんだ。

自分ニュース検索するときYahoo!ニュースをよく使うんだよね。テレビ局報道検索できるようになってるからgoogleニュースだとテレビ局が入ってない。あと見やすさもYahoo!のほうが上だし。

それでYahoo!ニュースで「早稲田 不起訴 不当」で検索してみた結果がこれ。

https://archive.today/epwId

全く出てこなかった。

他のメディアで報じてないというだけじゃない。共同の報じた記事さえ検索結果に現れなかった。

Yahoo!ニュースではトピックで取り上げるニュースだけじゃなく、検索結果に反映されるニュース中の人に選ばれているということ?

googleニュース検索結果では共同記事や共同配信の地方紙記事が出てくる。


これには驚き。

既にネットニュースになっていることがニュース検索結果に出ないなんてことがあるとは思っていなかったから。


これからはより注意しなければいけない。

ネットニュースを調べるときは、Yahoo!googleをなるべく頼らずに、各ニュースサイトに飛んで自分の目で確認しなくてはならない。

めんどくさいけどしょうがない。


追記:関連

視点・論点 「"知のインフラ"を構築せよ」 | 視点・論点 | 解説委員室:NHK

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/200097.html

情報の集積と序列化を少数の企業にまかせてはいけない

2014-07-26

5年で雇い止めって

5年を超えて雇うと無期雇用に転換しなきゃいけないから

5年で雇い止めるらしいけどさ

何でそんなに人を幸せにするのが嫌なの?

無期雇用してあげればいいじゃん

無能で無期雇用にしたくないならそもそも5年も雇うなよ

2014-06-22

男女間の賃金格差改善するために最低限これだけの事をやらないと

日本政治セクハラ、子を持つ女性世界最悪の賃金差別男性わずか39%、OECD30カ国平均の半分

http://bylines.news.yahoo.co.jp/inoueshin/20140621-00036611/

統計数字だけ見ると絶望的な国に見えますね。私も絶望してます

理想を言う割に何でこうなるのかをちっとも勉強しない人の多さに。

理想だけ言ってれば誰かが何とかしてくれるという姿勢が染み付いているのかもしれません。


お金に余裕がある大組織orお金心配しなくていいお役所とお役所的な組織

歴史的慣習的に女性労働者が主であったため産後育児と業務の両立に対応した業務形態をとっている産業企業、以外は

やはり労働法規での規制が多い http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/bukyoku/koyou.html 女性労働者の正規雇用敬遠するでしょう。

ポジティブ・アクションだとか、安全からバカが何かわめいても前線の人たちは聞き流すだけです。

従業員給与販売費及び一般管理費で、多ければ多いほど企業利益を圧迫する。

http://kabukiso.com/apply/zaimu/pl.html

何とかならないのか?と思う人が多いかと思いますが、私のようなアホでも思いつくくらい解決策は単純です。

でも、もしかしたら福島原発事故まわりを収束させる程度に面倒なので誰もやりたがらないだけです。

どうするか。それは、高度経済成長期~バブル期方法全否定すること。

成功体験に凝り固まった中高年世代はまずやらないでしょうね。

しかし、そもそも日本経済成長自体アメリカ国防丸投げして予算を浮かせ、戦争特需で儲かったカネを経済振興に突っ込んだだけのごっつあんゴールです。

考えることから逃げるために働くのやめましょうよ

http://anond.hatelabo.jp/20140615163800

成熟期に入った日本国適用して存続する方法であるけがありませんね。

高度経済成長期~バブル期方法全否定』とは?箇条書きにしたいと思います

・・・ね、誰もやりたがりたがらないですね。

親元から遠く離れた土地核家族世帯を作るライフスタイル専業主婦と同様に戦後の一時期だけのものです。

地域密着人口 http://tmaita77.blogspot.jp/2011/08/blog-post_03.html

共働きと親世代との同居はセット http://allabout.co.jp/gm/gc/12462/4/

行政が何とかしろ ⇒ 実現するためのカネはどこにあるの? http://www.kh-web.org/fin/


また、勤続年数が永ければ無条件に昇給する年齢給の賃金システム採用しているのは

日本くらいであるらしく、http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20090416-90006696-r25

実はこれが新卒フリーターや中高年無職育児のために離職した女性再就職を阻んでいます

「○○歳なら、これぐらいの業務能力がなければならない」とリアルで言われたことがありますが、少し考えただけでもキチガイ沙汰ですね。

でも企業お金儲けのために人を雇い、人を退職に追い込むわけで、制度を変えれば必ず被害を被って不平不満を言う人が出てきます

勤続年数=年齢が高いほど高賃金システムで得をしてきた人々をどうやって説得するか。企業だけを悪者にすることは難しい。

定年までの生活保障しないんなら、年齢給をやめれば良くね?という発想に至るのは自然であるわけですが、

そうするとおびただしい数の既得権益層=中高年世代が猛反発して口にしただけでもそのような政治団体選挙で負けてしまうわけですね。


あと、公的年金制度歴史を紐解けばわかりますが、本格的に整備されたのはGHQがやってきてから

サラリーマンとお役人優先で、それ以外の人は後回しにされるという特徴が日本社会保障制度にはあります

で、その年金制度

厚生年金モデル年金は、これまで、片働き世帯、すなわち夫は財政計算の基準年当時の現役男子の平均的な標準報酬月額を得ている被用者であって、

厚生年金標準的な期間加入しており、妻は厚生年金にまったく加入したことがないという夫婦世帯標準的世帯として、標準的年金額を示してきている。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/0112/s1214-3e.html

わけですが、共働きが増えて妻子持ちであろうが定年前に容赦なくリストラされる時代には全く合っていませんね。

徐々に変わりつつ有りますが、国民年金より生活保護のほうがお得というシステム是正するには時間がかかります

もう読む方もめんどくさいでしょうから結論を言うと、女性雇用形態及び賃金の現況は単一でない、複数の要因による構造的なものなので

改善しようと思えばMacPCを中身だけwindowsしましょうというような事が求められているのですよ、ということです。

個人的にはバブル経済で良い思いをした世代自力投票に行けないくらい老いた時代にならないと変わらないのでは?と思っています

でも、現行のシステム女性は満足しているみたいだし、

日本女性女性であることに満足していて、

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/9484.html

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2473.html

また女性に産まれたいと思っている 

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2476.html

易きに流れるのも手かもしれませんね。

2013-12-21

http://www.jilg.jp/research-note/2013/07/01/245

病気にもなれない

非正規労働者にはほとんどの場合病気休暇はありません。病気になり有給休暇を使い果たすと欠勤になってしまます。たとえば臨時職員(22条適用)がちょっと大病して休まなければならないとなると、6ヶ月で任期満了なので、病気であろうがなんであろうがそこで首を切られてしまます明日から働けない、仕事もない、身体もしっかり治ってない、そういう状況で放り出されてしまう人もいます

私の地元静岡でも清掃の臨時職員だったAさんは、自宅で脳幹出血で倒れてしまう。病院に運ばれてICUに入った。その後、かなり元気になられたけど言語障害があって職場復帰ができない。どんなに労働組合運動して要求書を出しても、「臨時ですから…」ということで半年目に雇い止めになる。その後、その方は一時生活保護を受けたりしていましたが、いまはマヒが少しよくなり仕事を見つけられましたが月収が10万にも満たない。いま自治体の中で仕事をしている臨時職員はそういう状況の下で仕事をしているのです。

悲しみにも差

 賃金も劣悪で、正規職員に比べると3分の1、ひどいところでは4分の1ぐらいの実態です。昔から村八分という言葉がありますが、火事とかお葬式とき村八分にはしないといいますが、私たちは両親が亡くなったときとか、親族の悲しみにさえ差別があって、正規の方は配偶者が亡くなれば忌引休暇があると思うのですが、非正規職員に正規職員と同じように忌引休暇が付与されている自治体は稀です。悲しみにも差があってお葬式にさえ満足に休みが保障されていない。親が亡くなっても1日しか休みがない。あとは有給休暇を使うか、有給休暇さえもない労働基準法違反自治体も少なくありませんが、有給休暇を使い果たすと欠勤になります。欠勤になると収入が減る。そのいたちごっこのような状況の下で自治体の業務を支えているというのが、いまの私たち自治体非正規労働者の実態です。


2013.07.01

研究と報告96 自治体非正規雇用職員の働き方と賃金労働条件の実態と課題

自治労連非正規雇用・公務公共関係評議会

議長 大場 みゆき

インフォメーションサービスは「研究と報告」に改題しました

印刷用PDF(364KB)

はじめに

 私たち1993年8月、自治体に直雇用されている非正規職員と、自治体業務を外部委託された職場で働く公益法人民間企業労働者(=公務公共関係労働者)で「自治体関連労働組合協議会」(略称「関連協」)を結成しました。2009年自治労連大会で、「自治労連非正規雇用・公務公共関係評議会」(略称「非正規公共評」)に名称変更し、今日に至っています

病気にもなれない

非正規労働者にはほとんどの場合病気休暇はありません。病気になり有給休暇を使い果たすと欠勤になってしまます。たとえば臨時職員(22条適用)がちょっと大病して休まなければならないとなると、6ヶ月で任期満了なので、病気であろうがなんであろうがそこで首を切られてしまます明日から働けない、仕事もない、身体もしっかり治ってない、そういう状況で放り出されてしまう人もいます

私の地元静岡でも清掃の臨時職員だったAさんは、自宅で脳幹出血で倒れてしまう。病院に運ばれてICUに入った。その後、かなり元気になられたけど言語障害があって職場復帰ができない。どんなに労働組合運動して要求書を出しても、「臨時ですから…」ということで半年目に雇い止めになる。その後、その方は一時生活保護を受けたりしていましたが、いまはマヒが少しよくなり仕事を見つけられましたが月収が10万にも満たない。いま自治体の中で仕事をしている臨時職員はそういう状況の下で仕事をしているのです。

悲しみにも差

 賃金も劣悪で、正規職員に比べると3分の1、ひどいところでは4分の1ぐらいの実態です。昔から村八分という言葉がありますが、火事とかお葬式とき村八分にはしないといいますが、私たちは両親が亡くなったときとか、親族の悲しみにさえ差別があって、正規の方は配偶者が亡くなれば忌引休暇があると思うのですが、非正規職員に正規職員と同じように忌引休暇が付与されている自治体は稀です。悲しみにも差があってお葬式にさえ満足に休みが保障されていない。親が亡くなっても1日しか休みがない。あとは有給休暇を使うか、有給休暇さえもない労働基準法違反自治体も少なくありませんが、有給休暇を使い果たすと欠勤になります。欠勤になると収入が減る。そのいたちごっこのような状況の下で自治体の業務を支えているというのが、いまの私たち自治体非正規労働者の実態です。

 

1、総務省「臨時・非常勤職員の実態調査結果」から何を読み取るのか

2013年3月29日総務省が「臨時•非常勤職員に関する調査結果について」(2012年4月1日現在)を発表しました。自治労連は、自治体で働く非正規職員の数を含めた実態の公表を総務省要請をしてきましたが、総務省がはじめて臨時•非常勤職員数を公表したのは2005年です。そのときは45万6千人。そして2008年にも調査をし、49万8千人と発表されました。

今回の調査では、60万3千人で、前回2008年調査より10万5千人も増えています。この間、総務省は「集中改革プラン」(2005年〜2009年の5年間)の作成自治体強要し、自治体は職員削減や民間委託を推進してきました。その結果、非正規労働者がどんどん増えているという実態が今回の数字に現れています

20130524_001

調査対象/2012年は任用期間が6ヶ月以上、勤務時間が週19時間25分以上/2005年2008年6ヶ月以上、勤務時間が週20時間以上/任期付短時間職員・再任用短時間勤務職員は除外

1.任期付き短時間公務員制度

総務省任期付短時間公務員制度の積極活用をすすめる「4・24通知」(2009年)を出していますが、昨年末総務省調査では任期付短時間公務員は全国で3,745人です。この数字は、自治体の実情・実態に合わない制度であることを明白にしていると思います

2.職種別

 一般事務、保育士等、教員講師技能労務職員の順番で女性比率が74.2%を占めています。また、都道府県では看護師給食調理員が前回より減少しています

3.任用根拠別

 特別職非常勤職員(3条3項3号適用)38.3%、一般職非常勤職員(17条適用)21.1%、臨時職員(22条2・5項適用)40.6%で、いずれの職種においてもわずかですが17条適用が増えていました。

今年3月15日総務省交渉では、総務省は「任用根拠に関しては各地方の県なり市なりが独自に任用していることであり、各都道府県等に技術的な助言はしていません」と回答していますしかし、各地方で交渉しますと、「総務省から非常に強い技術的な助言があり、非正規の任用に関しては本当に窮屈です。各市町村のみなさんが窮屈な思いをされているのはわかるのですが、総務省からきつい指導があり、改善をしていかなければいけないという実態はわかってはいますがなかなか改善できないのが実情です」という本音ポロッと出てきます。一方、市町村担当の方との交渉の席上などで、「処遇改善してほしい」等の要求をしていきますと、市町村担当の方も「おっしゃっていることはよくわかるのですが、この任用制度の中ではいまの市町村のできる限界であって、やはり県からのご指導があるので非常に窮屈で難しいです」といわれます

4.再度の任用の可否、任用期間の上限(雇い止め問題)

総務省2009年1月23日、「地方公務員の短時間勤務のあり方に関する研究会報告」(以下、「研究会報告」)を公表しました。「研究会報告」は現行の臨時・非常勤職員の任用等のあり方について、ⅰ)任用の厳格化、ⅱ)任期更新を期待させない、ⅲ)再度任用する際にも能力実証を経て新たな職への任用であることを強調し、ⅳ)一時金や経験加算を否定しています

さらに同年4月24日総務省公務員課長通知「臨時・非常勤職員及び任期付短時間勤務職員の任用等について」を出し、「研究会報告」にそって、任用根拠の「明確化厳格化」や任用の際に更新の期待を抱かせず、再度任用する場合にも任期ごとに能力実証に基づき「新たな職に改めて任用されたものと整理」するなど「更新への期待権」が発生しない任用管理を強調しています

両者とも上限設定を強化する傾向になっており、今回の調査結果には、両者の影響があらわれています

市町村の任用期間の上限を一般事務職でみた場合、「通算任用期間の上限あり」が特別職非常勤職員(3条3項3号)で215(前回214)団体、一般職非常勤職員(17条)で276(前回233)団体、臨時職員(22条2・5項)で466(前回447)団体と増えています。「通算任用期間の定めなし」が3条で483(525)団体、17条で512(554)団体、22条で881(962)団体と任用の厳格化が伺えます

10年以上の更新を繰り返している団体についても調査しており、都道府県で12団体、政令市で6団体、市町村で444団体となっています

2、自治労連の取り組みについて

1.「雇い止め阻止!誇りと怒りの大運動」-いっせい雇い止めを阻止しよう!雇用の安定と均等待遇で、より良い住民サービスをめざす

(1)自治労連第32回定期大会で「誇りと怒りの大運動」を提起(2010~2013)

 私たち自治体直雇用の非正規と公務公共関係の労働者処遇改善し、大きな運動にしていきたいと3年前から雇い止め阻止!誇りと怒りの大運動」と名付けた運動を取り組みはじめました。

なぜ「誇りと怒りの大運動」なのかということですが、自治体の非正規・公務公共関係労働者の一番訴えたいところは何かといえば、任用の形態は非正規・公共関係労働者ですが、仕事に対する思いは正規労働者となんら変わりはない。仕事に対する思いや誇りはみんな同じではないか。その「誇り」を傷つけているのがいまの働かせ方の実態ではないかということで、これに対する「怒り」をきちんと打ち出していこうと、「誇りと怒りの大運動」という名前に決まりました。

(2)1年目、組合員学習意思統一、対話、労働実態の洗い出し等に重点を置き各地方組織、単組、支部の課題明確化総務省署名63,195筆を集める

1年目は自分たちのあり方を自分たち自身が確認し、職場の中にも自分たちはこうやっているんだということをキチンと訴えていこうということにしました。

非正規労働者というのはややもすると自分たちの置かれている立場処遇自分責任なんだという気持ちがなかなかぬぐいきれない。当局からあなた方はそういう労働条件で納得してこの仕事についたのでしょう。半年おしまいという約束仕事についたのになんでずっと働きたいと思うの?」といわれたときに、非正規という働き方についたのは自己責任なんだというところが払拭できないということがあります

私たちは、なぜこういう雇用形態しか働けないのかということをいろいろと学習するなかで、自分たちの雇用問題が、日本の国のあり方、自治体のあり方と深く関わっていることを学んできました。正規職員を削減し続けた結果、正規労働者がやるべき仕事非正規労働者に行わせ、本来、自治体でしなければいけない業務をアウトソーシング(外部委託)する中でこんな矛盾が出てきているんだということがわかりはじめるのです。そうすると「これは自己責任ではないんだ」ということに気づくのです。

また当局がいうような「非正規のみなさんはそれがよくてそういう条件で入ったのだからそんな文句をいわないで働けばいい」ということを言う正規労働者も少なからずいます。「そうではない」ということを学習の中で深めていく。そして正規労働者の方にもそこは理解してもらう。

正規労働者非正規労働者の溝を埋めていくのは労働組合の力で、要求を1つでも改善して前にすすんでいくような運動をつくっていく。その中で正規と非正規がなぜこんなふうに分断されなければいけないのか。そして民間公務員がなぜこんなに分断されなければいけないのかということを学習運動の中で距離を縮めていくというのが大事ではないかと思っています

(3)2年目は1年目の取り組みを更に具体的な要求前進組織化をすすめる―雇い止め・雇用中断の撤廃、通勤手当特別休暇などの獲得、新たに39組織(13単組・8支部・18分会)確立と2地方組織で非正規公共評の立ち上げ、総務省署名70,790筆を集める

2.今後の課題

(1)「雇い止めをなくしたい」

労働契約法改悪された中で、新しい雇い止めが起きてきていると思っています。これの法律民間労働者適用される法律ですが、民間が5年の有期雇用を入れれば、公務のところにも民間にならって有期雇用をどんどん入れてくることは懸念しなければいけないと思っています。とにかく雇い止めをなんとしてもはねのけたいというのは私たちの思いです。これを庁舎内や地域の中に広く打ってでていく。

(2)均等待遇にもとづく任期の定めのない短時間公務員制度

自治労連は当初から均等待遇にもとづく任期の定めのない短時間公務員制度をつくるべきだという方針を持っています。当面、地方自治法203条、204条を改正し手当などが支給できるような環境をつくる。一方では均等待遇にもとづく短時間公務員制度もつくっていくことがいま私たち運動の中の大きな柱になっています

(3)国会請願署名に切り替えて

昨年まではこの運動の中で総務省に対して処遇改善を求める署名を取り組んできましたが、今年は最終年度ということで、署名国会請願署名に切りかえて運動を大きくしていこうということでいま取り組んでいます。毎年、3月の春闘時期に提出していた署名ですが、今年は5月29日提出することとし、いま最後の追い込みの時期です。

2)組織内では、各地方組織や正規単組に「非正規はパ-トナ-」という意識と位置づけ(方針)の変化を作り上げてきています。この到達を踏まえ地域から公務に限らずワ-キングプアをなくす運動継続しておこないます

(3)地方組織での実態調査自治体キャラバン等を積極的にすすめていく

いま自治労連地方組織の中で、「憲法キャラバン」や「自治体キャラバン」の中で、自治体非正規労働者実態調査をさせてもらいたいと話をさせてもらう中で、「資料をおいておきますのでここに記入してください。そしてそれを是非返してもらいたい」という依頼すると、当局も「結構ですよ」と返してくれる。三重自治労連は、毎回、自治体の非正規の職種ごとの労働条件をつぶさに調査し、自治体当局との懇談のなかで、「おたく自治体は隣の市町に比べると賃金がこんなに低い」と指摘し改善させています静岡自治労連では昨年、23市に自治体の非正規の実態調査を依頼し、19市から回答が返ってきました。

自治体の非正規の任用根拠や、賃金水準特別休暇がどうなっているのか、ということも含めて返してくれます。そういうことが非正規運動処遇改善のための財産にもなるので、実態調査を各地方組織にお願いしたいと思っています

(4)非正規公共評の目標課題

現在12地方組織に非正規公共評(千葉東京神奈川静岡愛知滋賀京都大阪奈良兵庫、広島、山口)が結成され活動を続けてきていますさらに発展させ、すべての地方組織に非正規公共評の確立をめざします。今年度から来年度にかけて岡山埼玉で、非正規公共評の結成が予定されています。県内の横のつながりの中で運動をつくりあげて交流しながら、ここの町はこれが取れたのなら、隣の町ではこの条件を取っていこうという運動にできたらいいと思っています

おわりに

女子高生との対話で

公務員バッシングがすごく強い中で、たとえば自治体のことを外で話すときはすごく勇気がいるんです。全労連のディーセントワークデーのときに私は地元静岡で街頭に立って道行く人たちに自治体非正規労働者総務省署名をお願いしてきました。最初、道行く人たちはどういう反応をするのかと思っていたら、話し込んでいくと意外に「自治体で非正規の人がそんなふうに働いていて、そんなに賃金が低いのですか」という感じで話が盛り上がってくるのです。

正規職員に関してはどういう感触を持っているのかと思って、「正規もね、こういう働き方でね…」という話をすると、「そうよ、そうよ、公務員がたくさんお給料をもらっているって一概にいえないのよ」という意外な反応が返ってくるのです。最初は「公務員はお給料もらいすぎよ」という感じで石を投げられるのかと思っていましたが、対話して署名をお願いする中で「公務員はお給料もらいすぎよ」といった声は私は全く聞きませんでした。むしろ「そうですよね。自治体仕事大事仕事だよね」という話のほうが多かった。「町役場村役場市役所にはこういう条件で働いている非正規がたくさんいるんです」という話をすると、「そうだったの、それは知らなかった」ということで快く署名に応じていただけました。

若い女子高校生たちはどうなのかと思って、たまたま試験が終わったあとだったのか集団自転車で来て、私が署名行動をしていたら、「おばさん、おばさん、何をしているの?」といわれて、「おばさんは自治体でこういう働き方をしているから、働きやすいようにしてもらいたいと思って署名をとっているの」と話をすると、「エエッ、知らなかった」と。相手に話すときには「自治体の」といってもわかってもらえないので、市役所とか、町役場とか、村役場とか、相手に届くような言葉で話さないとわからない。「どこに住んでいるの」と聞いて、「そこに町役場があるでしょう。その中でこういうお仕事をしている人がいるでしょう。その人はこういう働き方をしているんだよ」という話をすると、高校生でも「そういう働かされ方はおかしいよね」というのが返ってきて非常に会話がすすむ。いまの若い子なので、「おばさんまだここで署名している?」というので「まだいるよ」っていうと「いま試験が終わったところで友だちが近くにいるか携帯でよんであげる」といってくれた。またある子は「いま署名というのをやっているんだけどさ、おいでよ」と声をかけてくれる。そうするとお店の中から女子高生たちがワァ~ッと出てきて、「何をやっているの?」って感じで人だかりになった。それで話をすると「ヘェ~」ということで署名してくれるのです。短時間だったのですが、女子高校生のお陰で30筆ぐらいあっという間に署名が集まった。話をしていくとこっちが思ったほどでもなく勇気を出して、ある意味クワクしながら街の中に出ていくというのは大事なことだと思いました。

補論

ILO要請団の思い出-「非正規問題は委員会審議に新たな視点をもたらす」と回答

ILO(国際労働機関)の「条約勧告適用専門家委員会」で、「同一価値労働男女同一報酬原則」をさだめた第100号条約にかかわり、日本パート労働法適用状況、男女の賃金格差や間接差別改善状況などが審理されることにたいし、日本自治体非正規労働者パート労働法適用除外とされ、関連労働者も含め均等待遇とは程遠い劣悪な待遇におかれている実情を訴えるため、6地方組織代表を含む総勢17人が、2008年10月スイスジュネーブのILO本部を訪れ、要請しました。

自治労連役員のほかに、地方組織から参加者一人ひとりが職場レポートをもとに自治体で働く非正規・関連労働者の劣悪な賃金労働条件等について涙ながらに訴えました。

大場さんも、静岡自治労連代表として参加しました。

私も代表団の1人として参加させてもらいましたが、非正規労働者の働き方をレポートしていこうということになり、現場で働く非正規の組合員に書いてもらいました。劣悪な働き方を競うような冊子ができました。

私はみんなのカンパでILOに行くわけですが、先ほどお話しました脳幹出血で倒れたAさんも「大場さんカンパ」と言ってもってくれたものがあった

2013-10-20

5年で正社員になれる会社で4年半で雇い止めになったらやっておいて良い事

ライバル社に内部情報漏洩すると脅すか、内部情報持ち出して直接他社に売り込めば転職できそう。

あるいは究極にして最低だけど週刊誌に内部情報売って書いて貰う。

裁判沙汰にするのも良い。皆良くやってるし。

でも労基署に訴えるのは下手したら労基から情報回って会社に知られるので辞めた方がいい。

2013-09-13

http://anond.hatelabo.jp/20130913044949

こう言う実例は多いみたいだね。

実際ブラック企業なんてこんな事平気でやるから

ちょっと個人的な感想を挟むと、こんな会社で働き続けない方がいいとは思う。将来、自分特になるような事がないから。)

共感するかどうかはこの記事からじゃ解らない。両者の主張も中立的な立場で取得できないし。

文面からするに中年雇い止めされて会社側と争っているらしい事は解った。

ただ、それが仕事の上手くない奴だとしたら会社けが悪いってのはどうなんだろうね。

とにもかくにも、誰にも言える事は労働基準法をちゃんと調べて求人広告の証拠は残しておいた方がいい。万が一の為にも。

とにかく記録を残す。これが大事

勤務時間環境、おかれている状況。

ただ、現実問題記録を残せてる人は少ない。

しかったり、知らなかったり、重要視してなかったりで。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO049.html

基本的に書面で残さなければいけない事項。

労働契約の期間

・就業の場所、業務内容

労働時間(始業・就業時間残業の有無、休憩時間休日、休暇など)

賃金賃金の決定、計算・支払いの方法、締め切り・支払いの時期)

退職に関する事項(解雇の事由を含む)

・(有期契約更新する場合のあるとき更新する場合の基準

ただ、企業側は必ず自分達に都合の悪い情報は残さないし後から消す場合もあるからそこら辺は自己防衛しないとダメだよ。

自分が正しいと思うなら最後まで争えばいい。

ただ、賢く争わないとダメだよね。

ここの増田の連中みたいにただの罵詈雑言罵りあいじゃ誰も聞いてくれないから。

2013-09-02

タイムカード組織的に偽装し賃金を窃取していたロッテリア

心も体も限界で、続けることができませんでした

私も店長時代、月300時間ぐらいの残業をしていた。

朝6時ぐらいに店を出て、終わるのが夜中の1時とか2時。

一切残業代はもらっていなかった。

しか会社の所定労働時間時間タイムカードを押さないと、

本部から指導〟がとんできた。

から実際の出退勤とは別にタイムカードを押していた。

https://pbs.twimg.com/media/BSvnrDpCUAAb6E4.jpg

https://twitter.com/miyamototooru/status/372646121236987904/photo/1/large

ブラック企業 連続追及

ロッテリア店長語る

私はポケットマネーで バイト給料を払った

ハウス食品 更新20年の契約社員雇い止め

http://www.jcp.or.jp/akahata/web_weekly/2013/09/post-1133.html

 

所定労働時間は守らない だけどSuperチーズ安心

賃金を支払わない だけど500円タワーバーガー安全

タイムカード組織的に偽装作成 だけど商品に嘘はまったくありません

そんなことって 普通人間感覚ではありえない

ロッテリア提供する商品やサービスには嘘がある

そう考えるのが自然

 

ルールを守り 雇用を作り お客様を満足させ

従業員が家庭を持ち健康文化的な生活ができる労働を保障し

なおかつ利益も出して事業を継続させ 株主配当を出し

国や自治体に納税して社会貢献する

そこまでやってはじめて営利企業社会存在を許される

 

マジメに仕事をしている人が報われる公平な社会

マジメに仕事をしている会社が報われる公正な社会

そんな社会日本には必要ではないか

 

日本労働規制の緩和をやりすぎた

会社が無法を続けるなら

法の強制力で無法者への制裁を可能とする

労働法制の強化が必要

 

株式会社ロッテリア

代表代表取締役 佃 孝之

事業所本部/〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-20-1

事業所/〒336-8601 埼玉県さいたま市南区沼影3-1-1

http://lotteria.jp/

お客様相談センター

フリーダイヤル 0120-070-612

http://lotteria.jp/qa/

お問い合わせフォーム

https://www.lotteria.jp/inquiry/form/

採用情報 採用関係問い合わせ

フリーダイヤル 0120-084-610 AM9:00-PM5:00

saiyou@lotteria.jp

採用担当 岩村・尾見

http://lotteria.jp/corporate/recruit.html

 

関係あるかどうかわからない増田エントリー

 

http://anond.hatelabo.jp/20130813112034

http://anond.hatelabo.jp/20110605152806

http://anond.hatelabo.jp/20110605152806

 

2013-07-31

日本大学非常勤講師使い捨てる「ブラック大学

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130731-00010000-newsweek-bus_all#

 4月から改正された労働契約法では、非正規労働者が5年を超えて勤めると、本人が希望すれば期間の定めのない「正社員」に転換しなければならないため、多くの企業契約社員などを5年で雇い止めする動きが広がっている。大学場合は今まで事実上無期限に勤務してきた非常勤講師が多く、早大場合教員の6割、4000人が非常勤だというから雇い止めの影響は大きい。

 こんなひどい差別があるのは、日本大学だけである文部科学省の調べによれば、アメリカ大学教員のうちテニュアをもつのは62%で、助教授では12しかいない。一流大学ほど要件はきびしく、ハーバード大学では2300人の教員のうちテニュアは870人しかいない。それなのに日本では、准教授になったら1本も論文を書かなくても昇進し、早大場合は70歳まで雇用保証される。

 だから日本大学競争力を上げるのに、100億円の予算なんか必要ない。世界大学がどこもやっているように、教授准教授を含むすべての教員任期制にし、テニュア審査合格できない教員契約を打ち切ればいいのだ。これによって非常勤講師も優秀な研究者教授になれ、論文を書かない教授はクビになる。それが世界常識である



なにが言いたいんだ?

日本の非常勤 6 割とアメリカテニュア 6 割じゃ、日本のほうが競争激しいんじゃ?

すべての教員任期制に? テニュア審査合格したら? 結局任期あるんかないんかどっちを推奨してるの?

論理破綻しまくってて言ってる意味がよくわかりません。

2013-05-26

http://anond.hatelabo.jp/20130526085135

個別の事例を拡大解釈ジャッジするというこの是非はおいておいて、

その問題に関していうなら職場におけるコミュニケーションが断絶してるしわ寄せが部下に押し付けられたケースなんじゃないかと。

ホントヘルパーさんですか?私は。

つか、障害者に対するサポート体制が組織の中で未熟なんじゃ?

雇うときになんらかのサポートだとか一枚噛まなかった?

しろ、どういう雇い方したのがちょっと気になる。

障害者就職はまだまだ未発達だから、よくある話っちゃーよくある話だけど。

どっちに落ち度があるというより、新しいことにチャレンジしたはいいけどよくわからないまま下にしわ寄せでどんよりって感じー。

上司組織無能

増田個人に言うなら、助成金目当ての障害者就職なら数年経ったらどうせ雇い止めしてバイバーイじゃない?

そんな長い付き合いじゃなさそう。擦り減らすだけ無駄だと思ってるから上司も取り合わないんでしょ。

>そこまでして折り合って生きていたくないよ。かかわりたくないって、そういう気持ちにさせられる。

組織のホンネがそれじゃなーい?だから、ぺーぺーに押し付けて終わりになってるんでそ。

2012-09-06

http://anond.hatelabo.jp/20120906173102

法人税やすと 工場が 海外移転するから 雇用は悪化するんだが?

で、労働基本権が重視されすぎて スキル不適合のオッサンが居座ってるから 倒産寸前までリストラしないとかになって、若者雇い止めって話になったり、再就職が難しいって話になってるんだが?

 

とりあえず、正規の労働条件を転職が当たり前解雇が当たり前 だが 受け皿がある にすると同時に 非正規に対する不払いを厳しくしないとダメだとはおもう。

あとは 孫受けの規制強化とかな。原則 100人でも1000人でも 本社の正規が見ろや。だからこその本社正規だろと。楽するなと。

 

だがなぁ、若者若者で、スキル会社が教えて当たり前みたいなぬるいこと言ってる奴が多いし。どっちもどっちだとおもう。

たかだか、数年学校勉強しているだけで 40代バリキャリと相手になるとか思ってるのがどうか?

 

いずれにしろ層が薄くて国際競争力がないのが今の問題点

 

スキル仕事人材不足で

誰にでもできる仕事が 人あまり なんだよ。

2011-09-09

http://anond.hatelabo.jp/20110909163325

業績落ちたかバイト全員いらない。来月いっぱいで雇い止めね?

っていうのをいままでに3回経験した。

定年までいられる非正規ってあるの?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん