「責任問題」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 責任問題とは

2017-04-24

http://anond.hatelabo.jp/20170424155926

おとり捜査や盗聴、潜入捜査は完全に別案件日本では許可されてない。こまかいことは現行法にあるのでそちらで。

また発見できない犯罪犯罪にできないし、法律定義されていない事は犯罪にならない。

現に喫茶店大学生にローンを組ませる起業塾メルカリ現金販売する人間をその行為のものは取り締まれない。

あやしいから捕まえて調べる」はほぼ正しいが、組織的構成目的がはっきりして到達への具体的な行動があることが立証されないと無駄労働公務員に支払うことになるのでそんなお気軽に発動できるものでもない。

一般企業を例に例えると無駄捜査逮捕すれば動員人数分の費用部長が支払う責任問題になる。

どうしてもというなら「休暇でやってくれ」みたいな展開にしたくもなる。もちろんそんな捜査許可されていないので日本刑事ドラマみたく捜査権を取り合いから泥臭い外部の点をあつめる作業になる。

逮捕は「事情確認するのに連絡が取りにくい、逃走のおそれがある」ものに対して事情聴取するものなので「犯罪者を罰する」ものでもなんでもない。

事実関係として犯罪予告からアイドルイベントなどで妨害行為が実現してしまってから予知行動が認められた後になるので「誰かに聞こえる状態でつぶやいたら犯罪になるのか」という恐れのイメージにつながっているかとは思う。

しろ「おまえ死ねよ」と集団で攻めるいじめ村八分犯罪になるのかという疑問は持たないのか。

2017-03-31

銃剣道自体否定することはないけど、誰が教えるの?

はっきり言えば、銃剣道自体剣道柔道空手なんかと変わらないただのスポーツだ。

武道と言ったほうがいいのか。

今回、ネット銃剣道のものに対するネガティブコメントが増えたが、まあ殆どは……

人を殺す技術というのなら剣道柔道も当てはまる。

実戦で意味がないというのはもっと謎で、実戦とは何を想定しているのか。

銃剣道銃剣突撃練習などない。

日常のとっさの時に剣道柔道空手より役に立たないものでもない。

特殊剣道とみれば薙刀に近い。

と、いうわけで、それ自体を貶める必要はない。


しかし、学校で教えるのは無理があるだろうとも思う。

まず、教師経験者が皆無だろう。

どうも記事を読むと「選択体育の武道銃剣道を選んでもいいように項目を追加した」というようなことが書いてある。

また、「銃剣道が盛んな地域で」ともある。

どこにそんな地域があって、誰が選ぶのだ。

銃剣道はほぼ十割の競技者自衛隊関係者だ。

教員経験者は皆無だろ。

となると、指導法研究会が開催され、指導要領が整備され、かなりの人手が割かれることになる。

その上で、ほとんど選択されることがない。

なぜなら民間少年銃剣道部なんかないから。

学校は培った指導ノウハウと道具がそろっている昔からの種目を選びたいだろう。

ここで官僚主義弊害が発生する。

銃剣道を導入した人物面子問題』だ。

結構予算を投入して、人手も割いて鳴り物入りで導入した銃剣道が全国で採用ゼロとなれば、責任問題にもなるし、単純に裁可した人物は恥ずかしい。

ここで、各県教委に圧力がかかる。

ここで考えられるオーダーは次の通り。

『各県で少なくとも3校は銃剣道実施できるように推進すること』

実績次第で、様々な飴と鞭を用意して、どうにかそろえば全国で150校の実施となり、まあ顔は立つ。

そんな理由文科省現場担当教職側に多大な不満を植え付け、一部の人間は満足し、時間が流れれば忘れられるだろう。

ていうか、自衛隊学校以外で『盛んな地域』ってどこだよ。

2017-03-26

国有地問題

八億円の値引きと言うが、近畿財務局忖度した考えたらむしろ自然な気がする。

産廃の処理には金がかかる。不法投棄の処理には様々な問題がある。

八億円はもしかして、適正な値段だったのではないだろうか?

いやむしろ安いぐらいだったのではなかろうか。

水深三メートルの池が不法投棄で埋まったとしよう。

管理不行き届きで責任問題だ。撤去には莫大な費用さら水質汚染地下水脈に繋がっていれば取り返しはつかない。

問題は山積だ。臭いものには蓋をしろと、担当者が埋めてしまってもおかしくない。

しれっと売ってしまえ。でもしっかりした法人は駄目だ。必ず調べるはずだ。

個人商店に毛が生えた程度幼稚園を騙せ。小学校を作る?なら急がせろ。

ちゃっちゃっと契約をしてしまおう。

ゴミがバレた。しかし籠池はバカだ。金を握らせ、瑕疵担保外させて擦り付けてやれ。向こうも金が必要だし、どうせ八億円でゴミ処理はしないだろう。たぶん運動場の下に何が埋ってても、大きな問題は起きない。それどころか開校までいけば発覚する事もなくなる。

責任回避責任回避

そんな事が起きていたのではないだろうか?

2017-03-11

http://anond.hatelabo.jp/20170311223754

学園祭飲食物をだすとなると、衛生上の責任問題がつきまとうので

たいていは禁止学校が多そう。

2017-01-27

http://anond.hatelabo.jp/20170127105918

どっかでメール不可の理由議論してたけど、見失ってしまったので大元に。

メールが駄目なのは、付着時に学校側の責任にされるのが面倒くさいからだろう。ママさん同士でよくそれでモメてるみたいだし。

もっと面倒くさいのは、(園内行事幹事曰く)メールだと付着責任問題があるからLINEで全員に連絡取りたいから、LINEしてない人は幹事に気を遣えない自己中、というスレ最近小町で読んだ。

それはともかく、たしか NiftyメールからFAX変換というサービスをやってた筈と思って探したけど、既に廃止された後だった。

http://www.nifty.com/mail/fax/

BIGLOBEでも同じサービスがあって、こっちはまだ継続してたんだね。40円/枚という単価も同じだ。自分も、今後はこれを使わせてもらおう。元増田のおかげでよいことを知った。有難う。

2017-01-20

シェアリングの波が来ているが

大別すると

だろうか.

まず,モノのシェアでは,

傷つけた時のトラブルが後を絶えない.

かい日本人では耐えられない.

それに伴って違約金詐欺の増加,ex.10倍の値段で買い取らされるなど

違約金関連の民事裁判が増えるんやろなあ

人のシェアでは,

育児なんかでも使われ始めてるみたいだけど,

緊急時病気事故など)の対応責任問題裁判沙汰になるんやろなあ

後,連れ去れなどの犯罪も起きる.

人間でも異性トラブルが多発する

そもそも資本主義・人の所有欲に反する考え方だから

定着はしないだろうな..

というか定着しちゃったら経済に打撃やな

2016-10-27

ポケモンGO死亡事故が起きたのにどうして規制に反対するのか理解できない

例えば、包丁死亡事故が起きました。

スーパーなんかで販売制限します。

「力に善悪はない。振るうもの善悪があるのだ」という信念のスーパーがあったとして、販売制限せずに続けてそのスーパー由来の包丁死亡事故が起きたら

当然責任問題になりますよね。ならないとかいうクソリベは包丁で死んでどうぞ。

じゃあポケモンGOはどうですかと。

速度制限がどうこうと規制してますとあぴーるしてますと、これはいい

でも実際に死亡事故が起きている。

まりメーカー対策が甘かったから起きた事故であり、その責任メーカーにも間違いなくあるよね?

はてなー馬鹿なのは自分にとって都合のいいものはクソリベばりに自由を振りかざすくせに、

自分にとって都合の悪いものタバコなど)はクソ保守ばりに規制したがるんだよね。

で、今回はクソリベばりに自由を振りかざすばかりにバランス感覚ZEROのクソブコメであぶれている。


常識的に考えてください。

皆さんの会社の開発したアプリ仕様によるよそ見運転により、安全対策をすり抜けて死亡事故が起きました。

皆さんは「想定外でした」っていうどっかの銭ゲバ前科豚みたいな事を言うんですか?

2016-10-05

人工知能責任問題

AI事故を起こした時にいったいだれが責任を取るかが問題になっているけど、豊洲まわり見てると現状と変わらんし日本では問題なく運用できそう。

2016-09-21

小池さんはなんでわかったの?

ほぼ都市伝説化してる地下空洞問題責任問題探してるうちに当事者死にそうだし、そんなのよりなんとかするのが優先だと思う)

でもなんで急に小池さんになって分かったんだ?

問題あるって誰かが思ってたってことだよな

それが都なのか現場なのかが問題

いろんなものが隠されてるってことになるね

2016-09-08

http://anond.hatelabo.jp/20160908114803

彼なりに生きる道を見つけたのに、何が責任問題なの?

2016-08-22

http://anond.hatelabo.jp/20160822143514

そうやって善悪を一個人帰着させて

複雑な構造問題を誰かの責任問題すり替えちゃうのは

はてなーが最も嫌う醜く愚かな日本人の姿そのものですね

2016-06-27

http://anond.hatelabo.jp/20160627161201

例えば、どこかの蕎麦屋店員食器洗い機の中に入って結果店を潰したよな。

このことにより、店主は一千万円位は損害が出た訳だけど、店員はクビだけで済んだと思うか?

勿論、店主から損害賠償請求を受けた。

店主の管理監督責任もあるから全額とはいかんが、この様なケースだと50パーセント位は認められるんじゃねえかな。

実態としての社員責任問題については、もうちょい複雑で

事業部長クビ+30パー補填」「課長停職+10パー補填」「リーダー格下げ」「当事者10%給料カット

とかになったりだけどな。

上の方が基本ダメージデカイ。大きい問題ならな。

2016-06-04

ガンホー株売却の裏に冨田真由ストーカー事件あり

今日突拍子もなくソフトバンクが傘下のゲーム会社ガンホー株の9割を売却すると発表した。

ソフトバンクグループからガンホーは切り離されることを意味する。

このタイミングソフトバンクガンホーを突然切り話したのには理由があった。

カギは富田真由殺人未遂事件の首謀者と「ガンホー関連会社役員」が暴露した笠原基広といういかがわしい弁護士が握っている。

関連する記事時系列で載せる

詳しくはリンク先の記事を読んで欲しい

読めば「ソフトバンク」がガンホーを切りたい理由に察しが付くだろう

貝原秀輝と笠原基広(AK法律事務所)の犯罪告発する

http://www.asyura2.com/13/nametoroku7/msg/592.html

投稿者 ガンホー関連会社役員 日時 2016 年 5 月 08 日

笠原基広の特許乗っ取り犯罪告発されていた

http://www.asyura2.com/13/nametoroku7/msg/593.html

投稿者 ガンホー関連会社役員 日時 2016 年 5 月 08 日 15:36:03: Q4oUTdQHTZbf. g0uDk4N6gVuK1phBie@O0JbwiPU

富田真由刺傷事件と笠原基広の黒い関係

http://www.asyura2.com/13/nametoroku7/msg/599.html

投稿者 ガンホー関連会社役員 日時 2016 年 5 月 23 日 14:09:48: Q4oUTdQHTZbf. g0uDk4N6gVuK1phBie@O0JbwiPU

富田真由刺傷事件に隠された放火殺人計画

http://www.asyura2.com/13/nametoroku7/msg/600.html

投稿者 ガンホー関連会社役員 日時 2016 年 5 月 23 日 14:15:32: Q4oUTdQHTZbf. g0uDk4N6gVuK1phBie@O0JbwiPU

笠原基広AKは集団ストーカー事務所

http://www.asyura2.com/13/nametoroku7/msg/601.html

投稿者 安倍晋五 日時 2016 年 5 月 23 日 14:19:26: ndcJfdxUQF/Sw iMCUe5BXjNw

笠原基広弁護士学歴詐称発覚

http://www.asyura2.com/13/nametoroku7/msg/602.html

投稿者 安倍晋五 日時 2016 年 5 月 23 日 14:26:24: ndcJfdxUQF/Sw iMCUe5BXjNw

笠原基広&貝原秀輝が某計画を断念

http://www.asyura2.com/13/nametoroku7/msg/603.html

投稿者 安倍晋五 日時 2016 年 5 月 23 日 14:35:22: ndcJfdxUQF/Sw iMCUe5BXjNw

富田真由殺傷事件アメリカの陰謀、笠原基広は共犯

http://www.asyura2.com/13/nametoroku7/msg/604.html

投稿者 反米右翼 日時 2016 年 5 月 24 日 02:30:04: vf0elqbPgoMXs lL2VxIlFl4M

-------

ソフトバンクガンホー株の9割売却へ 730億円で

2016/6/4 1:29

 ソフトバンクグループグループで保有するガンホー・オンライン・エンターテイメント株の約9割を売却することが明らかになった。ガンホーが3日深夜に発表した。ソフトバンクグループから1日に売却を打診されたという。ガンホーTOB株式公開買い付け)により、株式を取得する。買い付け総額は約730億円となる。

ソフトバンクグループ子会社ソフトバンクと合わせてガンホー株の計28.3%(約2億7200万株)を保有している。ガンホーTOBをした場合ソフトバンクグループは、そのうち2億4830万株を応募することで合意した。

 売却が完了するとソフトバンクグループによる株式保有は約2400万株で持ち分は2%あまりとなる。ガンホーソフトバンクグループの持ち分法適用会社ではなくなる。

 3日から20日以内にTOBを開始する。買い付け価格は1株当たり294円で、公表日前日の2日終値309円に比べて4.9%下回る。

 ソフトバンクグループは開示をしていないため、目的は明らかでない。ソフトバンクグループ2000年投資し始めた中国電子商取引(EC)最大手アリババ集団株式を売却するなどして100億ドル(約1兆700億円)の資金調達すると3日に発表したばかりだ。

------

要約するとガンホーは笠原基広やら貝原秀輝やらの犯罪に荷担してしま

世間様に真相が明らかになればソフトバンクグループ全体の責任問題にも発展しかねないわけだ。

桝添都知事どころの問題ではすまない。

ガンホー実態を察知した孫正義ガンホーを今切らなければ富田真由殺人未遂事件漫画家成りすまし事件、貝原秀輝の乗っ取り事業

その他諸々の疑惑ガンホーを飛び越えてソフトバンク本体にも及びかねない。ヤバイ!!と思ったのだろう。

次に続く

2016-05-20

三菱自動車の防いで一番に驚いたこ

公称値を鵜呑みにしている人間がこれほどまでに多いということ。

未だかつて公称値があたっていた試しなんてあったか

携帯電話の待ち受け時間パソコンの処理能力食品記載されているカロリー表示、アイドルスリーサイズ、車の燃費

あぁまたか程度に思ってたのにこの大騒ぎ。

日本民度の方が心配になるよ。

ただ心配なのは、そうしたカタログ全ての嘘がこれから暴かれていくってことだ。

震災二回食らった上に、ここで企業責任問題あげつらい始めたら日本経済は本当に終わる。

本当に本当に本当に終わる。

どれだけの雇用が止まってるかわかってるか?

いかちょっと冷静になろう。

一部の貧困から抜け出せないノイジーマイノリティによって、この国は今滅ぼされようとしている。

誰の責任かを追求してたって状況は何一つ改善しない。

必要なのは不正を正すために生産を止めることではなく、カタログをいちいち気にすることなく消費することだ。

2016-04-18

http://anond.hatelabo.jp/20160418171045

普通予算突破しそうってのが見えた時点で、上司相談したり客に言ったりするもんだけど、それに気が付いたくせに何も言ってないなら、お前の責任問題にも発展するぜ。

2016-03-28

http://anond.hatelabo.jp/20160328232645

何のセンサか知らんけど、

事故った時の責任問題は自ずと降りかかるので、

社長に言って様子見ろ。

社長隠蔽したらその泥船から降りろ

技術者倫理って知ってる?

2016-03-24

緊急避妊薬を巡る議論について、殴り書き

一部のラディカルフミニストがピルや緊急避妊薬を蛇蝎のように嫌う背景には、「生殖の為に、女は有害行為を受容させられる」「その過程においてコンドーム装着を受け入れさせることは、男への、女による影なる支配力の行使である」という、「男」へのマウント意識があるのではないかと思う。彼らにとって、生殖は選択不可能な苦行であり、反面、男への影響力を駆使するための手段でもある。そこに、産むことも性を謳歌することも万人に与えられた権利である、という意識はない。

一方、リプロダクティブ・ヘルスライツの整備に反対する保守層は、女性人生に対する主体的な選択を行うことを、「ふしだらである」として忌み嫌うかたちで、その権利を奪おうとする。しかし、性教育の不徹底と、不完全な避妊方法である"コンドーム教"の盲信は、避妊失敗の社会的責任を、男性のみに背負わせる。女を妊娠させたとき、男は責任を取らねばならない。育児出産によって労働の機会を失う女たちを「養う」ことで、男たちは権力を得る。生殖を巡るパワーゲームを維持するという構図において、彼らの利害は一致する。結果として、リプロダクティブ・ヘルツライツ話題のもの忌避する社会が完成する。

プロダクティブ・ヘルツライツを巡る議論においてのみ、本来なら敵同士であるはずの彼らの利害が一致する。この構図は、彼らのプロレスじみた対立が、本質においては「同じ権力構造の内部でマウントを取り合っているに過ぎない」のだ、という事実証明に他ならない。男性のありとあらゆる性の営みを監視し・支配するラディカル・フェミニズムの主張は、結果として、敗戦と高度成長によって闇に追い遣られた「影なる支配者」としての女の復権に等しい。そして、一部のミソジニールーツとする保守主義者は、女性社会進出を嫌う。育児出産が女の手に占有された世界において、女が労働によって金銭自由を得てしまえば、男たちはパワーゲームに勝てない。男の欲望を受け入れ癒し、子孫を増やし育む機械である女と、女によって欲望を充足され、労働し、財を得て、社会を富ませる機械である男。どちらが権力を握るべきか。彼らの諍いは、どこまで行っても、同じ地点に収束する。

日本における家制度は、男尊女卑の見掛けを取りながら、男を肯定し、てのひらで転がし、そして扱き使う「女たち」の、影なる支配によって成り立ってきた。そうして労働力構成員を吸い上げてきたのが、それぞれの時代における「社会」だ。人は社会帰属し、「世間」の強制力空気のように蔓延する。保守的な男女観に固執する限り、彼らは、どこまで行っても、彼ら自身を苦しめる抑圧から逃れ得ない。その事実を、このところネットで頻発する「アンチフェミニズム」の趨勢象徴しているように思う。

リプロダクティブ・ヘルスライツへの問題提起は、女が生殖への主体性を手にするための運動だ。しかし、同時に、男が「自らの意思で」生殖もっと言えば異性との利害を伴った関係性に踏み込んでゆくこ権利を得る活動でもある。二者間の合意によってパートナーシップを構築するとき、男は「働かなければ価値のない生き物」ではない。そして、純粋利害関係に基づくパートナーシップが、男性による労働社会的価値を損なうことはない。出産育児労働を天秤に掛けるとき労働を選択する女性ばかりではないからだ。

一般に、「金のない男」が若い女と恋愛できないのは何故か。女が打算的だから、男に養われ、楽をしようと意図するから、ではない。現在日本社会においては、生殖のものコスト女性側に一任され、経済的負担男性の側に強く圧し掛かる。金のない男はその負担を負うことができない、と判断される。それは合理的帰結に過ぎない。

単独家族を養うに十分な社会的資本を持たない彼らが、現代社会において異性と関係を結ぶためには、ハンデを飛び越えるに足る利害調整力と、自分社会的立場を見極める市場観察力、利害の一致する相手見出し、交渉する主体性と行動力必要となる。しかし、アンチフェミニズム標榜する視点において弱者男性問題が論じられるとき、男女関係における責任問題現実的側面に目が向けられることはほとんどない。

彼らの世界に、「主体的に選択し、行動し、異性関係を構築する」という選択肢存在しない。その選択肢を得た個人は、現代社会においてもはや弱者ではないからだ。保守的男性世界観においては、「男性としての名誉」も、トロフィーとしての女も、世間に従い、勤労し、地位を獲得することによって、主体なき「社会」によって宛がわれる。しかし、社会全体の資本が不足し、そして、かつて公共財であった女が人権を獲得してしまったこの時代トロフィーを得るためには、生まれながらのステイタスと弛まぬ努力、そして大いなる運が必要となる。加えて、トロフィーを獲得しても、幸福になれるとは限らない。双方が主体的選択と責任意識放棄して「規範」によってマウントを取り合う関係性、外的抑圧によって維持された家族関係において、性的抑圧は再生産され続ける。

セックスが「男女の問題」ではなく、「主体的な二者間の問題であるとき生殖に関与する両者は、二人の協力者である

男性側のアクションとしての、コンドーム代表される避妊手段女性側のアクションとしてのピルやIUDの使用リスクヘッジとしての緊急避妊薬の存在性病検査の徹底。生殖に参加する関係性の帰着を見据えた上で適切な手段を選択することで、初めて、両性にとっての「主体的生殖の選択」は可能となる。この状況下においては、「全てのセックスレイプである」という命題否定される。その上で、生殖に前向きな人々が、意思以外の諸要因を理由に断念せざるを得ない状況を減らしてゆくこと、が、理想的な(あくまでも理想的な!)「少子化対策」と呼べる。このことは、シラク三原則が成果を挙げたことによって実証されている。

しかし、この「現実的側面に対して、現実的議論する」こと、そのものが、世間一部の人々には(蛇蝎のごとく!)忌避されている。フェミニストを名乗る、ミサンドリー支配された「女たち」と、家社会部族社会論理に連なる男女関係を信望する保守主義者の人々、女によって自らの居場所財産名誉を奪われたと盲信する「男たち」。インターネットにおける緊急避妊薬を巡る議論への反応から見て取れる。彼らはひとの良心想像力をも支配したがるのと並行して、パートナーシップを構築する二者が対話し、尊重し合うことを志向するというごくごく当たり前の幸福を、社会構成員から取り上げるべきだ、と主張する。生殖主体的選択が一般化したとき、救われるのは"望まぬ妊娠をさせられた女性たち""中絶強制される女性たち"だけではない。男らしさ規範による、自尊心の欠損や経済的搾取に苦しむ男性もまた救われることになるというのに、である

リプロダクティブ・ヘルスライツを巡る議論忌避され、遠ざけられる。問題提起を行えば、「フェミニストからも「保守主義者からも袋叩きにされる。この風潮は、そのまま、日本におけるフェミニズムリベラリズムの歪みの象徴であるように思われるのである

2016-02-28

医者特有うまい言い回し

①『明らかな』異常を認めません

胸のレントゲンを読む時なんかに多用される言い回し

まり、「異常ありません」と言ってしまうともし異常があったときダメなので、

『明らかな異常』を認めません、と言えば、微少すぎて物凄く頑張ってみないと100人中50人見落とすようなそういう異常に対しては言い逃れできている。

この言い回しをすることによって、「ガイドライン」を作ることができる。

まりガイドラインを作るときに『明らかな』異常といえるもの定義する(C-Pアングル、第○弓突出、心胸郭比≦50%など、見る部分を明確に定義されている)ことによって、『明らかではない』あるいは『非典型的な』異常を逆に定義できている。

医療訴訟になったときも、カルテにこのような記載をしていれば大丈夫という共通認識もある。

患者さんに説明するときは、「大きな異常は特に見られませんでした」くらいの言い回しにする。

  

②『○○は否定的』『○○を否定できない』『鑑別として○○を上げる』『○○を疑う』

医学ってのは、何がおこるか分からない。どーみてもインフルエンザの人が肺がんだったりする。

そういうときに、カルテに「インフルエンザではない」とは書けない。インフルエンザとき責任問題になる。

そういう時は、『インフルエンザ否定的』という推論形式に保留する。これなら仮にインフルエンザだったとしても、「その時の検査や身体所見から積極的に疑うものではなかった」と言うのがもし正論だった場合には責任を逃れられる。

また、いくつか原因が絞れない場合は、すべて書いておくけど、症状から一番確率が高いものを3つくらいと、症状から緊急性が高いものを3つくらい頭に浮かべる。そういうのを『鑑別』っていうんだけど。そういう風に、いくつか考えて検査中ですよっていう記録を残しておく。どれかが原因で仮に不幸な結果になったとしても、「その他の病気を考えるべき状況だったし、他の病気検査も進めていたので、対応が遅れた、でもそれは論理的時間的しかたなかった」と責任を逃れられる。

  

③『時間をください』

不幸な結果を伝えると、問題がおこりやすい。

だが、今の医学ほとんどの場合告知を前提としている。

でも、告知するタイミングってのもある。突発的に自殺とかってありうるから。

そういう場合に、「病状をもう少し見させてください」的な会話はありうる。

これもうまいなあと思う。

時間がたてばある程度の不幸は薄れていくから

  

④『一秒を争うという話ではないですが』『一日を争う話ではないですが』

まり明日には病院行くべき、とかそういうことを伝えたいわけですね。

はっきりと行けというと、これは営利目的じゃねーの?とか問題になるから、言えない。

患者さんも自分治療を決定する権利を持つべきだから治療したくないなら自己責任判断してもらう。

そういう場合相手判断を投げる言葉としてうまい

  

共感的態度を取る

自分でもこれがどの程度有効なのか分からないんだけど。確かに自分患者になってみたときはこれは大事だなと思う。

共感的な態度を取ってることで、相手が気分よくなるってのもあるのかもしれないが、俺にはそういうのは無い。

無いんだけど、共感的態度は責任を逃れやすいと思う。なぜなら患者自己決定しているのを促すから医者独断っていうことになりにくい。

責任所在をはっきりさせずに事を進めるっていうのが本懐なのかなって思う。

医学教育ではこの当たりは目的をはっきり言わずに、「やさしさ、思いやりのある医者になろう」ってことになってるけど、そっちが本当にメインなんだろうか。

なんか、ホストになってる気分なんだよねー。おじいちゃんおばあちゃん相手ホスト

ホストとか、ホステスとかって本当にそういうハイハイみたいな共感とかで客は喜ぶんだろうか。

でも、確かにホステスには話しやす雰囲気は出るよね。そういうことで、患者に話してもらうほうが医者はノーリスクで事を進められるね。患者も話しやすから自己決定やすいし。

そういう意味だろうね。やさしいどうこうって話では無いと思うんだけどなー。

よく馬鹿にされるのが、医師国家試験問題

患者さんが何か言ったときの返しを選ばせるんだけど、オウム返しを選ばせる。

患者 「今日風邪なんですよー」

医者 「風邪なんですね」

これで、患者が話しを続けやすくなりますよってことらしいけど。

当の受験生医者から馬鹿にされてる。なんじゃそりゃってw話すすんでねーよw

  

⑥何かあったらスグ来てください

何かあっても、医者自分ですら、仕事即効中断で医者行くとかできねーのに。ましてや普通の人には無理だろって思うんだよなーw

でもこれ言わないと、責任問題になるから、言うんだけどさ。

あと、救急なんかで、処置しても、それが正しい処置だったかからない。なんたって夜に非専門が見るわけだからさ。そういう場合は、「早い内に専門の先生に診てもらってください」とか治療前に「現在居るのは非専門医だけです、ですので専門的な処置はできかねますし、応急手当しかできませんが、よろしいですか」と必ず了解を取る。まあ責任逃れだよね。

  

⑦とりあえず全部認める

ミスがあったら、さっさと腹ばいになって、全部正直に話す。正直にありのまま言う。

嘘ついたらアウト。

で、嘘つかないメリットは何かって言うと。ガイドラインどおりやってれば訴えられても問題にならないこと。

あと、裁判成るかならないかってのは別に医療ミス関係無いことも多い。裁判のあの場所医者をよんでやるっていうそのためだけにやる人が多い。

から患者感情逆撫でせずに訴えられないことが大事であって、医療ミスしたしないはあまり重要ではないって論文がある。

から医療訴訟になっても負けることは無いんだからとりあえず嘘なんかつかない、ガイドライン通りにやってればまずまず大丈夫

問題は、裁判時間をとられることやストレスや体力奪われること。

ってかさ。これ言ったらアレなんだけど。医者の1日って結構な人数の命を救うわけだからさー、法廷に呼ぶっていう行為自体殺人的だよね。そう思うんだけど。そういうの関係無いからねえ。純粋法律で裁かれるわけだし。

あと、医療ミス関係無いって書いたけど。ぶっちゃけ医療ミスなくても有罪になるとき成るだって法律ゲーム化しちゃってるから。腕のいい弁護士やとわれたら終わり。そういう理不尽運ゲー感ある。

いやだよねえ。

2016-02-25

http://anond.hatelabo.jp/20160225141534

容量は記載しない奴に責任問題があるし

どっちが大きいかなんとなく比べたい程度の需要なら趣味で覚えさせればいい。

そんなことより与えられたチラシ期間中の店を移動する距離を最小化する方法を学ばせたほうがマシ。√2走法とか使って。

http://anond.hatelabo.jp/20160225104016

責任問題とかどうでもいいんだよ。

子育てマンパワーを最大に引き出そうと思ったら、ほぼ同数いる男女をつがいにして子供を生ませるのが、

子供生産する上では効率がいいでしょ。

正直、非モテ幸せになろうが不満に思おうが興味ないの。

だいたい、強引につがいにさせたって、誰も幸せになれないのなんてわかりきっていること。

それは増税して幸福になる市民がいないのと一緒。

でも、税が足りていないなら増税するしかないし

子供が足りていないなら、不本意でも孕んでもらうしかない。

2015-12-18

小学生の時、自殺すれば給食のおばさんは大喜びだと信じてた話

給食を全部食べさせる」教育の弊害。俺は、小学生の時、自分自殺すると給食のおばさんが喜ぶと信じていた。

先生は「給食を全部食べないと、給食を作ってくれたおばさんが悲しむ。全部食べれば給食のおばさんが喜ぶ。だから給食は全部食べなさい」と教えていた。

自分は、食べるのが遅く、給食牛乳で流し込んで食べていた。まずい。苦しい。しかし、どうやら給食のおばさんは喜ぶらしい。

まり給食のおばさんは、僕ら小学生が苦しめば喜ぶ人たちなのだ。人にとって一番苦しいのは死だ。

給食牛乳で流し込む程度の苦しみで給食のおばさんは喜ぶのだから自分死ねば、ものすごく喜ぶに違いない。

加えて、自分の分の給食も作らなくてすんで、一石二鳥。だから、「自分自殺すれば給食のおばさんは大喜び」と信じていた。

給食室で、給食のおばさんから給食を受け取る時、今日も生きててごめんなさい、と思いながら受け取っていた。

今は大人になって、同い年ぐらいの奴が普通に小学校教師とかやってる。

給食を全部食べさせることで苦しんでいる小学生がいる」みたいに批判すると、たぶん、「そんな小学生はいない」という反論が返ってくるのだろう。苦しんでいる小学生存在を認めた瞬間、対策を講じないと責任問題になるからな。だから、そういう反論をあらかじめ潰しといてやる。俺は給食を全部食べさせる教育で苦しんだぞ。俺が実例だ。

2015-11-30

http://anond.hatelabo.jp/20151010121724

検閲存在を仮定してみる。

今まで増田を書いてきて、同様の事態に陥ることはあった。

いわゆる村八分状態と置き換えて不都合はないだろう。

今までの経験上、村八分がおこる状況は大きく分けて3つ。

ブクマが集まっているのに、ホッテントリしない。

はてなカテゴリトップ入りしたあと、突然消える。

はてな特定カテゴリからいくらブクマが伸びても総合に現れない。

それらの挙動から察するに、つぎの分類が考えられる。

・はじめからNG

・途中からNG

特定カテゴリにおいてNG

・はじめからNG

おそらくこれは禁句が設定されているものと思われる。

それら禁句は、経験則上以下の通り。

公序良俗に反するもの暴力的性的政治的表現など)。

権利関係が絡むもの。(商品企業サービス固有名詞、おそらくは紛争回避と思われる。)

ここは自動処理が予想される。

・途中からNG

単語のNGはないけど、内容がアレな時と思われる。

通報目視

いずれにせよ人的対応が予想される。

特定カテゴリにおいてNG

はてなカテゴリ自体タグや内容などをもとに自動的に割り振られていると考えられるので、各カテゴリしか響かないキーワードもあれば、例えば総合など閲覧数が伸びる面において設定されているNGワードがあるように思える。

もしくは女性ユーザーが多いカテゴリに対するNGなど。

経験則上、ジェンダーに関わる内容によく見られる挙動に思えた。




あとこれは気のせいかもしれないが、それなりにブクマが集まってから突然ホッテントリするようなこともあった気がする。

もしそれが事実だとしたら、NGワードで一旦蹴られたにも関わらず、それなりにバズっている増田に関しては検閲候補になっているのかもしれない。

NGワード増田の中でブクマを集めている増田ソートされる→検閲→内容に問題がないと判断した場合、各カテゴリに振り分ける


増田あくまダイアリーなので投稿禁止機能はつくれないのではないか。

ただし、それが無条件にバズってはてな管理下記事として広まってしまうには危険度が高いので、こうした処理をしているものと思われる。

おそらくこの辺りの責任問題クリアにできない(しないほうがいい)点が、増田いつまでもベータサービス理由ではないかと勝手に考えている。

尚、ユーザー個人に対する監視についても可能性は否定できないが、慎重に言葉を選んだ増田問題なくホッテントリすることが多いので、おそらくない。

しかしたらNGワードに対するフィルタリングの強度くらいは設定されているかもしれない。

過去問題のある増田投稿したりした場合、NGワードが一つでもあれば無条件で検閲入りするなど。)

検閲存在意識してから、この辺りを気にして書いてみることで最近問題なくホッテントリしてますし、先日は700ブクマくらいまで伸びたこともありました。

ご参考まで。

2015-09-19

私はなぜ安保法案消極的賛成で、何を心配しているのか?

安保法案をめぐるここ一連の流れは、今まで日本という国と国民が先送りしてきた諸々の問題が噴出してきた感がある。それは安全保障だけでなく、日本行政機構構造問題や、ともすると太平洋戦争に至る過程・戦中の流れ・戦後の総括についての話題も含まれるようだ。

先に、これを書いている私個人の意見を述べておくと、憲法違反疑念問題を除けば、安保法案消極的賛成だ。「後ろ向き」賛成ともいう。

  1. 憲法違反の件はヤバイ。あれは下手をすると「政府は何やってもOK」という意味になるから
  2. でも憲法との整合性がとれているなら、安全保障の面では、安保法案で示される流れについては理解しないでもない。
  3. 安全保障の面で理解しないでもない」とはいものの、その舵取りを現在三権行政立法司法)に任せたら、枕を高くして寝ることは一生無理ではないか――という不信感がある。

たぶん、この3点は、程度の差があれども(で、程度の差によって意見が分かれるところだろうけど)、普通日本国民の誰もが感じていることではないだろうか。

憲法違反問題

安保法案憲法違反疑念がある問題は、安保法案主題としている安全保障とは別のところで、大問題だといえる。

乱暴に言えば、「オレオレ憲法解釈」で物事を進めてしまうことは、「オレオレコーラン解釈』」で物事を進めているISISと似たようなものだ(「オレオレじゃない『コーラン解釈』」=イスラム法)。ISIS非難できなくなってしまう。

本来は、安保法案を進めたいのなら、憲法改正すべきなのだ。だが憲法改正に関しては、また別の、根の深い問題がある(後述)。

安全保障問題

憲法違反の件を無視するなら、安保法案で示している内容には、傾聴に値するものがある。

それは「俺は殴るつもりはなかったし、むしろなだめようとしたんだけど、興奮した相手が殴りかかってきて……」というケースにどう対応するか、という問題だ。

基本的に、戦争なんて損ばかりだ。人道的にも、財政的にも、経済的にも問題ありすぎる。戦争せずに済むなら、その方がよいのは当然だ。

太平洋戦争を経て日本が学んだことは、第一に「自分から殴りかからない」ということであり、第二に「とりあえず、まずは話し合いをこころみる」ということだ。この2つをまとめると「揉め事には『大人の対応』で臨め! ガキじゃあるまいし、すぐに殴ろうとしなさんな」となる。

(まあアメリカも、「ABCD包囲網での締め上げ」とか「蒋介石カイロ宣言で『無条件降伏』を要求させちゃった」とか、火に油を注いだところが結構あるのだが)

はいえ、揉め事自分だけでなく相手もいるから生じるもので、相手が最初から殴る気で仕掛けてきたら……と考えると、少なくとも護身はできないとマズイ。

この辺のバランスが、(当時の国際政治の状況やら何やら事情があったとはいえども)自衛隊誕生の一端にある、といえる。

問題は、東アジアの各国が経済成長にともない軍事力も増していることと、経済成長により他国との摩擦が表出してきたことと、世界的な不況の影響で各国国民の不満がたまっていることと、その不満が経済成長による他国との摩擦で高まってきたナショナリズムの気運に流れ込んでいることと、そんなナショナリズムの高まりを各国政府制御しきれるか否か、である。今の東アジアは、第一次世界大戦前夜のヨーロッパ並みにキナ臭い

個人的には、政府戦略として反日を主導している今の中国韓国よりも、何らかの要因で政府の力が弱まって下から突き上げを抑えきれなくなった場合中国韓国の方が怖い。戦前日本にもそんな感じ(=下から突き上げ)があっただけに。

しか他国軍事力が増加しているため、自衛隊との相対的な差が縮まることで、相手から「くみしやすい(殴っても問題ない)」と思われてしまう可能性もある。

日本場合四方が海で、防衛すべき範囲が広い。海上自衛隊海上保安庁はともかく、今よりも備えを厚くする必要はあるだろう。現実問題として、離島地域では中国漁船違法操業問題があるし、竹島尖閣諸島のような離島地域での領土問題も抱えている。

備えを厚くする場合方向性として「自前で全てそろえる」と「仲間を呼ぶ」の2つが考えられる。安保法案後者の「仲間を呼ぶ」の流れを汲んでいる。

実際のところ、日本経済状況的に「海上保安庁自衛隊を拡充して、日本全土を自前の軍隊で守る」というのは厳しい。先に書いたように、四方が海であるために、防衛すべき範囲が広い(というか広すぎる)。また、例えば対中国で考えると、装備や錬度でカバーするのが難しいぐらいに「数」の差がある。

ここで従来のようにアメリカと組むとして、アメリカ軍が度々行われてきた軍縮で縮小していることに留意する必要がある。この影響は、少なからアメリカ軍軍事力を頼りに軍縮していた同盟国に影響を与えている。日本例外ではない。

あと安保法案の話で「自衛隊アメリカの都合で起きた戦争に駆り出されたら――」的な批判がなされるが、同様の批判アメリカ国内にもあるだろう。すなわち「他国の都合の戦争に、自国アメリカ)の若者を送り出すって、どうなのよ?」ということだ。アメリカ軍を引っ張り出したいなら、アメリカ国内が納得する「(アメリカにとっての)大義やメリット」が必要だ。選挙のこともあるだろうし。

安保法案は、いわば「規模を縮小したので一度にカバーできる範囲が狭くなったアメリカ軍の協力をとりつけやすくする(アメリカから見た優先度を上げさせる)」ためのものだ。こうしておくことで、「ワイの後ろには○○の代紋があるんやで」効果で相手を怯ませることも狙えるだろう。

繰り返すが、戦争せずに済むなら、その方がよい。その一方で、万が一への備えそのもの必要だ。

三権行政立法司法)不信の日本国民

(再三ならが、憲法違反の件を無視するとして)安全保障の点で、安保法案が示す内容は、良し悪しは別として、ある意味現実路線と言える。

いえるのだが、しかし、実際に日本国民として安保法案に直面して感じるのは、「これ、悪用されずに適切に運用されるのだろうか?」という心配である

私はとりたてて再軍備主義者ではないが、日本再軍備化すると仮定した場合重要になる点を1つだけ知っている。

一言で表すなら、それは「空手の有段者になれ!」ということだ。空手の有段者は強いが、強いからといってむやみに周囲に殴るかかることはない。むしろ普通の人よりも強い自制が求められる。

仮に日本再軍備化するとして、再軍備化したからといってすぐにやたらと殴りまわったら、それはガキの態度だ。大人ではない。軍隊を持つ平和路線の他の国家と同様に「(鍛えてますけど、むやみに殴りかかりませんよ。だって)大人ですから……」という方向が望ましい。

民主主義国家において、このような態度をとるには、第一に軍隊自体暴走を防ぐためのシビリアン・コントロール必要であり、第二に軍隊を統帥する政府暴走を防ぐための「国民による政府監視と、選挙による適切なコントロール」が必要であり、第三に「国民自身の自制」が必要となる。

日本再軍備化を進めるなら、国民はまず自省して、過激な排外主義排除しなくてはならない。排外主義他国他民族とのいらぬ摩擦を生み出し、火種となってしまう。これは大人の態度ではない。排外主義排除されるべきだろう。軽挙妄動は許されない。高い倫理観を持つべきだ。

また国民は、日常的に政府の動きを監視し、選挙直前の動きや宣伝に紛らわされることなく、観察した記録にもとづいて投票を行い、政府暴走の要因となりうる人物を当選させないように努めなくてはならない。

残念ながら、今の日本では、まず選挙による政府コントロールが効いていない。例えば安倍政権安保法案の一件は、2014年選挙の時点で囁かれていた話だ。だが、結果はどうだろうか? 選挙の時、我々は直近の出来事にとらわれて投票していなかっただろうか?

次に、日本では政府暴走の歯止めとなる公的機関存在しない。例えば憲法裁判所がないため、憲法違反疑念がある法律であっても、一度可決・公布されてしまえば、何か具体的な事件が起きて誰かが提訴しない限り、違憲性の審査は行われない。

最後に、行政立法司法三権のどの分野でも構造問題が指摘されているにもかかわらず、何の変化もないため、三権に対する不信がある。

例えば、仮に日本憲法裁判所があったとして、安保法案違憲判断を下すことができるだろうか? 日本裁判官の大半は実質的最高裁判所裁判官に任用されている。最高裁判所裁判官内閣によって任命されている。そして最高裁長官の任命過程においては、内閣意向が少なからず反映されている。このような流れの中に憲法裁判所があるのならば、暗黙のうちに内閣意向に影響された判決がでても不思議ではない(ことに、内閣意向を受けた最高裁判所裁判官胸三寸出世更迭も決まってしまう一般の裁判官の身ともなれば……そして、内閣意向によって出世の頂点(最高裁裁判官)に立てるか否かが決まる最高裁判官の候補や、下手すると引き摺り下ろされかねない最高裁判官ともなれば……)。

行政立法に関しては、外部から見て、どうにも組織に自浄作用があるように思えない。例えば何か問題が起きた場合、大抵はトップ更迭で済んでしまう。何が問題であったか分析し、具体的で効果のある改善案提示し、改善を行い、その結果を問題分析改善案を含めて広く公開する……というPDCAサイクル的なものが、組織外部の国民の目にはみえない。

そもそも我々日本人は、失敗を恐れすぎる。もとより人間は失敗する動物だ。何も考えずに突っ走って失敗するべくして失敗するのは、さすがにどうかと思うが……しかしある程度成功確率を高めたなら、その時点でチャレンジしてみて、失敗したならしたで反省会を行い、次に生かすべきなのだ

だが実際には、なぜか最初から失敗を許さな雰囲気が強いし、失敗するとすぐに責任問題を言い出す(本来は、反省会で色々と分析した上での「責任問題」のはずだが……)。人格攻撃になることもしばしばある。そして早すぎる責任問題に決着がつくことで、本来開かれるべき反省会はなされず、有耶無耶に終わってしまう。

悪いことに、日本社会は失敗に厳しすぎる。一度更迭されたら、ずっとそのままだ。このような環境では、皆失敗を恐れるし、失敗したら隠そうとする。なぜなら、失敗したら、そして失敗したことが発覚すれば、この先一生どん底だからだ。

行政立法構造問題は、この日本社会の「失敗への厳しさ」が悪い方向に作用しているために生じている気がしてならない。誰だって自分の身はかわいいものだ。少なくとも私はそうだ。あんだって、そうだろ?

ともかく、日本国民には少なから三権への不信があるうえに、政府をうまくコントロールすることもできていない。この状態では、どのような法律であっても、適切に運用されるか否かの疑念が生じる。

特に安保法案をめぐる安倍政権自民党の動きはマズかった。政権による強引な進め方や、一部議員による乱暴な発言は、国民にとって「国民政府議会コントロールできていない」という印象を与え、不信を高める結果となった。またオレオレ憲法解釈を持ち出してきたことで、安保法案のものについて「将来、オレオレ安保法案解釈』を持ち出して、滅茶苦茶なことをやらかす政権がでるのではないか?」という疑念を与えてしまった。

安保法案戦争法案」と揶揄される背景には、その内容の難解さだけでなく、「誤った運用がなされるだけでなく、将来、拡大解釈して無茶なことをやらかすようにならないか? そして誰にも止められないのではないか?」という三権への不信が見え隠れしている。

蛇足だが、安保法案を通すには、本来憲法改正必要だ。だが日本国民には憲法改正へのアレルギーがある。なぜか? 「あいつら絶対に余分な変更(=改悪)も入れてくるから」という政府議会への不信があるからだ。自民党憲法改正案は酷かったし、派遣法の改正もアレだった。こんな実例が山ほどあるのだから、不信が高まって憲法改正アレルギーになるのも無理はない。

「我々はキ○ガイなのか、違うのか?」という問題

日本国憲法に関しては、そもそも押し付け憲法論がある。個人的には、押し付けだろうとなんだろうと、ネズミを捕るのが良い猫だと思うのだが……。

仮に押し付け憲法だったとして、ではなぜ世界でも稀な憲法九条存在するのか、という点を考えてみることは重要だ。世界的には、平和路線国家でも(規模の大小はあれども)軍隊を持っているものだ。

要するに、大日本帝国は、当時のアメリカに「キ○ガイ」だと思われたのだ。あいつらに刃物を持たせたらあかん、何やらかすか分かったもんじゃねえ――ということだ。

例えば、現在生きている日本人たる我々がニュースで目にする自爆テロ理解しがたいように、当時のアメリカ人特攻という行為を行う日本人理解しがたかったのではないか? また国体維持のためだけに南方戦線で損耗率7~8割という無茶(現代戦では損耗率3割で全滅判定)をやらかしメンタリティーも理解できなかったのではないか?

理解できないことが、恐怖をあおる。戦略的には、特攻南方戦線での戦いも、大日本帝国政府にとっては裏目に出てしまった。日本軍隊を持つ資格はない、とんだキ○ガイだと認定されてしまったのだ。

しかしこれは、裏を返せば「まともな国になったなら、まあ、軍隊を持ってもええんじゃね?」ということにもなる。まともな大人は刃物を振り回しません、ということだ。

さて、「安保法案戦争法案」と揶揄される背景をもう少し考えてみると、興味深いことに気づく。それは、日本国は未だに「キ○ガイ」ではないか、という疑念だ。これは中国韓国の主張(実際に彼らの言っていることから類推すると、そういうことになる)のことではなくて日本国民から日本国政府ならび議会への疑念のことだ。

というのも、「安保法案戦争法案」という構図には、どこか「また『特攻』や『ニューギニア戦線での地獄』が繰り返されるのでは」という不安があるからだ。

これは、太平洋戦争について国民国家をひっくるめた反省会(失敗の原因の分析、具体的な改善案提示改善案適用)が行われなかった弊害だろう。

そもそも太平洋戦争は大失敗だった(戦争に懲りたということは、つまり、失敗だったということだ)。大失敗だったからこそ、三権国民を巻き込んでの大反省会必要不可欠で――もしかしたらどこかで行われていたのかもしれないが、残念ながら私は寡聞にして知らない。

国民国家自らによる反省会(総括)が行われて、落とし前がついていたなら、ここまで疑念は膨れ上がらなかったはずだ。でも反省会無し・対策も無しなら、「またやっちゃうかも」という心配は残ったままとなる。

戦後反省会が行われず、そのまま70年が経過した。その間、残念ながら三権への国民の不信が高まった。そしてここ20年ほどの政府議会の混乱や暴走ともとれかねない動きは、国民に「政府議会=我々がコントロールできない代物」という印象を強く与えてしまった(仮にも民主主義国家だというのに……)。

再度繰り返すが、戦争せずに済むなら、その方がよい。その一方で、万が一への備えそのもの必要だ。

必要だが、しかしまた「キ○ガイ」のごとく暴走してしまわないか? やむをえない自衛のための戦争ならともかく、暴走して要らぬ戦争を起こしてしまわないだろうか? 三権への根深い不信と、国民政府議会コントロールできていないのではないかという疑念ゆえに、日本国民は、日本という国が「キ○ガイ」のままではないかという恐怖を感じているのだ。

まとめ

私は憲法違反疑念より安保法案否定的であり、安全保障の面では安保法案Permalink | トラックバック(1) | 18:20

2015-09-08

http://anond.hatelabo.jp/20150908025038

長文のコメントありがとうございます

こちらは「主張と違う論点反論する」と「業界自体が間違っていると言い出す」の合わせたパターンですね。

確かにこういうパターンも多くありました。

「もともと」とか「そもそも」とかが出てくると「主張と違う論点反論する」の典型みたいですね。

記事http://bylines.news.yahoo.co.jp/takayukifukatsu/20150907-00049112/)ではブログ主さんがこういったコメントに対しても丁寧に返信されていました。

しかし、私にはまだ難しいですね。

もし書くとしたら

「このブログコメントの質についての話題で、五輪ロゴ問題責任問題範囲外です。」

みたいな感じでしょうか。

2015-09-01

オオカミ少年状態

去年あたりから行政災害に対して敏感になっている。

特に伊豆大島広島土砂災害で、初動対応が遅れたのがずいぶん叩かれたが、あれがよほどこたえたらしい。

携帯に送られてくる、エリアメールの数がやたらと増えた。

しかし、逆に言えばそれ以外は大して変わっていない。肝心の防災工事土地の買収だか予算だかが原因で、

なかなか進んでいないのが実情だ。こうなると、あのエリアメールにしても、

「大したことなさそうだけど、万一やばいことになったら責任問題だし、とりあえず乱発しとくか」

的なやる気のなさしか感じられない。

近い将来、エリアメールが流れてきても、「またかよ……」と流されるようになるのかもしれない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん