「裁量労働」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 裁量労働とは

2017-04-05

研究ができない

プロジェクト系の特任教員なんだが。

研究職とは名ばかりの、ほとんど期間工、ドカチンである

裁量労働から研究する時間全然ない。

今日も10時間仕事しっぱなし(研究じゃない方お仕事)だった。

どこが研究職だよ。バーカ!!

常勤教員こそ3年で契約更改しろっつーの。

2017-03-10

http://anond.hatelabo.jp/20170310204039

『お願い。ADHDの人と残業原則反対派は一呼吸置こう』からの続き。

ここに出ている疑問および答えの一部は、残業問題に関する一連のエントリの内容・コメントから私が拾い上げたものです。

しかしながらこれは私個人見解として記載するものであり、残業に反対する皆さんの総意を示すものではありません。それぞれの質問も別個で繋がりはなく(一つの質問から連想して私が作っています)一律規制反対派の総意ではありません。

Q1. あなたの言う「残業反対」とは「例外を認めず、労働者全員の残業にすべて反対する」という意味ですか。

A1. はい、そうです。

ただ、多種多様環境で実際に全員が残業なく帰宅するなんてことは当然不可能です。何を言いたいのかというと「赤信号は視覚障碍者であれ例外なく止まる必要がある」の例で出たように、原理原則として残業は一律禁止と考える。原則を守らない会社には罰を与える。例外は「原則」ではなく「補足」で個別検討する」という"認識"を皆に共有してもらいたいんです。

原則禁止」であれば、補足を使って大幅に改悪を行うと「さすがにそれは原則に反するからダメです」とストップをかけることができます。逆に「原則抜け道を作る」とその抜け道を縛る根拠を持ちませんので反論しにくくなります。ですので「原則禁止」にしておくべきなのです。

Q2.「原則禁止」と「一律禁止」は似たような言葉ですが、どう分けていますか。

A2.「一律禁止」をしない場合、例えばADHDの人は除くなど。ここで危惧するのはその例外を正しくない方法で使われることです。

「おまえ全然仕事できねーな。障碍者かよ。そうだお前みたいなやつは障碍者だ。だから長時間仕事をさせられても仕方ないのだ」

こういう論法を使ってくる会社が必ず出ます役所調査に来たら本人に障碍者手帳を無理やり取らせるくらいのことはするでしょう。だから原則として、(ADHDの人も含めて)一律禁止」にしておく方が安全なんです。

Q3.「残業原則禁止」なんて今現在もそうでは?役に立っていないのでは?

A3. そうですね。今でも基本は「1日について8時間を超えて、労働させてはならない」です。しかし今の原則には抜け道があります。なので現実的には「今ある抜け道を塞いでいく」という進み方になると思います

例えば労働基準法32条で1日8時間、週40時間という上限を設けていますが、同時に36条が抜け道となっています(36協定特別条項を付けることで一月に120時間残業することも可能)。ですので「もう少し厳しく、せめて月100時間にしましょう」という話が進んでいます

また38条・41条を使い、裁量労働者・管理者等の規制を緩めることができます裁量労働制コアタイムはうまく使えば多様な働き方を提供でき有用ですが「名ばかり管理職」として悪用もされていますので、対応を考える必要があります

抜け道を完全には塞げないかもしれませんが、小さくしていく努力必要です。労基法より厳しい国際基準であるILO条項が一つの目安になると思います

繰り返しますが「一律でどーん」となんて非現実的な気はします……。それでも「やっぱり抜け道ダメ」「原則禁止」という”考え方” ”認識”をなるべく多くの人が共有してくれることが大事なんです。今はまだ「一律禁止という考え方そのものが正しくない」との認識も少なくありませんので、「やっぱり一律禁止がいい、なぜなら」と理屈をつけていってる段階です。

残業禁止」という原則を全員が意識し直せば「別に仕事はないけど周りがまだやってるから帰りにくい」という人たちを帰宅させやすくなります日本人には「建前」「お膳立て」が結構有効です。帰るに帰れない人たちは決して少なくありませんので、それだけでも随分違うはずです。

Q4. ギリギリ適法抜け道どころか、そもそも法なんて守る気がないブラック企業はどうするの。やっぱり法律守らない会社が勝つだろ。

A4. どうしよう…。破ったら罰則を与える基準が厳しくなることは、意味があると思います弱気)。訴えやすくなりますし。(回答不足です。引き続き考えていきたいです。ボソッ)誰か助けて

個人意識社会意識含めて、あらゆる手段でそれに対抗する必要があります。今回の残業規制もその一つです。法律ギリギリでかいくぐるブラック会社社員が集まらなくなるなど綻びが出始めている現在、法をかいくぐる、法を守らない会社フルボッコにする気概を持ちましょう。(我ながら曖昧すぎる。回答不足)

残業規制ADHD排除の論理なわけないじゃん - bottomzlife’s diary http://bottomzlife.hatenablog.jp/entry/2017/02/27/031107

産業革命後の労働者改革について触れてくれています子供が働かなければいけなかった時代から、そうでない時代への移行がありました。日本でも昔は12時間労働が当たり前にありました。そこから多くの社会運動により徐々に改善していったんです。

交通規則でも「信号を守らない人はいるけど、その人に合わせてルールを破るよりはルールを守っていた方が結局自分利益になる」という認識ができています。やりようはあるはずです。

現実に即した法と、皆が考える理想はズレが出ます。それは別に悪いことではありません。身近で実現可能目標を立てるというのも大切ですが、同時に、理想・目指す方向というのは分かりやすい方がいいんです。「残業禁止だけど、こういう会社とかこういう人とかあれとかこれとかはセーフ、を目指す」と言われても腰が上がらないでしょう。

■ ■ ■ ■ ■

Q5. 中小企業は潰れるのでは。

A5. 中小企業を10年ほど経営したことがあります現在バトンタッチして転職)。一概には言えませんが、そもそも一人分、家族分の食い扶持を稼ぐだけならなんとかなることが多いんです。小さな会社代表の私だけ夜遅くまで残業しまくっていても労基署にバレるわけがありません。自由残業できます

しかし、ここで欲が出ます。「あー、1人で(または夫婦で)残業残業はさすがにしんどいわ」。もうすこし大きな規模なら「二店舗目、三店舗目を出せば、自分オーナーとしてゆっくりできるかも」ITベンチャーなら「スケールアップして上場したい」等々。

人を雇おう。これは良いことです。そして雇った人に8時間働いてもらって給与を出す。すばらしい。しかし、そこから社長の俺が働きまくってるんだからお前も働け」となるのは社長わがままです。(やはり回答不足です)

Q6. 「残業が多くてもいいから働かせてくれ」と言われたから雇ったんだ。そして現実問題としてそのような人たちを多くの中小企業が少しずつ雇うことでかなりの雇用を生み出しているはずだ。それがなくなってよいのか?

A6. 違う。社員に沢山働いてもらわないと自分しんどいからそうしたんだ。社員に沢山給与を払うと自分会社がつらいから時給900円にしたんだ。その責を社員に負わせるな。

このように管理者としての責任を果たさず、会社としての責任を果たさず、その責を巧妙に働く側に擦り付けてくる輩がいるからこそ規制必要になる。(回答不足)

Q7. 私は二世社長だし、規模がある程度大きくなってしまった現在、急に縮小はできない。そういう会社が大半だろう。

A7. これには役員社員だけでなく、関係会社もろもろみんなの意識を変える必要があります。「やらなくていいことはやらない」「80%の完成度を目指す」などです。(ズレた回答だな…)

「私のところは100%クオリティーだからこそ競合他者渡り合っていけるんだ、手なんか抜けるか」等が問題になるか…。Q13でも追記します。

Q8. 少子化ストップがかかるの?

A8. 少子化ストップをかけるには出生率2.1は必要だと言われており、それは残業規制だけでは成しえないでしょう。ただ、次の例を考えてください。

「ウフフ、今日も二人でイチャイチャ// のつもりだったけど疲れた…。今日は寝る」そうでなくとも「お気に入り動画でウフフ」なんて考えるどころじゃないくらい働いた日があなたにもあると思います

終電が満員になる社会で子は増えない」https://togetter.com/li/997974 にも多くの同意が寄せられているように「疲れ」は性生活に大きく負の影響を及ぼしています

■ ■ ■ ■ ■

Q9. 私は沢山働いて自分を高めたい。

A9. 会社員を辞めて独立する自由もあるし、空いた時間で副業をする自由もある。残業規制には個人自由時間を縛る力はないんです。自分を高める時間を8時間以上取りたいのであれば、溢れた部分は家でやりましょう。仕事の話ではありませんよ。自分さらに高めたい人についてです。

Q10. 元ゲーム屋だが。多分月30時間~くらいは普通に楽しくて残業してる。いい企画の時はホントは土日もやりたい。ブコメ。家に持ち帰る?家に開発環境揃えろと?お金かかるよ?とてつもなく。(or「私は沢山働いて会社に貢献したい」)

A10. 家でやりましょう。趣味四畳半シスコルーターラックマウントサーバーだけに使ってる人も沢山いるんです。

冗談です。会社が「在宅ワーク」を指示したのであれば、それに必要な機材は会社にそろえてもらいましょう。またはリモート接続許可してもらいましょう。

会社の指示ではなく「自分のために会社の機材を使いたい」のであれば「会社ルール」に従う必要があります会社ルールは「社会ルール」に沿って作られます。よって会社資産を使いたいが社会ルールには従いたくないというのは通りません。

社会ルールはフェイルセーフ、安全側に寄って作られる必要があります。つまり能力のある人にはもっと会社で働く自由を」ではなく「働きたくないのに働かされてる人を守る」方が選ばれます

Q11. ゲーマーリリースを待ってくれているんだ。

A11. 無茶な要求は聴かないようにしましょう。これには顧客側の意識改革必要です。でも大丈夫です。残業が減って、皆がいつよりゲームをする時間が増えれば、必然今よりも多くのゲームプレイし、一つのゲームに集中する必要もなくなるからです。待ってくれるようになりますよ。

Q12. 会社が俺の力を必要としてるんだよ。

A12. それはもう「働く側を守るルール」ではなく「会社を守るルール」です。

そうはいっても色々あるでしょう。ですので「原則」ではなくて「補足」で、そのような人たちについて考えましょう。繰り返しますが、この場合の補足は主に「原則例外を設けていく作業」となります。これは容易に「抜け道」とされますので十分に注意が必要です。

■ ■ ■ ■ ■

Q13. 前回最後の一文『「仕事ができない人はクビになる」と怖がってるけど逆だよ。現状「周囲に助ける時間的余裕がないから、仕事ができない人に厳しい」んだよ。全体の残業が減って時間的余裕がある世の中の方ができない人へも優しいよ』は正しいか

A13. 次のような経験を例に出します。同僚「〇〇さん、ここが分からないんですけど、教えてくれませんか?」と聞かれた。しかし私はそのとき他の案件で手が離せず(うー…とりあえず…)「こうこうこうすれば動きます。」と回答をした。確かにその場はしのげたが、これでは同僚はなぜそのようにしたら動いたのか理解はできていないだろう。後でフォローする時間がないなら尚更である。みんなにも似たような経験があると思います

ADHD職場で苦労している借金玉氏のブログでも「部下がミスをした」「私が怒られた」「上司の指示が足りなかったせいなのに…」とはいったものの「そもそもそんな時間も心の余裕もない」からであり仕方がない。と、似たような事例が発生していますhttp://syakkin-dama.hatenablog.com/entry/20170218/1487428178

時間の無さは、誰かを助ける余裕を即座に奪っていきます。夜22時まで自分も働いているのに、その中に仕事が遅い人がいて後2時間くらいかかりそうだとなったら助けに回れるでしょうか。逆に17時定時がいつものルーチンと分かっていれば、助けようと思う人がきっと出るでしょう。そもそもなぜ仕事ができない人が皆が仕事を終えてもさらに2時間も仕事をする羽目になるのかというと、終わりが決まっていないからです。好きなだけ残業をできるから会社も好きなだけ残業をさせる気だから、帰れないんです。残業禁止であれば、わざわざ残って助けるまでもありません。次の日に回すんです。(「締め切りがあるんだよ!!!」に反論できないのですが……)

そして、この時間の余裕は上司パフォーマンスにも影響を与えます上司が個々の能力に合わせてうまく仕事を振れないのも、上司自身に全体を見渡す余裕がないからです。中小企業であれば、人を雇うのにまず「時間的余裕」が必要になります社長ワンマン採用をこなす場合も多いので、社長が「人は欲しいけど、今自分のことでいっぱいいっぱい。もう少し時間が取れたら考える」となると、雇われる人が仕事ができるできない以前の問題で止まるんです。採用第一歩に入りすらしない。

現在かなりの人手不足です。大抵の会社は首を切ってる場合じゃないんです。「忙しい」→「人員逃げる」→「さらに忙しくなる」の負のスパイラルを逆回転させるなら今がチャンスです。(それでもやはり中小企業しわ寄せがくる→日本企業ほとんどは中小企業である不況に逆戻り。等、不安は尽きませんが)

以前、「テキパキしてない人、愛想も要領も悪い人はどこへ行ったのか?」http://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20141114/p1 というエントリが話題に上がりました。

誰がこんな社会をつくったのか?もちろん、こんな社会をつくったのは「私達」だ。システムと「私達」の二人三脚が、現在をつくりあげた。

テキパキしてない店員は御免蒙りたい・愛想の悪い窓口対応にはクレームをつけよう・融通の利かない同僚とは働きたくない--そういった私達の欲望が寄り集まり競争社会個人主義流儀に基づいて具現化したことによって、社会全体を覆う淘汰圧となって私達自身に跳ね返ってきたのだろう

テキパキしていない人、愛想も要領も悪い人が働く場が排除されることで成立するような社会は、たとえ便利で快適でも、理想社会と呼んではいけないように私は思う。どこかで、新しいかたちで、揺り戻しがあって欲しい。

こんな社会をつくったのは「私達」だ。だからこそ、私たち意識が変われば、社会意識が変われば、もう少し誰にとっても生きやす社会を作ることも可能だと思う。(回答不足)

米国では「完ぺきではない配送方法を受け入れる」という転換がありました。「日本もそうしろというわけではない」と書かれていますが、とても参考になりますhttp://news.mynavi.jp/column/svalley/697/

一連のエントリの中にこういうコメントもあった。

世界中から秀才が集まるわけでないし人口も減っている環境下において「有能が揃わないと勝負できない」では話にならないわけで、多様性を受け入れパフォーマンスアップを模索する議論高まるのは「希望」だと思う。


最後

なるべくならルール規制なんて少ない方がいいんだよ。子供じゃないんだから自由にさせてくれってのも分かる。だけど、もうずいぶん長いこと自由やらせてもらって来たんだよ。ここからhttp://anond.hatelabo.jp/20170225005434 から引用なんだけどさ、

なにより、皆「自分で好きに決めたい」と言うくせに「自分では決められない」のだ。

社員は「今日は早く終わった…でも周りが残ってるから…」と流される。

管理者は、部署には能力のある人・ない人どちらもいる。それを管理し全体としてうまく回すという役割放棄し「できない奴が悪い」と社員責任転嫁する。または権限があるのに「でも社員が頑張りたそうだから…強く言って嫌われるの嫌だし」と流される。

会社役員は「社員過労死なんてさせず、文化的生活可能給与を与える」という基本的なことができない。「社員のことを考えたいが、ある程度もうけを出さないと株主面子が立たない」と株主のせいにする。

これは仕方のない面もある。人は「社会」というもの存在する世に生まれたがゆえに、乳飲み子のころからあらゆるルールに縛られて成長してきた。あれやっちゃダメ。これやっちゃダメ。だからいざ「自由にしていいですよ」と言われても困ってしまうのだ。日本人特に

からルールで決めてしまう」のが多数の幸福に繋がると思う。そして「効率だけを考えるとひずみが~」というが、何も一日3時間で帰れるように効率しろなんて言っちゃいないんだよ。毎日12時間13時間じゃなく、せめて8時間で帰れるようにしようぜって言ってるだけじゃない。

個人事業主として、または中小企業社長として、自分のところは現状「残業ダメは厳しいなー」と思うのは仕方がないけど、だから国全体も一緒に不幸なままでいてよってのはないでしょ。

確かに、一律で決めるのは難しいのは分かるんだよ。でもそうせざるをえないくらい現状がダメダメなんだよ。「優良企業」「大企業」が本当に優良で社員のことを考える社会だったらここまで仕事時間に批判は出ていなかっただろう。

でもそうじゃなかったんだよ。結局規制をしない限り会社社員過労死しようが意に介さず、日本のそうそうたる企業が「できる社員」を次々潰していく。

中小企業社員の命を奪っても「会社が潰れたら社員も困るだろ?職がなくて自殺するよりいいだろ?」が通る。社員自身自分意志より周りの空気自身健康より会社健康を優先する。怒られたって仕方ないでしょ。

もう20年以上「がんばれば日本はなんとかなります」って、聞き飽きたんだよ。それよりも「数千万人の余暇時間を毎日1時間増やしますのでがんばってください」の方がよほどやる気になるよ。

回答の正しくないところ、さらなる疑問、多々あると思いますが一旦これで終わります

2017-02-28

発達障害者学力職場

裁量労働が認められているような専門技能要求される職種だと、発達障害の傾向をうまくカモフラージュしてパフォーマンスを発揮してる人も散見される。

仕事内容自体過程よりも結果が重視されるがゆえ、職場の全体的な雰囲気として他人仕事のやり方に寛容であるという土壌が、そういう人材を醸成してるともいえる。

もっともそういう職種に就いている人は、障害の有無にかかわらず十分条件としてほぼ漏れなく比較的高い知能運用能力を有しており(結果的にほぼ受験難関校出身である)、全労働人口の数パーセントにも至っていないのが現実であろう。

超過勤務の是非にかんするエントリブコメ地獄のごとく紛糾しているが、知能がよくも悪くもないごくありふれた発達障害労働者が、マジョリティ労働者として職場適応することの困難さや絶望を想定したコメントがちらほらあり、ネタ元のどちらかと言えばハイアチーバー・マイノリティ労働者の考え方と噛み合っていない点に苦しさを覚える。

ネタ元のブログ主側も、自身の経歴・立ち位置いまいち明確化していないため、想定読者をどの辺りに置いているのか不明確な点がそもそも問題であるとも言えるが。

2017-02-27

ADHD管理職をやっている者なんだが

週末の借金玉氏(id:syakkin_dama)のエントリやそれを受けて書かれたわかり手氏(id:ganbarezinrui)のエントリhttp://anond.hatelabo.jp/20170227005158 あたりのブコメとか読んでいて、随分と世知辛いねえ、と思ったのだけれど、良い場所が無いので増田にこれを書いている。たぶん超長い。

俺はタイトルに書いてあるようにADHD(診断済み)だ。典型的な注意欠陥・多動性が認められ、一方でASDの症状はゼロという純正ADHDマンである。なので先のお二方のエントリは全力で泣きながら、共感しすぎてヘドバン状態で読んだ。でもわからない人には何が「なので」なのか本気でわからないんだと思うし、それで正常なんだろうということも理解している。

んで、一般的IT関連の企業管理職をやっている。それなりに多様な部下もいる。業界的にブラック香りがするWeb開発関連の仕事だけれど、自慢じゃないがだいたいニコニコ定時上がり、サブロク遵守、月間平均時間外は毎月20時間以内に抑えることに成功しているスーパーホワイトである。一点ウソついた。これは自慢である

俺はこういう属性人間なので、自分自身のことを照らし合わせて借金玉氏の主張は痛いほどわかるし、このような性質の人がいることを十分に評価理解した上で全体的な労働条件改善に努めたいと日々考えている。残業含め労働時間は減らしていきたいとも思うし、人の個性多様性への対応労働条件改善は両立し得ると信じているので、ADHDの人のぼやきイコール残業問題に結びつけて批判するのはあまりに極論に過ぎるというか、違和感を感じてしまう。皆がそれぞれのフレンズのすごいところを理解し合えるやさしい世界になれば良いのに。

そもそも、俺なんかは借金玉氏の記事を読んで「お前は俺か状態になる性質であるものの、何とか自分を飼いならして社会サバイブできている時点で生物として人より劣っているとは思っていないし、仕事も(やり方やプロセスにクセはあるのかもしれないが)たぶん人並みにはできる。つまり、おそらく自分弱者ではないし、どちらかと言うと強者の側に所属していると認識している。id:p_shirokuma先生的に言えば「よく発達した発達障害」ということになるのだろう。もっとADHDと言っても程度の違いがあるのかもしれないし、ただ単に俺は運が良かっただけなのかもしれない。普通の人だって大小あれど皆それぞれモチベーションのムラとかはあるわけで、ブコメに付いた「ADHDマン無能」、「世の中は正常と異常の二者択一」、「席を空けて退場するべし」みたいな言説を見るとヤバさしか感じないし日本大丈夫か?と思う。こういう「性質」の人が少なからずいることを正しく理解した上で適材適所人材活用を目指すべきだし、だいたいからして発達「障害」という言葉自体が良くないんじゃなかろうかと思わざるを得ない。

バックボーンなど

自分語り目的ではないのであくまモデルケースとして。ちなみに年は先の方々よりたぶんちょい上くらい。

端的に言って俺は相当に運が良く、理解者のおかげで生きていられる。上司は何度も変わっているが、往々にしておもしろ重視の管理者とは相性が良く、労働集約型のマネジメントをするタイプ管理者とは相性が悪かった。

で、自分自身がこういう人間なので、定時内にピークタイムを持ってくることができない問題についてはフレキシブル対応したいと考えている。

今の会社労働条件について

今後ありたい姿を考える前提として、俺の職場は現状こんなふうになっている。

基本は定時勤務だが、企画関連などの職務については裁量労働制存在している。とは言え、裁量労働会社側の論理で不当労働の温床になりがちなので、ホワイト企業的には定時勤務できちんとタイムマネジメントして、時間外が出たら残業代はきちんと払うよ、という当たり前の考え方を推進している。

ただし、職種的に均等な業務が苦手な人もいるので、カミングアウトしている人については個別対応もあり得る。当然ながら他のメンバーから「なんであい日中フリーズしてんの」みたいな白い目で見られると職場雰囲気が悪くなるし、本人の健康管理問題もあるので十分な配慮と周囲の理解必要

業務マネジメントについて

先述の記事ブコメにもあったけど、多種多様人材活用して成果を最大化するのはマネジメント責任だ。「9時17時で時計刻みに動けない奴は居ね」っていうのもマネジメント手法ひとつかも知らんが、少なくとも俺んとこはそういうふうにはしたくないと強く願う、つーか俺自身が生き残れない。んで、職場スロースターターにはこんなふうに対応している。

自分担当にもちょっと該当しそうなメンバーがいるのでこんな感じでやってるけど、今のところまあまあうまく回っている。むしろ一番の問題自分なわけなんだが、時間外付かないマネージャーなんで帰れないときがあっても勘弁してつかあさい。「マネージャーがいると帰りづらい……」ってことなら考えるけどウチのメンバーは俺がいても定時で容赦なく上がるので今んとこたぶん大丈夫。まあ、「あの無能上司、昼間フリーズしてて何もしてない……」と言われるとダメなやつなので、そうならないように自分自身努力しなきゃならないけど、ある意味俺にとっての最大の生存戦略が「自分自身管理者になる」だったかもしれないな。※もちろん、帰れる時は率先して帰ってるよ。

書いて読み返してみると、自分にとってはすごく一般的普通のことしか書いてない気がするんだけど、先のホッテントリを見てて世間一般的普通なのかどうかちょっと自信が無くなった。

よくスロースターターに対して「仕事定型化するべし」「ルーチンで行動するべし」なんてアドバイスをするライフハックを見かけるんだが、本当の本気で大真面目にそれが体質的にできない人ってのがいるのよ。そして、そういう人がみんな無能かっていうと決してそんなことは無くて、そういう人が画期的アイデアを出してきたり、ブレイクスルーを行うような機会ってのは実際に、ある。業務の種類や内容によっても正解は異なる。

繰り返すけど、出力にムラがあるなんてのは程度問題であって誰かしらあると思うんだよ。もちろん、定常定時に常に安定して均等なパフォーマンスを出せる人を尊敬するし、評価も高くなることに疑いは無い。でも「無能滅ぶべし」「健常者だけ揃えれば万事解決」みたいなことを言ってる人たち、本気か?はてなでそこそこホッテントリ取ってるブロガーでも「生産性の低さを一生懸命努力カバーするのは結構だが、出来れば職場の外でやって頂きたい。」なんてツイートしてたりする人がいて、なんつーかこう地獄しかない。

そりゃあ、安定マンのみでチームを構成できればラッキーかもしれんけど、世の中そううまくはいかないよ。どこも人材不足だ、いろんな人がいて、いろんな個性と悩みがあって、いろんな仕組みがあってその中で一番いいパフォーマンスと一番いい労働条件の両立を目指しましょうね、がマトモな議論なんじゃないのか。残業については言っていることはたぶん普通の人と同じだ。ただ、理解を深めて個人別最適な対応ができるようにしたいですね、長期的視点で皆にチャンスがあるようにしたいねと言っている。

何もポリコレ棒を持ち出してくるまでもなく、何も皆が必ず同じ時間評価軸で同じ定型定性で判断されるような職場ハッピーなわけではないし、単純に、多様性を認めない職場で働くのは俺は嫌だし、多様性を認めるための努力は惜しみたくないと考えている。けものは居てものものはいないんだぜ。

そんな感じ。

2017-01-31

21:00退勤が実質定時の当社

うちは表向きには9:00〜17:00定時だが、17時には帰ってはいけない。

17時以降に退勤するともれなく1時間の休憩時間付与される(休んでいいとは言っていない)。

から17時台に退勤すると16時台退勤で、早退、欠勤扱いとなり有給が消化されていく。

また、みなし残業が月に40時間、3ヶ月に1回は60時間として付いており、その時間分の残業をしないとならない。

しない場合は「暇な人」とされ、準社員に降格となる。

から、実質定時は20時か21時だ。

準社員となると大幅な減給となる。

基本給は15万円、みなし残業裁量労働手当、役職手当がついて月給30万円にカサ増しされている給与なので、準社員になると手当がなくなり年収が180万+残業代となる。

どこかのアホコンサル労働基準法の合間をすり抜けて「コストカット」を実施してこうなった。

優秀な時短ママさんも、メリハリつけて働いてたトップセールも、帰りによく飲みに連れて行ってくれた先輩もみんないなくなった。生産性の高い人からやめて行った。

顧客からの信頼も失ったしブラックボックス化している業務も多々。結構ギリギリで動いている。自分子供が生まれても会えないし、子供が体調崩して呼び出されても代理対応することすらできやしないし、後ろめたさとストレスで辛い。

カットしたのはコストじゃなくて、会社寿命会社は、人で動いていることを忘れないでいただきたい。


金曜15時で帰れたり、リモートワークができたり、フレックス裁量労働している人たちが羨ましい…今日もあと6時間働かねば。、、

労働基準法違反していないところがまた憎い。。。

【追加】

思ったよりもブコメもらえたので。

心配、励ましありがとうございます

現在何社か選考を受けているので、受かったら転職するつもりです。

社畜を捕まえて離さな会社なのでそろそろ決めないと離れられなくなりそうです(御察しの通り僕はあまり優秀じゃなくて、押しが弱くいいように使われてしまタイプです)。

家族もローンもあるので、慎重に進めていくつもりです。

ありがとうございます

2016-11-25

配偶者ブラック環境で働いている

表題の通り、配偶者ブラック環境で働いている。

裁量労働という雇用形態は名ばかりで業務に対しての裁量はほぼ無く、出勤時刻も定められ残業代はみなし分のみ。業務量に対して人員が圧倒的に少なく、毎日朝早く出社して終電間際まで残業して帰ってくる。出張含みの休日出勤がよくあるが、謎の社内規定により振替休日を取れる期間がかなり限定されているらしい。(当然、通常業務との兼ね合いで振替休日がとれないことがままある)

話を聞くと、他にも違法スレスレというか完全に踏み越えたような謎ルール蔓延っていて社長や側近は公然とそれを押し通しているらしい。まあ中小企業ではどこもそんなものなのかもしれないけど。

本人はそれらの条件をある程度納得して働いているみたいだし、望んでいた業界社会的に意義のある(らしい)仕事をしているみたいなので業務の内容自体に口を出す気はさらさら無いんだけど、2人の共同体としてみた場合には残業してもその分の賃金が出ないことや休日にタダ働きをしている事を許容したくはない。急に休日出勤が決まり旅行キャンセルしたことだって何度もある。時間を浪費したうえに労働の対価を得ることもなく金銭的に損(?)をしていることに加え、あまりに長い労働時間ストレスフルな環境は心身へのリスクを孕んでいるとも思う。

本人にそれとなく伝えても、「まあウチはそういう会社から仕方ないよね〜」で終わってしまいあまり強く言えない…というか労働環境改善されれば、別に今の仕事を続けること自体に反対はまったくない。こういう場合ってどうしたらいいんだろう。効果があるかはさて置き、労基へのタレコミって家族がしてもいいものなのかな。

2016-05-27

http://anond.hatelabo.jp/20160526224439

パチプロブラック勤めにそれ言ったら助走付きでグーパンチ食らうから気をつけろよ。

博徒なんて究極の裁量労働なんだから

2016-04-16

http://anond.hatelabo.jp/20160416100309

こういう話題って「仕事による」みたいな意見散見されるが、それも結構割合意識問題のような気がするんだよね。

アメリカにもオフィス構えてた会社に居たんだが、向こうに行ってた同僚から「こっちの人はクリエイティブ仕事であろうと契約で決まった時間が来たら仕事ぶった切って絶対帰るから困る」みたいな愚痴を聞いたことがある。繁忙期の状況は聞いてないが、基本的労働者側は作業量にあわせて労働力アサインするのはマネージャー仕事と割り切っている印象。まあアメリカ雇用環境あっての話だとは思うけど。

ちなみに日本側のシステムは真の裁量労働。繁忙期は20連30連当たり前の地獄のような連勤だが、繁忙期開けに長期休暇アリ、仕事無い時期は定時までにカード通せば5分で帰ってOKだったので、キツいけどみんな納得ずくで離職率は低かった。

結局残業が一概に悪と言うわけではなく、一番問題なのはマネージ層にトータルの労働時間帳尻を合わせようという気が全くないことなのではなかろうか。

2015-09-17

大学の終末っぷりが予想以上で嗤える

博士号取って企業就職5年程経ち、一年ほど前縁あって地方大学に出向することに。そこで大学の現状を知る。

まずアカハラパワハラセクハラマタハラありとあらゆるハラスメントが起きている。

される方も、する方も問題意識がないから問題にならない。

妊娠したら辞めるっていうから次は男を雇うね!」

裁量労働って何時間働せてもOKってことでしょ?」

「(育休を半年欲しいという人に対して)大学に残るには教職以外の道もある」

プロジェクトの終了という名目で1年で切ってしまおう」

 

じゃあ、こうした問題対応する部署はないのかというと、ある。あるけど実行権限はないに等しい。

人事は人事権あってないようなもので、男女参画なんちゃらは是正を促すために加害者側と打合せ。

 

 

授業は我流

下手をすると、すでに否定されている古い知識を教える。そりゃそうかン十年前の作ったスライド(OHP)のままだもんね。

教育指導できないのなら、せめて系統立てた教科書を使って、己義を構えずそのまま教えてほしい。なんなら教科書買わせて「これを熟読」だけOKだ。

 

研究我流

ただなぜか予算が付く。

面白そうだと高額な検査機器を導入するも、入れた後に課題を決める。あまつさえデータ取得後に実験計画。

そんな状態だからデータは見られたもんじゃない。でも個人情報だ、秘匿性だ、企業秘密だなんだかんだと見せない。

 

これ以外にも多種多様問題があってうんざりするほど。

ただ願うことはどうかどうかこのような荒廃がこの大学だけであらんことを!…そんなことはなかった。

大学教職研究者に残った友人に事情を聞くと、なんだかどこも同じよう。

これじゃ優秀な人は見切りを付けて待遇の良い所に行くし、機会があれば海外にいってしまうだろう(事実友人の何人かは留学後そのままや学位取得後に海外ポスドクになった。出稼ぎ)

某国立大学の教授選には300人の応募があったと聞いた、別な大学では若手が集まらないから講師以下を任期なしにしているという(つまり准教授以上は任期制の逆転)

少子化のこの時代大学が淘汰されようとしているこのときに、それでも大学に残りたい理由はなんだろう。

もちろんすべての人ではないけれど、おそらく消極的な「大学以外に行き場がない」という人もいるだろう。

ただ忘れないで欲しい。国立大学税金が投入されているのだろいうことを。

大学しか行き場がない」とある教員はいう、なんとなく納得できるが、では試した人はどれだけいるのだろうか?寡聞にして知らない。

2015-08-14

http://anond.hatelabo.jp/20150813233630

休みたくないわけじゃないが、仕事のキリが良い時に休みいね

キリが悪けりゃ黙って土日祝だって出る。出勤中に何かあったら会社責任に問われるから本当はだめだけど、いろいろちくちく言われるのが嫌だから裁量労働が認められるベンチャーとかにばっかり転職くりかえしてた。

さすがに年齢も上がってきたので、今の会社では同じく裁量が認められる管理職にさっさと成った。

全部の仕事が見通し立ってるものばっかりじゃないから世間休みになんか合わせてらんねぇっての。

逆にキリがよくて「休みてぇ」と思ったら、平日でも有給取って休む。

2015-05-28

http://anond.hatelabo.jp/20150528213608

それなら、裁量労働「制」が間違ってるんだよ

そんな制度なら糞食らえだ

http://anond.hatelabo.jp/20150528125319

そもそも会社仕事の量を決めるなら、それは裁量労働ではない

会社納期10日だと行っている仕事を、いや20日はかかりますと言えなければ、それは裁量がないということになる

もちろん、そんな仕事を持った状態で毎日定時に帰っても会社文句を言ってはいけない

2015-05-27

裁量労働って作業が遅い人間にはひどいシステム

会社でセキリティの診断をしてるけど結構辛い。

会社ウェブアプリウェブサービススマートフォンアプリ脆弱性をやってる。

勤務形態は一応裁量労働となっているけど、残業が多い。とてもじゃないけど納期に間に合わないし回らない。

ここ半年ぐらい実際の稼働時間は「みなし労働時間」+3時間残業。もちろん裁量労働から残業代は出ない。

プログラマー裁量労働は出来ないらしいけど、診断って作業で裁量労働合法なのかよくわからない。

ここ最近定時に帰宅出来た試しがない。

給料全然上がらない。

友達公務員でそっちは残業代しっかり出てるらしいし、できるものならそっちに転職したい。

先輩からの指示で残業したり、作業を変わるし、どの案件が動いているかもあまり降ってこない。

ほとんど決まったか契約したあとに連絡がくる。

目隠しされて突然暴れる牛の前に放り出される気分。

先輩からこの作業とこの作業をやれって指示がきて、ちょっと寄り道すると怒られる。

気になったから追加で解析して、それが結果的無意味だったら白い目で見られて辛い。でも自ら考えて行動してって言われる。

この作業と同じじゃんと言われてもネットワーク通信だったら同じような構造になるけど、会社によってプロトコルは違うからやっぱり一つ一つ細かな修正を加えないとちゃんと動かない。

しか毎日全く異なる通信内容の解析をしたら数日前のプロトコルなんて忘るよ。

診断を頼む会社も割とタイトスケジュールなのか開始日が送れることもちらほらあって、そのたびに予定の組み直す。

そしてせっかくの休みの予定も全部パーになる。

どんなに働いても月々定額で社畜を買える素晴らしいシステムだ。

2015-04-04

定額働かせ放題

以前より、裁量労働制などとして、一部の企業運用されている労働形態は、実際のところ、定額働かせ放題として運用されている。

成果に応じた報酬や昇級があるという説明は、たいていなされるが、

問題なのは、どのように成果を評価するかという基準が示されないか、あるいは、評価者の自由に成果を評定できるように、運用されること。

本人が、著しい成果だと考えても、上司が大した成果でないと考えれば、それだけで、それは成果とされない。

まり、同じことを成し遂げても、上司部署によって、評価が区々になっている上に、部下の能力や成果を気に入らなければ、評価しないようできる。

また、評価自身は、自分上司によってしか評価されない。

複数の部下が、不公正な評価だと考えていても、それを効果的に、是正する手段提供しないことで、上司求心力を強化するようになっている。

どういうことかというと、上記のことから、結局は、成果よりも、いかに上司に気に入られるか、が重要目的になる。

上司に気に入られさえすれば、成果の大きい仕事を優先的に貰えるし、うまく成果にならなくても、気に入っている部下の評価を下げない。

これまでのように、残業時間を勘案しなければならないなら、記録として過大な労働時間を使っている部下を全く評価しないわけには、いかなかったが、

裁量労働制や成果型報酬制度であれば、残業をどんなにしようと関係なく、気に入ってる部下の成果を評価できるようになる。

さらに、成果さえあれば、残業しなくてもいいという唯一の利点すら、健康時間管理によって、崩壊した運用がなされる。

本来は、働かせ過ぎを防止するために、時間管理をするものだが、会社は、これを逆手に取って、働いていない社員あぶり出すために利用する。

まり裁量労働からと、朝出社していない社員を探し出したり、会社が期待する労働時間に満たない社員特定する。

これを直接、指摘するのは、法令違反であるが、実際には、問題行動として会社は記録し、社員の成果から割り引いて計算する。

時には、健康状態の確認として呼び出して、出社時間労働時間の不足を追求し、できないなら、病欠などをするよう迫るようなこともある。

こうして、時間管理されないはずの、労働形態が、事実上労働時間管理されたうえで、残業代も、残業時間評価も失った、

単に、これまでより少ない給料で、会社に気に入られる社員製造装置として、機能するようになる。

2015-03-20

http://anond.hatelabo.jp/20150319235525

裁量労働なんて言葉日本の実情に合ってないことをよく表してくれてる文だ。

2015-03-13

残業あれこれ

まあ、実戦の数こなしただけ身につくタイプ仕事(デザイン系とか)の場合、金銭的には明らかに損だけど、体力ある年代でいっぱいやっといた方がいいって場合はあるよなあ。特に手を早くしておくことはすげえ大事だと思う。余所行くとき独立時に大きな武器になるし。

実際の所、本当にできる奴なら仕事残して帰っても干されたりしないから自分スタイル仕事してても問題ないとも思う。「最初に振られたスケジュールクオリティはきっちり守る代わりに、追加の要求は筋が通ってなかったら受け入れないし毎日定時に帰る」って同僚いたけど普通に重宝されてた。

アメリカオフィスで作業してた別の同僚は「アメリカ人契約外の時間では全く働かない、キリのいいところまで作業とかも絶対しない、定時来たら即帰宅」って言ってたなあ。日本じゃなかなか難しいけどそれが正しい労働ってもんだと思う。日本人ホワイトカラー生産性の悪さとか労働慣行に起因するところ大だよね。だって仕事効率化しても空いた隙間に仕事突っ込まれるだけで給料増えないんだからインセンティブ全然無いもん。

ノーティドッグかどこかの開発チームの話で「一年死ぬ気で働いて、翌年は一年遊んで暮らす」ってのを見たことがあるんだけど、それってある意味理想というか、裁量労働って本来そういう物であるべきだと思うんだよね。経団連ご所望のインチキ残業ごまかし制度とかじゃなくて。

2015-02-03

株式会社ア○○○○○は地獄

新入社員一年間朝七時半に来て机拭き

なんちゃって裁量労働制のため残業代は一日二時間分のみ

社長は年中怒鳴り散らしている

裁量労働だがもちろん時間の縛りは死ぬほどある

こんなのが優良企業扱いされてんだからほんとクソだよクソ

私はもうダメ

終わらない残業地獄でそろそろ心がつらい

だめなんだよ

寝よ

2015-01-25

程度次第

http://anond.hatelabo.jp/20150105213534

> ミスをして怒られそうなときは、何があっても相手より先に怒れ。

程度次第だと思う。

多分、自分はここで書かれている、優しい上司側。部下は、この主よりも下手で年収も半分ぐらいで、女性

まぁ怒る。理不尽なほどに。

主ほど意識はしていないのだろうけど、無意識的にでも会社感情的に怒ることによるメリットをわかっているからこそ怒るんだなと思った。

今までは短期で感情制御できない残念な女性と思っていたが、怒ることによるメリットがあると本能的に察知していたのかも。

でも、もう終わり。

周囲への悪影響がすごく、有能で自分の後任と目をかけている部下が、その女性によってつぶされかかっており

会社として捨て置けない。

うちは、住民たちの会社とは違い、小さな会社から有能な部下は大切な宝。

怒る部下は、残念だけど切ることにした。

たまにいいときもあるし、全部が全部だめじゃないのだけど、きっとDVを受けている女性が言う「あの人は本当は良い人なんです」

的な状態なんだと思う。

育休から復帰して半年、30歳、特筆すべき能力なし、保育園都合によるシフト勤務。

かわいそうに思うけど、なんで上司自分が、評価面談FBで、

「周囲がおびえているから、いらだったからといて自席で床を踏み鳴らすのは辞めて欲しい」と

注意したら、

2週間後に呼び出されて、朝から3時間も拘束されて、怒られないといけないんだ?

しかも、打ち切ろうとすると、パワハラだ、辞めてやるだ騒ぐ。

(いや、辞めてくれていいんだよ?自主的退職してくれるなら良心痛まないから大歓迎だっての)

で、黙ってきいていたら(多少の相槌は打ったが)。最後はなんかすっきりしたのか、「じゃ、私がんばります」だ?

(辞めるて言ったじゃん!!!突っ込みそうになった。

その3時間を補うために、残業対応になったぞ。

裁量労働で、残業代とか関係ない身分から、まぁ良いけど、それ言い出すと集中する必要性が薄れるから

残業対応しないことをモットーにしてるのに。

って、つり。

2015-01-18

新卒WEBディレクター()になった俺が、全人類にD職を勧める3つの理由

新卒エンジニアデビューしようか悩んでる奴や、現役エンジニアで向いてないかもと思ってる奴に告ぎたい。耳元で、ねっとりと告げたい。

 

ディレクター職ほど、楽に入社できて、楽に稼げて、将来有望仕事はないと。

この投稿は禁断すぎる内容が含まれている。だからこその増田記事なのである

 

■1つ目:入社難易度の楽さ

ディレクター職ほど楽に入社できる職種はない。

下記の3つを満たしておけば余裕。

1.入りたい部署企画書を用意していけ

2.紹介経由で採用を受けろ(友人がいなければ友人を作れ)

3.想定質問をきちんと答えれるようにしておけ。

 

以上である。これを満たしておけば楽勝で入社が可能になる。

 

■2つ目:仕事の楽さ

エンジニアになると大変だ。

やれ、unityだ、やれCocos2dだ、やれSwiftだと。

新しい言語がどんどん出てくる。どんどん学ぶ必要が有る。

 

じゃあディレクターは?

 

知識の更新本質的には不要職種である

正論さえ言っておけばいい。

「この施策ユーザー体験を毀損すると思うんですよね」

この発言だけで俺はしのいできた。まさに、余裕だ。

 

■3つ目:楽に入社できて、楽な仕事のわりに賃金の高さ

webディレクター裁量労働制を強いられない。

というか認められてないことがほとんどだ。

一方のエンジニア裁量労働形態が多く、残業代はつかない。

ディレクターはつく。

 

かつ、深夜対応などでエンジニアが作業している間もディレクターは帰らなくてもいい。(横でポテチ食いながら対応を待っておくことができる)

この分、エンジニアよりも残業代を多く稼ぐことができる。また給与額にそれほど差はない。

 

最後

ディレクターは人を仕う側の職種であり、入社した時点でエンジニアデザイナーよりも優位性が高く、人を扱う仕事に慣れざる得ない。

 

有名なベンチャー創業社長を見回してみても非エンジニア、非デザイナーがめちゃくちゃおおい(デザイナー社長なんてほとんどいないじゃないか。)

もし起業するとなっても、人の仕い方を知らないエンジニアデザイナーよりも、うまく会社を回せるはずだ。

エンジニアデザイナー出身会社受託開発が多く、最後には”自分で”解決してしまパターンが多すぎる。目先思考になってしまい大きくなれず、結局中堅止まりパターンが圧倒的に多い。

 

ということで、全人類ディレクターを目指すべきなのである

2015-01-12

http://anond.hatelabo.jp/20150112184826

自分も同じような感想をもった。

会社にもよるけど、30代前半〜半ばくらいって

裁量労働手前で残業代フルに付いて、額面的にピークに近い場合もある。

管理職に上がったら逆に下がった、っていう話もよく聞く。

だいたい、世の中給料が高い職場仕事がキツい。

給料安くてキツいとこもあるけど、給料高くて楽なのは特殊なケースだと思う。

管理職に上がった途端に仕事量と責任感とストレスが一気に増えて

速攻鬱になり休職退職なんてことも十分ありえる。

ローンなんてあった日にはまじやばい

社畜人生はやっぱり30代後半〜40代以降の管理職になってからが本番。

過度な心配性なのかもしれないけど、

順風満帆って言うにはやはり一生働かずに生きていけるくらいの蓄えはほしい。

2014-11-15

逃げなきゃ

いかんなーあからさまに思考力奪われてる気がする

クソ社長をどうにかしない限りうちの会社はどうしようもないだろうな

自分の席でふんぞり返ったまま、でけえ声で何度も何度も人を呼びつけて、そのままのでけえ声で周りに聞こえるままに怒りまくってんだぜ

どんどん心が擦れていくわ、あんなもん

中途だろうとなんだろうと関係なくいちいちいちいちキレられるんだからたまったもんじゃない

そんなことしながら「時間がねえ」とか「忙しい」とか言いながらクソデカい溜め息だのあくびだのを周りに一切構わずかましやがる

こちらとしては殺意しか芽生えない

いちいち中身のねえカス説教してこっちの時間を奪い、周りはそのクソデカ説教やら溜め息を無差別に聞かされて精神力まで奪われるわけだ

しか中途採用者は難しい案件やら時間リソース的に無理すぎる案件ばっか投げつけられて、できなきゃアレがまたキレやがる

んなもんだから、やたらと雇われる中途者はろくな引継ぎもしない(できない)うちに辞めていって、

内容がさっぱりわからない案件資料がどんどん増えていっちまう

こうして地獄さらに深い地獄へと落ちていくわけですよ

裁量労働といいつつ定時だの休憩時間だの朝の掃除時間だのを規定しやがってるというよくあるクソブラック流儀漏れなく踏襲してやがる

残業代もやっぱり定額だ

それでもってルールは守れとかぬかすんだ

ふざけんなカス

まず法守れや

あの守銭奴クソ野郎をどうにか消し去らねばという使命感はあるが俺自身の健やかな心身と生活をとにもかくにも確保してえ

うーん

2014-10-19

残業上等のなんちゃって裁量労働クソ会社新入社員は朝7時に来て机拭けというのが規定されてるゴミっぷり)の社畜やってるせいで、

20時までしか荷物届けてくれない西濃の荷物まったくもって受け取れない

今日届けてもらおうと思ったらトラック出払っててもう無理とかぬかしおる

ネット再配達依頼するにも配達員番号とやらが必要らしいのに不在連絡票にその番号書いてねーし

残念運送の西濃とド腐れゴミクソ会社社畜の俺・・・相性最悪の組み合わせだなマジで

次の受取日は意地でも帰るぞクソが

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん