「表面張力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 表面張力とは

2016-10-29

教員いじめ

以前臨時講師ブラックだということを書いた。

遂に自殺未遂をした。

偶然助かってしまった。

これまでは3月末までだから大丈夫自分を奮い立たせて頑張ってきた。

ある日限界を迎えてしまった。

これまでは私の「限界」という言葉にはまだ余力があると思っていたが、元々私の容量にはなみなみと液体が入っていて、なんとか表面張力で保たれていたのだと感じた。

私は生徒が大好きだ。

生徒の前ではいつもと同じように頑張れる。

にこにこと笑っていられる。

これまでは生徒のことを思えば「終わりまで頑張ろう」となんとか体を動かすことができた。

しかし、一昨日は生徒のことなんて頭になく、大好きな家族のことすら、恋人のことすらどうでもよくなり、ここで死ね学校に行かなくてすむのだと思い、シートベルト首に巻いた。

私の学校はいじめがある。

教員同士のいじめ、生徒同士のいじめ

ある男性教員いじめられている。

しかし、加害者教員はいじめだとは思っていない。

私の学校では、いじめに加担している教員クラスはいじめがある。

私の学校いじめがないのは私のクラスだけだ。

私のクラスは「平和すぎてつまらいくらいだ。」と生徒達が口々に言うほど、何もない。

かく言う私も教員からいじめられている。

正しくはいじめられているのかもしれないという表現に留められる。

大人が、しか教育者が、こんなことをするのだろうか?

もしかして私の被害妄想なのではないか

これは私が妄想で膨らませているだけなのではないか

私は私がいじめられているという確信が持てない。

私は自分クラスが大好きだ。

の子達が大好きだ。

私のクラスは校内で一番真面目で優秀だと評判だ。

しかし、私が担任からという理由で、私をいじめ主犯格が「このクラスはつまらない。最低だ。真面目すぎて不愉快だ。」と責める。

真面目に授業を受けることの何が不愉快なのか私にはわからない。

生徒は自分達が理不尽評価を受けていることに気づいている。

私は彼らを褒めて愛情を注いでいる。

彼らは良い子達に育ちつつあって良かったと思う。

もし私が辞めたら、クラス担任主犯格になる。

そうなると成長途中の彼らは少しずつ崩壊してしまうかもしれない。

でも私はいじめに耐えられる気がしない。

いじめのないクラス問題が即座に解決するクラスしかし私は職員室でいじめられている。

生徒には申し訳ない。

自殺未遂をした翌日も私は首の痣を隠して学校に行った。

生徒達は私が昨晩自殺未遂をしているとは思わなかっただろう。

薬をばりぼり食べて、泣き叫んで声を枯らしているとは思わなかっただろう。

いじめられている被害者女性版と影で呼ばれている。

彼は来年度いなくなる。

もし私が残ったら、次は私が本格的なターゲットにされる。

セクハラが嫌で激太りした。

セクハラはなくなった。

しかパワハラを止める術はない。

私はきっと死んでしまうのだろう。

生徒を愛しているからこそ辞められない。

辞められないから死んでしまうのだろう。

教員いじめをやる限り、生徒がいじめをやるのは当然かもしれない。

2016-05-28

自問自答

昼寝しながら、ぼんやりと、自分結婚できる可能性について考えていたんだけど、白馬お姫様が到来したら可能性はあるかもしれないレベルだという結論に落ち着いた。

自分で行動を起こしてないのだから当たり前といえば当たり前の話。

じゃあもし自分で行動を起こすとするなら?

まずもって女性と付き合うってのがよくわからない。

性別」を抜いて考えてみたら少しは分かるんじゃない?

うーん、気が向いた時に一緒に食事に行ってだべったり、時々家に遊びに行ったりする関係

……そういえばそもそも付き合いの幅が極端に狭いんだっけな。でもまあそういう関係の延長線上に付き合うってのがあるんだとは思わない?

まり話が合う人を探せってことか。でも気が合いそうだなと思ってたけど話してみたら意外と共通話題がなくて気まずい沈黙の場を共有したこととかあったぞ。男だけど。

確かに、相手のほうがある程度社交性高くないと厳しい面はあるかもしれないね。でもそこは技術だと思って訓練で改善できないだろうか。

面倒だしやりたくない。でもまあやれば多少可能性はあるかもしれないな。「戸板に雨戸を立てかけた」みたいなのだろ?

木戸に立てかけし衣食住」ね。まあまずはそういう初歩の初歩からじゃない。

なるほど、会話についてはまあそれでなんとかなるかもしれないとして、話をする相手がいないんだけど?

そこは自分から積極的アプローチしていくよりないでしょう。話してみたい人とかいないの?

いるにはいる。男だけど。

付き合い狭い上に異性の知り合いとか全然いないもんな……。ではまあその人と今度会う機会があれば、というかその機会を作れ、そんで話せ。

えーやだー……………………でもまあ……やってみる……一応。それで、そこからどうやって「女性と付き合う」につながっていくのさ。

直接はつながらないと思う。ただ、今の段階だとそもそも人と関係を築いていくことがそもそも苦手なわけだから、そこをどうにかしないことには(仮に女性と知り合ったとしても)どうにもならない。外に出た時に世間話の一つもこなせないといろいろ困る。というか困ってるだろ今。

まあ、それなりには……。人と積極的に知り合いになる術を身につけることが必要なのか。しかしなんだかそれは凄い失敗フラグのような気もするのだが。

失敗しても気にしない。世間には表面張力みたいなものがあって、なんとかその場を丸く収めようとするものからちょっとやそっとのことでは変な事にはならない。気にするな。そういうのを自意識過剰というんだ、覚えておけ。

2015-11-10

詰め替えた感じのない増田思うもお出す米なの仁賀多恵か滅(回文

シャンプーするする恋する乙女シャンプーするする。

はい、歌いましたよ、っと。

当分来ないカラオケのターンに、ほっとします。

もう、ずっとあなたのターンでいいわよ。

カラオケは苦手なのよ。

あのさ。

シャンプーとかの詰め替えって、

完全に詰め替えた感あんまり感じられないんだけど。

と言うのも、なんかさ、

空になった容器に詰め替え用のパックの入れても

3分の2くらいしか満たされないわけ。

下手したら、気持ち2分の1くらい。

詰め替えの2つ分入るんじゃない?ってくらい。

年を追うごとに、なんか詰め替えパックの容量が

少なくなってきてるような気がするわ。

それに比べて、

私が愛用している

粗挽き塩コショウ

使ってる容器に対して、

詰め替え用の方が倍ぐらいの量があって、

ぼんやりして詰め替えて入れてたら、

あふれちゃって大変!

はっくしょん!

コショウだけにね。

あれの詰め替えた感は充実してるし、

緊張感もあるし、

満たされるわ!

気前のいい詰め替えパックはいいわね。

なんか、あのシャンプーとかの詰め替えた時の満たされない感じ、

しんみりしちゃうわよね。

恋してないときでも私シャンプーって。


朝ご飯

昨晩大根炊いたので、

それのお煮染めと炊きたて御飯です!

大根の味が染みてて美味しいわ。

私のデトックスウォーターボトル

いつも表面張力ぎりぎりのなみなみでひたひた。

そんな今日デトックスウォーター

こんぶ水。

意外といいわよ。たぶん。

昆布を水に入れて一晩置くだけ。

コンブウォーター


すいすいすいようび~

今日も頑張ろう!

2015-03-31

今でも知的財産高裁とかには神が居るんだよな

1

平成27年3月11日判決言渡

平成26年(行ケ)第10187号 審決取消請求事件

口頭弁論終結日 平成27年2月25日

判 決

原 告 東芝ライフスタイル株式会社

訴訟代理弁護士 三 山 峻 司

同 松 田 誠 司

同 清 原 直 己

訴訟代理弁理士 蔦 田 正 人

同 中 村 哲 士

同 富 田 克 幸

同 夫 世 進

同 有 近 康 臣

同 前 澤 龍

同 蔦 田 璋 子

被 告 パ ナ ソ ニ ッ ク 株 式 会 社

訴訟代理弁護士 岩 坪 哲

同 速 見 禎 祥

主 文

1 原告の請求を棄却する。

訴訟費用は原告の負担とする。

事 実 及 び 理 由

2

第1 請求

特許庁無効2012-800008号事件について平成26年6月24日

にした審決を取り消す。

第2 事案の概要

特許庁における手続の経緯等(当事者間に争いがない。)

被告は,平成22年8月10日に出願(特願2010-179294号。

平成15年12月22日に出願された特願2003-425862号の分割

出願。優先日同年8月5日)(以下,この優先日を「本件優先日」という。)

され,平成23年12月9日に設定登録された,発明名称を「帯電微粒子

水による不活性化方法及び不活性化装置」とする特許第4877410号

(以下「本件特許」という。設定登録時の請求項の数は6である。)の特許

権者である

原告は,平成24年1月31日,特許庁に対し,本件特許の請求項全部に

ついて無効にすることを求めて審判の請求(無効2012-800008号

事件)をした。上記請求に対し,特許庁が,同年8月2日,無効審決をした

ため,被告は,同年9月10日,審決取消訴訟を提起した(知的財産高等裁

判所平成24年(行ケ)第10319号)。その後,被告が,同年12月7

日,特許庁に対し,訂正審判請求をしたことから知的財産高等裁判所は,

平成25年1月29日,平成23年法律第68号による改正前の特許法18

1条2項に基づき,上記審決を取り消す旨の決定をした。

被告は,平成25年2月18日,本件特許の請求項1及び4を削除し,請

求項2を請求項1と,請求項3を請求項2と,請求項5を請求項3と,請求

項6を請求項4とした上で各請求項につき特許請求の範囲の訂正を請求した

(以下「本件訂正」という。)。特許庁は,同年5月8日,本件訂正を認めた

上で無効審決をしたため,被告は,同年6月14日,審決取消訴訟を提起し

知的財産高等裁判所平成25年(行ケ)第10163号),知的財産高等

3

裁判所は,平成26年1月30日,上記審決を取り消す旨の判決をした。特

許庁は,同年6月24日,「訂正を認める。本件審判の請求は,成り立たな

い。」との審決をし,その謄本を,同年7月3日,原告に送達した。

原告は,同年7月31日,上記審決の取消しを求めて,本件訴えを提起し

た。

特許請求の範囲の記載

本件訂正後の本件特許特許請求の範囲の記載は,次のとおりである(甲3

4,39,40。以下,請求項1に係る発明を「本件訂正特許発明1」,請求

項2に係る発明を「本件訂正特許発明2」などといい,これらを総称して「本

件訂正特許発明」という。また,本件特許の明細書及び図面をまとめて「本件

特許明細書」という。)。

請求項1

大気中で水を静電霧化して,粒子径が3~50nmの帯電微粒子水を生成

し,花粉抗原,黴,菌,ウイルスのいずれかと反応させ,当該花粉抗原,黴,

菌,ウイルスの何れかを不活性化することを特徴とする帯電微粒子水による

活性化方法であって,前記帯電微粒子水は,室内に放出されることを特徴

とし,さらに,前記帯電微粒子水は,ヒドロキシラジカル,スーパーオキサ

イド,一酸化窒素ラジカル,酸素ラジカルのうちのいずれか1つ以上のラジ

カルを含んでいることを特徴とする帯電微粒子水による不活性化方法。」

請求項2

大気中で水を静電霧化して,粒子径が3~50nmの帯電微粒子水を生成

し,花粉抗原,黴,菌,ウイルスのいずれかと反応させ,当該花粉抗原,黴,

菌,ウイルスの何れかを不活性化することを特徴とする帯電微粒子水による

活性化方法であって,前記帯電微粒子水は,大気中に放出されることを特

徴とし,さらに,前記帯電微粒子水は,ヒドロキシラジカル,スーパーオキ

サイド,一酸化窒素ラジカル,酸素ラジカルのうちのいずれか1つ以上のラ

4

ジカルを含んでおり,前記帯電微粒子水は,粒子径3nm未満の帯電微粒子

水よりも長寿であることを特徴とする帯電微粒子水による不活性化

法。」

請求項3

「霧化部に位置する水が静電霧化を起こす高電圧を印加する電圧印加部を備

え,当該電圧印加部の高電圧の印加によって,大気中で水を静電霧化して,

粒子径が3~50nmであり,花粉抗原,黴,菌,ウイルスの何れかと反応

させて,当該花粉抗原,黴,菌,ウイルスの何れかを不活性化するための帯

電微粒子水を生成し,前記帯電微粒子水は,室内に放出されることを特徴と

する不活性化装置であって,前記帯電微粒子水は,ヒドロキシラジカル,ス

ーパーオキサイド,一酸化窒素ラジカル,酸素ラジカルのうちのいずれか1

つ以上のラジカルを含んでいることを特徴とする不活性化装置。」

請求項4

「霧化部に位置する水が静電霧化を起こす高電圧を印加する電圧印加部を備

え,当該電圧印加部の高電圧の印加によって,大気中で水を静電霧化して,

粒子径が3~50nmであり,花粉抗原,黴,菌,ウイルスの何れかと反応

させて,当該花粉抗原,黴,菌,ウイルスの何れかを不活性化するための帯

電微粒子水を生成し,前記帯電微粒子水は,大気中に放出されることを特徴

とする不活性化装置であって,前記帯電微粒子水は,ヒドロキシラジカル,

スーパーオキサイド,一酸化窒素ラジカル,酸素ラジカルのうちのいずれか

1つ以上のラジカルを含んでおり,前記帯電微粒子水は,3nm未満の帯電

微粒子水と比較して長寿であることを特徴とする不活性化装置。」

3 審決の理由

審決の理由は,別紙審決書写しのとおりである。本件訴訟の争点となる部

分の要旨は,① 本件訂正特許発明の粒子径の記載はいずれも明確である

特許法36条6項2号の要件を満たす。),② 本件訂正特許発明の粒子径

5

に関し,発明の詳細な説明に記載されていないとすることはできない(同項

1号の要件を満たす。),③ 本件訂正特許発明の静電霧化の意味は明確であ

るほか,本件訂正特許発明の静電霧化手段に関し,発明の詳細な説明に記載

されていないとすることはできないし,発明の詳細な説明には,当業者が本

件訂正特許発明実施ができる程度に明確かつ十分な記載がなされていない

とすることもできない(同項1号及び2号並びに同条4項1号の要件を満た

す。),④ 本件訂正特許発明1及び3はいずれも,I.Wuled LEN

GGOROら「静電噴霧法による液滴およびイオンの発生」粉体工学会誌V

ol.37,No.10(日本,2000年),753~760頁(甲10。

以下「甲10」という。)記載の発明(以下,審決が本件訂正特許発明1と

対比するに当たり認定した甲10記載の発明を「甲10発明1」と,本件訂

特許発明3と対比するに当たり認定した甲10記載の発明を「甲10発明

2」という。)に,特開平11-155540号公報(甲5。以下「甲5」

という。),特開平7-135945号公報(甲6。以下「甲6」という。)

及び「ラジカル反応・活性種・プラズマによる脱臭空気清浄技術マイナ

空気イオンの生体への影響と応用」(株)エヌ・ティー・エス発行,20

02年10月15日,218~231頁,363~367頁,389~39

2頁(甲7。以下「甲7」という。)に記載の技術を組み合わせても,当業

者が容易に発明できたものではない(同法29条2項の規定に反しない。),

⑤ 本件訂正特許発明1及び3はいずれも,特開2002-203657号

公報(甲11。以下「甲11」という。)記載の発明(以下,審決が本件訂

特許発明1と対比するに当たり認定した甲11記載の発明を「甲11発明

1」と,本件訂正特許発明3と対比するに当たり認定した甲11記載の発明

を「甲11発明2」という。)に,甲5ないし7記載の技術を組み合わせて

も,当業者が容易に発明できたものではない(同上),というものである

上記 ④の結論を導くに当たり,審決が認定した甲10発明1及び2の内

6

容,甲10発明1と本件訂正特許発明1及び甲10発明2と本件訂正特許

明3との一致点及び相違点は以下のとおりである

ア 甲10発明1及び2の内容

甲10発明

「液体を静電噴霧して,粒子径が数nmで幾何標準偏差が1.1程度の

イオンを含む液滴を生成する方法

甲10発明

「導電性の細管の先端に位置する液体が静電噴霧を起こす高電圧を印加

する高圧電源を備え,当該高圧電源の高電圧の印加によって,液体を静

電噴霧して,液滴径が数nmで幾何標準偏差が1.1程度のイオンを含

む液滴を生成する静電噴霧装置

イ 本件訂正特許発明1と甲10発明1について

一致点

「液体を静電霧化して,粒子径が3~50nmの帯電微粒子の液滴を生

成する工程を含む方法

相違点

a 相違点10a

「本件訂正特許発明1は,水を静電霧化して帯電微粒子水を生成し,

帯電微粒子水を花粉抗原,黴,菌,ウイルスのいずれかと反応させ,

当該花粉抗原,黴,菌,ウイルスの何れかを不活性化する不活性化

であるのに対して,甲10発明1は,帯電微粒子の液滴が,花粉

原,黴,菌,ウイルスのいずれかと反応し,それらの何れかを不活性

化するか不明である点」

b 相違点10b

「本件訂正特許発明1では,大気中で水を静電霧化し,帯電微粒子水

は,室内に放出されるのに対し,甲10発明1では,大気中で液体を

7

静電霧化するのか,また,液滴が室内に放出されるのか明らかでない

点」

c 相違点10c

「本件訂正特許発明1では,帯電微粒子水は,ヒドロキシラジカル,

スーパーオキサイド,一酸化窒素ラジカル,酸素ラジカルのうちのい

ずれか1つ以上のラジカルを含んでいるのに対して,甲10発明1で

は,帯電微粒子の液滴が,そのようなラジカルを含んでいるか不明

ある点」

ウ 本件訂正特許発明3と甲10発明2について

一致点

「霧化部に位置する液体が静電霧化を起こす高電圧を印加する電圧印加

部を備え,当該電圧印加部の高電圧の印加によって,水を静電霧化して,

粒子径が3~50nmである帯電微粒子の液滴を生成する装置

相違点

a 相違点10d

「本件訂正特許発明3は,水を静電霧化して帯電微粒子水を生成し,

花粉抗原,黴,菌,ウイルスの何れかと反応させ,当該花粉抗原,黴,

菌,ウイルスの何れかを不活性化する帯電微粒子水による不活性化

であるのに対し,甲10発明2は,帯電微粒子の液滴が,花粉抗原,

黴,菌,ウイルスのいずれかと反応し,それらの何れかを不活性化

るか不明である点」

b 相違点10e

「本件訂正特許発明3では,大気中で水を静電噴霧し,帯電微粒子水

は,室内に放出されるのに対し,甲10発明2では,大気中で液体を

静電霧化するのか,また,液滴が室内に放出されるのか明らかでない

点」

8

c 相違点10f

「本件訂正特許発明3では,帯電微粒子水は,ヒドロキシラジカル,

スーパーオキサイド,一酸化窒素ラジカル,酸素ラジカルのうちのい

ずれか1つ以上のラジカルを含んでいるのに対し,甲10発明2では,

帯電微粒子の液滴が,そのようなものであるか明らかでない点」

前記 ⑤の結論を導くに当たり,審決が認定した甲11発明1及び2の内

容,甲11発明1と本件訂正特許発明1及び甲11発明2と本件訂正特許

明3との一致点及び相違点は以下のとおりである

ア 甲11発明1及び2の内容

甲11発明

空気中で水を静電霧化して,0.001μm(1nm)程度の大きさ

である,小イオンを生成し,集塵する方法であって,前記小イオンは,

室内に供給され,さらに,前記小イオンは,水の分子に極小イオンが結

合して水分子クラスターを核としている,小イオンによる集塵方法

甲11発明

放電電極を兼ねる水管の先端から滴下する水滴がコロナ放電により微

細な水滴となって霧散する高電圧を印加する高圧電源とを備え,該高電

圧の印加によって,空気中で水を静電霧化して,0.001μm(1n

m)程度の大きさである,集塵するための小イオンを生成し,前記小イ

オンは室内に供給される装置

イ 本件訂正特許発明1と甲11発明1について

一致点

大気中で水を静電霧化して,帯電微粒子水を生成し,室内の空気を清

浄化する帯電微粒子水による方法であって,前記帯電微粒子水は,室内

放出される方法

相違点

9

a 相違点11a

「本件訂正特許発明1は,帯電微粒子水の粒子径が3~50nmであ

るのに対して,甲11発明1は,小イオンの大きさが1nm程度であ

る点」

b 相違点11b

「本件訂正特許発明1は,帯電微粒子水を花粉抗原,黴,菌,ウイル

スのいずれかと反応させ,当該花粉抗原,黴,菌,ウイルスの何れか

を不活性化する不活性化方法であるのに対して,甲11発明1は,小

イオンによって集塵する方法である点」

c 相違点11c

「本件訂正特許発明1では,帯電微粒子水は,ヒドロキシラジカル,

スーパーオキサイド,一酸化窒素ラジカル,酸素ラジカルのうちのい

ずれか1つ以上のラジカルを含んでいるのに対して,甲11発明1で

は,小イオンがそのようなラジカルを含んでいるか不明である点」

ウ 本件訂正特許発明3と甲11発明2について

一致点

「霧化部に位置する水が静電霧化を起こす高電圧を印加する電圧印加部

を備え,当該電圧印加部の高電圧の印加によって,大気中で水を静電霧

化して空気清浄化するための帯電微粒子水を生成し,前記帯電微粒子

水は,室内に放出される装置

相違点

a 相違点11d

「本件訂正特許発明3では,帯電微粒子水の粒子径が,3~50nm

であるのに対して,甲11発明2では,小イオンの大きさが1nm程

である点」

b 相違点11e

10

「本件訂正特許発明3では,帯電微粒子水が,花粉抗原,黴,菌,ウ

イルスのいずれかと反応させ,当該花粉抗原,黴,菌,ウイルスの何

れかを不活性化するためのものであるのに対して,甲11発明2は,

イオンが集塵するためのものである点」

c 相違点11f

「本件訂正特許発明3では,帯電微粒子水が,ヒドロキシラジカル,

スーパーオキサイド,一酸化窒素ラジカル,酸素ラジカルのうちのい

ずれか1つ以上のラジカルを含んでいるのに対して,甲11発明2で

は,小イオンがそのようなラジカルを含んでいるか不明である点」

第3 原告主張の取消事由

以下のとおり,審決には,粒子径に関する明確性要件判断の誤り(取消事

由1),粒子径に関するサポート要件判断の誤り(取消事由2),静電霧化手

段に関するサポート要件及び実施可能要件判断の誤り(取消事由3),甲1

0を主引例とする進歩性の判断の誤り(取消事由4)及び甲11を主引例とす

進歩性の判断の誤り(取消事由5)があり,これらの誤りは審決の結論に影

響を及ぼすものであるから,審決は取り消されるべきである

1 取消事由1(粒子径に関する明確性要件判断の誤り)

審決は,本件訂正特許発明における「粒子径が3~50nm」とは,凝集

していない個々の粒子のほぼ全てが粒子径3~50nmの範囲分布してい

ることを意味することが明確である判断した。

しかし,審決は,甲10において静電霧化により生成する液滴の粒径分布

が非常に狭く単分散性が高いことを前提としているが,本件特許特許請求

範囲には,粒子のほぼ全てが上記範囲内にあるか否かは何ら記載されてい

ない。

そして,「粒子径が3~50nm」と幅をもって表現された場合に,その

上限,下限の値が,平均粒子径の幅を示しているのか,D50(頻度の累積

11

が50%になる粒子径〔メジアン径〕)の幅を示しているのか,ピーク値

(最大ピークとなる最頻出値)の幅を示しているのか,様々な解釈があり得

るところ,本件特許明細書には,どのような幅を示しているのかの説明はさ

れておらず,本件特許明細書の記載を参酌しても,上記の幅は不明である

現に,本件特許明細書の記載を参酌した場合,粒子径の範囲解釈につい

ては,その記載箇所に応じて,ピーク値の幅と解釈したり(【0024】,粒

子のほぼ全てが範囲内にあると解釈したり(【0038】)する余地があり,

特許請求の範囲画一的に把握することができない。

そうすると,「粒子径が3~50nm」との記載については,本件特許

細書の記載を参酌しても,複数意味解釈される余地があるから,本件特

許の特許請求の範囲は明確とはいえない。

よって,審決の前記判断は誤りである

2 取消事由2(粒子径に関するサポート要件判断の誤り)

審決は,本件特許明細書【0013】,【0024】及び【0052】の記

載等から,帯電微粒子水の粒子径の上限は,粒子の空間内への拡散性や人の

肌への浸透性の観点から100nmが好ましく,抗原の不活性化の作用や空

気中の湿度に影響を与えないという観点から,50nmが好ましいこと,ま

た,粒子径の下限は,粒子の寿命と抗原の不活性化の作用の観点から3nm

が好ましいことが把握されるから,本件特許明細書に実施例として示された

ものが,20nm付近をピークとして,10~30nmに分布を持つ帯電微

粒子水のみであったとしても,粒子のほぼ全てが粒子径10~30nmの範

囲に分布している帯電微粒子水であれば,室内への拡散性が良いことや,長

寿命であること,抗原の不活性化の作用を奏しつつ,空気中の湿度調整に影

響を与えない等の作用効果を奏することは,当業者が明細書及び図面の記載

に基づいて理解できる事項である,と認定判断した。

しかし,審決の判断

12

上記判断は誤りである

そして,「粒子径が3~50nm」の意味はピーク値の幅と解釈する余地

が十分にあり,そのように解釈した場合,本件特許明細書には3~50nm

のうちの20nm付近の粒子径についてしか長寿命化と不活性化効果が示さ

れていないのであるから(【0042】,【0045】~【0048】),かか

実施例を本件訂正特許発明の全体まで拡張ないし一般化することはできな

い。

「粒子径が3~50

nm」との数値は,本件訂正特許発明課題を解決する作用効果に直結する

重要な数値であるところ,本件特許明細書の実施例には,粒子径3~10n

m未満の部分と粒子径30nm~50nmの部分のいずれについても,長寿

命化という効果裏付けデータの記載はない。また,3nm及び50nm

をそれぞれ下限値及び上限値とする不活性化効果については記載されている

ものの,それを裏付けデータも記載されていないし,帯電微粒子水の長寿

命化についても記載されていない。

したがって,本件特許明細書の具体的な実施例をもって,「粒子径が3~

50nm」の全体についてまで長寿命化と不活性化の各効果存在するもの

理解することはできない。

よって,審決の前記判断は誤りである

被告は,粒子径3~50nmという数値限定につき,帯電微粒子水の粒子

径を本件発明課題目的に沿って最適化したものであって,当該上限,下限

値が課題目的を達成し,顕著な作用効果を奏する臨界的意義を有する数値と

いうわけでないから,具体的な測定結果をもって裏付けられている必要はな

い旨主張する。

しかし,本件訂正特許発明の出願時の技術常識に照らすと,本件訂正特許

発明の特徴的な部分は,静電霧化で発生させて殺菌等に用いるラジカルとし

13

て,粒子径が3~50nmの帯電微粒子水に含まれたラジカルを用いる点に

あり,かつ,上記粒子径は,長寿命化と不活性化の双方の技術課題達成の

ために不可欠な特徴であるから,粒子径3~50nmの数値限定は,単に望

ましい数値 このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2015-03-11

http://anond.hatelabo.jp/20150311092213

久谷女子岡田育もトピシュも、『言語化するのも面倒くさいけど、そういえば、そこはかとなく違和感を感じる時もある』

という感じで、違和感表面張力は、既に割とギリギリだったんじゃないかね

他人下半身事件簿にゲス野次馬根性で首突っ込んだばっかりに

「そこはかとなくイラっとする」という名付け得ぬ感情に、気付いた人から。一つ一つ名前を付けてく感じになってるのが興味深い。

今のところは、ゲスセクハラweb女子ってよりマウンティング女子だった、という感じに発展しつつ、残念な言葉が集まってきている。

久谷女子界隈の、入る必要もないはずの地雷原に勝手に入ってきて勝手地雷踏んだ感がすごい。

2014-01-12

同窓会

セミフォーマルドレスなんて初めて着たから、成人式後の同窓会の席でビールをかけられた時、わたしが最初に考えたのは「クリーニング、どうしよう」だった。

「この人殺し! 阿婆擦れ! お前のせいで、洋子ちゃんは死んだんだ!」

振り返ると、グラスを手にした女の人が泣きながら叫んでいた。はじめは頭の中が真っ白で、それが木下先生だと気づくまで少し時間がかかった。そしてようやく、わたしは二次会カラオケで歌う曲だとか、久しぶりに会う男子と何を話そうかとか、そんな心配必要なくなったことを知った。そうか、これが修羅場か。

三田ちゃん、大丈夫?」

事態をどこか他人事のように認識しながらも、友人に気遣われるうちに少しずつ感情が高まり、やがて表面張力限界に到達して、結局すこし泣いた。

木下先生には中学時代、2年と3年の時に家庭科を教えて貰ったから、まったく知らない間柄というわけではなかった。だけど特別それ以上の関わりがあったわけじゃないから中学卒業から間もないあの夜まで、先生と洋子姉が同級生親友だったとは知らなかった。そう言えば4年前のあの夜も、先生は大きな声を出して泣いていた。感情表現が豊かな人なのだろう。

洋子姉はわたしの従姉で、15歳も年が離れているけど、親戚同士の集まりでたまに会う時は優しくしてくれたから、そこそこ親しみを覚えていた。一度だけ、スキー旅行か何かのお土産を貰ったこともある。隣町のナントカ病院に勤めてる、みたいな話を聞いたことがあったけど、お医者さんだとは聞いてないから、いわゆる医療従事者というやつなんだろう。具体的に何なのか、詳しく聞いたわけじゃないからよくわからないのだけれども。

あの日、通夜振る舞いの席で親戚のおじさん、おばさんたちが話していた洋子姉の死因は「もとから心臓が悪く、薬を飲んでいたけれど、突然発作があり、薬を過剰に摂取してしまったことが原因」というものだった。医療機関に勤めている人でもそういうことがあるんだな、と不思議に思ったけれども、余計なことをあれこれ詮索して良い雰囲気でもなかったから、特に尋ねることはしなかった。

さて、修羅場となった同窓会は結局、途中流会となった。騒ぎが収まり、わたしと木下先生がそれぞれ別室に移動したあと、一旦は再開しかけたのだけど、なんとなく白けてしまい、用意していたビンゴビデオ上映は実施されずに終わったらしい。

翌日幹事佐藤から聞いて、わたしは皆に悪いことをしたと思って謝った。だけど佐藤君が言うには、わたしは被害者なのだし、結局二次会カラオケビンゴビデオもしっかりやったし、皆はわたしに同情してくれていたから、謝る必要なんか全然ないとのこと。

それを聞いて「なんだ、じゃあ一切気にしないことにする」と冗談めかして言ってみたら、小突かれながら「今度リベンジとしてミニ同窓会を企画するから三田も絶対来い」と強引に約束させられた。うん、佐藤君は良い人だ。全然好みじゃないけど。

同窓会翌日の席には、わたし、わたしの両親、佐藤君の他に、中学3年当時の担任だった小林先生と、木下先生のご両親がいた。木下先生のご両親がわたしに謝りたいということで設けられ、実際「娘が申し訳ないことをした」と頭を下げられたけど、理由を聞くと口ごもる。知らないという感じじゃなくて、話しにくいという雰囲気で、空気を察した小林先生佐藤君を連れて席を外してくれた。

「娘は、親友だった洋子さんが亡くなった原因が、三田さんにあると思い込んでいるようです」

この言葉けがわたしに突き刺さった。いえ、私どもは娘の勝手な思い込みだと思ってるんですけども、などとフォローなのか言い訳なのかわからないセリフがごちゃごちゃくっついていたけれど、そんなのは心底どうでも良かった。

洋子姉の三回忌の後、木下先生形見分けとして手帳を貰った。そこには洋子姉の恋人がわたしに興味を示し、心変わりしただとか、自分と別れろと言われただとか、希美ちゃんを仲介しろと言ってきただとか書いてあり、最後に「希美のせいで死ぬ」「希美が憎い」といったことが書いてあったらしい。

木下先生はそれを読んで以来ずっと、わたしさえいなければ洋子姉は死ななかったのだという思いと、わたしには罪は無いという思いの板挟みになっていた。そして同窓会の席でわたしを見た瞬間、感情が爆発してしまった。ご両親にはそう説明したそうだ。

自殺かもしれない、とは思ったこともある。

だけどこんな理由だったとは思いもよらなかった。

両親からは、すぐに洋子姉の両親夫婦に連絡をとって貰い、確認してもらった。叔父夫婦手帳存在を認め、遺書の内容も手帳と似たようなものだと語ったそうだ。事情事情だけに説明するわけにもいかず、だけど本当の理由を誰かに知って欲しくて手帳を渡したのだという。

本当の理由。

本当の。

まり、叔父夫婦木下先生の中では、わたしは本当は「洋子姉の恋人たぶらかし、洋子姉を死に至らしめた張本人」ということだ。

知らない。そんなの知らない。

からない。何のことかわからない。

わたしじゃない。わたしのせいじゃない。

だいたい、洋子姉の恋人なんて会ったこともない。顔も名前もどんな人かも知らないし、年の頃が同じならば、今30歳前後。洋子姉が亡くなった当時も、25歳を過ぎたかそのくらいのはずだ。

わたしはその時、中学生

そいつこそ、おかしい。どう考えてもそいつが悪い。

なのにみんな、どうかしている。

怖い。

気持ち悪い。気持ちが悪い。

この町には、もういられない。

佐藤君に「ミニ同窓会に出られなくなった。ごめんね」とメールした後、結局すこし泣いた。

2013-11-15

もはや自罰的に生きるのには限界だった

 「いつか」報われると信じて、修行僧のように苦難に立ち向かい、弱音を吐くこともせず、

弱音はずっと自分の心の中に留めて、誰かに頼る、甘えることもせず…かつ、自罰的に。

そんな風にして生きるのは、正直もう限界だった。心の中のコップの水は、とっくに欲求不満でいっぱいで、今にもあふれだしそう

だった。表面張力はもう効かない。

ずっとそんな生き方をしてきた。だけれども、少し大きな失敗をしてしまって、どうしようもなく落ち込んでしまって、

ついにはコップの水は溢れ出してしまった。

 どうしようもなく泣いた。悔しかった。寂しかった。寂しくて、寂しくて寂しかった。ずっと満たされなかった。

誰かにこの寂しさを満たして欲しかった。誰かに自分を支えて欲しかった。どんな些細な支えでもよかった。

それさえあれば、たとえ何がなくなって、自分がどんなに駄目になってしまっていても、まだ頑張れると思っていたのに、

そんな些細な支えさえ僕にはなかった。

みじめだった。悔しかった。嘆いた。喉の奥が何度も何度も焼けるような、そんな悔しさがこみあげる夜も幾度もあった。

お酒を飲んだって、どんなに冷たい水を飲んだって暖かいココアを飲んだとて、焼けるような喉の痛みは収まらなかった。

誰かに優しくして欲しかった。とにかくとにかく、優しく、優しく。誰かに抱きしめて欲しかった。よくがんばったんだね、

だとか、無言だっていから優しく…。この寂しさを、みじめさをそっと優しく包んでくれるように、誰かに優しく抱きしめて

しかった。

誰かに甘えたかった。本当は甘えたかった。僕は一人で生きていけるほど強い人間でもなかった。そんな事、自分

一番よくわかっていたのに…。

もうこんな生き方をするのは無理だった。あまりに辛すぎた。僕は修行僧にはなれない。

世間に染まって恋愛もしたいんだ、なんだかんだいっても。人肌だって恋しいんだ。

誰かに甘えもしたいし、優しくもするから優しくもして欲しい。寂しいのはずっと嫌だった。

寂しくても、それを孤高と読み換えて、それでもいいさと、もうそこまで思う強がりはできなかった。

僕は強い人間ではなかったんだ。これが本音だったんだ。

弱さも本音も全て受け入れる他なかった。情けなくみじめに泣いた。かっこ悪かった。でも、もうそれで

いいと思った。僕はかっこよくもないし強くもない。むしろ弱いほうだ。

ずっと自分に嘘をついてきたんだった、と。

他人に嘘を付けても、自分に嘘は付けなかったんだ。

どんなに巧妙に偽ったって、辛いから、そんな嘘は付き通せやしないんだ…。

2008-07-20

何であんなにたっぷんたっぷん

今日、某オンリーイベントに参加してきた。

オンリーという割にはえらい人が来ていた。まぁ今一番人気があるジャンルだからな。

で、思った事は、女性が不自然なまでに胸を強調している事。

もうね。おっぱいの直下で何かで支えて、あふれんばかりのおっぱいをブラの谷間からあふれさせるだけあふれさせてね、表面張力でギリギリ落ちないみたいな感じでね。

もう何もしてなくてもゆらんゆらんと揺れている。

イベントなんか歩きまくりだから、もうたっぷんたっぷんと揺れるわけよ。

何であんなにおっぱい強調するんだろう。

もうね、正直言うと、ナンパしたい気持ちでいっぱいだよ。

でもイベントなんだよ。俺、それなりに売れてる同人作家で、尊敬してますとか言われちゃってるし読者向けに作ってるキャラあるしさ。それにTPOってやつあるじゃないか。イベント会場でナンパって女性としても嫌だろうなぁとか思うのさ。

うん。無理。

で、聞きたいのよ。女性に。何であんなむっちんぷるんしてくるんだって。触りたくてしょうがないじゃないか。

2008-07-18

[]Venta AirWasherのハイジェン液代用品

ハイジェン液 2週間に1回使用 500ml:5000円前後(安くて3500円程度)

ハイジェン液の効能は、水垢付着防止、臭いの発生防止、ローラーディスク上への水膜形成

venta加湿器LW14・・・35ml(容器左側1目盛)

venta加湿器LW24・・・50ml(容器右側黒色1目盛)

venta加湿器LW44・・・60ml(容器右側青色1目盛)

ハイジェン液→逆性石けん

■代用品(1) 信頼度

10%塩化ベンザルコニウム溶液 商品名:「オスバンS」薬局にて購入可能

濃度も同様なので、ハイジェン液と同量を投入すればよい。

目安量:LW14 30ml/LW24 50ml

注:臭いがかなりする。化学室の臭い? 「加湿効果が低い」「消毒薬臭い」 との指摘あり

1]ventaの加湿器は通常の物と違いスポンジ様のフィルター使用せず、その替わりにプラスチック製の平面ディスク使用しています。水は表面張力があるためこの様な平面上にきれいには広がらず、とくにventaの様に水面に対してディスクの面が垂直になっている場合、全くこのディスクが濡れなくなります。これでは、ディスクによって水が空気と接っする面積を増やすという目的が達成されません。これを解決するのが、ventaのハイジェン液(陽イオン界面活性剤、上の記事にあるように、「オスバンS」と同じものであり、これで代用可)で、これを水に添加することにより、表面張力を減らし、ディスクがきれいに「濡れる」ようになるわけです。

[2]表面張力が落ち、水滴が付かなくなる、という現象は、スケール(水道水中のカルシウム等)が水槽に付くのを防止するのにも役に立っています。他の加湿器では必須のクエン酸によるスケール除去作業がventaでは不要なのはこの為です。

この様に、ventaのハイジェン液は、この加湿器にとっては殺菌作用以外の点でも必須の物であり、これ無くしてはこの加湿器は成立しない最重要要因です。

■代用品(2) 信用度低

衣類用柔軟剤

アロマソフターカモミール(カネヨ石けん)

ハミング 使用例→http://tftf-sawaki.cocolog-nifty.com/blog/cat294891/index.html

注:「ローラーディスクに色が着く」「香料臭い」

ハイジェン液(陽イオン界面活性剤)を入れるのは

1.水の表面張力を下げて、ディスクが均一に薄く濡れるようにする

2.静菌効果で水の腐敗を防ぐ

柔軟剤の中身は、数種類の陽イオン界面活性剤、香料、補助剤(抗菌成分とか)、それと水でできてるようです。

このうち蒸発するのは水と香料で補助剤は良くわからないです。主成分の界面活性剤は水で薄めてしまうと変質分解が進んで、だんだん効果がなくなっていくそうですが蒸発はしないようです。

ハイジェン液も主成分は陽イオン界面活性剤なんで、2週間くらいで分解して効果を無くしちゃうんでしょうね。

■代用品(3) 信頼度

ワイドマジックリン

2007-07-16

http://anond.hatelabo.jp/20070716195219

表面張力ギリギリのところにちょっとした

ほんのちょっとした絶望が追加されたときに

ぱたっと逝くよ

2007-07-04

水はやばいってこと

http://anond.hatelabo.jp/20070704044400

液体より固体のほうが密度が大きいというのは常識で考えればおかしい、だって液体のほうが分子の結びつきがルーズじゃん、と言うわけで、水という物質は人間にとって、というか地球上の生命にとって最もありふれた物質であるにもかかわらず、その性質は例外的なんだよね。だから話がややこしくなる。水のそのややこしい性質によって地球上ではいろいろな生命の奇跡が起こったりしているわけだが、そのへんも含めて、ほんとに厄介なのはコロ助科学質問箱あたりでわかった気になって「オレそんなこと小学校から知ってたZeeeeeee」とか鼻高々になっている連中のほうなんじゃないか(俺も含めてな)とか思ったりもするんだが、それはまた別のお話。

コップで話をすると、表面張力の考慮もあるからめんどくさい。子供相手なら実験させるのが一番なんだけど、大人相手じゃそうもいかない。

もっとも「氷が溶けると体積が増える」と言う人は、もはやなんとなくの感覚で言っているんであって、浮いている水面の部分は云々などというのは後付けの屁理屈物理法則以前の「スーパーで買い物をする主婦の勘」的要素で話をしているから、北極南極とか言ってもどだい無理。納得させたければ、よつばちゃんを説得させるつもりでいけ。

「容器に山盛りのかき氷は、溶けたらこぼれるか?」

「氷が溶けるってことはその分の『つめたさ』はどこにいくんだ? 地球上からなくなったりしないよな? だから、そのぶんで地球が冷えるから、じつは温暖化は起こらない。」

要するに自信満々で言えばなんでもいいよ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん