「石原さとみ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 石原さとみとは

2016-09-25

面白くなりたい人へのアドバイス

http://anond.hatelabo.jp/20160925125021

お笑い』を観ろ。

はてな民テレビバカにして観ない。

から面白くない。

お笑いを観る』だけでは分かりにくいだろうから

具体的なアドバイスをする。

今、人気の芸人は、『永野』だ。

永野持ちネタは、

ピカソよりー普通にラッセンがー好きー」

だ。

これを応用すれば良い。

友人と

「どこメシ食い行く?」

という話になったら、

寿司屋よりー普通にー𠮷牛がー好きー」

と言えば良い。

ウケる

合コンなどで女性

「どんな人がタイプ?」

という話になったら、

石原さとみよりー普通にー君がー好きー」

と言えば良い。

ウケるし、相手好意も伝えることができる。

Good luck!

幸運を祈る。

2016-09-23

靴の形

靴の内底に名前を書いてたら笑われたんだけどさ

靴って見分けがつかないというか、違いがあるのはわかるんだけど、どれが自分のだったかからなくなっちゃうんだよね

メーカーとかブランドを選んで買ってるわけでもないし

この形いいなあと思うのと、この形は自分の、この形じゃないやつは他人の、みたいな区別がつかないというか



靴に限らず、たとえば、顔でもそう

とくに意識しなければ自分の顔は鏡に映るあのぶさいくな顔なのだけど

映画を見たりすると、自分の顔は長谷川博己になったり、瀧くんになったり、石田ショーヤになったりしてしま

自分の顔の形がわからなくなる

あるいは自分の顔は、大杉蓮だと思ったり、てっしーだと思ったり、永束くんだと思ったり、してしま

しかしたら、石原さとみ宮水三葉川井みきの顔が鏡に映ったとしたら、

入れ替わりを疑ったりすることなく、それがもともと自分の顔だったと思い込んでしまうような気がする



相貌失認、おそろしいおそろしい

2016-09-21

シンゴジラ 外交のところで、

アメリカ政府要人(?)が石原さとみと話しているときに、

日本もこんな手段外交交渉できるんだな、はは

みたいのがあったが、やはり日本はこうなんかな。

15年ほどまえに、当時70代、80代の方と

仕事した際に、戦争捕虜になった人が、

英国捕虜にならならず米国で安堵したという話を聞いた。

歴史が古ければ古いほど、捕虜の扱い(拷問と思われる)がひどくなるという話。

歴史が古ければ古いほど、狡猾さに長けてる気がしてならない。

伊達に数千年日本を続けている訳ではないと思うんだよね。

英国米国じゃ比較にならんのかなぁ。

2016-09-19

映画 君はゴジラの聲

みんなが盛り上がっていたので、ファインディングドリー以来、久しぶりに劇場に足を運んだ。以下ネタバレ含む感想

君の名は。

良いところ

・くっついた

新海誠は、恋愛映画最後に二人をくっつけた方がいいとようやく気づいたらしい。

・人以外の絵が綺麗

彗星とか。ご神体盆地の外縁から景色みたいな壮大な絵を無理矢理シナリオに盛り込むのも良い。

悪いところ

・隣の席のカップルおっさんの方

上映開始前に下らない話を大声でひたすらに続けてくれたお陰でテンション最悪。おっさん本人は片割れに対するひょうきんな俺アピールのつもりだったのかもしれないが、あれは公害以外の何物でもなかったし、おっさんじゃない方保護者としておっさんを即刻つまみ出すべきだった。上映中もうるせーし何だったんだあの豚。

・手の動き

金麦の生まれ変わりが板書してるところ超キモい

主題歌

前前前世がどこで流れてたのかわからなかった。寝てないのに不思議

シン・ゴジラ

良いところ

行政機関の内部描写

実態に即しているか不明だがリアリティを感じた。各人物無能有能度合いも極端でなく、戯画化の度合いがちょうど良い。このパートあんまりにも面白かったので、特別事件が起きない架空内閣の成立から解散までをだらだらやってくれるだけの映画を見たい。誰か撮って欲しい、もしくは既存作品を教えて欲しい。

自分東京在住

各シーンを地理的に把握することが容易で、感情移入も楽だった。蒲田が吹っ飛んだ時は、蒲田在住の姉に心の中で感謝した。

ゴジラが怖い

今までに見たのはビオランテ~デストロイアまでの作品だけで、その実内容を殆ど覚えていない。ただゴジラを怖いと思ったことは1度もなかったし、戦隊のロボ戦と区別していなかったと思う。翻って今回、ゴジラが動き、道路家屋が吹き飛ばされ、都心が赤く染まる光景は心底恐ろしかった。多分それまでの過程作品リアリティレベルを上げるよう苦心した結果だと思うんだけど、これが本当に新鮮で驚いたところ。ジュウオウジャーも週一くらいのペースで大惨事が起きてるんだけど、あれはリアリティを低く保ってるからストレスにならないんだなと改めて気づいた。

悪いところ

石原さとみ

石原さとみ別に悪くない。通勤中東メトロ看板で顔を見かける度にストレスが和らぐし、総監督もそういう狙いがあったんだと思う。

聲の形

良いところ

OP

冒頭は石田カレンダーカウントダウンを始める下りから。その後は軽快な音楽にのせて石田島田島田じゃないやつの関係性をモンタージュ表現しながら右から左ジャンプしてる例の構図でタイトル。最高。

・永束

一番最初に×が剥がれる人物。登場時点で石田に十分感情移入していたため、終始好感の持てるキャラ。永束も石田によって救われているはずなんだけどそれをあまり意識させない。いわゆる天使

・結絃

みんな誉めてるけど気にせず誉める。完璧仕事をした。君の名は。ではどうでもいい仕事をしていたけど差し引きでも大幅にプラス

・取捨選択

この映画石田主人公で自他との関わりがテーマになっている。元々原作者恋愛ジャンル標榜していないが、映画さらにその手の描写オミットしている。例えば植野石田に対する感情原作と変わりないのだが露骨表現をほぼ削り落としている。寝込みも襲わない。それはラストの違いにも象徴されるように石田西宮間でも同様であり、結果として上手くテーマフォーカスすることに成功していると思う。恋愛コミュニケーションの一形態ではあるけれど、一形態しか過ぎないので。石田西宮の行動についても、原作では読者が意図解釈しづらかった部分がスムーズに把握できるつくりになっている。シナリオ各所でなるべく台詞での説明を廃して絵と音で観客に理解させようという姿勢が見てとれて、全7巻の原作を2時間に落とし込む上での問題を上手く解消している。キャラの細かい仕草に気を使って意味を持たせているので何周しても損はしないタイプ映画川井描写が減った結果存在が若干マイルドになり、西宮への叱咤を観客が受け入れやすくなった。植野も同様。真柴は少しかわいそうだが本領を発揮されても困る。原作自体が優れた作品だったが、それを2時間映像作品として昇華した結果一回りも二回りも質が上がった。意義のある映画化だったと思う。

悪いところ

・鯉

パンを食べさせ過ぎて怒られそう。

2016-09-17

柔軟剤CM見て思うけど

石原さとみ香りならそのままでいいじゃんって思う。

余計なことして消さない方がいいです。

っていうか、そのまま石原さとみ香りって柔軟剤なら買っちゃうだろうな。

これはネタだよねとか言いながら、なんだかんだ理由つけて。

お手数ですがこちらのメーカーについては至急考慮していただければと思います

2016-09-12

電車で見かけたビッチ

地下鉄の車内ですごいものを見た。

ヨレヨレのTシャツを着たハゲかかった40代の汚いおっさんと、石原さとみにそっくりなかわいくてお洒落20代女子。どうみても釣り合わない。

話を聞いているとどうも同じ職場仕事仲間のようだ。

休日に俺なんかと一緒にいると付き合ってると思われちゃうよ?」

と問いかける40代おっさんに対し

「いいよ!◯◯さんとなら、付き合ってると思われても!」

キラキラした笑顔で答える石原さとみ

その様子を見て、たぶんおっさんの頭の中は目の前にいる石原さとみのはだかのことでいっぱいで、あそこもビンビンなんじゃないかなって気になってしまって、降りる駅を間違えました。

ネタバレ仮説】シン・ゴジララスト尻尾意味

シン・ゴジラを一度観てすぐ浮かぶ疑問点

  1. 冒頭の無人ボートはどういうことなのか
  2. ゴジラはなぜあの場所で「発生」したのか
  3. なぜ二回の上陸とも東京の中心を目指したのか
  4. なぜ二回目の上陸時は最初から完成形(第4形態)だったのか
  5. 自己増殖するゴジラ細胞(?)のシーンはなんなのか
  6. ラスト尻尾のアップのあれはなんなのか

以下は、これらをつなぎ合わせる妄想です。いちど観ただけの記憶を元に書いているので、細部記憶違いの可能性もあり。苦手な方はお帰りください。





(注)本文での論理展開の手順

シン・ゴジラ現実事件ではなく創作物なので、創作物なりの読み解き方ができるはず。

  1. ある人物が「○○○だ」あるいは「○○○かもしれない」と言っている。
  2. それは物語中で特に否定されない。
  3. ならば○○○はこの物語の設定をセリフに紛れ込ませた物語上の真実である

教授の人物像

物語中、唯一の癒やし成分として登場するカヨコ(石原さとみ)による情報で、ゴジラは60年前に米国杜撰に海中投棄していた核廃棄物が謎の古代生物の生き残りに作用して発生した新生である可能性が示唆される。そのレポートをまとめたのが牧教授。超重要なのに、セリフの中にしか出てこず、回想シーンすらない人物である

セリフの中にしか出てこないということは、セリフの中に出てくる説明や推測がそのまま牧教授の人物像の設定と考えていい。

ざっくりと箇条書きにすると

と、こんな感じ。

冒頭の無人ボートに残された「私は好きにした。あとはお前たちが好きにしろ」(だったっけ?)という捨て鉢メッセージ。揃えて脱がれてあった黒い革靴。牧教授はあのボートから海に飛び込んで自殺したことは間違いない。ではなんのために?


ゴジラ形態変化

パンフレットによると、映像には映らなかったが東京湾に出現した時点の第1形態はしっぽの長いオタマジャクシ型らしい。

出現時の順序は、次のようになっていた。

  1. 謎の高温により水蒸気爆発が起こる
  2. 海中を泳ぐなにかが視認される(第1形態
  3. 尻尾が海面上に現れる
  4. 上陸
  5. どんどん陸地向けに形態変化していく(両生類っぽい第2形態爬虫類っぽい第3形態
  6. 排熱が追いつかず退化して海に引き返す

高温は急激な形態変化の副産物なので、最初の「謎の高温」は、形態変化が爆発的に開始したタイミングと考えられる。

ということは、当然それ以前、オタマジャクシ型の「前」があるはずだ。

両生類←オタマジャクシ←(?)


ゴジラ細胞

  1. 物語の途中、米軍攻撃により地表に落ちたゴジラの体液がなにやら生物っぽく増殖している映像がサクッと挟まれる。これにより、ゴジラが無生殖で増殖する可能性が示唆され、国連東京に核攻撃を行うきっかけになる。
  2. ラストシーン尻尾のアップ。尻尾の先の方になるほど、クジラのような骨格や、人の手の骨のようなものがむき出しになっていく。
  3. ゴジラ遺伝子情報量人間の4倍である
  4. パンフレットによれば尻尾の先は「人の顔のようなもの
  5. ゴジラVSビオランテ以降、ゴジラ細胞は「G細胞」と呼ばれ、ゴジラ以外の生物摂取すると体を乗っ取られてゴジラ化してしま公式設定がある。

これらのことに、古今の漫画的な「お約束」を加えると、ゴジラが他の生物を「取り込んで」成長することは明らかだ。

尻尾の先にあった別の生物らしき骨格は、ゴジラが吸収して未消化の(あるいは完全生物であるゴジラにとって不要判断された)パーツと考えられる。



教授がやったこと

さて、ここから大きくハネてみる。

米国沿岸で発生したゴジラ。これが「わざわざ」東京湾までやってきて爆発的に成長を始める。そして「なぜか」東京の中心(日本の中心)だけを執拗に狙う。

ここに「日本を憎んでいて、最近米国から日本に移動したマッドサイエンティスト教授」というピースを当てはめるとすべてがしっくり来るストーリーが作れる。

  1. 教授調査中米沿岸の海底で入手したゴジラ第0形態(卵型)を日本に持ち帰り、東京湾身投げしつつ摂取した、あるいは取り込ませた。
  2. 人間ゴジラにとって初めて取り込む知的生命体だったため、ゴジラには原始的自我が生まれ、その意識は牧教授怨念ともいえる「日本を滅ぼす」一色で塗りつぶされていた。
  3. 教授の脳から地理的知識も取り込んでおり、東京の中心(皇居霞が関都庁等)の方角を間違えずまっすぐに進んでいった。
  4. 放熱が上手く行かないためクレバー判断で一旦太平洋に引き返したあと、クジラ等大型海棲生物を取り込みつつじっくり完全体(第4形態)となり、再度鎌倉から上陸して東京を目指した。

こうなっていたとすると、ラストシーン尻尾ゴジラが他の生物を取り込む設定→冒頭の無人ボートの謎が解けることになり、物語がきちんと閉じて気持ちいい。

教授が本当に憎んだもの

この説に直接関係はないが、牧教授遺書「君たちが好きにしろ」というのを深読みすると、牧教授が憎んだのは日本のすべてではなく、自分研究をきちんと評価しなかった学会官僚主義といったものだったかもしれない。現在日本はどうしようもないから滅んだほうがいいが、ゴジラを乗り越えられるような日本に生まれ変われるのなら、それもまた良しといったメッセージのようにも思える。


ところでそれヒゲメガネじゃね?

こうしてみると、これを思い出さないだろうか。場所鎌倉芦ノ湖で近いし。

http://goo.gl/1pbxXQ

あっ、作者が同じだ!偶然だね!

2016-09-11

またお前か

http://anond.hatelabo.jp/20160910225708


その理由は以下の通り。

  1・ 石原さとみ英語デタラメ

  2・ 会議ばかりで、ゴジラの場面は5%しかない

  3・ 会議セリフが多すぎる

  4・ 大量の字幕が読みにくくて大変

これが理由だとして

重要度は圧倒的に2~4だろ

1で石原さとみマッサン女優に変わっててもスカヨハに変わってても

根本的な問題である2~4が解決しないんだから結局海外では受けない上に

1をお前のいう通りにすると日本での興行収入が落ちるから全体で損しかしない

はてなーは、「英語が下手でも石原さとみがいい」と言っていたが、私は「外国人女優採用するべきだった」と言って、「海外では石原さとみ英語は致命的だ」と言っていた。そして、その懸念が、まさしくシンガポール版で証明された。

なんで2~4を無視してお前の1説が証明されたことになるんだ

ははーん、おまえ論理的思考が出来ないな?




俺もシンゴジラがガラパゴってることは前に同意した通りだがそれでいいとも思っている

英語英語しか言えないお前の代わりにシンゴジラ海外で受けにくい理由もっときちんと解説してやるよ俺が

和製SF特撮素養がいるうえにあの震災原発事故経験があり日本の政治ネタがわかってないとニュアンスを感じ取れない

自衛隊ネタ在来線ネタ首都圏ネタ神奈川こわれるネタも全部全部日本人じゃなかったら面白みなんかありゃしねえ

おまけに「豪華配役(お前が目の仇にする石原さとみを除いても、だ)」の楽しみも日本人じゃなければ全くわからない

日本人じゃなければ情報量の10分の1も受け取れないコンテンツなんだよ最初から

はてな馬鹿サヨクが「差別的排他的コンテンツだ!」とか騒いでくれねーかなと思っているw)




まりな、日本でだけ受けるコンテンツ日本で万全の体勢で受けました、終わり。なの。

最初からね。

一応海外にも撒くとしてもさ。

強度のSFオタゴジラオタが色々わかんないとこを無視しながら楽しむぐらいだよ。




 ※ ただし、字幕版のあとで吹替え版が公開されれば、そこそこ客は来るかもしれない。

無理だろ

あの速度で吹き替える上にちゃんと元の面白さを残す翻訳が出来ると思えない

 吹替えならば、石原さとみのひどい英語も、まともな英語に置き換えられる。

からその場合石原さとみなんか大した問題じゃねーよ

石原より海外対応できてないとこだらけなのに何言ってんだこのメクラが



※ 私は次のページも書いた。

    → シン・ゴジラ海外版を作れ

   この方針に従っていれば、かくもひどい大惨敗はしなかったはずだ。

1番意味からないのがそれだ

日本向けのガラパゴってるコンテンツ海外版ってどういうことなんだよ

からもう1本新しい映画作るだけじゃん

エメリッヒ版でもギャレス版でも見てろよ




要するにお前の言ってることで正しいのって「石原さとみ英語ネイティブからかけ離れてる」の1点だけ

で、そんなのよほど英語が苦手な人間以外はわかってるので興奮して何度も喚くほどのことじゃない

それ以外のよくわからん提言分析は全て的外れ現実味もない(突っ込まれても更なる説明もできない)

お前働いたことねーだろ

2016-09-10

シン・ゴジラ北米版は失敗する

シン・ゴジラ北米版の公開が決まった。しかし、これは失敗することが確実だ。

 

なぜか? すでにシンガポール台湾で大失敗しているからだ。客はほとんどいない。閑古鳥が鳴いている。始まってすぐに、打ち切りが決まった。

 → シン・ゴジラ、台湾興行収入1600万円で終了ww 2ch.net

 → 映画『シン・ゴジラ』シンガポールの反応

 → シンガポールでもシン・ゴジラ公開。しかし観客の反応はいまいち。私もがっかり。

 → なぜシン・ゴジラは、シンガポールで酷評されるのか?

 

その理由は以下の通り。

  ・ 石原さとみ英語デタラメ

  ・ 会議ばかりで、ゴジラの場面は5%しかない

  ・ 会議セリフが多すぎる

  ・ 大量の字幕が読みにくくて大変

 

これらの点は、私が前に指摘したとおりだ。

 → シン・ゴジラの石原さとみは配役ミスだ

 

はてなーは、「英語が下手でも石原さとみがいい」と言っていたが、私は「外国人女優採用するべきだった」と言って、「海外では石原さとみ英語は致命的だ」と言っていた。そして、その懸念が、まさしくシンガポール版で証明された。

同じことは、北米版でも成立する。とすれば、ゴジラ北米版は大失敗すると予想しておこう。この予想はまず確実に当たるだろう。

 

 ※ ただし、字幕版のあとで吹替え版が公開されれば、そこそこ客は来るかもしれない。

   吹替えならば、石原さとみのひどい英語も、まともな英語に置き換えられる。

 ※ 私は次のページも書いた。

    → シン・ゴジラは海外版を作れ

   この方針に従っていれば、かくもひどい大惨敗はしなかったはずだ。

 

 

2016-09-05

http://anond.hatelabo.jp/20160905095759

多分石原さとみ英語自体アメリカ人のそれと大して違いは無いんだけど

大ありだよカス意味不明な前提の元に適当なこと書くなカス

http://anond.hatelabo.jp/20160905092931

多分石原さとみ英語自体アメリカ人のそれと大して違いは無いんだけど、バイリンガルって設定だから日本語も上手い(そりゃネイティブからね)故に英語部分が下手なように聞こえるんやと思う。

デーブ・スペクター英語喋ってるシーンは結構見ると思うけど、なんだかんだでイカサマ臭く聞こえることあるだろ? それと同じやないかな。

石原さとみが悪いんではなく設定的なもんだろね。

http://anond.hatelabo.jp/20160905092148

確かにあまり活躍はしていなかったが、それは役の問題であって、

石原さとみ自身に起因することではないと思う。

作品内の登場人物役回りが叩かれているというより、

キャストが叩かれているのがちょっと気になっている。

自分特になんとも思わなかったので。

石原さとみ

なんでシン・ゴジラ石原評価、こんなに低いの?

ちょっとよくわからないのだが。

2016-09-02

http://anond.hatelabo.jp/20160902163257

そうなんだよ、やっと綺麗にまとめてる増田出会った。

シン・ゴジラリアリティを追求した娯楽作品」であり

ノンフィクション匹敵するリアル(現実)を目指した作品」ではないんだよね。

 

にもかかわらずそのリアリティを感じさせる世界屈指のリアリティ技法を持つ庵野の手腕を絶賛する話にならないで、

シン・ゴジラリアル、出てきた政治家現実政治家!」ってなってしまってるのは、

ある意味では庵野の才能が最大限に発揮されてるといってもいい。

視聴者の大部分が「リアリティすげえー」って一歩引いた視線になったら、それは騙せてないってことだから

 

でも、普段知識量とか見聞の広さ自慢してる一部増田の中からでも

この作品の真の魅力が全く理解されていなかったことにしばらく愕然としていた。

庵野意図してか分かりやすいヒントである石原さとみ」という舞台装置まで用意したというのに気づいてない。

石原さとみを切り口にしても庵野が何を基準ゴジラを作ったのかまではたどり着くことはできるし、割とこれが最短ルート

 

もちろん、事前情報で「発音酷すぎワロスw」みたいな評価を受け取っていたか

「あの庵野がそんな配役をやって間違えるわけがない…なんの意味が?」というクエスチョン弁当を持って行けたというのが大きいが。

 

ともあれ上映されて結構落ち着いてきたこともあって段々とシンゴジラの真の魅力を理解できる増田が増えてきて嬉しい限りだ。

2016-08-31

シン・ゴジラMX4Dの臨場感ポップコーン台無しにされた話

長年のゴジラファンであり、庵野監督ということもあってとても楽しみにしていたシン・ゴジラ

しかも、椅子が動いたり、風が吹いたり匂いがしたりと臨場感たっぷりのMX4Dで上映なんて、これは絶対見るしかないじゃないですか

そんなわけで、多忙な中仕事も家庭も一生懸命こなし、ようやく開けた時間に数日前から予約を入れました。

MD4Xの上映なので普通映画よりもかなり割高でしたが、劇場中央ベストポジションを確保できました。これは楽しみ!

ところが、当日悪夢が待っていました。

隣の席の観客が、最悪なことにでっかい箱にポップコーンをどっさりと入れていたのです。

MX4Dは座席に仕込まれた様々な演出による臨場感がウリです。

ところが、ポップコーンはその臨場感台無しにするのです。

まず、音ですね。

シン・ゴジラは静と動の切り替えが巧みな映画です。

そのため、特に静かなシーンではポップコーンをまさぐる音、歯で噛む音がとても響きます

他にも例えばゴジラが炎を吐く壮大なシーンでも、ポップコーンを噛む音で隣の観客に意識が行ってしまい壮大感が半減です。

これでは、臨場感どころではありません。

つぎに、匂いです。

隣の観客は、おそらくキャラメルバターのかかったポップコーンを食べていました。

隣の席にも、強烈な匂いが終始流れ続けます

これでは、MX4Dの演出による匂いがまるでわかりません。

石原さとみ香り嗅ぎたかったなあ。

結局、映画に集中するために、その観客の方の片耳と片鼻を 手で塞ぎながら観ることになってしまいました。

誤解があってはいけないのですが、僕が怒りを感じているのは隣の観客に対してではありません。

劇場に対してです。

MX4Dによる臨場感のために観客は高いチケット代を払っているのに、なぜポップコーン販売し、劇中に食べることを許しているのか。

ポップコーン劇場側の収益であることは分かりますが、それは映画館側の都合でしかありません。

せっかく素晴らしい技術を用いていながら、目の前の収益のために台無しにしてしまうなんて、残念でなりません。

少しぐらい多めにチケット代を払ってもいいから、少なくともMX4Dではポップコーン禁止にしてほしい、というのが僕の意見です。

anond:20160831172639

シンガポールにおける評判をネットで調べました。

  http://www.insing.com/movies/godzilla-resurgence-2016/id-2cec0000/

 

圧倒的な高評価です。日本における評価よりも、もっと高い評価です。宮崎駿みたい。 

字幕問題があっても、これだけ高い評価が出るとすると、たいしたものですね。

 

 

p.s.

こんなのもありました。低評価と高評価石原さとみ発音は不評。

  http://www.sinlog.asia/entry/2016/08/30/180257

 

2016-08-30

ドラッグストア柔軟剤を買いに行ったらフローラルの残り香がいつまでも続く!系のものしかない。

うちの中年旦那から石原さとみと同じ臭いいつまでも続くなど摩訶不思議な事この上ない。

いやBBAわたしだって

世の中がみんな若い女ばかりだと思ったら大間違いだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160829232727

最初石原さとみの代役は誰がいいってだけだったのに、

(だからベッキーとかシャーロットさんとかブコメでみんな言ってるのに)

ブコメを読んで話をすり替えお金を儲けたいか

世界進出を狙おうって話になっているのはなぜ。

そのまま作ればいいって言っても海外向けゴジラでも東京ゴジラはくるの?

それともNY

http://anond.hatelabo.jp/20160829171356

松尾さんは消えるけど、松尾さんが石原さとみに代わるんだから、かわいくなるだけいいのでは?

何もわかってない。

あれは松尾さんだからいいのであって、あれを女性がやったら意味全然違ってしまうし、男性でも別の人ならそれはそれで違うものになってしまう。

2016-08-29

anond:20160829233840

わかってないな。

翻案リメイクではなくて、そのまんまでやれ、と言っているんだよ。

翻案リメイクで、10億円ももらえるわけがないだろうが。

また、翻案リメイクでヒットする保証もないだろうが。これまで、翻案リメイクで、どれほど失敗した例を見たことか。

そっくりそのまんまで、配役と CG だけを変えろ、と言っているの。

 

さらに言えば、「そうするべきだ」という意味じゃない。「そうするべきだ」というのは、言葉の上だけ。

本音は違う。本音はこうだ。

そうする方が儲かることも気づかないぐらい、国内市場優先でノミ心臓だということがわからないのか、と皮肉っている。「金儲けの仕方も知らないのか、この間抜け」と皮肉っている。

なのに、儲け方を知らない自分皮肉られていることも気づかないのか。おめでたいやつだな。鈍感すぎる。そんなことだから、いつまでたっても、金儲けの機会を見失ってばかりなんだよ。

 

だいたい、上に書いてある通りにしたら、「10億円を儲けて、200億円を儲ける機会をなくす」ということだぞ。そんなことを本気で薦めていると思っているのか? 呆れる。

10億円を儲けて、200億円を儲ける機会をなくす」という例を示すことで、「そういう馬鹿げたことをやめろ」と示唆している。「かわりに、石原さとみのかわりに外国人女優を使うことで、東宝自身海外で 200億円をめざすことができる」と示唆している。

 

こんなふうにいちいち解説しなくちゃならないのか。はてなー日本語もまともに読めない人が多すぎる。

 

http://anond.hatelabo.jp/20160829231511

お前アン・ハサウェイポジションわかってる?

「ザ・ウザ女」だぞ

父は弁護士・母は舞台女優名前の由来はシェイクスピアの妻

押しも押されぬ美少女としてでかいドラマ映画の主役からスタート




そういう経歴へのやっかみとか

アンの意識たかくて自意識おっきいスピーチなんかがアンチを育てて

今じゃ頭おかしアンチにずーっと粘着されてる

うざいのはわかるけど度が過ぎた叩かれ方してるのはビバカスとかと似てる

んでもそれぐらい自意識おっきくなるだけはある出演暦受賞歴も持ってる




別に石原さとみディスるわけじゃないけど何もかも違うだろ

庶民の中での最ノーブルみたいな生まれ長身美女役者としてのキャリアもすさまじいアン

庶民王者学会員ながら庶民の生まれでちんちくりんのかわいらしいアイドル上がりのさとみ

シン・ゴジラ海外版を作れ

シン・ゴジラ石原さとみは配役ミスだ」

  http://anond.hatelabo.jp/20160829171356

 

ブクマページ http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20160829171356 を見たら、

いくら自然でも、石原さとみがかわいければいい。米国人受けなんか気にしなくていい」

という声が圧倒的に多かった。

 

しかし、市場規模で言えば、日本市場世界のなかで圧倒的に小さい。

  http://bit.ly/2bM5XzI (グラフ

  http://bylines.news.yahoo.co.jp/sakaiosamu/20160829-00061607/

数字で言うと、世界全体で 383億ドルで、そのうち日本は 18億ドルだ。比率で言うと5%弱だ。

  http://www.animeanime.biz/archives/22585

 

こんな小さな市場で、こんな小さな売上げだけを得ていれば満足だというのは、あまりにも肝っ玉が小さい。怪獣は史上最高のでかさだが、東宝ファンの肝っ玉はミジンコのごとく小さい。ノミキンタマというべきか。

 

こんなふうに日本国内における自己満足で、「泉ちゃんはかわいい」「さとみかわいいよさとみ」なんて言っているようでは、先が思いやられる。まともな CG の開発費用も出ない。

 

まあ、彼らは自己満足しているだけでおしまいなのだろう。世界的規模で 20倍の市場をめざすという発想には馴染めないのだろう。それならそれで仕方ない。

シン・ゴジラは、国内版とは別に海外版を作るべきだ。そうすれば、外国人俳優を多用することで、多額の興収が海外市場で望めるだろう。

 

いや、いっそのこと、製作権を丸ごと海外会社に売り出すべきだ。そうすれば、製作権を 10億円ぐらいで売れて、東宝は濡れ手で粟で大儲けできる。

その一方で、海外映画会社は、10億円の代金を支払うことで、200億円ぐらいの興収を得ることができる。日本専用の庵野シン・ゴジラは、海外ではたいして興収を得られないだろうが、内容はそのままにして、外国人俳優外国CG を使った海外版シン・ゴジラなら、200億円ぐらいの興収を得ることができる。いや、ひょっとしたら、300億円になるかも。

 

シン・ゴジラ脚本には、それだけの魅力がある。なのに、東宝には、それを生かすだけの資力もないし、配役能力もない。だったら、海外会社製作を任せるべきだ。自分製作ができなければ、海外会社製作を任せるべきだ。そして、海外会社に百億円規模の大儲けをさせた上で、東宝も1割ぐらいのおこぼれをもらえれば、それで満足できるはずだ。(コバンザメ商法

 

無能会社は、無能なりに、製作権を他社に渡すことで、少しは儲けることができる。おこぼれを。

 

p.s.

石原さとみ役は、google:image:ナタリー・ポートマン で。興収 200億円なら、高額ギャラも払えるだろ。

 


 

 【 ブコメ

 

Borom  ナタリー・ポートマンにしたら「日系人のカヨコが祖母を不幸にした原爆投下を二度と行わせないために立ち上がる」ってシナリオ破綻するんじゃない?

 

ナタリー・ポートマンは、菜食主義で、ハーバード卒で、ユダヤ人。「虐殺されてきたユダヤ人の痛みがわかるから原爆虐殺されないように努力する」でOK。完璧だよ。

 

 

ニューヨーク版作ればいいのでは

 

何を以って海外版シン・ゴジラ』なのかよく分かりませんぬ。単にゴジラ海外ハリウッド?)で作れっていうことならそれはもうレジェダリーピクチャーズ版がある、けどそういう単純な話?

 

ハリウッド演出ではないリアルアメリカシン・ゴジラも見てみたい気がするが、日本版とはまったくちがうシナリオになるだろうね / リスク評価によっては、核利用は十分にオプションとしてあり得るかも

 

海外版は、シン・ゴジラ翻案リメイクではなくて、現状のまんまです。翻案リメイクなら、いくらでも勝手にやればいいが、別物となります。また、ヒットする保証もない。庵野版をそのままで俳優の一部を欧米人にするだけだからこそ、成功保証される。

 

なお、米国版だからといって、場所の設定を米国にすることはありない。場所の設定は日本に限られる。なぜなら「核爆弾を落とす」という可能性は、日本からこそありえた選択肢からだ。

庵野版では、核の使用について、「そこがニューヨークでも同じことをする、と彼らは言っていた」というセリフがあるが、実際にはありえない。同じことをするわけがない。仮にゴジラニューヨークに出現したら、ゴジラニューヨークを出たあとで核を使用するに決まっている。ニューヨークを出て、東京(など)に到着したら、その段階で核の使用決断するはずだ。それが最も合理的からだ。(自分たち死ぬかわりに、他人死ぬのだから、その方が合理的だ。)

というわけで、ゴジラ米国に出現したら、「核の使用」というオプションがなくなるので、映画全体の緊迫感はなくなる。だからゴジラが出現する場所は、「核の使用可能地域」つまり「白い人間の住んでいない地域」つまり黄色い猿の住んでいる地域」に限られる。結局、ゴジラが出現する地域は、日本しかありえないんだよ。ゴジラ米国に出現したら、ゴジラ映画のものが成立しなくなる。「ゴジラニューヨークに登場する形でリメイク」なんてことは、絶対にありえないんだ。(少なくとも、シン・ゴジラに関しては。)

 

 

※ ついでに言うと、東京核爆弾を落とすというのも、現実にはありえない。東京を出て、群馬福島あたりに行ったあとで、核爆弾を落とすに決まっている。東京核爆弾を落とすなんて、ありえないだろ。

 

 

 

言っとくけど外人特に米国人にはそんな面白い映画じゃないよコレ

 

わかっている。だから日本向けの会議場面は大幅にカットして、ゴジラアクションシーンを増やせばいい。脚本さらに加筆はしないが、一部は大幅にカットしていい。

だいたい、会議場面が長すぎるんだよ。もっと短い方がいい。

 

細かすぎて伝わらない日本あるあるなので脚本シナリオも別物にしない限り無理

 

いやいや。全部作り直したら、金がかかりすぎる。石原さとみのところと、CG のところだけを変えるだけでいい。あとはそのまま使う。(ただし大幅に短縮する。)

これだったら、撮影コストはギャラ代プラスアルファぐらいで済むし、CGコスト必要経費だけとなる。全部作り替えるほどのコストはかからない。

   ※ CG は現状のままでもいい。しょぼいけど。

 

なお、「細かすぎて伝わらない」というのは、問題ない。細かいところは伝わらなくてもいい。映画として失敗していなければいい。ちなみに、千と千尋や、もののけ姫は、日本丸出しだったが、世界中で受けた。日本的だとしても、普遍性があるものは、受けるんだよ。

(「国民性ジョーク」というのがあって、「米国人はこうした、日本人はこうした」という話をすると、世界中のどこの国でも爆笑を得る。日本人の愚かな国民性日本人しか理解できないということはない。世界的に有名だよ。)

 

 


 

【 参考 】

 

シンガポールではすでにシン・ゴジラが公開されている。

評判は? とても好評だ。詳しくは下記のトラバ

  → http://bit.ly/2bIbNz1

  

 

http://anond.hatelabo.jp/20160829171356

話が微妙に違うのを承知でいうと、石原さとみポジションハリウッド女優ってアン・ハサウェイな気がするんだよね。キーラナイトレーになるとちょっと(対さとみ観点で)オーバースペック政治的ニュアンスを感じさせ得るという意味では本来エマ・ワトソンが唯一無二キャスティングなんだろうけど、エマ嬢ですらアメリカ東部エスタブリッシュメント家系に見えるかというと「……」なわけで、って考えれば誰もがいうとおり、「誰がやったって文句言われる」。

石原さとみシン・ゴジラに使われた本当の理由(わけ)

あえてツッコミどころ満載な石原さとみを使ってリアルっぽい描写リアルじゃない部分を隠すため。

 

ドへたくそ発音やドへたくそな演技という閃光弾を何度か打ち上げツッコミの余力を石原さとみに向けさせることで

リアルっぽい描写に突っ込ませないという手法

これに気付いたやつは今のところ増田に一人もいない。

いやネットですら未だ確認していない。

 

邦画宿命石原さとみは使わざるを得なかった。とか。

なぜスタッフは疑問に思わなかったのか。とか。

 

なんか失敗扱いされている石原さとみ採用だけど、

ちゃんと石原さとみシン・ゴジラを守ってる。

リアルっぽいけど嘘っぱちだらけの作品」という評価からシン・ゴジラを守るためのサンドバッグ石原さとみ

なので、今の石原さとみに対する評価想定内想定内

完全に庵野スタッフが思い描いた通りの絵。

 

邦画の悪い習慣とか言ってるやつは馬鹿だし何でエヴァ作品を見ているくせにそんなことも気づかないのだろうか?

自称エヴァオタってこんなこと1つにも気づかないんだから低能扱いされるんだよ。

賢くなってほしいので煽っとく。

 

PS:

公開後、1カ月近くたつのにクソ雑魚ナメクジたちが気づかなかったのが理由としては、

1.庵野の思惑通り、ゴジラ存在感石原さとみの下手くそ英語でうまくツッコミの方向反らしと緩衝させることができた

2.シンゴジラの迫力に感動した自分肯定的にみてより承認したいために作品自体にも深みを求めるという欲求すり替えが起こったか

3.石原さとみ存在キャストミスということで興味を無くし、ゴジラにだけ目を向けて考察されていたか

4.石原さとみ採用邦画の癌だと捉えることで慣習に物申す書き方でマクロ的な展開をされたか

大体、以上の4点にカテゴライズされた話題になってしまったことで

シン・ゴジラリアルっぽいエンタメでありリアルではない」という認識を巧妙に隠されていたのと、

その立役者となった石原さとみ存在も注目されずに思惑通り隠ぺいしきれていたということ。