「目星」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 目星とは

2017-05-09

いまどきのラノベセクハラがひどい

アニメソードオラトリオの4話を見ていたときだ。

殺人がおこり、女が犯人だと目星がついた。

そして手近にいた女たちを疑うシーンがあった。

そのシーンでの出来事だ。

男たちがおまえかおまえかと一人ずつ女を指していく。

そのなかで途中胸の小さい女がいた。

そこで男たちは止まり

「おまえはねえわ……」

と蔑む。

このシーンが不快だった。

貧乳バカにするためだけのシーン。

面白くもなんともない。

ただただ不快なだけ。

ここだけでもうんざりするのにさらに、

街の人間を集めて身体検査を行うシーンがある。

そこで、

「女たちは全員脱げ!」

と大号令。

セクハラがひどすぎる。

作者は男性向けのエッチサービスとしてこれらのシーンを考えたのだろう。

しかし男のわたしから見ても不快しか感じなかった。物語にもまったく必要のないくだりだと思った。

いまどきのラノベはこんなことをやっているのか。

ひどすぎる。

2017-05-04

地方でも物を試してから買いたい

最近欲しいもの

筆圧入力可能タブレットPCCG作業のサブマシンとして欲しい)

選ぶ方法としてバリバリ使うなら最上モデル(かそれに近い物)を買うのが安牌だとは思うものの、予算関係でそれは難しい。

予算範囲ネット使用レポートや性能比較を調べまくって大体の目星はつけた。

その何メーカーかのうちでもやっぱり実際の書き心地etc.を試したい。

でも秋葉原までは最速でも2時間以上、旅費1万前後かかる。

この距離だとそんなに地方じゃないと言われるだろうけど、地方で実機が存在しない物を買ってる人たちはどうやって選んでるか教えて欲しい。

ちなみにそのほかにワーキングチェアコンデジも欲しいけど試せる場所がない。

2017-02-17

検索して得ただけの知識で何を語りたいの

少し前までアニソンオタクをやっていた

今期アニメOPEDにざーっと目を通し、気になった映像作編曲者に目星をつけてぐぐる

そうすると色々今まで私が好きになった作品共通項が出てくるから、それを知るのが好きだった

モーショングラフィック担当したのが同じ会社だとか、同じ編曲者ストリングスから好きだとか

でもそれは誰にだって知ることの出来る情報だと気が付いて辛くなってやめたのに今だ好きなテイスト作品を見つけるとやってしま

今期、青エクOPのモーショングラフィック担当しているステロタイプは、学戦都市アスタリスクOP映像で知ったところだし

アスタリスクOPEDも好きだったし、ディメンションWOP担当したSDFも好き)

ED編曲斎藤真也で、やなぎなぎの「Zoetrope」(アムネシアOP)や美郷あき少女迷宮でつかまえて」(ストロベリー・パニックOP)の作編曲をした人だからストリングス部分を好きにならないはずがない

オチャのOPは前期オカルティック・ナインから引き続き志倉千代丸×いとうかなこで好きにならずにはいられないギガロマニアックス感たっぷりのサウンドだし

志倉千代丸と言えば、リメイクかまいたち前評判だけで非難轟々だけど主題歌だけは早くシングルカットして発売してほしい

アニメOP一つとってもいくらでもここから繋げられるし語れる

でもそれが何だというの、こんなもの全部検索して得ただけの情報じゃない

それを得意になって語って何になりたいんだろう

2016-12-17

別れた彼女ネックレスを買いに行った

別れた彼女ネックレスを買いに行った。

元々、ネックレスが欲しいと言っていたので『お別れの記念にプレゼントさせて欲しい』とお願いした。

よく覚えてないけど以前、付き合ってた頃にピンキーリングを贈った時にネックレスピンキーリングどちらが欲しいか聞いて、悩んだ末にその時はピンキーリングにしたような気がする。

理由は「24時間365日付けられるから」だったと思う。

その約束通り、寝るときもお風呂に入るときも片時も離さずつけてくれてる。

かれこれ四年くらい前だったと思う。

ネックレスだと、お風呂に入るときに外すからとか言ってた気もする。

その時、冗談で「将来、彼氏が出来たときに俺が送ったネックレスをつけたまま彼氏エッチすることになるかもしれないし、ネックレスはやめとこ」て話もした気がする。

からピンキーリングを贈った。

お小遣いが月に2万しかない自分が、彼女に3万円のピンキーリングを送るのは結構大変だった。

クリスマスに贈りたいから、会社財形を崩してお金を準備した覚えがある。

渡す時に「もし将来別れたとしても、その指輪は捨てずに持っててください。」てお願いした。

別れて二ヶ月程経つけど、約束たからかは知らないけど今も着けてくれてる。

でも、以前は右手に着けてた指輪が今は、左手に変わってる。

彼女にその理由を聞いたけど「なんとなく」だそうだ。

ちなみにここで言う『彼女』とはガールフレンド彼女でなく、三人称彼女である

ネットピンキーリングを左右どちらにつけるのかの意味を調べてみた。

色々ある中で一番しっくりきたのは

『右は幸せを呼び込む』

『左は掴んだ幸せを離さない』というヤツ。

彼女はいわゆる元カレからプレゼントを気にせず使う派の人らしい。

想い出が云々ではなく、使えるから使う派。

こっちとしては、『忘れたくないからしている』と信じたいけど、そもそも忘れたいはずなのでそれはない。

ちょっと、神経が図太すぎやしないか』と思ってみたけど、そもそも自分も15年以上前に元元カノから貰ったキーホルダーを車のキーに付けてる。

今の車はまだキー差し込むタイプの車だからギリギリつけてるけど、キーレスの車に乗り換えた時にはこのキーホルダーもお役御免なのかも。

変なタイミングで外すと、当時の彼女に勘ぐられたら嫌だな、と思ってズルズルとつけてた。

彼女ピンキーリングも、もしかしたらそんな理由で外し時を逃してしまったのかもしれない。

左手につけてると、将来結婚指輪をはめた時に指輪ケンカちゃうんじゃない?って言ったけど別段気にしてない様子だった。

でも、さすがに結婚式の時には右も左もなく貴金属類は外すよね。

そんなピンキーリングを贈ったのと同じようなものをお別れするにあたって俺にも送りたいと彼女に言われたけど、男の俺が四六時中身に付けるような物を持つのは難しいってことでそれは諦めた。

まして急に高価な物を買うと

「そんなものいつ買ったの?」ってなるからやっぱ難しい。

から、お互いお揃いの物を買うことにした。

最近彼女が履いてるニューバランススニーカー

俺もずっと欲しかたから、俺も買うよと言った。

でも、新しく二人でお揃いのスニーカーを買うことにした。

足のサイズの小さい俺と、少しサイズの大きめの彼女

玄関に並ぶとどっちがどっちかわからなくなった。

紐を結ぶ穴の位置が一段違うのが目印。

ボロボロになっても、きっと大事しまっておくよ。

お揃いの時計も買った。

お揃いの時計をしてるトコをインスタにアップしたい。

インスタやってないけど。

スニーカー時計も常に身に付けるものではないから、やっぱり肌につける貴金属を贈りたいと思った。

ネックレスを贈る贈らないって話を、この二ヶ月なにかにつけてしてた気がする。

一ヶ月前くらいに時計を見に行った時にも何軒か見て回った。

「将来彼氏からネックレスを貰うことも考えて、そこは空けておいたほうがいい?」って話もしてた。

「重ね付けするから別にあっても困らない」てことで、最終的に買ってもいいことになった。

重ねるんかい

で、今週仕事が終わったあとに待ち合わせて目星をつけてあったお店を三軒程見て回った。

どこのお店もカップルプレゼントを選ぶ男性客で溢れかえってた。

クリスマスプレゼントですか?」

まさかお別れの記念だとも答えられずに、苦笑いしてお互い目を合わせた。

その日は、見るだけにして次の日あらためて二人で買いに行った。

彼女が選んだのは有名ブランド定番ネックレス

デザインは別のお店の物が華奢な感じで好みだったけど、有名ブランドのやつはやっぱ気分が上がるよねって話をした。

俺も最後にそのブランドネックレスを贈れることが誇らしかった。

いつかのメリークリスマス椅子のくだりを思い出した。

石が一番小さいのがいいって言ったけど、もう一つ大きい石のでもいいようにお金を準備した。

四年前と比べて、タバコを止めた分さらお小遣いが少なくなった自分ネックレスを買うお金はなかった。

人生で初めて消費者金融お金を借りた。

彼女には『会社から一ヶ月の給料範囲内で低金利お金が借りられる制度がある』って話をした。

んなもんはない。

お目当てのネックレスのチェーンが少し長いのが気になってたので、少しカットしてもらうお願いをした。

一度切ったら元には戻せないので長さに悩んでいると店員さんが「長さを二段階に調整出来る金具を取り付けることもできますよ」

いや、それ早く言ってよ

その提案、早く頂戴よ。

無事に長さの件は解決してお会計

「長さ調整の仕上がりは二週間後。調整費は商品お渡しの日に頂きます」って、そんときにはもう会わなくなってるかもしれないから、無理言って調整費も一緒に払いましたよ。

から、俺はきっとこのネックレスをした彼女を見ることは出来ない。

少し彼女の好みより長めの未調整のを付けたのしか見られてない。

会計が済んで帰り際に店員さんが「本当に仲良しなんですね」だって

きっと今でも仲は悪くないよ

そんな簡単に仲悪くなるなら10年も付き合ってない。

彼女10年じゃなくて9年半てことにこだわってたけど。

テレビ芸能人円満離婚とか言ってるのを見て

離婚するのに円満なわけないだろ」

「嫌いじゃないならなんで別れるんだよ」って思ってたけど

仲悪くならなくても別れることってあるんやね。

人をなかなか好きになれない俺が好きになった人

熱しにくいかわりに冷めにくい俺

年率7%くらいの複利で好きになってた

彼女は、もう最盛期の5%くらいしかきじゃないらしい

急速冷凍

ううん、そもそも最近全然きじゃなかったって

それどころか

「もうお別れなの?」

って聞いたら

「そもそも付き合ってない」

って言い出す始末

から今の彼氏出会った頃に「彼氏いない」って言ったけど、それは嘘ではないってことらしい。

付き合ってないから。

明日からどうやって生きていけばいいんだろ

そう言うと「あなたには帰る場所があるじゃない」って言われる

今日「またね」って言わずに別れた。

俺が会おうって言えば会ってくれるんだろうけど、あっちからは二度と会おうって言ってくれない。

一番大事な人

幸せになってください

2016-11-16

http://anond.hatelabo.jp/20161116122212

いざ就職活動もして現実を知ったというのが大きかった。

とりあえず働いて編入後の5年間を生き延びられるだけの貯金をしてから受験する予定ではいる(すでに受験先の目星はついた)

まあ確かに人生迷走してる感は否めないが、入った会社が合わず転職してる人は普通にいるし、進路変更はよくあることかと。

あと医者なら年老いても働けるので、下手にサラリーマンとして定年を迎えて、年金も碌にもらえず下流老人に陥るリスクを考えれば、5年間の回り道をする価値はあるという計算もあるな。

2016-09-09

20代子供生むって難易度高すぎね?

こないだ30になった

20代のうちに(第一子)出産するのを目標にする人は多い

そして世間ではそれ(20代のうちに出産)は望ましいことのように考える人は多い

しかし私の小学生並みの恋愛観で考えるとかなり難しい

まず大学卒業して22歳

結婚相手出会うまで1年

出会ってすぐ付き合うのもなんなので付き合うまで1年

付き合ってすぐ結婚というのもなんなので3年付き合う

この時点で27歳

5年もかけるなんて悠長すぎると思うかもしれないが

結婚する以上離婚なんてありえないと思うし

そうなるなら相手は慎重に見極めるべきだ

本来なら5年と言わず10年あったっていい

で、まあ結婚式やらなんやらの準備で半年、いざ子作りするかとなってもすぐ出来るとは限らないので半年

妊娠してから出産までで約1年

ここで29歳

ギリギリ滑り込みセーフだ

余裕は1年しかない

時間の有り余った学生時代とは違い社会人の1年なんて一瞬だ

しかもこれは「ノーミス」で行った場合

出会って付き合って2年たったころに破局なんてことになったらそれだけで4年無駄になる

そうなると大学卒業から準備している必要があるが

20歳なりたての学生でそんな不確定な10年先まで考えて行動している奴なんているだろうか



いるのだ

就職活動と同じだ

採用活動が始まり内定が出るのは4年生だが

(余程の強運か才能に恵まれていない限り)希望内定を得られる人間は3年生以前から動いていた奴だ

ある者は結婚相手目星をつけ、ある者は経験を積み結婚相手を見極める力をつけている

20代出産って

なんとなく「普通」に生きていれば達成できるんじゃないかと思っていたけれど

私の思う「普通」の生き方は「怠惰」な生き方だったのだ

2016-09-03

ここ数日ヨドバシサイバー攻撃を受けまくってるんだけど

犯人について何か知ってる人います

僕は何となーく目星がついちゃってるんですけどね。

2016-07-17

死にたい言ってる若者は、本当に死にたいわけじゃない

若者の大半が長生きしたくないという思い込みを持った増田なわけだが、ちょっと違うんだよね。

人間も生き物なので死にたくは無い。これは絶対と言って良い。

ネットを調べれば安価に確実に死ね方法なんていくらでも出てくるご時世に、ネット愚痴を書いているのがその証拠だ。

とは言え、表現方法を知らずに「死にたい」と言う気分が分からんわけでもない。

増田の「死にたい」って要するにこういう事だろ。

1 仕事が無い、仕事未来を見いだせない

2 家族や友人が居ない、または関係が悪い

3 金が無い

当たり前の話だが、やりがいの有る仕事が有って、家に帰れば伴侶や子供笑顔で迎えてくれて、休みの日には実家に帰ったり友達と遊べて、贅沢は出来なくてもそれなりの収入が有る人は死にたいとは思わない。(病気障害は、元増田が「若者の大半」と言ってるので今回は除外)

スポーツ選手になりたいとか、アイドルになってTVに出たいとかであればともかく、この程度の事は健康若者ならどうにでもなるのだけど、まぁ出来ないと思っている人に言っても仕方ない。

なので各項目に少しだけアドバイスをだそう。


1 仕事が無い、仕事未来を見いだせない

非正規フリーター介護独立するつもりのないアパレル飲食あたりをやってる人だろうか。

こういう人は、休みの日に就活しろ。とはいっても、アホみたいに一部上場企業に行くと絶対蹴られる。

今は空前の人手不足でな、中小企業猫の手も借りたい所が多い。

地元企業を紹介している本が書店に有るから、それを隅から隅まで読め。

いくつか目星をつけて、ネットで色々調べて、シェアが伸びている所を探すんだ。

地元で有名な会社とかはダメだ。優良企業なら入れないし、斜陽産業なら老害だらけで学びがない。

伸びている会社なら中途採用でもチャンスが有るし、学びは間違いなく有る。

休日と平日の空いてる時間を使って、目星をつけるのに1ヶ月、面接受けまくるのに1~3ヶ月って所か。

吊るしでいいかスーツ着て、髪をセットして、こざっぱりした格好で行け。

面接では調べた知識を存分に披露しろ。やる気が有ります一生懸命働きますアピールを忘れるな。

35歳以上なら難しいが、元増田は35歳以下と言ってるのでこれでいける。


2 家族や友人が居ない、または関係が悪い

ぶっちゃけ、ある程度仕事していれば解決する問題

どうしても気に食わない相手しか居なくても、利益のためなら礼儀正しくなれるのが仕事の良い所。

あと、まともな母数から数を当たるのが大事

非正規飲食介護は、言っちゃあ悪いがクズの吹き溜まりだ。

クズの中からいくら数を当たってもクズしか引けない。まともな人間はある程度固まって存在している。

よって、まともな職を得れば、まともな人間関係は後からついてくる。

自分の親が嫌いな人、それは正常な反応だ。まず自立してさっさと引っ越せ。頼られたら縁を切れ。

もし介護や援助が必要だとしても、自分人生を捨てる必要は無い。先に生まれた人は先に死ぬのがこの世の理だ。

ましてや、自立すら出来ない人が他人を救うとかお笑い種じゃないですかね。


3 金が無い

まぁ仕事で半分は解決するのだが、マネーリテラリシーの無い人は学ばないとそのうち死ぬ

ローンとか生命保険とかで選択を間違うと、無自覚に数千万円くらい損する事も珍しくはない。

これは本でも読め。オススメ橘玲の「臆病者のための億万長者入門」だ。アフィ無しのリンク貼っとく。

https://www.amazon.co.jp/dp/416660970X/

クソみたいなアフィブログをいくつ読んでも、この1冊には敵わない。新書なので新品でも数百円だ。

まぁ1と2を実行して、まともな伴侶を貰って共働きすれば、金に困る事はそうそう無い。世の中の仕組みを知り、身の丈に合った生活をすればいい。


「世の中の仕組みを知る」という事はとても大事

本に書いてある事に俺の見解も加えていくつか紹介する。


住居費と人件費世界有数に高額な日本で、専業主婦or主夫をやるのは狂気の沙汰だ。

22歳新卒若者には1億以上の人的資本が有る。それを時給数百円で売り払う人は愚か者しか言いようが無い。

宝くじ愚者税金と呼ばれる。愚かな人だけが支払わされる余分なコストだ。パチンコ競馬も同じ。

超低金利日本サラ金リボ払い借金するのはバカ調達金利が0.01%以下なのに、借りている人は10%以上の金利を払っている。

入院、通院の保険はある程度の貯金が有れば不要。何せ、保険控除率50%前後も有る。そのぶん貯蓄した方がマシ。

まぁこの程度の事は、良い所の子供なら大卒までに仕込まれている事ではあるが、死にたい言ってる人は知らんだろ?

資本主義社会にはルールがあるが、自分で調べない人はルールを知らずに戦うしか無い。

絶望する前に、ルールを知って一度戦ってみてはいかがか。スーパースターは無理でも、凡人くらいにはなれると思うぞ。


http://anond.hatelabo.jp/20160716201509

あと、勉強大事だ。元増田文章は短いのに酷すぎる。文意が通っていない。

ネットばかり見てないで、まともな本や新聞でも読め。国語は全ての学問の源で、これが出来ないと日本人として戦う事も出来ない。

まぁ死にたい言いながら、生活保護もらって野垂れ死ぬのも気楽かもしれんがね。

2016-06-29

増田AMP対応真実

増田AMP対応したせいで、はてブアプリから増田を開くと必ずモバイル版が表示されるようになってしまいました。

普通に考えたらこ対応おかしなことです。

確かにページの表示速度は早くなりましたが、ひと昔前のようなデザイントラックバックの内容も満足に確認できないページを見せることになんの意味があるのでしょうか。

増田に興味ない人は本文だけしか読まないとでもいうのでしょうか。

増田はその日記だけではなく、トラバまで含めてひとつコンテンツです。これが面白いのです。

コメントする際も必ずトラバの流れを確認し、ブコメにするのかトラバにするのか判断するのか必要があります

では、なぜこのような対応がされたのでしょうか。

流行AMP対応をしたという対外的アピールに見えるかもしれませんが、それは違います

これには大喜利を得意とする某有名ブクマカとの裏取引が行われているのです。

大喜利にはスピード感が最も重要です。ホッテントリ大喜利会場を見つけたらいち早くコメントすることが求められます

AMPによる高速化で某有名ブクマカ記事選択した3秒後にはブコメ投稿完了しています

一般ユーザーPC版を表示したときにはすでに某氏ブコメが表示されているのです。

一般ユーザーたちはもう某氏スターをつけざるをえません。

これにより某氏は莫大なスターを手に入れているのです。

わたしには誰がこのようなことを指示したのか目星はついていますがここに書くことはできません。

ですが報酬として、はてな本社に大量のカレーが流れていることは間違いありません。

2016-06-23

[]6月23日

○朝食:ビタミンゼリー

○昼食:おにぎり三つ(シャケ、ツナ、梅)

○夕食:夏野菜カレー明石焼、目玉焼きトースト餃子パンベーコントマトチーズパン

調子

今日は定時帰り。

帰り際に「Javaに詳しい人助けて!」という声が聞こえてきたが、間違いなく幻聴だし、僕はJavaに詳しくないので、帰ってなんら問題はない。

ない、はず、ない、と思いたい、ない、よね? ない、よ!

あと、今日は異常にお腹が空いて、夕飯はドカ食いしてしまった。

しかも、まだお腹が空いているという空腹地獄冷凍の焼きオニギリ食べるかも。

逆転裁判6

四話裁判編。

まだ犯人目星すらついてない感じ。

デレマスの愛海ちゃんが見たら「ふ・ざ・け・る・な・あ!!!!!!」ってなりそうなキャラがいて、面白い

2016-03-10

http://anond.hatelabo.jp/20160310000931

「読んでる奴がますます読むためのツールであって、読まない奴が読むエントランスにならねーよ。」

これはその通り。ただわかってないわけじゃなくて、狙っているところが違うんだと思う。

絵がなくても人気出たやつに絵をつけてブーストして販売するっていうビジネスモデルなんで、あれはあれでいいんじゃないかな。要するに今まで編集部が「目利き」「掛け」でしていた仕事を書く奴、読んでる奴(モニター)に丸投げして先に目星がついてから動くシステムなんだから。あれだ、蠱毒みたいなもんだ。

2016-02-04

第2のスタートに向けて

市役所に問い合わせたところ、今年4月保育園入所可否の通知は2月5日発送だそうだ。翌週には、春以降の生活目星がつく。

幸いなことに、待機児童数は少なく、第1~5希望までのどこかに預けられると思っている。

ただ、評判のいい無認可保育園がないため、万が一、不承諾だった場合、不本意ながら、不仲な実母に頼るしかなくなる。

認可保育園でも、園によって、負担教育内容がだいぶ変わり、人生の分かれ目といっても大袈裟ではない。

第1希望は、駅の近くにあり、延長保育は夜21時まで(他は18時)。便利だが、保育・教育内容にはやや不安がある。

第2希望は、通勤はやや遠回りになるけれど、アットホームな感じ。印象は一番いい。

第3希望は、公立のため、3歳以降、主食弁当として用意しなければならない。園庭は広く、開放的

第4希望は、朝が延長保育の扱いで、夜は22時までの夜間型(実際は20時頃まで)。夕食が用意されるので、負担は少ない。

第5希望は、公立で翌年度から別の幼稚園統合し、こども園に移行予定。ただ、新校舎に移る以外、何も決まっていないらしい。

大卒30代後半正社員首都圏在住にも関わらず、手取り19~22万の夫の収入だけでは、貯金を切り崩さないと生活できない。

育児休業前は自分のほうが年収が高かったけれど、会社規模や業界動向などを考えると、「主夫になって欲しい」とは言えない。

共稼ぎ継続は、子どもを育てるための絶対条件だ。

生涯年収とその後の人生は、最初就職した企業に左右され、転職成功すれば挽回できるものの、失敗すると行き詰まってしまう。

一度目の転職年収アップを果たし、実績も残せた。しかし、出産産休・育休によってリセットされてしまった。

休業中に多くの同僚が退職し、経営状況も芳しくないときく。だからこそ、ここで踏ん張らないと詰む。

正直、新卒1年目以上に不安だ。生涯年収を左右する勝負の始まり。勝てるかな。否、絶対に勝たなければいけない。

手芸屋さんで洗脳されそうになった話。

結論から言うと、布屋で2メートル5600円の布を断れずに購入し、「あ、私マルチ商法とか笑えないな」と気付いただけの話です。

=====

変な宗教勧誘されそうになったり、所謂自己批判」をしかけられた分けではなく、相手はただ布を売ろうとしてきただけなのですが、それすら断れなかったことにショックを受けたので文字にすることで冷静になりたかったのと、

買いたくない布を買うに至るまでのプロセステレビネットで読む「洗脳」のプロセスによく似ていると感じたので、同じような状況に立ったときに思い出して貰えればと思い、初めての増田投稿しました。


ちなみに2メートル5600円は、布の値段としてはちょっと高いぐらい。

上を見ればキリが無いが、主婦結構奮発して買うぐらいの物だろう。

自体は悪い物では無いけれど高級品と言う分けでも無く、老夫婦趣味でやっているようなお店なので、友達相手商売ならまあそんなものかなって言う商品


ただ私はその時その店で何かを買うつもりは無かったし、

お財布事情もその店の想定する顧客では無いと自覚したうえで、もしかしたら掘り出し物が見つかるかもって軽い気持ちで入った。


何度か入ったことがあるお店で、私を囲って最終的に布をレジまで持って行った店主のマダムも悪い人では無いのだと思う。


そう、相手は腰の曲がったお婆さんだった。


ピンクツイードジャケット千鳥格子スカートで、喋り方もちょっとハイカラなお婆さん。

店員も客もマダムも合わせて四人しか居なかった。みーんなお婆さん。

対して二十代の私が物理的に逃げることは簡単だった。

それなのに、2メートルの白い布を手にちょっと茫然としながら「自分洗脳される側の人間かも」と恐怖した理由もそこにある。



  • 順を追って話してみる。

私はメートル千円未満の安い布を探していた。

火急の用では無く、購入する店にも目星を付けていた。一週間後にはその店の近くを通るので、その時に買えば良いや、ぐらいの気楽さ。

ToDoリストにも書かないようなレベル


件の店はタイトルでは「手芸屋」と書いたが細かいことを言うと布専門店で、最初は寄る予定も無かった。

私が用があったのは、同じ複合店内の百円均一だ。

刺繍用の下書きシートが欲しかった。

と言うか、そもそも買い物をする予定もなかった。

100円均一だって図書館に行ったら、休館日だったので、手持ち無沙汰になってしまい無理矢理作った用事だった。


ともかく入ってしまった複合店の中で、二店は同じフロアにあり、エレベーターを上って最初に目に入るのが例の布屋なのだ

高級な布を見るのは楽しいし、時々端切れを買ったりして少し好きなお店だった。


そう言えば白い布探してたんだよな、もしかしてちょっと良いのが安くなってないかな。

ちらっと覗くと、白い布に「1000」の値札がついている。「2800」に打消し線が入っている上に、だ。

お得じゃん!

早速近づいて手にとってみて、がっかりした。

ベルベット素材だったのだ。

しかったのは麻か綿。全然違う。

でもベルベットが千円なんてちょっとすごいな、冬だからかな、なんて触っていたら、見たことのある─一度レジで話をしたこともある─店主のお婆さんが話しかけてきた。


「良い布でしょう、ベルベットって言ってね、宝石名前もついてるくらいで、良い布なのよ」

(ちなみに宝石名前、がどこから来ているのかネットで軽く検索しただけでは分からなかった)


元々店員さんと話すのは苦手では無い。

手触りが気持ちいいですね、なんて言いながら、買うつもりが無いことを、次のように伝えた。


「でも私、スカートを作りたいんです。白い麻とか綿とか…これじゃちょっと違うかな。」


しかしこれぐらいで店員さんが引かないのは当然だ。


スカート!良いじゃない。

あなた若いから、これ(青いビロード)でも可愛いわよね。

タックを入れてこう…(手でストンと落とす)いうのも良いでしょう?」


今思えばマダムあんまり話を聞いてくれなかった。

耳が遠い分けでは無いのだが、お年寄り若者それぞれにあるゾーンみたいなもの時間軸がちょっと違う。

年寄りだけじゃなく、若いやつにもゾーンはある。

その時その時の自分世代が正常だと思ってしまうが、今は分かる、十代もちょっとおかしい。

二十代なんて全然若いと思っていたが、いざ突入してみると十代が怖い。

世代の違う人との会話を二人三脚に例えるなら、予期しないタイミングブレーキをかけたりダッシュしたり、とにかく息が合わないことが多い。

勿論、他の世代からすれば私は「鈍くさい奴」「足の踏込が甘い」とか、いろいろあると思うけれど……


……脱線した。



とにかく、ちょっと話を聞いてもらえないことが分かったけれど、その時はまだ何とかなると思っていた。

勿論千円を超える布を買う気も無かった。


もう一度ビロードが想定と全く異なることを伝えると、マダムは違うコーナーに私を連れて行った。

黒い壁や間接照明とならんで布が飾られている、明らかに高額商品のコーナーだ。

白い綿や麻、混合を探していて、千円のビロード予算に沿わないと伝えているのに、マダムが手に取るのは四千円五千円の柄物の布ばかり。


「これなんて派手だけどあなた若いから、似合うわよ」


あれこれ話を広げていくマダムに、ちょっとやばいぞ、と気付き始める。

挙句に六千円の織物を手に取り、一万五千円が六千円になっている、これが一番お買い得だ、ちょっとそこ(鏡の前)に行って当ててみたらどう?とか言い出す。

もっと高い布もそのお店にはあるのだが、それまでマダムが手に取ったり指さしたりした中で一番高い布を「お買い得」と言って勧めてきた所に、マダムの狙いは親切では無く何かを買わせることにあったと思えてならない。

その後も再三「予算に合わない」と繰り返して、何とかその場を移動しても、相変わらず四千円五千円のコーナーをうろうろするマダムと、私。

この時私はへらへらしていて(癖なのだ)、

会話も


「綺麗ですねえ、見てると欲しくなるけど、高いなあ」


などと肯定から入っていたので、端から見たら購買に積極的な客に見えたかもしれない。

自分のこの態度にも、最終的に断りきれずに買ってしまった要因があると思う。


その後も「どこかの学生さん?」と聞いておいて、別段安いものを見せてくれるわけでもなく、こちらの予算無視でとにかく買わせようとする。

何度か逃れられた、と思って安い生地のコーナー(一応キルトとか子供向けの柄物とかも置いてあった)(とは言え、そこに置いてある生地セールになっていることは滅多にない。本当に、冷やかしと同然でとりあえず入ってみただけだった)に行こうとすると、一度は離れる。

けれどすぐに声をかけてきて、「これなんかどう?」と、また良いお値段のコーナーに引き戻され、結局安いコーナーには一歩も入れなかった。


マダム言葉選びは、いっそ見習いたいところがたくさんあった。

「気安い布も見させて」と苦笑いする私に、三色並んだ布を指して「これなんかもねえ、お値打ちよ。」と百八十度違う言葉をかけてくる。


「へ?ええ、ああ、でもちょっと予算がね。」驚きつつも、なんとか会話を続けようとするのを遮って、


あなたあなただったらこ三色でどれ選ぶ?」

「ええっと、カーキかな。でもちょっと素材が…」

「ねえ、良い色よね。」


と、とにかく相手に選ばせるのだ。

選んだらそれを褒め、自分が手に取った商品は良いですね、と言わせるのだ。

こう言うときに「そのヒラヒラ下品で好きじゃないわ」なんて言おうものなら、「若い子にはそうかもね。じゃあ、こっちはどう?ツイードで大人っぽいわよ」と他の布を出したことだろう。それとも、フリルのついた他の布を持ってきたかもしれない。

実際、最後まで私の希望─白色、麻や綿、千円未満─に一つでも沿っているものを持ってくることは無かった。

そうして私が指差したカーキ色の布を手にすると、マダムはおもむろに言った。



「これにする?」


唐突なその言葉に、ちょっと血の気が引いた感覚が、この記事を打っている今も残っている。

散々「他の布も見るね」と言っては頷かれ引き戻され、一度も自分のみたい物を見ていない。

まだ私は物色すらしていないのに、しかもその布を聞かれたから褒めこそすれ、明確にあることを伝えている計画に照らし合わせる前から、何故、いきなり購入になるのか。

私がどんなスカートを作りたいかおばあさんは聞いてもいない。

しかも散々伝えている「どんな布が買いたいか」に、その布はかすってもいない。

上品なカーキがテカるシャンブレーを片手にレジに持っていこうとするおばあさんにそこはかとなく恐怖した。


この時「この人話が通じないんだ」と恐怖したのが、第一段階だと思う。

洗脳の段階だ。


はっきりノーと言ってその場を去れば良いじゃないか、と思う人もいるだろう。

出来なかったのか?と呆れられれば、私はその人の前では自分を恥じてしまうだろう。


実際、出来たと思う。

自分より弱いおばあさんだったから強く断れなかったのかもしれないし、

へらへらするのが身に付いていて、愛想の悪い態度をして誰彼構わず嫌われたくないと思ってしまうのが、私の悪い癖でもある。

それに、5600円だ。

数十万じゃない。

ハッキリ払えないと言うのが嫌だと言う、妙な虚栄心もあったと思う。

私は普段からまめに洋裁なんかをする人間では無く、知識も低いのに知ったかぶりをしてしまう所があって、この時もなんと言うか見栄を張ろうとしていた。なんとか取り繕って逃げようとしていた。


色々な要素が混ざり合って、最終的に、「向こう見てきますね」と言って逃げようとした私におばあさんが別の布を手にして


「もう、これにしましょうか」


に負けてしまった。

本当にこの時は怖かった。

今も、思い出すと怖い。

しゃがみこんで、泣きそうになりながら、それでもなんでか笑って、なんとか逃げようとあれこれ言ってみるけれど、「何メートル必要なの?」「二メートルです」と答えてしまい、二メートルだと言ったそばから「それならシャツもね、作りたくなるのよ。三メートルあれば足りるかな…ちょっと計算しましょうか」と言われ、「あの、スカートに二メートル必要なんです。シャツには足りませんよね」と言う声が震えそうになったのを抑えてしまった。

結局おばあさんはレジに立っていた店員さんに「三メートルね」と言うので「二メートル!二メートルでお願いします」と訂正しなければならず、最後まで話を聞いてくれなかった。(「これにしましょうか」と言って手にした布もグレーで、他に四色ある中からどれが良い?と言いながら、なぜか頑なにグレーを持っていこうとしていた。もしかしたらグレーが高かったのかもしれない。私は「自分で」白を選んだ。)

この時私は切られた布に申し訳なさすら感じて、一割引に「ありがとうございます」、それなのに(店側がカード会社に売り上げからパーセント手数料を支払わなければいけない)クレジットカードで支払ってしまってすいませんとまで言った。

これも、私の癖だ。

レジでも毎回「ありがとうございます」と言い、車の前を通るときは例え相手が無理に横断歩道に乗り込んでいても反射的に頭を下げてしまい後で一人で勝手に悔しくなったりする。

悪いことではないと言ってくれる人もいるだろう。

けれど、今回ばかりはそうは思えなかった。

この癖も、悪徳商法などの洗脳にかかりやすくなる要素の一つだと自覚たからだ。



  • 手芸屋さんでの体験は、以上で終わりです。

ここからは、どうして自分が「洗脳されやす人間」だと自覚したのか、書いていきます


1.まず一つに、最後まで─そして今でも─私は「断ろうと思えば断れた」と思っていること。

これは、「断ろうと思えば断れた」のに断らず、「自分で選択した」のだから決断した「自分が悪い」と言う結論を引っ張ってきます

低下した自己評価洗脳の温床です。

なぜなら、自分判断を信じることが出来なくなるからです。

自己評価が最低になり、何もかも自分が悪いと思い込むと、「被害を受けた」という判断も下せなくなってしまます


今回、私の相手は腰の曲がったおばあさんでした。

先にも書いた通り、逃げようと思えば方法はいくらでもあったのです。

それに、5600円も「被害」と言うには大げさな額に感じられます

何より、私には支払い能力があったのです。これで生活がおろそかになるわけではありません。

これぐらいなら「仕方ないか」と思える「被害」と、「自分が決めたこと」は自分責任を負わなければならないと言う負い目から来る「自分が悪い」という自己否定

この二つのせいで、私は(こんな記事を書いておいて何ですが)おばあさんを悪役に出来なくなります


「買いたくないものを買ったと嘆いているけれど、相手はおばあさんだったんでしょう?無理やり拘束されたり脅迫された分けでもないのに、大げさだよ。人のせいにしてるだけでしょ」

「本当に買いたくないなら、走って逃げればよかったんだ」

「他にも買わないために出来ることはいくらでもある」

「結局、本気で嫌だったわけじゃないんだよ」

誰かに言われる前に、自分でここまで考えてしまます


今回は布で済みましたが、これが悪徳商法だったらどうでしょう

相手は物腰柔らかに、しかし強引に話を進めていきます

額もそんなに高くありません。

商品も鍋とか包丁とか、日用品かもしれません。

あなたが参加した企業家のためのセミナーIT系によくある「仕事効率よくこなすための三つのフロー要点」のような、ネット有名人講演会で、パソコンを使った遠隔講義に誘われるかもしれません。

日用品なら、高くても数万、遠隔講義なら物理的に囲いこまれるわけでもなく、いつでも逃げられる。

契約しなきゃ帰ってくれそうに無くて怖いし、よく聞く何百万の詐欺事件よりはマシかな、と契約してしまうかもしれません。


けれど、一度契約してしまえば最後自分を責める後悔が始まります

今回のことで痛感したのは、「詐欺金額ではない」と言うことです。(詐欺とまで言ってごめんね、マダム。もう二度と行かないから許してほしい)

あんなにテレビネット詐欺洗脳ニュースを見聞きしていながら、「騙された」ことが辛いのです。

マルチ商法は、買わせた相手のこの気持ちの隙間につけ入り、「元が取れるよ」と売る側に回して「被害者」を「加害者」に変える悪徳商法です。

傷付いた自尊心を補おうためにしたことが、加害者になることでさらに傷付き、負の連鎖を引き起こすことになってしまうのです。


中には、「加害者である自覚もない人がいるでしょう。


話は戻りますが、先に書いたように、「恐怖」が洗脳の第一段階ではないでしょうか。

相手に話が通じない、もしくは暴力の可能性を示唆されることで、自分が無力だと感じる。

そうなると、なるべく穏便に逃げたいと考えるようになります。まだ逃げたい・この場には居たくないと考えます

そして、ひとまず相手要求を飲んでしまう。

しかし、拒否できなかった自己嫌悪から自分を責めることになり、自信を無くしてしまう。


2.次に、結局「ノー」と言えなかったことだ。


これに尽きるけれど、こんなにショックを受ける程買いたく無い物に、「ノー」と言えなかった奴が是が非でも自分たちの住む沼に引きずり込もうとしているマルチ商法洗脳拒否できる分けねーべ。

これは一日経った今もちょっと泣きそうなぐらいショックだった。


まず、店員さんに押し切られて買うと言う経験が無かった。ファースト。奪われた。

それまで店員さんって言うのはひたすら褒めてくれるのをスルーすれば着合わせを一緒に考えてくれたりするちょっと気分良くしてくれる人だと言う認識で、お仕事から失礼なこともしないし、怖いなんて思ったことも無かった。

ちょっと考えてみます」と言えばすうっと引いてくれた。

けれどマダムは違ったのだ。

考える隙を与えずにガンガン来られたら、そりゃパニックにもなる。


ちょっと考えてみます

「ごゆっくりどうぞ~」


は、あくま相手気遣いで、彼等が売るのは商品のものでは無くて「豊かな生活」「楽しい買い物の時間」でもあったりするからだ。

お店で気分を害して買い物をしても、悪評が広まれば客も減り、商品も売れなくなる。そんな方法を取ってまで売る物では無く、「ちょっと考えてみます」と言った客は接客を止めるラインでもあったりするからだ。

けれど悪徳商法にはそんなこと関係無い。

洗脳集団にはそんなこと関係無い。

あの手この手私たち思考能力を奪い、言いなりにすることが目的から


そこに来て店員さんや通りすがりの人の前ですら「物分りの良い振り」をしたがる私の性格

「卒なくこなしている」ように見られたい見栄があって、無愛想な態度を取ったりして働く人に敬意を払っていないとかマナーを知らないとか、軽蔑されたくないと思ってしまうのだ。

マダムは私の話を一切聞いてくれなかったのに、いちいち声に振り返り、返事をし、話を聞いてくれない人の話を聞いて何とか会話しようとする私は、そりゃ良い鴨だ。

向こうはこちらの話など聞いていない。

こちらは相手の話を聞くしか無い。

考える時間も与えられず、パニックになり情報遮断されて追い込まれた中で、頷くしか選択肢が無いと思い込んでしまう。


以上の体験で、自信がぽっきり折れてしまった。


マダムは悪い人では無いと思う。

半分は天然で、半分は故意だっただろうけれど、それも悪意からでは無く、引き際を知らない人だったのだと思う。

比べるのは嫌だけれど、私の祖母も私の話を聞かない。

一緒に料理店に行くと、いくら私が要らない、食べられないと泣きそうになりながら断っても、自分子供時代のひもじい思いをした辛さから良かれとどんどん料理を注文し、挙句自分が食べられなかった分を私に「食べれるでしょう」と差し出す。

今はもう必死に粘ることを覚えたが、中学生のころはガチ泣きをしながらご飯を食べたことも、何度かある。祖母は私が泣いていても、見えていないのか全く悪気が無く「食べれるって」と言う。

あっ、こりゃダメだ…。


また脱線した…。

もういい、なんだか書けば書く程自信が無くなって行く…強く生きていきたい…。


…えっと、それで、結局「マダムも悪い人じゃない」と思っている時点で、私は相手を完全に否定して切り離すことが出来ていない。

こんな記事を書いて「洗脳」とまで言っているのに、だ。

これが信用していた友人だったらどうだろう。

もう立ち直れない…。


長々と書いておいて、とりとめもなく終わってしま申し訳ないです。

失ったのはたかだか五千円ですが、受けたショックは一日引きずって消えませんでした。

このショック和らげるため、自分のために一気に書いたので、矛盾やほつれがいくつかあるかもしれません。すいません。


タイトルで「洗脳」とまで書いたのに、結局洗脳された分けでも無く、マルチ商法に怯える妄想に始終し「洗脳」って何ぞや、と思った方もいるかもしれません。

私も簡単に「洗脳」について引用を載せた方がこの記事も書きやすいかな、と洗脳の手順とかを検索してみたのですが、「洗脳はこうしてできる!」「洗脳は簡単に見破れる!」みたいなあんまり仰々しく強気記事が多くて「どっこいどっこいだな…」と疲れてしまいました。

おススメはテレビ番組しくじり先生」の辺見マリさん回です。あれ分かりやすかったよね。


この記事を読んでちょっとでも感じた恐怖を追体験し、「もしかしたら私もそういう所あるかも」等と自衛一助になれば幸いです。

それでは。

2016-01-19

http://anond.hatelabo.jp/20160119042122

うーん、学生時代は「天然」だとか「中二病的な精神力と行動力で頑張ったら、この院受かってた」みたいな…学生から許されてたんだよな、天然と無鉄砲で何とかいっちゃった、みたいなやつ。

でも、社会人になったらそうはいかないよね。それに気づいた訳だから、「じゃあ、どうすればいいのか」という問題で、何が向いているかな、と思ってココで色々相談してる。

既に文末で答えている様に、何か専門的な技術を持った方が…と言う点は私も同感。今いくつなのかな?取り敢えず、あなたは「何をすればいいか」という目星は付ける事が出来ている訳だからもっと前向きになっても良いと思うよ。

私は、あなたが言う様に「元健常者気取り」だけれども、個人的には「それでも前進してきた」あの時の「心の余裕」は欲しいと思うな。

今、私は焦ってしまって、正直言って冷静に自分自身目標立てて…という様な事を考える事が出来てない。でも、こういう所で悩みを話して、少しでも建設的になれたらいいな、と思ってるよ。

お互いがんばろうね。

2015-07-12

ドラマデスノートの改変が評判悪いけど

ライト天才でなくて平凡なアイドルヲタのほうがしっくりこない?

テレビでLに挑発されて動揺してすぐ殺してしまうとか、警察関係者からキラ学生だって聞かされたら、それをごまかすために時間をバラけさせて逆に「キラ警察の身内だ」って目星をつけられるとか、そこら辺の間抜けさは天才っぽくないじゃん。

デスノートみたいのがあったら、それを持ってるほうが圧倒的に有利だから天才vs天才でなくて、天才vsデスノチートの凡人くらいのほうが争いとしてはバランスとれてると思うわ。

2015-06-18

ある個人投資家Ingress出会いヘイトを溜めていく記録

ある個人投資家がIngressと出会い溺れてゆく記録 : 市況かぶ全力2階建その後

5日後

エージェント プロトコル - Ingress ヘルプ

2015-04-05

ブランド物を持っている人を見ると妬ましい。

から自分にはまとまったお金がなかったが、ブランド物には憧れていた。

欲しいものがあると偽物を買ったり、中古で安く手に入れたりしていた。

すれ違う人やSNSブランド物を見ると、悔しくなった。自分には買えないし、なんであの人はあんな高いものが持てるのって。

社会人になり数年が経ち、まとまったお金ができたので、自分へのご褒美的な感じで10万円くらいのブランドバッグを買うぞ!と意気込んでいた。

とりあえずネットで色々目星をつけて質屋に行ったが、実際見てみると、冷めた。なんでこんな大金出すんだろうって。

物欲は多少収まったが、またブランド物を身に付けた人を見ると羨ましく思うのだろうか・・・でも実際買おうとは思わなかったし、この妬みはどうしたら消えるのかわからない。

2015-02-13

未だ大衆に知られていない卵の段階の商品について、

これが良い物と見分けられる目を持つこと自体、その分野のマニアであったり余程の見識が無いと判断できないんだよね…。実際。

音楽を例にとると、未だ誰にも知られていない内から、その商品価値を見抜き、可能性を感じ、

ファンになって3年後、5年後にビックになるアーティストだ!と目星をつけられるには音楽熟達していないといけない。

次の時代の主流になる何か?を、卵の段階から見抜き、創造に参加できること自体、そこそこのスキルがいるというわけだ。

なので、皆、投資に失敗する。

大衆意見は正しい、というが多くは間違っているか大衆投資に失敗する。

何割かは当たっているところもあるかもしれないが、あくまでも何割かだ。

2015-01-17

[]1月16日

○朝食:ころうどん(天かす、卵)

○昼食:なし

○夕食:なし

調子

就職活動の結果、1月26日ぐらいから3月末まで個人契約で、開発の仕事してみない? と提案された。

以前話しに上がった、運用保守仕事よりも緊急の案件らしく、対応にすぐ人がいるらしい。

正直、個人契約ってのが何なのかとかよくわかってないのだけれど、まあとって食われるわけもないな、と思い許諾した。

ASP.NETお仕事らしく、経験ないので下調べをしていた。

.Netは働いていた頃はずーっとやっていたので、それの応用で何とかなりそうと目星をつけた。

HTML/CSSが絡むと途端に知識がないので、不安だが)

こうやって、世話を焼いてくれている人は、僕が始めて就職した会社の偉い人で、

色々あって今もこうして面倒をみてくれている。

とても優しい人なので、その人への恩をちゃんと返すためにも頑張りたい。

とまあ、気負っても出来る事は出来るし、出来ないことは出来ないので、気楽に朗らかにやっていきたい。

Forza Horizon2

今日も地道にチャンピオンシップをこなす。

ゲームにも慣れてきて、今が一番楽しい時期な気がする。

お仕事が始まる前に、クリアしたいかなー。

2015-01-07

飲酒運転銃殺刑」はいつ始まったデマか - 今日も得る物なしZ

http://kyoumoe.hatenablog.com/entry/20150107/1420612185

この記事ブコメが内容とちょっと違った形で興味深い。

記事の内容自体はとても興味深いもので、アメリカで生まれ過去文章裏付け更新もされずに新聞記事になったり国会答弁で例示されたり日本自動車教習所普通に教えられているという実態が明らかにされている。

ブコメではそれ以外に、筆者の能力への賞賛が数多くなされている。「その能力仕事に使用すればニート脱出できる」みたいなコメントスターがたくさんついていた。

今回の記事には、英語リンクも含まれいるからか、いつもとくらべてインテリ属性が増している感じはする。やまもといちろうのように仕事のできるイメージが湧いてくる。

といってもこの手のネットの噂の追っかけをやったことある人なら分かるだろうが、こういう検証は延々と検索サイトとにらめっこしていれば自然とできることなので、仕事能力とは何ら関係ない。特定キーワードで当たりをつけて、時期を絞り込んでいって、時に言語設定や検索サイト自体を切り替えながら、延々とネット上のルーツを追っていく。知らない外国語だろうが、当たりをつけた単語自動翻訳して追いかける。検索し続けると疑問点が増していくので、嵌ってしまうと1日潰れる。ニートしかできない趣味だ。

しかも、こうして1日潰しても、所詮ネット弁慶な人ばかりなので、ネットの噂に対してある程度の発生源の目星をつけることができても、あくまで「目星」であり、「これだ!」と断定できない不毛感もつきまとう。ネットから離れた裏付け検証裏付け取材ができれば良いが、それは非常にハードルが高くなる。そこまで出来る人、例えば荻上チキさんのような方ならば、仕事のできる優秀な人材として引く手あまただろうが、単にネットで延々と検索するだけというのは特殊技能でも何でもなく、時間があれば誰でもできることである

2014-11-28

http://anond.hatelabo.jp/20141127062201

十行に一回くらい「あなたのことは好きです」と混ぜてもらえると~

これこれこれですね。大事なこと。増田してみてよかったです。(なんて面倒くさ(低コミュ力には難し)いことを!)

女の子っていうのはこういう時、割と速やかに”あれが欲しい~♪”って言えるくらい予め目星を付けているものじゃない?(のかな、俺の経験則だけど)」

なんて言われても、そのセリフと、おまけに己で推測したカッコの中身でダブルパンチ食らってより一層自信がなくなるだけなんです。。。

それから「もし別れることになったとして、金のことでグチグチ言われるのはごめんだ」と強く思っていることに、トラバ読んで気が付けました。

こういうタイプ打算はどうなんでしょうね。自分好きすぎますね。

2014-06-04

プログラミングを何か勉強したいというときの題材

クラウドソーシングサイト見ればいいね

こんな要求需要があるって目星つくから、それ基準で勝手に題材にさせてもらってつくるの。

ネタ出しの部分を無料クラウドソーシングしてるようなもんかな。

2014-04-27

快感青春

よーし、十分たまったし、今日はやっちまおうと思って洗面所へ足を運び服を脱ぐけれども、スマホを忘れたので慌てて引き返し、充電中だったそれを手にして舞い戻る鼓動はどきどきはあはあ、一息ついてから本日オカズを探すためにグーグルを開き、お気に入り動画サイトのページからどれにしようかなと迷いつつ結局若い子を選ぶが、いやいや、たまには熟女で抜いてみよう、おばさんに種付けするのも案外いいかもしれないと考え直し、熟女目星をつけてあらためて探すものの、ためしに動画再生してもなかなか息子が反応しないので、しかたなく自分の手によりこんにちは、さあおばさん俺のあそこを爆発させてくれと心の中で念じながらシコシコシコシコ、

おお、おばさんというのも意外と捨てたもんじゃないなあ、胸は垂れ気味だけれども男優のあえぎ声を聞く限りあそこの締まり結構良さそうだ、きつきつじゃない分早漏自分にはちょうどいいかもしれない、俺も熟女とやってみたいなあ、ああ、すごい、おばさん、すごいよ、やばい、そろそろいっちゃいそうだ、今日は早いなあ、まあいいか我慢しても仕方がないからいっちまえ、おっとその前にティッシュを用意しなきゃと一旦スマホを置いて準備するが、その間にあそこが萎えてきてしまって狼狽、あららもう一回立たせなきゃ、スマホの画面をふたたび凝視しながら、おばさん、おばさん、おばさん、よし、復活してきた、でもまだ七十パーセントだ、ああ、まだ完成していないのに、このままじゃいっちゃうよ、我慢できないよ、だっておばさん可愛いんだもん、ああ、好きだよ、おばさん、おばさんっっ、

ためていた分たくさん出たものの、七割の状態でイったので気持ちよさはイマイチ、ちゃんとフルに建設してからいけば良かったと激しく後悔、まあ人生いつでもうまくいくわけじゃないからしょうがないよな、こういう日もあるさ、ため息を吐きつつ息子をきれいにして、そのまま風呂に入るが、やはりさっきのことが頭から離れず、悔いは募るばかり、

湯船から上がって、石けんを泡立てて体を洗うその手は、しぜんと股間の方へ伸びて、いつもよりも入念に洗うので、ああ、かわいい娘にこうやってあそこを刺激してもらったら、俺はすぐにいっちまうだろうなあ、大量にほとばしる所を見たら、女の子はきゃって言ってびっくりするだろうなあ、とかいろいろと余計なことを考えて、さっき出したばかりなのに息子はむくむくと起き上がり、よしリベンジだと決心したら、俺はスマホをもういちど取り出し、おばさんよりもやっぱり若い子、若い子の身体を求めるのが男の本能なのだと先ほどの教訓を頭の中で唱えながら急いでイチオシアイドルのあの子水着画像検索

さあ、はじまった、はじまった、やっぱり若い女の子の体はすばらしい、俺も、俺もこんな乙女といちゃいちゃしてみたい、ああ、このくちびるに、このお胸に、俺の分厚い唇を合わせて、合わせて、ああ、ああ、大好きだ、好きだ、俺の、俺の恋人よ、大好きだよ、愛してるよ、ああっっ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん