「生涯賃金」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生涯賃金とは

2017-05-19

http://anond.hatelabo.jp/20170519140712

俺返信してたやつじゃねーけど某藤沢なんぞ生涯賃金一億ていどのカス必死になりすぎww

2017-05-09

クソ田舎高専教員やってみた

この春に高専採用されて一ヶ月働いた感想

4月は着任4日目から授業って、どうやればいんじゃと悶絶。

4月も中旬になると慣れてきて、何が合っても「まあいいか」とおおらかな気持ち仕事ができるようになったよ。

4月が下旬になると、サボりかたを覚えてきた。学生よ、ごめんねダメ教員で。

GWが終わって絶賛5月病発症中です。もう明日は授業やりたくない、天気が良いか休講にしたいぞい。

学校雰囲気

高専田舎にあると聞いていたが、クソ田舎すぎる。

高専というもの大学でも高校でもない」と言われていたが、まあ確かにそのとおりだ。

しかし、高専ってのは高専大学線型結合だ。つまり、全く新しい何かではなく

高専) = 0.7 × (高校) + 0.3 × (大学

って感じだよ。

学生は一様に都会への憧れを抱いていて、これじゃあ地方未来はないよなあとため息が出る。

研究

卒研ニコ動の「やってみた」(技術部)が許される雰囲気なので、研究テーマ考えるのが苦手な自分にはハードルが低くて良い。

レベル高い研究室は、学会発表くらいまで持っていけそうな雰囲気学会高専生が発表すると微妙雰囲気になる理由がわかった。

高専に来て、間接的に「大学のクソみたいな教育でも大学生を育てているのだなあ」と感心し

高専の1年生だって卒業までには大きく成長してますよ。ただ、ゴールが違うだけです。

教育

数学を捨てたエンジニア未来はあるのか? と思うほど学力崩壊してる。

就職率は高く、なんだかんだで卒業までに職を見つけているか社会的には許されるのだろう。

学校の使命は果たしているだろうと思う。

しかし、コレまで当たり前のようにしていた会話

わたし)「この積分って解析的にできると思う?」

 (後輩)「めんどくさいから、級数解法でやってみたら傾向がみれていいんじゃないスカ」

こんな感じの会話ができないのは辛い。

高専生は数学が弱いのは事実だけれど、いいところもあるよ。

学生は「こまけえこたぁいいんだよ!」なんて言わないが、いつも何も考えず装置を使ってる。

こういう大胆さってとき大発見につながるからちょっと羨ましい。

へーきへーき、学生によって得意ちがうから

学生指導

飲酒を注意したり、遅刻学生声かけてみたり、チャリの乗り方にイチャモンつけたり

月に一度の看守ごっこしてみたり、体育祭を盛り上げてみたり...

正直、この方面はあまり興味がないのでテキトーにやって楽しむぞと思っている。

待遇

給料田舎手当を出してほしい

博士課程への進学を投資として捉えれば、たぶん生涯賃金では回収できないだろうと思う。

だけれど、上司からプレッシャーをかけられたり、追い詰められたりしないので良い。

残業代がデないという噂は本当だった、残業の付け方さえ教えてもらえなかった。

チョットでも準備をしようと思うと、帰宅時間20時を超えてしまうので、終末に向けて疲労が貯まる。

土日は寝てるだけ。これはつまら人生だな。もうすこし早く退勤する方法検討中

てか、システムが基本高校から朝は勤怠管理されるし勝手休講出来ないのがつらい。

学校の外

職場の外では先生として見ないでください。学問の手本くらいにはなれますが、人生の手本にはなれません。反面教師です。

---

(追記)2017/05/10(水)

2017-02-06

生涯賃金3億円って言い出したのは結局誰なのか?

そして何故それが広まったのか

未だに認識の片隅に存在にするのか

そもそもそんな時代なかったはずだが

 

謎は深まるばかり

 

これ、トリビアになりませんかね?

2017-02-05

美少女とドブスが勉強すべき理由

美少女場合

 美少女いい大学に行った場合将来有望な、生涯賃金の高そうな男と出会うことができる。体育会系の爽やか系のコミュ強者英語喋れる男がいい。そこでさっさと股を開いて男をゲットしておく。有望そうなのを複数キープしておくことも大事。そして男がいい会社に入ったらさっさと中出しさせて結婚させる。自分はさっさと寿退社して専業主婦というイージーモード突入。もしいい大学に行かない場合生涯賃金の高そうな男と出会うことがそもそもできない。人生イージーモードにしたいならいい大学に入っていい男に股を開くべきだ。

 また、大学で知り合うことがなかった場合でも、いい大学に入っておけばいい会社に入りやすい。というか美少女かついい大学なのだからいい会社に入れる。男性社員結婚相手要員として。入ったら将来出世しそうな男を探し出してさっさと股を開く。そして妊娠して結婚させる。寿退社。これで人生イージーモード突入できる。

 とにかくいい大学に行けば金を稼ぎそうな男に出会える確率が上がるし、いい会社に入れば生涯賃金の高い男に出会える。そいつらをゲットしたら人生イージーモード突入して、あとは家事育児をしながら暇つぶしに小遣い稼ぎでパートでもすればいいだけ。子供大人になって自立したらあとは死ぬだけ。人生イージーモードでうらやましい。毎日奥様たちと2000円のランチしながら夫の愚痴を言ってればいい。


ドブスの場合

 ちょいブサなら需要はあるが、ドブスに需要はない。したがって自分で稼いで生きていかなければならない。寿退社という奥義は使えないのだ。

 ドブスが一生働いていこうと思うならいい大学に入っておかねばならない。もちろん高卒でもパートは見つかるが、それで一生一人暮らしはかなり生活がきつい。ドブスは一生孤独なのを若い段階で悟って、努力していい大学に行くべきだ。そしてまあまあの会社に入って出世もせずに淡々と働いていく。

 親が死んで一人になったらペットでも飼うといい。ペットを飼うにはお金必要だ。そのお金を稼ぐためにはまあまあの会社で働いている必要がある。高卒パート独身ではペットは飼えない。ドブスが勉強していい大学に入るのは当然のことだ。


顔面偏差値40-60程度の連中の話

 お前らは勝手しろ。どうせ適当に生きて適当死ぬんだからイージーモードに入りはしないが、かといってベリーハードにもならないだろう。適当にくだらない男見つけて適当結婚して適当ブサイク子供産んで適当死ぬ。そういう人生だ。お疲れさん。

2016-12-31

http://anond.hatelabo.jp/20161231003136

高卒より大卒生涯賃金のほうが1億円高いって少し前まで学校で教えられてたけど、

最近賃金差が縮まってきたので、高卒は3年以内の離職率が高い職に押し込まれると教えている。

そのうち高卒は今の中卒の地位大卒以上でないと不利になる。

2016-12-21

履歴書にキズが付いたら経歴詐称しないと一生買い叩かれる

留年1年、大学中退派遣2年、空白3年、30過ぎで正社員になりたくてジョブカフェに行った。

希望離職率が低い製造ITだったが、経験がなく30過ぎてたので却下

介護、運輸、建設なら可能性があるが、定年までに平均年収に届くかは微妙

休みを削るとか退職金をあきらめるなど工夫が必要らしい。次の転職はやんわりあきらめろと言われた。

まり生涯賃金をできるだけ人並みに回復するなら今、経歴詐称するしかないのである

人並みの賃金を諦め、みじめに暮らせとか言われそうだが、ごめんである

経歴詐称がんばるしかない。

2016-12-18

高卒離職率生涯賃金を見ようとしないバカ死ね

なーにが「高卒でも就職できるすればいいだけ(だから俺は知らない。今のお前でなんとかしろ)」だ。

いつそのまともな就職先とやらができるんだ?100年後の未来か?

http://b.hatena.ne.jp/entry/news.yahoo.co.jp/feature/372

2016-10-13

学歴コンプレックスとは似て非なる何か

大卒の人が大卒は正しいと喚く記事を読んで、学歴コンプレックスっていうコメントを見たわけだけど、これって学歴コンプレックスとは違う何かじゃないかなあ。

抽象的なはなしだけど、多分その記事の筆者は(そして多くの人は)「幸せが確定するチケット」を求めていて、この20年位、それは大卒肩書だと思われていたし、購入者もそう信じていたのではないかな。

彼が記事の中で肯定しようとしたのは「大学卒業資格人生幸福にする」ということそのものではなくて、「過去自分が行ったチケット購入判断は間違っていない」ということなのだとおもう。

彼が守ろうとしたのはは「大学卒業資格人生幸福にする」という事実ではない。もちろん「幸福」ってのは主観的ものなので、統計一刀両断にはできないんだけど、経済的な側面で言えば、大卒資格者のほうが高卒資格者よりも、生涯賃金が大きくなるというデータが有るのでそれですむ。示す必要すらなくて、彼自身がその統計を見て「そうだな」と思えばそれで済むので、そもそも記事を書く動機にはなりえない。

そういう経済面に限れば、大学卒業資格というものが、100%確定ではないにせよ確率論的にはある程度効果のあるチケットだったっていうのは有る。しかしそれは同時に、「確率論的」「ある程度効果のある」にすぎないわけでもある。「それを購入すれば購入者は確定した幸福保証される」わけではない。効果の程は購入者によって程度の差がある。

(そもそも大学というのは研究教育機関なわけで、そこに「幸せ」なんて主観的な、しかチケット一枚で生涯を保証するようなものを求められても、大学側は「知らんがな、困るがな」でしかない。この件で大学が悪いわけではない)

筆者が守りたかったのは、「俺は大学を出て幸福だ」という以上の、もっと広範な「大卒チケットを購入した人間幸福になれる」という「世界観」だったのではないか。それはすなわち「過去自分が行ったチケット購入判断は間違っていない」という保障でも有る。もうちょっと踏み込むと、「攻略法Xを実践すれば人間幸福になれる」みたいな思想なんだとおもう。そして、これは、すごくわかる。

人間は日々を生きる上で脳みそ空っぽで生きるのは難しい。どうすればうまくいくか考えちゃうし、試行錯誤ちゃうし、うまく行けば嬉しいし、失敗すればなにが悪かったか考えてしまう。「セカイには攻略法が有るはずだ」って思想人類進歩において巨大なアドバンテージだった。それは、自然科学分野においてはおおむね正しい。背景には物理法則があって、同じ入力には、同じ出力が返ってくる。技術研鑽職人的な人生においても、概ね正しい。そういう態度で経験を扱えば、一定の知見が得られる。

から攻略法Xを実践すれば人間幸福になれる」みたいな思想はすごくわかるし、自分点検しても、この類型は形を変えていくつも発見できる。

でも実際問題、本当にこれが正しいかって言うと、ぜんぜんそんなことはない。人生という関数入力が同じでもその個人ごとに出力がぜんぜん違うようだ。そもそも「同じ入力をする」ということ自体人知では制御できないほど難しい。双子なのにぜんぜん違う人格になったり将来を迎えたりするわけで。人生という巨大関数はすくなくともワンチケットフリーパスになるほどちょろいものではない。信用できるデバッガもない。

でも、その事実はかなり痛みを伴う。「人生攻略法がない」というのは(もちろん確率論的にだが)「どんなに頑張っても不幸にしかなれない人間存在する」ということを意味するからだ。

(※もちろんこれは一部宇宙事実と異なります瞑想ジョギング野菜はすべての人生攻略します。Yes、ぶくまますたー!)

そんなわけで、件の記事はなんだか悲鳴のようにも聞こえた。「この世界攻略法は有るよ、ぼくらが幸せになれるチケット実在するよ! ボクの過去努力コスト支払いは間違ってなんかない! なぜならボクはいまそのチケット暮らしいるからだ!」――あの記事で筆者が説得したかったのは、誰より筆者自身だったのではないかと思う。

同様の光景はあちこちで見ることが出来て、それが先鋭化すると、論理が逆流を始め「(大卒資格幸福チケットであるという)世界観を守るために、高卒下の人間は不幸でないとならない」な方向に拗れてしまう(連中は全員DQNみたいな発言)。そうなると地獄二次生産だ。だがどちらにせよ、それは学歴コンプレックスと言われているものとは、隣接しているけれど、もっと何か違うものなのじゃないかと思う。

2016-09-18

無認可保育園に入れたら手取りがとんじゃうという人

でも生涯賃金でみたらプラスになるから、たとえ赤字になってでも子供は無認可に預けて仕事やめない方がいいよ。

2016-06-04

目の前にあるこのPCは誰の生涯賃金と同等だろう

そう思うと俺は大層な金持ちだ。

貧乏人に思いを馳せると本当に安心するね。

2016-05-02

http://anond.hatelabo.jp/20160502163319

確かに就職する企業によっては生涯賃金億くらい違うし引っ越しするだけで解決するようなことと同列に言うのはアレだったね

2016-04-18

やれないと思ってるだろ?やれるんだなこれが

やれるし、それ以前に、もっと軽い事もやれるんだぜ?つまり、当たいにのりこんで、日鳥もにょ鍵につれ混んで1時間脳をな栗包えてやるよ、それでそいつ脳波尾はり、生涯賃金損害額10億円、俺は膀胱よくて障害、なんでそんなことしたか知るよしもないからな!

潰してやろーか?ひとりひとり。まあ、やる。やるならやれるやってやるよ上等だ!

2016-03-27

死んでゆく世の中に突っ込んでいく勇気

28歳。東京で働いているOL。まともな会社正社員でそれなりの待遇

恋人とそろそろ結婚しそう。恋人もまともな会社正社員でそれなりの待遇

いい歳なので子供は5年以内に産みたい。でも、めちゃくちゃ怖い。ビビってる。


いまの仕事は気に入っていて、もっと精進したい。会社にも世の中にも貢献したい。

新しいことにもチャレンジしたいし、仕事を通して世の中の変化に寄り添っていきたい。

産休に入ったら、復帰できたとしても同じポジションは無理だろう。

それどころか、東京にいる限り保育園が見つからなくて、会社を辞めないといけないかもしれない。


恋人も同じように楽しみながら仕事に打ち込んでいるし、在宅で出来る仕事じゃない。

私もそう。実家はお互い東京から遠く、両親に頼るのは難しそう。

地方転職するとしても、どちらもそう世の中に沢山ある職種じゃない。

真面目に生涯賃金計算をすると、私が恋人より稼いで一家を支えるのは難しそう。

計画を立てようと考えるたびに目の前が真っ暗になってくる。

私が仕事に執着をなくし、家のことを全部やる専業主婦になれば解決しそうに思えるから


私はこれまで頑張ってきたこと、築いてきたつもりのものを捨てて、

「◯◯ちゃんのお母さん」という名もなき存在にならないといけないんだろうか。

じゃあ就活頑張らなきゃよかった?仕事を頑張る必要もなかった?

お母さんになる貯金のために働いてきたんだろうか。

出家でもするみたい。


ひとりの社会人のつもりで、世の中の一員のつもりで働いてきたけど、

そんなのちゃんちゃらおかしくて、女は子供を産むのが本当の仕事だったのだろうか。

じゃあ最初から私に人権があるかのように教育して欲しくなかった。


子供を持たない選択をした知人夫妻はすごく豊かで幸せそうだ。

二人ともバリバリ働いて、出世して、世帯収入は1000万を余裕で超えている。

趣味を楽しみ、世界中旅行し、愛し合い快適に暮らしている。

でもやっぱり私は子供が欲しい。でも恐ろしい。


これはマリッジブルーなのだろうか?

マリッジブルーって、こんなに重苦しい青色なの?


この国は死んでいくんだろうか。その中に突っ込んでいく勇気がない。

2016-02-19

http://anond.hatelabo.jp/20160218153103

満を持して、現在進行形都内某区で保育行政に関わっている私参上身バレが怖いから自己紹介はこれだけで。

流石にこんな記事が「保育園攻略wiki」的に流通してしまうのは関係者として困るので、現場から言わせてもらう。

記事での増田の「保活」はあまり突っ込みどころ満載なので個別言及しません。

ただ、この記事を真に受けて何度も来られても仕事邪魔になるだけですのでやめてほしいのです。

はっきり言いますが「迷惑から何度も来るな」ということです。

私らの仕事を暇だと思っているんですかね?忙しいんですよ。それなりに。

それにね、区によってバラつきはありますが、毎年500人とか1000人とかいるんですよ?1つの区で毎年新しく入所を希望する子どもは。

その親が全員「ごあいさつ」なんかに来てみてください。それも何度も。自分本来仕事、その都度中断しなきゃなんですよ?

はっきり言いますが「用も無いのに何度も来るなクソが!」くらいに思いますよ。ホントに。

しろ書類だけ出して(しかきれいな字で、添付書類完璧で、こちらの仕事を余計に増やさない人、最高!)その後一切来ない」人の方が好印象なくらいですしおすし

もちろん私らも仕事ですから、何度も来て仕事邪魔をしてくれるクソみたいな親御さんでも、入園審査の際は「公平に点数のみであくまで公平に」割り振りますがね。

それからこれも声を大にして言いたいのですが、出産直後の子どもと母親を連れて区役所に来るなんて論外です。

子ども母親の体も心配ですし、仕事最中に呼び出されて「産まれました!」とかやられても「はぁ」としか

というか、はっきり言って心象としては「最悪」の部類です。気を付けてください。産まれて間もない赤ちゃんを連れまわす。これ、親として駄目です。

私らは保育行政人間として「子供への虐待が疑われる家庭には特に注意する」習性がありますので、下手するとそっちのリストに入ります入園から

保育園入園にあたって必要なのはあくま書類であって、赤子の現物確認とかしませんし必要ありませんので。

ただ、「賄賂はあまり利かないのでやめておけ」という増田意見だけはありがたいので皆さんで共有してください。

私らも目先の小銭(しかもバレたらボッシュート!)だけで今後の生涯賃金と積み重ねてきた退職金を失うのは勿体ないので。

まぁ実際に何があったか増田の区の入園手続きをした関係者けが知っていることなので断定はできませんが、それでも現場感覚としては

増田の子どもが第一希望の園に入れたことと、増田努力には何の関係もない」

です。

て言うかですね、皆さん、少し冷静になったところでもう一度増田記事を読み返してみて下さいよ。

あの記事に書かれた増田の「保活」、本当に意味があるものがあると思えます

正直な感想として「とにかく頑張った自分を褒めたい、自分の頑張りに意味見出したい」だけにしか見えません。

まぁそれは私がこっち側(えっと、確か「糞行政」でしたっけね?)の人間からそう見えるのでしょうけど。

2015-11-21

http://anond.hatelabo.jp/20151121165948

男女平等は実現されているか」は何について平等なのかを指定していないわけで、テーマとしては粗すぎる。

ので、何が平等なのかについて補った上で、もう少し分解して考えてみることを勧める。

男女の「雇用機会」の平等なのか、

それとも男女の「所得」や「生涯賃金」の平等なのか。

はたまた男女の「参政権社会的発言権」の平等・不平等というのもあり、それぞれで論点や現状の課題が異なってくる。

ちなみに「法の下の男女平等」という場合は、最後参政権基本的人権についてのテーマを指すことが多い。

ただし基本的人権というものからんできた場合もう少しテーマは細分化されて、各論で考えなくちゃならない。まあそれをやればやるほど発表なりレポートなりの分量は増すだろう。

だが、全部いっしょくたにすると、漠然とした、ステレオタイプに基づいた答えしか出てこないのだけは確かだ。

追記

戦前日本社会での、男女平等(この場合女性職業選択や家庭への帰属を決める自由担保)の促進要因というか抑制要因というのかが、新聞の身の上相談の読者の声にどのようにあらわれているのかについては、このサイトが参考になるかも → http://www.satani.org/sur/sur090.html

2015-11-05

結局

高専卒って,社会にとってどういう扱いなの?

やっぱり生涯賃金低いの?

ちなみにWeb業界ベンチャーで知識の下積みをしてから,そこそこの企業に入って…ということをしたいんだけど

2015-10-04

http://anond.hatelabo.jp/20151004161820

とーほぐ民きめえな

田舎農民生涯賃金以上の賠償金

住宅購入費用仲介手数料

リフォーム費用

・畑耕作費用

風評被害

除染除染土建ジャ〜っつプw

・フレコンバッグ流されて、中身流出したけど、問題ありません〜〜ん(笑)

かわいそうなとーほぐ、ふぐすまに金くれ!!!

2015-06-08

http://anond.hatelabo.jp/20150608004436

社会人4年目の俺にもひとりごとを言わせてほしい。

主張から言えば、仕事を選ぶ前にじっくり時間を取るべきで、そのためには留年をすることも厭うべきではない。

客観的に見て「良い仕事」なんてものはない。向いていない仕事を選んでしまうと、多少給料が良いくらいでは

埋め合わせが利くものではない。生涯賃金なんて皮算用を持ち出すべきでもないと思う。人生は短いが、仕事人生は長い。

偏差値で比べることができた大学・院までとは全く異なり、仕事単一尺度で比べることができない。

時間を取るのは、マッチングのためであって、就職偏差値(笑)を上げるためでないというのは、忘れちゃいけない注意点だ。

まあ、単一尺度で比べられないというのは学術研究でも同じだけど。研究については研究についてで、言いたいことは山ほどあるが。

2015-05-13

http://anond.hatelabo.jp/20150513014651

お前がそう思うんならそう思っとけばいいんじゃないの、このハゲ

化粧品は嘘八百並べても許されるけど、今は製薬会社がテキトーこいて薬売れる時代じゃねんだよ。

「ちゃんと効く」しそこにビジネスチャンスがあるから広告されるの。

お前みたいに「まず大企業は金儲けありき」で本当に効くのに頭が悪すぎるが故に色々事情も考えずにハゲ街道を爆進するような低能を見ると虫唾が走るわ。

しかに金儲けは大事だよ。大事だし会社ボランティアじゃないから金が儲らなきゃやらない。

でも、「保険適用リアップより効くし安いしハゲずに一生過ごせるorハゲるのを遅らせることができる」ことが自分にとってメリットがあるかどうかで判断するのが大事なんであって、それをやれ「製薬会社!金儲け!憎い!」って何言ってんだ。

ハゲるかどうかでお前自身生涯賃金に差が出るのに他人の儲けだけを見て嫌うなんて、ホントバカハゲなんだな。

2015-02-01

自由を失うって考えもあるけど

http://anond.hatelabo.jp/20150131182551

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20080803/p1

そもそも論として、ネオリベの人たちが言うような、

自由市場機会の平等 + セイフティーネット

を極限まで実行すると、必然的に「結果の不平等」、すなわち格差が拡大します。

そこで、現実的には、高所得者に重い税をかけて、それを低所得者所得移転することになります

ただ、これには副作用があって、高額所得者に重税をかけすぎると、

経済効率が落ちて、社会全体が貧しくなります

まり結果の平等経済効率トレードオフなのです。

これは、まっとうな現代経済学教科書にはたいてい出てくる、有名な問題です。

(人々のインセンティブをゆがめてしまうし、死荷重(deadweight loss)が発生してしまう)

また、もう一つの問題として、高額所得者への累進課税は、

ネオリベの人たちが重視する「経済的自由」を侵害するという点が挙げられます

これは、経済学問題というより、政治哲学問題です。

たとえば、累進課税にすると、

生涯賃金が同じ場合

公務員大企業サラリーマンのような安定した収入の人に有利で、

ベンチャーフリーランスのような自由不安定な働き方をする人には不利となります

自由冒険的で不安定な働き方をすると、

「ある年は年収が1500万だったけど、その後の2年間は無収入だった」

などということも起きたりします。

こういうケースでは、累進課税にすると、3年間、安定して年収500万円の人の方が、

はるか税金が安くなってしまうのです。

これは、本来なら、どちらの働き方をする自由もあったはずなのに、

片方の働き方だけ不利にしますので、

実質的に、選択の自由侵害されてしまうのです。

また、累進課税だと、どれだけ働いてどれだけ稼いで、どれだけ休んだり遊んだりするかの

配分を選択する自由侵害されます

たとえば、必死に働けば年収1000万円稼げる人が、必ずしも必死に働いて年収1000万稼ぐかというと、

そんなことはありません。

少しだけしか働かず、年収200万だけ稼いで、

のんびり本を読んだりネット遊んだりするライフスタイル

を選ぶ場合もあるわけです。

ところが、累進課税だと、たくさん稼ぐと大量に税金を取られてしまうので、

猛烈に働きまくって年収1000万円稼いで都心のおしゃれなワンルームマンションに住んで、

女の子自分の部屋に招いてきゃっきゃうふふするというような

ライフスタイルを選択する人が不利になってしまます

まとめると、結果の平等を追求すればするほど、

社会全体が貧しくなり、経済的自由侵害されていく、

というトレードオフがあるのです。

なので、実際には、社会の大多数の人間が納得する割合で、

そこそこ経済効率経済的自由犠牲にして、

そこそこ結果の格差を容認する、

という、現実的な落としどころを探ることになります

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん