「池田信夫」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 池田信夫とは

2017-04-16

http://anond.hatelabo.jp/20170415181301

池田信夫Twitterで時おりデーブ・スペクター駄洒落ツイートRTしている。

で、その駄洒落がわりと上手くて面白いので、私はデーブ・スペクターに一目置くようになった。

でも最近デーブ・スペクターTwitterを見てみたら、つまらない駄洒落ツイートばかり並んでいた。

彼は池田信夫フィルタリングのおかげで面白くなっていたのだ。

2017-04-01

菊池誠活動最初から最後まで権威主義にすぎない

http://anond.hatelabo.jp/20170331130851

たとえばカールセーガンの懐疑主義であれば、

「懐疑するということは、危険分子になることだ。 なぜなら懐疑主義はすでに確立された制度に異を唱えるからである

懐疑主義のやり方にも欠点はある。対立の図式を持ち出し『われわれ』対『彼ら』という感覚、『真理はわれわれが独占している』という感覚。『こんな馬鹿げた教義を信じている連中は頭が悪い』といった論調がそれである。」

権威主義に陥るな。権威のいうことだからといって当てにしないこと。権威はこれまでもまちがいを犯してきたし今後も犯すかもしれない。」

科学の核心は一見すると矛盾するかにみえる二つの姿勢バランスを取るところにある。一つはどれほど直感に反する奇妙なアイディアであっても新しいアイディアには心を開く姿勢。もう一つは古いアイディアと新しいアイディア双方に懐疑的かつ徹底的に吟味する姿勢である。」

といったバランス感覚があるが、菊池誠にはそれがない。

権威教科書が全てで、新しいアイデアや状況は受け付けない。

それでも水伝のような明らかな詐欺を叩いている際は大きな問題は起きなかったが、権威主義対応できない問題にぶち当たった時、菊池誠破綻が始まった。

典型的なのは有名な大震災後の「メルトダウンじゃないだす」発言で、これがわかりやすい発端といっていいだろう。

https://togetter.com/li/197084

菊池誠権威である東電原子力工学者の見解を無批判に受け入れるだけで、実際に起こっていることを分析的に思考することができない。

結局、彼は未だにこのデマ発言を訂正していない。

ちなみに現在メルトダウンを認めていない学者は、確認できるかぎり菊池誠池田信夫高田純の3名である

その後も当の東電も認めたおしどりマコ取材に基づく排気塔問題についても根拠もなく否定したり、

https://togetter.com/li/941464

被害を訴える福島の人を揶揄したり、

https://togetter.com/li/808369

辻元デマを真に受けたりと、

https://twitter.com/lautrea/status/845463623648526336

ネトウヨミソジニスト区別がつかないところに到達している。

晩年おかしなことになる物理学者というのはままあることだが、菊池誠場合は単に一貫して単なる権威主義だったということで話は終わりなのではないか

おまけ

http://b.hatena.ne.jp/entry/329850045/comment/lets_skeptic

ブクマで「自分の「メルトダウン」という言葉認識問題であったことを認めている」と書いてる人がいるが、

菊池誠2016年ですら「メルトダウン炉心溶融は違いますよね」と主張している。

https://twitter.com/kikumaco/status/700744555314835456

まりこれは菊池誠が「だから自分は間違っていなかった」といっているのだよ。明確に「間違いだった」という表現あるいは謝罪の意を表明した言葉を探してみるといい。ないから。

問題言葉だけの問題ではなく、当時菊池誠メルトダウン可能性を指摘した人たちを誤った知識で叩きまくっていたことも含む。擁護者らはこれをまるで無視するのだから、同じ穴のムジナと言わざるをえない。

たとえば菊池誠の以下の発言デタラメ

https://twitter.com/kikumaco/status/702471667054833664

正しくはこっち。

https://twitter.com/miakiza20100906/status/703532925413765120

2017-03-22

http://anond.hatelabo.jp/20170321214825

猜疑心が強すぎるのでは。そういう乱れた場もあるのかもしれないが、

おそらく実際としては、現役コスプレの子たちの言っているような健全な場の方がはるかに多いのだと思う。

往々にして、外部の風評というのは特別醜悪な部分だけ抜き出し、誇張され、時に捏造されたものなので、

それをベースに現役の子たちに聞くと、その聞き方によっては自分たちを愚弄していると捉えられ、頑なに反発されるのは当たり前のことだ。それを隠蔽と受け止めてしまったのでは。

というより、そのコスプレイヤーたちもあなた友達だったくらいだから、概ねあなたと同じくらいの知性や倫理観世界で生きてきた人だ。あなたの憂慮するような事に遭遇したなら辞めていたはず。

続けているということはそういう乱れた層の人間とは遭遇していないか、したとしても距離を置いて、真っ当にやっているのだろうと汲んであげ、配慮した上で訊いてほしかった。

 

このような、内側の人と外側の人との乖離を、私も別の件で感じたことがある。

私自身、ラブライブという作品ファンで、その作品性に、キャラクターたちの関係性に、演じる人たちの熱意に、心動かされ感動することしきりだった。今も作品を大切に思っているし、ファンも大半は悪い人ではないと思っている。

なにしろ内容が、多様性を尊び、拙さにも寛容で、思いやりにあふれた優しい世界観でありながらパワフルなベンチャー精神鼓舞するような内容だからだ。

けれども、偏見の目でみられやす美少女ものかつアイドルものでもある。大ヒットしファンを大量に抱える中で、やはり外部の人からは「気持ち悪い」と思われる部分が、ことあるごとに抜き出され続けてきた。

全身にキャラバッチをつけた人や特攻服を来た人が徒党を組んで街を闊歩しているだとか、ファン聖地甘味処で騒いだだとか、あるいは殺人事件を犯した学生ファンだったとか。

そういう悪評に繋がりそうなことを、ネット暇人たちは目ざとくみつけてきて、そのたびに作品ファン呼称であった「ラブライバー」は、ネット上においては蔑称として認知されていった。

実際にそれ単体で迷惑を掛けているとは言い難い「痛ファッション」などについては、私自はいい歳のおっさんでありグッズ収集欲も見せびらかし欲もないとはいえ、

まりに叩かれるのが不憫で擁護していたりもした。もっと暖かい目で見られるくらいでいいとは思うのだが、やはり外部の人は弾圧対象にしたいくら気持ち悪がるものだ。

ネットを見ていると、非ファンの人が触れる情報は、そういう「ラブライバー」を揶揄するものばかりだから、「あの作品クズキモオタヤンキーの集まりなんだな」という印象になってしまっているだろう。

けれども、私が街や劇場などで目にし、触れてきたファン若者たちは、平均的な若者たちと大差なく、基本的礼儀正しく、親切で、真っ当なバランス感覚を持っている人が多かった(あとカップルが多すぎ)。

その乖離は、私が運良くファンの一員として内側に居たからこそ気づけたようなもの

もし2013年のあの時、偶然スクフェスDLせず、ネットに篭ってゆるいアニオタを続けていたら、ラブライバーにいい印象は持っていなかったと思う。

それほどまでに、「理解しがたい奴ら」への「嫌悪感」は容易に人の心へ侵入してくるものだと言うこと。

2ちゃんファンが集う板でも、「前は『ラブライバーwww』って見下してたけど…」という人はよく見かける。

けれどもそうした人は、ラブライバーdisで溢れているメジャーまとめブログコメ欄などには行かなくなるし、可視化されない。

結果として、他人醜態を嘲る卑小な感性の人々の持論ばかりが、ネットの総意になりやすい。

 

同じようなことは、もちろん他作品でもある。○国嫌悪だとか、著名な人、政治家芸能人経営者への態度でも起こりうる。

そういえば私はその前に、堀江貴文さんに関しても同じことを経験していた。

彼がなぜ罪に問われたのかについて興味をもって、ニートで暇はいくらでもあったので、日本司法経済についてWebコラムや本を読み漁った。

いろんな方面有識者の彼に対する見方総合した結果、彼は過剰に批判されていると私は判断した。

そして、むしろ彼の才能や考え方は尊敬に値するものが多いと感じてファンになった。もともと自分思想傾向が彼同様リバタリアンに近かったせいもあるだろう。

もちろん世間感覚とは真逆だ。いつまで経っても彼を「でも犯罪者でしょ」と思考停止して評する人が多いのは、息苦しいがどうしようもない。

ただ、彼が他と違うのは、今でも著名な大学に招かるなど、風評と切り離して是々非々評価する人たちからは求められていること。

彼に限らず、歯に衣着せぬ物言いをする人は、どうしたって悪印象を持たれ、する事なす事マイナス補正が掛けられる。

それでもやってる事が保守的職人キャラなら好かれることもあるが、破壊的急進的な行動様式の持ち主であれば、多くの日本人は嫌う。

でもそういう人も必要だし、正しく評価されるべきだ。

私は「叩かれまくっている人から良さを汲み取れるオレカッコイフェチ」になっているのかもしれない。

ほかにも、極論ばかりと叩かれる池田信夫だが、氏のブログ普通に勉強になることが多い。感化されて『資本主義自由』や丸山真男を読むようになったり。

一種中二病と笑わば笑え、それでも「安易に悪意に染まらない」心という得難いタレントを得たと自分では思っている。

 

話を戻すと、増田が難儀なのはコスプレ世界踏み込みそうなのが彼女だと言う所。

これが自分自身であれば、まだ傷つくのを恐れず飛び込んできちんと判断してやろう、という良い選択肢があるのだが、そうは行かない分、慎重になるのは分かる。

もし、増田があげた彼女のくだりが虚構で、コスプレへの嫌悪感を表明するための方便だったとしたら、この下衆がと罵倒してやりたい所だが、本当にそういう事なら、提案がある。

彼氏彼女の仲なのだから、二人そろってコスプレに参戦してみたらどうか。

彼女を守りつつ虫除けもできるし、彼女にとってもその方が嬉しいし楽しめるだろう。

コスプレ元ネタ作品を一緒に鑑賞する機会などもつくれるし、一石三鳥だ。

それをせずに、彼女コスプレ醜悪な部分ばかり語って忌避するように仕向けるのも手としてはある。

それも彼女保守的性格ならいいが、そうでなければ「了見の狭い男」と取られる可能性もある。

わざわざコスプレしている友人に裏を取りに行こうとしたあたり、後者を恐れているんじゃないかと思う。

それが頓挫した今、残された道はやぱり「二人一緒に」しかないのではと思う。

2017-03-12

福島甲状腺がん多発、行政医療関係者の「原発事故関係ない」の主張はデータ無視したデタラメ

http://lite-ra.com/2017/03/post-2985.html

津田敏秀氏の論文をあちこちで否定している人達って、

何か問題が起きたときにに責任取る気もないんだろうなぁ。

キクマコ先生とかも本来専門でもないというか素人に毛が生えた程度なのに

過剰診断説しか考えない単細胞だし。

その言説を教養のないアホがあちこちで豪語してるし。あと池田信夫はただの素人だし。

お前ら本当に日本が好きなの?

2017-03-11

読売新聞って新着、ホットエントリに出ない設定なんだな

イナゴ避けなんだろうか? はてなの村人が読売新聞サイトを襲撃した歴史でもあるの?

池田信夫さんのところが要望して作らせたようなはてなブックマークコメントページが出ない設定になってるわけではないようだ。エントリリストにだけ出ないみたいだ。

以前、新着エントリからブクマした覚えはある。数カ月後にリンクが切れて不便だなと思った記憶もある。

小町報知関西発のサブドメインは表示されるのか。

2017-02-06

長谷川豊とかどうでもいい

そりゃクソだと思うけどあれが衆院選に出るからなんだっていうの

仮に当選したとしてもどうもなりゃしないよ あと当選しないよ

いま政治の話するなら区長選の結果とその是非と今後でしょうに

はてなだけ長谷川豊長谷川豊

程度が低すぎてほんとうんざり


なんではてな長谷川豊がなんかするたびトップニュースになるの

もはや重要性で選んでると言うより

自分たちが的に掛けた奴がまだ息してるのが気に入らないとか

そういう卑小ないじめ根性に見える

長谷川非難に値しない人物だとは思わない)

イケダハヤトネタ池田信夫ネタも同じ匂いがする

2017-01-26

2006年付近:はてだ界隈を中心としてSEPGなどイノベーションに目を輝かせた人たちが集まる。アルファブロガー()全盛期でTV出演など華やか。

2008年付近:よそにいたので知らない。

2011年付近池田信夫はてなをやめる。有名人が次々脱退。

2013年付近シロクマなど文章力では秀でた人材が若干は残った。しかし段々と中身がないものが多くなる。

2015年付近青二才イケハヤなどが特に話題になる。裸の王様だが当人たちは有能である錯覚プライドと中身が釣り合わない。

2016年付近:偉そうで中身もなくプライドが高い、人を口撃する人だけが残留はてダの衰退ではてなブログのゆるさが許容され始める。

2017年付近:中身のない人ですら敬遠するはてなへ。

2017-01-24

おらこんな業界いやだ

建築エコノミスト森山というデマ師に引っ掻き回されて甚大な被害を被り

すっかり上杉隆をはじめとした自称リベラル共の誘蛾灯と化してしまった豊洲新市場ですが

移転推進派は推進派でやまもといちろう氏に加えて最近では池田信夫氏やうさみのりや氏が続々とin

我こそは業界良心でござい、と立ち上がったはずの建築家諸氏まで

つの間にやら小池叩きに夢中になって彼らにいいねを贈りまくっている有様でございます

どう見ても二重苦です。本当にありがとうございました

2016-09-27

いつまでも蓮舫

池田信夫さんと八幡和郎という二人がどうにも気持ち悪い。

いつまで蓮舫蓮舫連呼するのでしょうか。

二重国籍問題は、それほど大きな問題でしょうか?

彼ら二人は、蓮舫氏が二重国籍者ではないと言っているにも関わらず、憶測に推測を重ね、二重国籍可能性と追及を続けていた訳だ。

結果、蓮舫二重国籍だったんだけど、手続き上の齟齬があって本人も思い違いをしていた訳だ。もし確信犯的であれば問題だが、そうでなければ、何が問題なのだろうか。

蓮舫台湾籍を持っていたからと言って、蓮舫台湾の支配下にある訳ではない。

プロフィール詐称と言っても、彼女民族としての二重性を持っていたのは誰でも知っていることなのだから彼女政治家として活動する上でそれは常についてくることだ。

別に台湾籍の有無は彼女政治信条政治的行動に大きな影響を与えるものではない。彼女台湾ハーフ、いやダブルだと言ってるわけで、それを踏まえた政治家なのだ

さて池田何某と八幡何某、すごい理路整然に論理を組み立ててるように見えるが、その根底にあるのは、くだらない民族主義であり、差別意識以外の何物でもない。

結果として、蓮舫二重国籍だったけど、

彼らは、蓮舫ハーフで、ややこしい手続き必要なので、不備がある可能性があるというだけの推測で、実は何のソースもなく、ただのタレントだった時の雑誌のいい加減な記事や、裏書のないプロフィールを元に大騒ぎをしたわけだ。

とりあえず、ハーフから騒いだんだ。ただそれだけなんだ。たまたま手続き齟齬があっただけで、ちゃんと放棄できている可能性もあったわけだ。この二人、大騒ぎしてたけど、なんの裏付けも無かったわけだ。

ジャーナリズムと言うにはあまりにも無責任だ。

2016-09-20

おい、あい無視しようぜ

小学生いじめだとしたら、無視するのは卑劣なやり口だが、炎上マーケターや炎上芸人に対しては、これが一番正攻法で世の中のためになるし、ひいては本人のためになる対応だ。

どんなに腹の立つことを言っていても、まともに取り合ってはいけない。ダメージを与えたかったら、なおさら無視することだ。

※この殺虫剤は、以下の生物に効き目があります

長谷川豊

池田信夫

・イケダヤハ

つづきよろしく

2016-09-15

池田信夫

経済学者としてどうだろうか.

 https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&q="池田信夫" 

 

学術的な業績らしいのは3つほど.

 https://scholar.google.co.jp/scholar?q=%22Nobuo+Ikeda%22+economics&btnG=&hl=ja&as_sdt=0%2C5

英語も2本ほど.

今だと助教にもなれるかどうかに見えるけど,どうなんでしょうね.

2016-09-07

蓮舫二重国籍はありえない

蓮舫二重国籍問題となっているが、蓮舫二重国籍はありえない。法律でそう規定されている。

 

まず、日本台湾と国交を結んでいないので、台湾国籍というもの認定されない。

台湾人中国国籍をもっていると見なされる。

    http://spotlight-media.jp/article/260786533705025166

 

一方で、中国国籍法は、二重国籍を認めない。

中国人日本国籍を取った場合には、自動的中国国籍喪失する。下記。

    http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/kokuseki_todoke_j.htm

中国国籍から日本帰化した方が日本国籍離脱希望する場合は、日本国籍自己の志望により取得していることから中国国籍法では自動的中国国籍喪失しているとみなされる

 

彼女は 18歳のとき日本国籍を取得しているので、この時点で中国国籍を失ったことになる。

 

結局、二重国籍はありえない。日本国籍を取った時点で、自動的中国国籍を失う。

台湾国籍をもっていたとしても、台湾は国とは見なされないので、国籍とは見なされない。

 

 ※ この件は、読売新聞 2016/09/07 の記事とほぼ同内容である

 

 ※ 「帰化ではない」という話は、20行ぐらい後で解説している。第九条の箇所。

 

 


 

 《 ブコメへの回答 》

 

ある国が他国国籍を消すことは「ありえない」。だから二重国籍を「認めない」ことしかできない。

ある国が他国国籍を消すことは「ありえない」が、ある国が自国国籍を消すことは「あり得る」んだ。

から中国国籍法は、この場合において「中国国籍自動喪失」を規定しているんだよ。

下記 ↓ を参照。

 

蓮舫は本人も言っている通り帰化でなくて国籍取得。なので自動喪失こそありえない。

うん。それは、いい点を突いている。確かに、上記の引用文(中国大使館)は、「帰化した重国籍者」を対象としたものから、上記の引用文は「自動喪失した」ことの論拠にはならない。(蓮舫帰化したのではないから。)

では、帰化したのではない国籍取得場合はどうか? それは、ググればすぐにわかる。(出典: http://officelee.jp/visa_data/law05.html

というわけで、やはり、自動的中国国籍喪失するようだ。

 

そうですか。では台湾パスポート在留している台湾人を追い出す活動でもすればよろしい。

 台湾パスポート在留している台湾人資格はこちら。

  → http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1213367322

 ちゃんと正当な資格があるんだから八つ当たりしても無意味

 

中国国籍を持っていると見なすの日本国内の話でしょ。

そうですよ。日本国内では二重国籍ではない、という趣旨

トラバにも記してあるが、台湾内では二重国籍可能性はある。

それは知ったこっちゃない。内政不干渉

 

日本台湾と国交を結んでいないので、台湾国籍というもの認定されない。 そうなの? ここの根拠がない時点で読むの辞めた。 思い込みが激しいよ。 じゃあ、台湾国籍確認する必要もないじゃん。ひどい自己矛盾

思い込みじゃなくて、日本政府方針です。台湾人中国人として認定されています政府方針なのに「根拠がない」というのは滅茶苦茶。

また、別の根拠は、リンクでも示している。

それでもまだ足りなければ、こちら。

   http://www.ritouki-aichi.com/seimei_rinkenryou.html

   http://goo.gl/gIHGUw

細かな情報は、ググるとわかる。

   

2012年(民主党政権時)、在留カード国籍地域欄に「台湾」が記載されるようになった

そうですね。「国籍地域欄」に「台湾」が記載されるわけです。もともと台湾という地域の扱いですから、当然でしょう。

 

中華民国人と中華人民共和国人の違いはどうなるんだろう?

日本政府はどっちも「中華人民共和国人」の扱いだ、となります。ただし、そのうち「台湾」という地域に住んでいる人は特記されます。それだけ。

 

 ──────────

 

 最後にオマケで二つ。

台湾は国じゃないので二重『国』籍ではありません」というのは言葉遊びの域を出ないと思うのですが。

法律論というのはあくまで法に規定された事柄に対して合法非合法かを問う。

法律論というのは一種言葉遊びみたいに見えることがあるが、そういうものなんだ。

素人から見たら「何で本質を考えずに言葉上面ばかりを争っているんだ」と疑問に思えるかもしれないが、法律というのはそういうふうに形式で争うものなんだよ。それはちょうど数学証明と同様だ。

何となく直感的に正しいから」というような理屈は成立しない。あくま形式で論じる。形式主義だ。こういう形式主義が、近代科学近代社会を成立させた。

形式を捨てて、理屈抜きの感情だけで、「気に食わんから」というのは、未開人のやることだ。

ま、そういう人は、文学部美術専門学校に行くべきだな。法学部経済学部は不適格だ。まして、理系学部は、とうてい無理だ。

 

    注。上の話は、「 文学部 < 法・経 < 理系 」という
       序列意味しません。文学部文系の軽視ではありません。

 

もはや法律論じゃなくなってるんだよね、「日本人は嘘つきが大嫌い」

論理で負けたから、論理でなくて、感情論で来るか。そう来たか。ならば、うってつけのサイトがあるぞ。

安倍晋三経歴詐称を指摘している。

  → http://togetter.com/li/950986

さあ。「日本人は嘘つきが大嫌い」なら、安倍晋三を大嫌いになっているよね? こっちは蓮舫の1万倍も嘘つきだろ。明らかにプロ詐欺師レベルだ。

 

 


 

《 追記 》

 

次の記事もある。

 → 蓮舫議員の二重国籍疑惑はネットデマでは?

 

蓮舫二重国籍だ」というのは、池田信夫デマだと述べている。

なぜかというと、日本国内法では、日本国籍選択するときに、「外国国籍放棄する」と宣言する必要があるからだ。

蓮舫場合は、こうしたと推定できる。つまり日本国籍選択するときに、外国国籍放棄した。(さもないと日本国籍選択できない。)

外国台湾国内)ではどういう状態であるかは別として、少なくとも日本国内では、これで完全に問題解決している。つまり合法状態である

合法状態であるのに「違法である」と述べているのは、池田信夫デマだ。

世間で大騒ぎしているのは、すべて、池田信夫デマに踊らされているからだ、と言える。

2016-07-20

気に食わない奴を叩くためなら統計曲解する反原発屋と池田信夫

http://agora-web.jp/archives/2020370.html

そりゃ、どう見ても鳥越氏は都知事どしてダメダメだとは思うが、

しかし、ノビー鳥越氏が4年の任期中に死なない確率は15%以下と主張する。

その根拠は、肝臓がんの手術後10年後の生存率が15%で、鳥越氏は7年が経過しているからだそうだ。

しかし、どう見ても引用しているグラフを見ると7年間生存した人が、10年目まで生き延びる可能性は70%くらいある。

しかもこの統計に含まれる「術後7年後の患者」の中には、元気な人もいれば、その後も病気がちな人もいるだろう。

鳥越氏の主張が正しければ)鳥越氏を含む「術後7年後の元気な患者」だけを母集団にとってみれば、あと4年生きる確率は8割くらいあるんじゃないだろうか。

ま、都知事なんかせずに、安静にしてればだけど。

とにかく、こんな無茶苦茶統計解釈で、気に食わない奴を叩くって、ノビーの大好きな反原発屋さんとやってることが全く同じ。

しかも、何件か間違いを指摘したコメントもあったのに、しれっと削除。

ノビー取り巻きは、そんな統計解釈の(意図的な?)間違いなんか気にせず、サヨク叩きにご心酔。

もう馬鹿かとw

2016-07-05

やまもといちろう池田信夫も左から見るとネトウヨなんだねー

ネトウヨにとっての踏み絵靖国参拝移民反対なので、この2人はネトウヨから見ると全然同志では無いんだよなー

2016-06-20

小沢一郎ニコニコ動画、6年の月日

小沢一郎ニコニコといえば

2010年にはこんな番組をやっていた。

http://blog.nicovideo.jp/niconews/2010/09/008994.html

生放送では、政治ジャーナリスト角谷浩一氏の

司会進行のもと、上杉隆氏、池田信夫氏らが出演し

生討論。その後、小沢幹事長が出演し、ユーザー

皆さんからの様々な質問に回答していきます

この角谷浩一上杉隆氏、池田信夫、というのが揃って異様に小沢にペコペコニコニコするからさまな太鼓持ちで、鋭い質問なんか一個もせず、「小沢さんってこんなに気さくで親しみやすいおじさん」というエピソード紹介やヨイショばっかりやってて、政治番組としては酷いモンだった。

小沢好意的に偏った政治番組、というのですらなくて幼児番組になってしまっていた。おそらくだが当時まだ珍しかったネットメディア番組なので民主党から過剰に「若者向けにやらなきゃ」という意向が出て、そこに上杉池田のような質の低い人材があてがわれた結果中高生でも退屈するお遊戯番組になったのではないか。あの番組小沢も余り得しなかったと思う。



まあしかしドワンゴから小沢に対する好意や敬意や配慮はあった。

当時ホットスキャンダルだった小沢陸山会問題に関する質問なんか読まれるわけもなく、色々なコメントNG化されて表示されなかった。


それが今では小沢古市憲寿のようなヨゴレに不倫ネタでいじらせておもちゃにするという。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/19/furuichi_n_10556620.html


6年の月日は色んなものを変えた。

ニコニコ政治番組やる能力なんかないことだけは変わってないが。

2016-06-01

IDコール

気づくのに、だいぶ間があいしまったので、これから

返信するのもどうかと思ったけれど、簡単おこた

しておきます

1.

id:oxymore “本当であれば”とか言いながら記事の内容に乗って言いたい放題政権disに繋げてる人は気持ち悪くないんですか?とても冷静とは言い難く、弁護士としての資質を疑います


そもそもそれを、どうしてわたしにおっしゃるのか。

わたしコメント力点は、なによりど素人が、さも

わかったふうに精神疾患であるかのように決めつける、

偏見しかないもの複数アカウントが持ち出して

いる陰湿な感じにたいして、何とも不快であると表明

しているところにあります

焦点の異なるコメントにたいする批判(?)としては、

いささか筋違いなのではないか愚考する次第です。

しかしCapricornusさんのいわれる「冷静」であるということ、

これはこれで大事だとおもう。正々堂々、「冷静」に議論すれば

いいと、わたしもそう思います精神障害だと決めつけている

ような人たちは、はたして「冷静」か、否か。あるいは、何かを

主張するさいに、その人の職業資質(?)や属性論点

ずらすようなやり方は、「冷静」で「説得力」をもつのか。

あなた論法は、このような方たちには適用されないのでしょうか。

弁護士」として発言してはいない人たちにはあてはまらない?

政権批判あなたの言い方なら「言いたい放題政権dis」)する

不届き者をやりこめるなら、少々の乱暴は許される?

しょせん、ネット便所の落書きの延長、実名だすならともかく、

本名なのらなければ何を書いてもいい? さて。

2.

Capricornusさん最初コメントにこう書かれていました。

事実に反するばかりと言う怪しい記事持ち上げてるこのブログを持って、保守速報を持ち出す安倍氏批判してる人たちには説得力と言うものを学んでほしい。事実はどうあれこんなペラ一信じ込む弁護士って不安じゃない?



この「事実に反するばかりと言う怪しい記事」というのは、

これ、誰がそう言っているのでしょうか? 伊藤弁護士

ブコメのどれか? それともCapricornusさん

伊藤弁護士記事中にはそのようなくだりは見つけることは

できませんでした。たしかに、彼女流出メモの内容に

ついては手短ながら例をあげつつ「的外れであると指摘

していますしかし、記事自体についてはそう言ってはいません

(もちろん、記事はすべて事実だ、とも書かれてはいない)。

FACTA記事言及したブックマークコメントも、眉唾だと

評しているものはおおいが「事実に反するばかりと言う怪しい

記事」といっている人が大勢、というわけではないようです。

池田信夫氏でさえ、「しょせんFACTAから真偽のほどは定か

ではないが」と書いていましたが、ひとまず真偽不明、とする

のが、「冷静」な読み方かと。

たとえメモの内容が、伊藤氏の現実の「事実に反」していた

として、そういったでたらめな文書が流布されている、など

いくらでも現実的にありうる事態を考えうるし、とうぜん、

それをもってFACTA記事を「事実に反するばかり」とは

論理的にいえません。

誤読詭弁、あるいは書き間違いでなければ、「事実に反する

ばかりと言う怪しい記事」と主張できる根拠わたしがよみ

おとしてしまっていることになります。面目ない、ぜひご教示

いただければさいわいです。

3.


しかに、伊藤氏の書きぶりにも脇が甘いところがある。

あなたの「記事の内容に乗って言いたい放題政権dis」という、

批判」と「誹謗中傷」を混同する言い回しには、わたし違和感

をもちましたが(かりにも自由民主主義を標榜する権力が、人々を

監視するならば、原則的には、それは二枚舌だと、批判されても

しかたがないでしょう)、伊藤氏の文中、とくに

って、およそ大人国家対応じゃない。子どもみたいな対応です。

恥ずかしいです。それこそネトウヨレベル。呆れてものが言えません。



のくだりの前後など、頻出する「ネトウヨ」、また「子どもみたい」、

「恥ずかしい」「呆れてもの」も言えない、などなど、読むものに、

ある方向での感情を抱かせがちな、いわゆる充填語がおおく、論点

取的な筆の運びになってしまっていると批判されてもおかしくない。

ただ、この文章活動家アジテーション権力監視行為一般

たいする牽制政治的声明NPONGO代表として権力による

監視行為への基本的姿勢を述べたものでもあるでしょう。

そのような性質文章ならなおさら言い回し・語彙の選択、どこまで

いえて、どこからは慎まなければならないのか、などなど、いくらでも

書くさいに考慮すべきことはあろうし、批判する方も仔細に吟味すれば

よい。伊藤氏の文章も、私のこの文章だっていくらでも批判される点

はあるでしょう。

ともあれ、弁護士ともあろうもの、「冷静」たれ、と批判しているひとが

いたとして、とうぜん、まわりはその批判者も「冷静」であるかどうかは

いやおうなしに見えてしまうし、「公正、フェア」であるかもはかられる

でしょう。そのような「冷静」な批判には、具体的な事実文言など、

根拠論理がそうおうに求められると思うが、いかが?

5.

などとつらつら書いているうちに、続報きましたね。

(続) 安倍政権が監視しているとの報道・FACTA編集部に話をきいてきました。

さて、「事実に反するばかりと言う」「怪しいペラ一信じ込」んで、

「言いたい放題政権dis」るようなとうてい「弁護士として」ふさわしからぬ人物が、

裏取りのような真似は間違ってもするはずがないので、いったいどんな

妄想を書きつけているか、楽しみにあとで読んでみようと思います

2016-04-03

池田信夫氏のブログの新着記事を見ていたところ

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51974817.html

この記事にサラッとこんなことが書いてあって

圧倒的多数民衆は、女性のように論理ではなく感情で動く

牛乳噴きそうになった。

よくこんな多方面から攻撃されそうな文章をスッと迷いなく書けるねえ。

書くときに、あっこれはマズいとか気付かないのかな?

2016-03-19

池田信夫氏の記事ブコメが見える!

アゴラって池田氏方針ブコメ非表示になってなかったっけ?

こことかブコメ見えるんだけど

http://agora-web.jp/archives/2018198.html

設定変えたのかな? はてなミスじゃないよね?

2016-03-09

http://anond.hatelabo.jp/20160308074646

補助金上げ下げどころか池田信夫とつるんでバウチャーだの公務員保育士廃止なんていってる人間なんだからそりゃそうするでしょう

2016-01-21

頭の良い人とは

頭の良い人とは、多方面の知識を結合させる能力が高い人のことだと思う。たまにはてブを通して、そう思い知らされるような記事に巡りあう。今日見た中ではこれだ。

不思議の国のジャニーズ - はなぶさときいちブログ

この能力が高い人は、きっと世の中の見え方が凡人とは違う。きっと見聞きした些細な物事の中にも閃き、驚き、興味深さを見いだして味わうことができるのだろう。時事評論などをさせると、鋭い切り口を披露してくれたりする。池上彰なんかもそうだし、池田信夫もそうだと言えるだろう。ただ前者はポリティカリー・コレクトの傾向で、後者は逆で極端な思想を帯びている。これはいい例で、この能力を持つ人でも、言い方によっては衒学的で反感を買うこともある。とはいえ、ブログ主のように淡々と誠実な話しぶりをする人が多いように思う。

翻って私は、いい歳になってきたもののそこまで聡明でもない。結合させうる豊富な知識の引き出しもないし、上手に言語化もできない。時事評論どころか、せいぜいアニメを見て「よかった」と言う程度の能だ。けれどアニメ感想というジャンルでも、いや、このジャンルこそ、頭の良さを感じさせる豊かな視野を持つ人と、そうでない人の差が激しい。残念なことに後者ほどコンテンツを楽しめておらず、通ぶって酷評を振りまいているように感じる。おそらく、先述の能力の乏しい人が利口ぶろうとするとこのように殺伐とした空気になるのだろう。ネットを見ているとうっかり巧妙なdis空気に取り込まれそうになるが、自分安易にそうした言説に染まらないように気を強く持とうと思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん