「母語」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 母語とは

2017-04-01

メンヘラ拗らせたけどしんどい

ただただしんどいしんどいから耐えられなくなる前に頭の整理をするために書く。全部。

留学先で会った10以上も歳上の外国人男性と付き合い始めた。しかもめちゃくちゃ特殊仕事の。

初日の授業で少なからずビクついていた私に、隣の席に座っていた彼がピカソみたいな似顔絵を描いて見せてきたのが最初だった。キャラものノートなんか使っていて、オッサンのくせに可愛いなと思った。(実際年齢詐称を疑うレベルには幼い顔立ちな気がする) たぶん子供っぽいちょっかい垣間見える愁いに似た表情にも惹かれていたのかも知れなかった。帰国直前に誘われて、ローカルビアガーデンに2人で飲みに行った。ラムボトルを空けながら下らない話をして、それからねだられるままに頰にキスをした。飲み会嫌いの引きこもりだったからきっとこういうのは酒の席の冗談なんだと思った。割に早い帰寮時間は守る手合いだった。寮までの帰り道、ほろ酔いの私の手を引いて下手くそ日本語で付き合ってくれと繰り返すものから、いよいよ訳が分からなくなって、思うように扱えない英語肯定の返事をしてしまっていた。

南国の夜は暑くて彼も私も少しばかり汗をかいていて、だからシャワーを浴びたら僕の部屋においでと言われた。今度は英語で。それまでもたまに遊びに行ってはいたけれど果物を剥いたりスナックをつまんだり、そんなたわいのない楽しみを共有していただけだったから、また酔い醒ましに美味しいものでも食べさせてくれるんだろうと思った。頭が空っぽすぎた。結局ルームメイト占領していてシャワールームは使えなかった。

そうして本当に果物を食べてジュースを飲んで、そのままセックスした。生で。さらに言うならば私はモロに生理最中だった。ねえ待って、さすがに汚いからやめよう。上手く言葉が出てこなかった。大丈夫気にしない、たぶん彼はそう言った。そういう問題じゃねえ。でももう何もかもどうでもよかった。あ、そうかそういうことだったのか、処女でもなければカマトトぶってるわけでもないのに、どうしてもそこまで思いつかなかったのが不思議だった。さすがに手慣れてるのが妙に悔しかったけど、それでも案外余裕が無さそうなのが可愛いなとぼんやり思った。

拙い言葉だったけど伝わっていたと思う。でも、中には出さないでね、と英語では何と言えばよかったんだろうか。

翌日は卒業式だった。毎週の式の後には皆で飲みに行くのが恒例だったが、式のあまり冗長さに完全に気力を奪われていたから、シャワーだけ浴びて頭痛と荷造りを理由に(荷造りの方は嘘ではなかった)部屋で寝そべっていた。多分そのまま意識飛ばしていて、次に目を覚ました時には12時を回っていた。ナイトクラブに行くのかと思っていたルームメイトが意外にも早く戻ってきて、風邪をひくからと起こしてくれたようだった。

パーティーには来ないの、と彼からメッセージが来ていた。ごめんね少し疲れていたの、でも休んだからもう大丈夫。それなら僕のルームメイトは朝まで帰って来ないから良ければおいで、明日には帰っちゃうんだろ。でも門限直後だから、今警備員フロア巡回してるんじゃない。

そんなやり取りをもちろん英語でしていたら、突然日本語テキストが送られてくる。大丈夫から、すごく時間が惜しい。どうやって入力したんだろうか(冷静に考えたらグーグル翻訳コピーに決まっている)、昨日の今日馬鹿だと自分でも思う、またしてもその可能性は頭から抜け落ちていた。だって今日こそ彼は私のソレを知っているのだから。とにかく会いたいな、とただそれだけを思った。

実際警備員はいたから無理なものは無理で(もちろん男女で寮のフロアは分かれているし立入禁止だった。後から知ったことだが案外皆平気で立ち入って自国の友人と小さなホームパーティをしているらしかった)、しばらくエレベータホールで偶然会った別の友人と話し込んでしまった。結局抜け出せたのは1時を過ぎた頃で、小さくノックをして部屋に入ると彼自身やや驚いたようだった。

いつものように甘い果物を食す(私が講師に貰ってお裾分けしたのを切り分けてくれていた、ナイフを持ち合わせていなかったので有り難かった)、あまりにいつも通りの子供っぽい様子に少し安心した。彼も大勢での飲みはそう得意ではないらしく疲れているように見えた。金曜日、多くの学生は出払っていた。静かな夜だった。ルームメイト見送りのため、未明には戻らないといけなかった。

ベッドに横になって、しばらくただ寄り添ってどうでもいい話をぼんやりとしていた。職業柄よく鍛えられた身体が温かかった。手を伸ばして頭を撫でると、アジア人らしい硬質の、まだパーマの少し残った髪の手触りがやたらと心地良かった。いつの間にか彼は身体を起こしていて、私は彼の腕の中にいて、どちらからともなくキスを重ねた。そのまま首筋まで降りてくる、指が背中に回るのが感じられた。分かってる、分かってるんだ、でも明日にはもう会えないから、お願いだ、そう耳元で繰り返す声は絞り出すように震えていて、この人も臆病なんだろうかと思った。それもそうかも知れなかった。あちらからしてみれば相手10も下の日本大学生なのだから。ただ、そんなことはどうでもよかった。it doesn't matterってやつだ。どう考えても問題ありすぎるくらいだけど、とにかく全てが関係のないことだった。

幸運にも私の日本へ帰るフライトは午後発だった。ルームメイト未明に引き払った後、すっかり生活感のなくなった部屋で私は1人荷物の最終確認をした。スーパーあの日飲んだラムを買った(シンプルに美味しかたから飲んだ瞬間に購入を決意していただけの話だ)、3本買ったら、300円にも満たなかった。物価おかしい、その100円のボトルで私はおかしくなってしまった。

から友人と出かけるらしい彼がフラリと部屋に来た。スーツケースが膨らみすぎてベルトを締めるのに苦戦していた所だったが、それをあっさり片手で締めてくれた(不覚にもそんなことでささやかときめきを覚えてしまった)。無性にしかった。私は12時に同じ便の友人と待ち合わせをしていた、彼の方は11時だ。彼が出かけたらそれで終わりなんだろうと思った。セフレでもいいと思っていた昨日の私は完全に居なくなって、一回りも歳下のこどもを愛して欲しい心持ちになってしまっていた。一度だけキスをした。気をつけて、良いフライトを。最後はそんな言葉だったように思う。彼が帰った後のドアを眺めていたら一瞬目元が滲んで、よれたアイラインを引き直すのにスーツケースを再び開ける羽目になった。ベルトは私1人ではうまく締められなかった。

どうせ帰国後は連絡が途絶えるありがちな展開だと思っていたらそうでもなかった。

時差はそれほどないとはいえ、毎日夜更けに電話が来る。インフラが貧弱すぎてまともな電波もないのに時折ビデオ通話を掛けてくることもある。そして画面越しにキス要求してくる。いい加減にしろ。一体何歳だお前は(ここまで言って私も頭を抱える)。日に日に訳の分からない日本語ばかり覚えてきて、母語でないということの恐ろしさを感じる。なるほど確かに相当上がり症の私も英語から言えるような台詞を散々吐いている。

最近は開き直って、こちらもグーグルに教えてもらった彼の国の言葉を少しずつ混ぜてみるようになった。合わせて3ヶ国語。メインは英語から、正直なところ意思疎通はそれほどスムーズではない。平易な言い回しを探したり、喉に引っかかった単語を拾い上げたり、案外楽しいじゃん、と思う。難しいことは言えないのだろう、小学生レベルフレーズで伝えてくる言葉が、もどかしい発音日本語が、一つ一つ愛おしいと思う。

ただ気づいてしまった。会えない。こんな当たり前のことが異常なほどしんどい。忙しいから会えないとかではない、物理的な無理がありすぎた。GWは混みすぎて間に合わない、夏休みっていつだ。彼氏旅行に行っている親友が恨めしくてならない。セックスの何がそんなに楽しいんだと言い張るタイプの嫌な女だったけど今なら少し分かるような気もする。男の言う気持ち良さはまだ分からない、下手というつもりは決してないが(それほどの経験も無い)むしろ辛さや羞恥のほうが勝る。それでもそこに確かに存在していることを肌で感じたいと今は思う。無論セックスでなくてもいい、やけに手入れされた綺麗な頰に触れたいとか、無骨だけど温かい手で撫でられたいとか、ただそれだけの事だ。自分がこんなにもどかしい気持ちになるなんて思っていなかった。もっとサバサバ(笑)系だと思い込んでいた。

こうなるに至るまでの経緯を仔細つらつらと書いた。なんたるメンヘラだろうか。めちゃくちゃ搔い摘んだらセックスして情が移っただけの話になってしまった(情ではないと自分では思っているけれど件の親友にはとんでもない目で見られた)。親には言えない。最近結婚圧力が重たいのに言えるはずがない。もちろん友人にも全ては話せない。彼女らは私のことを少々潔癖すぎるくらいに思っている(はず)だから、とてもこんな汚い私は見せられない。

もも限界だった。お子様な私のキャパティ決壊しそうだった。から書いた。

神様お願いです、航空券時間を私にください。今はそれだけです。

2017-03-15

http://anond.hatelabo.jp/20170314174014

象徴研究豊富にあるだろうが、ここまで細かい単位で、しかも「こういう単語が多い」にとどまらず、一般的に、音素に「意味がある」と主張する研究は、広く受け入れられているものの中にはないんじゃないか

よく知られている音象徴は例えば、英語だったらglで始まる単語は光に関する単語が多いとか、曲線の多い図形と直線の多い図形を見せて、「どちらがブーバで、どちらがキキか」と聞くと、母語に関わらず曲線の多い図形がブーバだと答える人が多い(ブーバ・キキ効果)というようなもの

あと、これはどの程度学説としての妥当性があるのか知らないけど、「怪獣の名はなぜがギグゲゴなのか」という本を出した人もいた。

何れにしても、なんらかの音がなんらかのイメージを想起させるというような現象であって、例えば「集合論」というような、厳密に定義づけられる言葉が当てはまるようなものではない。

しかもこの増田は、「この子音を持つ単語はこれに関する言葉が多い」というにとどまらず、「音と意味には関係がある」と言って一般的法則を示そうとしているように思う。

未だに増田理論はよく理解できていないが、どうしてこのような考えに至ったのかは興味がある。

2017-03-09

怪しい日本語翻訳文書≠非日本語母語話者による翻訳

翻訳仕事を片手間にやってる。単語文字数単位ではなく拘束時間単位で、多分単価は安いんだけど、本業の傍らでやってるだけだし、とりあえず実績を付けるためにやってるので待遇の面ではそれほど不満はない。が、泣きたくなるのは前任者の翻訳をリバイズしている時。何故かって言うと、私視点では「ありえないくらい」酷いから。流石に機械翻訳レベルではないが、英語がそんなによくわからないなりにテキトーに訳しているという感じ。

今覚えてる限りだとこんなんがあった。

Fall under the spell of ○○ → ○○の秋……

いやあ…fallは確かに「秋」だけどさあ、それだと意味おかしくなるでしょ…

で、だ。テキトーに訳しながらも、なんとか日本語に移し替えているのならまだ好感が持てる。まあ、日本語的に読める文章でも間違ってる部分はどちらにせよ全部直さないといけないので私は楽にならないんだが、これは実質的杞憂

なぜなら日本語としてもヒドイから。私も日頃日本語でコミュニケーションしてないから、文章力に絶大な自信があるわけではない。でもなあ、流石に仕事での翻訳に「子供っぽい」文体を使おうとは思わない。いや、誰もやらんとは思うけど、私の目の前に広がっているのはまさしくそんな「子供っぽい」翻訳文なんだ。

で、ね…この「お子様文体」で書かれた、原文が存在しない文章存在に私は本気で頭を悩ませてる。最高に厄介なのが、問題クライアント説明しにくいってとこ。日本語文の「子供っぽさ」を「公正」に他の言語翻訳できる自信は、私には、ない。スラングを使うことも考えたが、スラング必要以上に文体を歪めてしまうから問題なのはギリギリ許容されうる範囲内での言葉遣いの拙さであって、スラングのようにそもそも許容範囲外の拙さではないってとこなんだ。

はいえ、原文も酷いと言えば酷い。英語ネイティヴが書いてる(らしい)から文法的には間違っていないんだけど(ただしところどころにtypoが残ってて何故か私が指摘してる)構成がマズくてわかりにくい。

まず、虎頭蛇尾というか、文章の後半に関係代名詞や分詞構文(って言うんだっけか?)でアレコレ「本来の文とは関係が薄い内容」付け足すので、文として意味不明になっている。何とか意図想像して訳せないことはないが、できれば添削してから翻訳に回してほしい。

更に、内容的繋がりが薄い文章が一つのパラグラフに押し込められている。パラグラフの長さ的にはまあ許容範囲?とかそういう観点なの?うん、でもね、違う、そうじゃないんだ。内容があっちこっち行っちゃう文章は読むのが大変なんだよ。

本業が忙しくなってきたからこの仕事は辞めるつもりだけど、一つ得られるものがあったとすれば、それは「怪しい日本語翻訳文書が非日本語母語話者による翻訳とは限らない」という知見を得られたこと。

それまでの私は、日本語ネイティヴ翻訳を行うなら、当然ある程度の水準以上の文章を出力するものだと思っていた。ただ、様々な理由により、読むに堪えないレベル翻訳文書が、日本語ネイティヴから回ってくる、と言うこともあるのだということ。

これを防ぐには、(どこの馬の骨ともわからない)個人を直接雇用するのではなく、内部で品質チェックを行う(であろう)翻訳事務所を通すべきだと思う。

思うんだけどさ、そういえば大昔、これとは別件でクソみたいな翻訳文書をほぼ丸ごと添削して翻訳事務所に送り返したこともあったなぁという珍事を思い出した。

2017-02-22

http://anond.hatelabo.jp/20170222075410

言語文法というのはネイティブスピーカー自然に発する言葉パターンのことであって、そういう意味では、母国語文法を学ぶ必要はない。

はいえ、あなたライティングが下手なのは間違いないと思う。「すべて現代文で失敗した、」のところは読点でなく句点を打つべきだし、「かくゆう」は「かくいう」の誤記だろう。

現代文勉強はしてきたが、10月に仕上げとして追加した参考書で初めて「助詞の は は特定意味を示すことが多い」とかを見て、自分の今までの勉強の甘さを実感したとともに、自信を失い、全く現代文ができなくなったが、それを知らないまま自信満々に文法的な間違いを繰り返すくらいなら、一年文法から学びなおしたいと思う。 そんな本があればいいのに、と思っている」この部分は一読して意味が取れなかった。何度か読んだから、言いたいことはなんとなくわかるが。

こういうライティング技術とか作法かいうのは、世の中の人たちが文章を書くときの習慣とかマナーといったようなもので、本来母語文法」とは分けて考えるべきものだ。

2016-12-30

フランス人フランス語母語とする人が多いです」

「俺の友達フランス人イギリスまれから英語母語だぞ。間違ってるだろ馬鹿め」


いや「多い」としか言ってないのに何で反例を示したから偽だ!的に勝ち誇ってるの?

2016-12-16

オタベックアルティンにかこつけて話をしたい

ユーリ!!! on ICE 、見てる?

オタベックアルティン、どう?

カザフ英雄」っていう字面を見て以来、ソワソワしていたものが、ユーリ・プリセキー友達になったあの瞬間に全てが弾けた。

カザフスタンを含む中央ユーラシア・テュルク系諸民族が持つ「民族英雄」の姿をはっきりと感じ取ったからだ。

カザフスタンは、歴史的にテュルク系諸民族が多く暮らしてきた土地である

遊牧騎馬民族繁栄した土地であり、彼らはテュルク系の言語と、それに基づく言語文化を持つ。

彼らの文化信仰あるいは歴史は、口承文芸によって伝承された経緯があり、口承文芸のうちの一大ジャンルとして数えられるのが「英雄叙事詩」と呼ばれる物語形態だ。

カザフに限らずテュルク系諸民族の中で広く伝播した『アルパムス・バトゥル』や、キルギス英雄叙事詩マナス』は邦訳出版されており、母語によって英雄叙事詩世界観に触れることができる。中央アジアを題材とした創作物でおそらく現在もっとも有名なのは森薫の『乙嫁語り』だろうが、作中に登場する馬などの名は、先述の英雄叙事詩にて確認できる。アルパムスやマナスとは叙事詩中での主人公にあたる英雄名前であり、英雄たちは作中でもっとも強く、激しく、時に美しい。

英雄叙事詩」の歴史形態などについては省略するが、重要なのはカザフの地に育まれ文化には「英雄」の存在を待望し、受容する姿があるということである

彼らは街や、施設などに英雄叙事詩中に見られる名付けをし、また街中では英雄の像を見ることもできる。余談ではあるが、キルギス首都ビシュケクに立つ騎馬マナス像の馬には、立派なちんちんがついている。あと動物園の馬もなかなかのブツをボロンしてる時がある。

さて、その英雄についてである

英雄叙事詩の主なテーマの一つに「外敵との戦い」がある。英雄が戦う相手は「異民族」や「異教徒であることが多い。たまに超自然的な怪物と戦うこともある。

敵対する異民族や異教徒を、英雄苛烈に打ち倒していくわけだが、全ての異民族や異教徒が敵となるわけではない。

英雄は、時に異民族友達になる。

英雄(オタベック)は、異民族(ユーリ)と友達になるのだ。

盟友となった異民族とともに、英雄さらなる敵を打ち倒していくのである

(英雄叙事詩中に現れる異民族は大抵がモンゴル系の遊牧騎馬民族な訳だが、細かいことはいいんだよ)

敵についても、少し話をしたい。

英雄異民族敵対し、彼らを倒して強さを示す。異民族の長との一騎打ちはしばしば物語クライマックスとなり、もっとも盛り上がるシーンであると言っても良い。

敵の王との一騎打ちである

YOIにおける王といえば、J.J.ルロワに他ならない。

11話でオタベックアルティン対峙したJJの姿は各位の記憶に新しいことと思うが、ここでもオタベックアルティンが持つ英雄性を感じ取ることができる。

そうして「勝利」を得た英雄は、やがて自集団を束ねる長となり、後世へと名を残す偉大な存在となるのだ。

英雄叙事詩はその他様々なエピソードによって構成されているので、興味を持った皆さんには是非読んでいただきたい。

ここまでの参考文献は以下の通りである

 坂井弘紀2002『中央アジア英雄叙事詩:語り伝わる歴史東洋書店

 坂井弘紀訳2015『アルパムス・バトゥル:テュルク諸民族英雄叙事詩平凡社

 若松寛訳2001『マナ少年篇:キルギス英雄叙事詩平凡社

 若松寛訳2003『マナ青年篇:キルギス英雄叙事詩平凡社

 若松寛訳2005『マナ壮年篇:キルギス英雄叙事詩平凡社

我々は幸運にも日本語でテュルク系英雄叙事詩に触れる機会を持った。最大の感謝をここに表す。

以下、蛇足

オタベックアルティンサマーキャンプを経てバレエからは離れたようだけど、彼はその後どこに行ったのだろう?

個人的に、例の演技終了時のポージングからコサックダンス(ホパーク)の匂いを感じた。

12話で明らかになるのだろうか、期待は大きい。

あと、「サマルカンド序曲」っていうタイトルも気になる。

2016-12-11

冗談では済まない語彙をコピペ脊髄反射的に言う日本人

最近どころかかなり以前から、〇〇テロかいスラング流行っています流行りというよりももはや、定着してしまっているみたいですね。例えば「飯テロ」とか「バイトテロ」とかです。TwitterとかSNSとかでスラングとして広まりしましたが、マスメディア広告代理店流行らせたのとどちらが先か、私にはよく判りません。

テロ」という語彙は冗談では済みません

そもそもテロリズムというのは、テラー・イズムだからテロリズムなのですから、つまり目的のために恐怖を与える手法のことをテロリズム、略して「テロ」といいます。こうした語彙の意味もおそらく解っていない人が、〇〇テロかい造語安易に用いているのでしょうね。

ゲリラ的」と言っていた場面でさえも「テロ的」とか言う人が出てくるようになって、意味が全く判りません。そのうち、「緊急企画」などという大げさな表現がありますが、それも「テロ企画」って言うようになるかもしれませんね。

世界的に見てもおそらく通じない、恥ずかしいことだと思います冗談では済まないんです。テロというのは、大量殺戮と恐怖なんですから

からそうなのでしょうけれど、今の日本人さらに、言語の扱い方を解っていないと思います。昔から、字はせっせと教えられ、習字、言い換えれば「かきかた」は執拗にやりますよね。

けれど、修辞をやらないんですよね。

国語教育」とか「日本語」とかいう語彙が明治期以降なのでしょうが、広められ定着させられました。けれど、古来の言語は「やまとことば」(和語)で、中国から漢語を書きことばとして受容し、やまとことばを書くためにも漢字をあてるようになったものです。だから、「古文」(「古語」)と「漢文」という各教科が、意識的に設定されていました。しかし今って、ほとんどの人は、「日本語」と称するものがいったい何なのかを解るのではなくて、むしろ単に「コピペ」で話したり書いたりしています

ゆとり」とかいう以前から、丸暗記、思考停止コピペ教育なんですよ日本って。

何が変わったかというと、戦後から今にかけてずっと、都会へ引っ越してきた世帯が増え、いわゆる核家族化もし、同時に会社人間化(社畜化)、学歴という階級差別で親が教育をやらなくなり、さらに(貧困への退行による)共働きが増えたわけですね。だから、親や祖父母が教えなくなった、そもそもの教える能力もなくなった。本に書いてあること、新聞テレビにあること、学校や塾や予備校でやることばかりが、皆に刷り込まれるようになりました。

我々は戦後から今に至るまで、食べ物にしても人為的大量生産されたものを食べることが多くなり、生きたもの調達して最初から調理することは減りましたし、「外食」のように他人が作るもの、それもチェーンやフランチャイズの均一規格品を食べることが多くなりましたよね。

実は、野菜ですら、人為的に交配・生殖されて共通遺伝形質をもつ第1世代交配雑種F1種)が多くなっていて、遺伝子組み換えでなくたってもう、均一規格品化が進んでしまっています。ましてや、霜降り牛肉とかブロイラーとか、言わずもがなです。そして我々の肉体は、そうしたものを食べたり(飲料を)飲んだり(気体を)吸ったりしたものから形作られています。ですからもう、肉体の共通規格化や、生物としての異変が、そのことに気がつくか否かを問わず進んでいます

同じように、精神人格も、共通規格化が進んでしまったわけです。教わることも、人生経験も、ワンパターンになっていきました。そうして我々は、大量生産共通規格品になっていったわけです。

それが生物として、人として異常だから本能的あるいは意識的に、抗おう、闘おうとする情動が沸いてくることもありはしますが……。おそらくたぶん、その多くは本能的なものにすぎないのではないかと思います

ともかく、考えずにコピペで言うようになりましたから、その社会通念がたとえ間違いであったとしても、差別ヘイトであったとしても、自覚なく平然と言う社会になります。間違っているという自覚が起こらないんですよね。固定観念なんだ、偏見なんだという自覚がないままに、皆が平然と酷いことを言うんです。

実際には、人それぞれ異なるわけですから、どうやっても完全には共通規格化しません。もしもかりに皆完璧に同じになったとしたらパンデミックで滅ぶんでしょうけれどね。完璧に同じではなくとも、皆同じことしか考えられない世の中は創造性がなく、トラブル解決能力もなくなります、既にそうなっています

完璧には同じになりえないのに、社会全体に広まっている偏見を我々全員に適用しようとするから、うまくいくわけがありませんし、間違っていますし、軋轢も起こります。その軋轢に耐えることを事実上強制されるのは大概、権力や数の圧力をもたない方。

それで事件が起こることもありますし、人が死ぬこともあります。かりにそこまでいかなかったとしても、人というものは、大半を言語思考する生物ですから言語が荒廃していると精神人格も荒廃します。そして社会とは人々で構成されていますから、荒廃した人々で構成されている社会は荒廃しています

そしてそれで、そんな日本人世界通用すると思っているとしたらおかしいでしょう。己の母語もまともに扱えない者が、他人とどうやって対話するのでしょうか。それどころか、欧米論理ですらも全人類には通用しません。人類自己中心的論理地球宇宙には通用しません。だから日本人と称するものは救いようのない低レベルだと思うんですよ。

2016-09-14

日本人英語できない理由(?)

は色んなところで散々議論されているので、それは割愛して。

ネットで調べものをしていて、英語のページに出くわした時にその時点で読むの止める人は結構いるのかな?

外国だと英語母語ではなくて習熟してなくても英語サイトサービス)使う人は多いように感じる。

この違いは何だろうって考えることがよくある。

2016-06-29

EU離脱騒動ドイツを始めEU側に引いてる

イギリスEU離脱騒動について、最初離脱に入れた人達バカだという気持ちが強かったが

今はどちらかというとドイツをはじめとしたEU側のイギリスいじめとでもいうべき態度に引いている。

すぐ出て行け、一切の交渉を許さないという強硬姿勢に驚いた。

EUを抜けてもイギリスヨーロッパの一国なのは変わらないし、これからも付き合っていくことには変わりないんだから

離脱派が勝ったとは言え差は割と僅差でしかも若年層の方が残留派が多いと言う結果、

それならば「今は別れるけれど隣人として仲良くしようね、気が変わったら戻ってきてね」というのが大人の態度なんじゃないの?

速やかに離脱しろ、戻ってくるのも許さんって

しかEU大統領」の態度が拗ねてる子供並に酷い。

今のEU側はどうも、手段目的化しているように思えてならない。

イギリス貿易相手としても大きいし、ドイツフランスに住んでいるイギリス人やその逆もいる以上

関税バカみたいに上げたりして嫌がらせをしたら自国国民企業だって不利益を受けると思うんだが。

EU本来平和の達成のために作られた訳で、EUの存続自体目的化するのは本末転倒だと思うんですけど?

EUはただの装置でしょ?抜けたら嫌がらせしてやるなんて姿勢で維持してどうするの?

このままイギリスを締め付け、今後離脱するかもしれない国を脅し…って、そんなやり方では新たな紛争を呼ぶとしか思えない。

特にメルケル。あまりに近視眼的で高圧的。

第一次世界大戦後にドイツに法外な賠償金要求した事がナチスの台頭の一因となったという話は常識だと思うんだが

ドイツ人なのになんでそれを考えないんだ?もしかして理系から歴史勉強もしていないの?

どうも世の中、理系なら論理的偏見の無い判断をしてくれるという理系信仰が強いけれど、実際のところ理系でも十分に感情的だったり偏見まみれだったりする人は多いよねと思う。

しか公用語から英語を外してフランス語ドイツ語中心にするって…おいおい。

なんといっても英語世界共通語であり、

異なる母語人間同士の意思疎通には英語は役立っている。

EUの国同士の意思疎通も困難になる上、EU外への情報発信の精度も低下する。デメリットしかないと思うんだが。

ヨーロッパという狭い世界に閉じ籠ってその中だけでやり取りするつもり?

2016-05-03

http://anond.hatelabo.jp/20160330160422

エスペラント合理性は主に「学習上の合理性であることを指摘しておきたい。

人称による屈折の変化がないのも、発音が単純なのも、長い単語も厭わないのも、学習効率を狙ってのことだ。フランス語の不規則動詞の分厚いリストを見ても、不規則動詞は覚える負担が少ないと言えるだろうか。発音が単純かは異論があるだろう。エスペラントには比較的多くの子音がある。もちろん上級者は基本語 malvarma の代わりに kolda とか frosta(厳寒の) を使ってよい。長い単語しかないわけではないのだ。

語順自由合理性学習上の合理性に留まらない。文の途中に節が割り込んで文意がとりにくくなるのを防ぐ効果がある。英語では主語を節で修飾すると、主語動詞の間に節が割り込む形になってしまう。それを解決するために、受動態を多く用いるが、エスペラントでは語順自由があるのでさほど多用しないで済む。エスペラントラテン語とは違い、格は対格しかない。対格を忘れても意思疎通に支障が起きない程度の冗長性は持ち合わせている。

自然言語は常に外部の新しい話者の獲得のために最適化されているわけではない。母語話者がリードしている。

エスペラントの発展は人工的ではない。学習容易性を追求する自然な発展に任されている。

2016-03-07

http://anond.hatelabo.jp/20160307162413

お前みたいな主語の大きさを気にする奴にとっては、日本人日本語母語とする人々である、みたいな文でも主語がでかいって噛みつくんだろうな

2016-02-28

海外で働くことになった技術者達へ

シャープの件もあり、[日本のものつくりが終わった]、などとよく目にするようになりました。

しかし、ものつくりの今後うんぬんの議論よりも、我々は目先のお金を稼がなければなりません。

私は、10年前から海外技術者として仕事をしています私自身はもう結構な歳になるのですが、

今後数年、本格的に海外(*)で働く技術者が増え始めると思い、海外で働くうえで必要なことを書いてみます

(*)ちなみに日本ではありがちな海外シリコンバレーという意味ではなく、ここでは全世界を指します。

台湾韓国中国はもちろん、ドイツイスラエルなど技術力の高い企業研究機関がある世界中の国へ

今後日本人技術者は流れていくだろうと、私は考えています

結論を言うと、海外適応して働いていくためには

1.現地語を覚える。

2.批判愚痴を言わない。

3.不快なことをされても気にしない

です。

技術というと、専門の経験年数、論文の多少などがイメージやすいですが

上記の3つは働いていく上ではそれよりも重要だったりします。

1.現地語を覚える。

技術うんぬんよりもまず、職場人達と上手く協調しなければなりません。

現地語が英語や完全な多国籍企業での場合は、まだ良いのですが、

企業によってはほぼ社員が現地人で、少しだけ外国人、のような企業がよくあります

この場合、現地語がわからないと仕事ができません。この場合英語じゃダメです。

なぜなら現地人同士は現地語(母語)で仕事しており、外国人仕事をするのが面倒だと感じるからです。

最初英語でも良く、彼らも付き合ってくれますが、そこに甘えてはいけません。

いつまでたっても現地語を覚えないと、だんだん相手にされなくなります

2.批判愚痴を言わない。

日本から来られる方に特に多いのがこれです、20代でも60代でも愚痴ばかり言う人は常に言っています

そして決まって日本仕事感と比べて、その国の現地人の働き方は未熟だ、適当だ、問題だらけだ、

と言っているのです。誰かを批判することで安心したい気持ちはわかるのですが、

それは何にもならないムダな行為です。外国で働くことの不安から愚痴を言うことで安心しているだけです。

常日頃から愚痴を言っていると、現地人に対して接する時もそれが出てしまうのです。

現地の人にもそのことが伝わってしまい、意思の疎通が上手くいかなくなり、必要情報が回ってこなくなります

そうするとどんどん疎遠に→さら愚痴が多くなり→仕事ができない→どんどん疎遠に・・・

繰り返すことになります

3.不快なことをされても気にしない

海外民間企業で働き続ける、というのは案外泥臭かったりします。

仕事がもらえなかったり、仕事嫌がらせされたり、外国人ということで無視されたりもします。

こんなことは当たり前だと思った方が良いです。(私は慣れてしまいました・・・

でもそんなことは気にしてはいけません。恥をかいても差別を受けても

にこやかな笑顔になって心の中でSo What?(だから何?)と思っておけば良いです。

正当な仕事の内容なら議論すべきですが、無意味揶揄差別無視しましょう。

例えば仕事関係ない政治外交問題日本文化バカにするような議論を吹っかけてくる人もいますが、

相手にしたり反論する必要もないです。やり返してやろうなんて思わなくてもよいです。無視、でいいです。

以上を意識していれば海外でも働いていけます

逆に言うと、現地語を覚えない人、批判愚痴が多い人、周囲を気にしすぎな人は、

ほぼ海外適応できていません。短くて半年、長くて3年で日本に帰っています

精神負担がかかり、疎外感・孤独感に耐え切れなくなり、帰ってしまうようです。

そういう方は無理をせず、一度日本に帰られて、

日本で職を見つけるか、しばらくしたら再挑戦するのが良いです。

最後・・・

自然科学工学を専攻してきた技術者研究者の皆様、

貴方達が受けてきた教育はもちろん、身に着けてきた技術・知識は世界の中でも

とても高水準であり、世界に誇れるものです。

海外で働く上で、個々人の家庭や病気など、いろいろな問題があることは理解していますが、

問題を受け止め、乗り越えて働いていきましょう。

この投稿が何かの参考になったら幸いです。

おしまい

2016-02-20

http://anond.hatelabo.jp/20160220112047

>日本語母語

冗談抜きで中国ベトナムあたりに行って嫁を探せばいいのにと思う。

財布としてしか見られないなんて嫌やーと思うかもしれないが、

経済力が有るのは男性として立派」という価値観が残っている世界もあるにはある。

それで評価されるんだから悪いことじゃない。


はっきり言うが、そんだけやって縁がないってのは

元増田コミュニケーションに何か難点が有るんだよ、きっと。

からこそ尚更外人結婚しろ

「言わなくても解れ」「空気嫁」を前提にしている日本人恋愛コミュニケーションが向いてないんだよ。

言いたいことをちゃんと言わないと通じないが故に、コミュニケーションがとれて上手く行く国際結婚は多い。

彼女できないぞ日本死ね

普通に生きてれば彼女ができて当たり前、という日本の風潮。

30過ぎても一向に彼女ができないぞ。33童貞男子日本死ね

ちゃんと一人前に稼いで納税して奥さんの奴隷になってもいいから結婚して子ども育てたいんだよ。

アラフォー女でもメンヘラでもいいんだよ。生身の女と付き合いたいんだよ日本死ね

理想が高いから彼女できないんじゃないの?と言われ続けて早10年。

はぁ? オレの理想日本語母語40代以下だったら身体障害者だっていいわ。

しろ子ども産めなくてもいいから、一緒にいてくれる人であればそれ以上の贅沢いわない。

と に か く 誰 も 付 き 合 っ て く れ な い ん だ よ ! 日 本 死 ね !

外見を変えるのも自分でできるかぎりの努力したし、周囲の評価は見違えるほどに変わったよ。

174cm&92kgの肥満体を62kgまで落とし、服装もここ数年で100万以上かけた。

あとハゲはいない日本死ね

プライドかなぐり捨てて色んなツテを頼って女性を紹介してもらったり、

婚活サイトやら街コンやら色んな出会いイベント使いまくったわ。

デート100人以上とした。それでも彼女ができない日本死ね

100分の1人くらいオレをかまってくれてもいいんじゃない日本死ね

経済力は同年代の平均より少し高いくらいだし、少なくともそこで足切りされるレベルじゃない。

シンママとか、障害持ってる女性とか、世間的に言えば条件が悪い女性とも出会いを求めてみた。

いま流行りの非正規ドル貧困女子みたいな人にも何人か声をかけてみた。

みんな何回かデートするまではいくんだけど、正式交際を申し込むとアウト。

「○○さんに私なんかもったいない」とか断わられる。もったいなくないです日本死ね

オレのダメ出ししてもらうため、何人か知人女性に模擬デートしてもらったが

特に悪いところはないどころか、普通の男よりはだいぶマシとまでお墨付きをもらった。

でも、彼女ができない日本死ね

色んな恋愛セミナーに通ったさ。

セミナー講師は口をそろえて「○○さんに彼女ができないのはおかしいなぁ(´・ω・`)

なんて言いやがる。お気持ちありがたいです日本死ね

今日事故で身体に障害負った40代女性と3回目のデートする予定。

オレがとあるボランティア活動で知り合った人だ。

オレが車いす押して美術館デート食事してデートの終わりに交際申し込む。

これでダメならオレはもう彼女探しはやめる。

こんなに彼女作るのが難しい日本死ね。というか今日ダメだったらオレが死ね

---------

(追記)

この日のデートの結果報告です。

http://anond.hatelabo.jp/20160220235709

2016-02-16

猛虎弁増田論理学増田)の語るピジン語としての猛虎弁(民賊学)

  1. 猛虎弁ピジン語かつ大阪弁にならって作られている。
  2. なんJ民と一般市民との橋渡しを行う役割を担ってる。
  3. 猛虎弁増田当人いわく日本語不自由しており、しかピジン語としての猛虎弁は話せるという。

1.猛虎弁ピジンである

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%B8%E3%83%B3%E8%A8%80%E8%AA%9E#.E7.89.B9.E5.BE.B4

語彙はベースとなる言語に比して極端に少ない。一つの単語多義的に用いられる。

この特徴に合致しない。

2.なんJ民と一般市民との橋渡しを行う役割を担ってる

先日、

現地人と貿易商人などの外国語を話す人々との間で異言語間の意思疎通のために自然に作られた接触言語

という定義に基づき一国として分離した地域、あるいは自治区などの場所を想定してなんJ民は日本とは隔離された地域である規定した。

ところがピジンであることがすなわち自治区の成立とは何も関わりがないとする反論を受けた。

このことにより猛虎弁は「ピジン語かつ、なんJ民族」(とはっきり当人表記している)の言語であり自治権はなく国家としても成立していない」

といっている。

まりロマのような立場想像すると良いだろう。

他に民族として存在確認されているが、多(他)言語が堪能で正式国家へと統合もされていない、という民族は少ない。

もしそのような形態民族がいた場合ネイティブアメリカンと同じく迫害を受けているか正式国家人員として認められない移民である


3.猛虎弁増田当人いわく日本語不自由しており、しかピジン語としての猛虎弁は話せるという。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%B8%E3%83%B3%E8%A8%80%E8%AA%9E#.E3.83.94.E3.82.B8.E3.83.B3.E8.A8.80.E8.AA.9E.E3.81.AE.E4.BE.8B

太平洋戦争中のラバウル航空戦で、米軍航空機に押されて活動の鈍った海軍機を見て現地人がこう言っていた。「ジャパン、プレーン、ナンバーワン、マラリア」 意訳「日本飛行機は第一級だが、今はマラリアにかかっていて動けない」

こほかにも上記にはピジン語としての例示がなされているが、ここにも問題がある。

  1. ピジン語の表記は簡潔で、猛虎弁ほど体系化されている形跡は見られない。
  2. 猛虎弁増田ピジン語を話せて日本語が話せない割に、ピジン語以外の日本語積極的に書き込んでいる。
  3. ピジン語のクレオール化が進んでいる場合猛虎増田日本語不自由している、と自己申告した内容と若干矛盾する。
  4. 3の場合でも、ピジン語が広く伝播した後に母語ベース言語勉強した可能性が残される。しかしその場合でも日本語が堪能であった事実は覆せない。猛虎弁に含まれ日本語としては、あまりにも標準語化されており流暢である

猛虎弁増田のいうことが正しければ、猛虎弁はそもそも成立しておらず、矛盾している。

一行で

言語として:

なんJ派生猛虎弁は、なんJ民と日本民族の橋渡しを行う簡便なピジン語であり、かつ(ピジン語なのにw)豊富日本語体系を有している(!)。猛虎増田日本語習得者ではない割に、流暢な日本語を話せるピジン語使いである(!?)」

民族として:

なんJ民は特定派閥形成しているが、自治区国家などはもたず、しか多民族との交流の形跡が見られる。こうした背景から歴史的前例により被迫害民族である可能性を持つ」

http://anond.hatelabo.jp/20160204104102

2016-02-13

ゲームを遊べ、現実破壊しろ

http://togetter.com/li/937461

子供ゲームに熱中して現実をおろそかにするというなら、破壊するべきは、ゲームではなく現実のほうだ。

ゲームは公平で平等だ。

老若男女誰にでも楽しめる。

性別宗教国籍も嗜好も思想も貧富も容姿障害も「コミュ力」も関係なく、ゲームは万人を受け入れて、同じステージで遊ばせてくれる。

ゲームは無作法を許す。

でも、根本的なルールは丁寧に順序立てて教えてくれる。

努力すれば必ず報われ、失敗しても攻略法を考えて何度でもやり直せる。

レベル難易度に応じた適切な課題を、飽きないようにたくさん工夫した形で、繰り返し与えてくれる。

ゲームは、子供を惹きつけるために、ほんのわずかな武器しかない。

さな画面、数個のボタン、限られたサウンド。

暴力権力強制力も怒鳴り声も使えない。

それでも子供の移り気な興味を惹いて、いくつもの難しいステージクリアしてもらおうと考え抜かれている。

どんな順序で何を見せていけば良いのか?

奥深いゲームルールをどう覚えてもらえば良いのか?

新しいアイテムスキルを使った時の喜びを、どうやって大きく感じてもらうか?

ゲーム破壊する「教育ママ」達。

ゲーム嫌悪する教育熱心なご両親方

現実」(と呼ばれる自分たちやらせたいこと)をかえりみないと嘆く多くの大人たち。

あなた達はゲームに敗北しているのだ。

ゲームの洗練された文化に。

その技術芸術に。

あなた達のように振り回す手足もなく、怒鳴る口もなく、電源を入れてもらえなければ無言でいつまでも待ち続ける。

そういう小さく無力な機械に敗北しているのだ。

大勢天才的なクリエイターが何千人月も掛けて真剣デザインした作品に対して、あなた達の暴力権力言葉や、描き出す貧相な世界が、惨めに敗北を喫しているのだ。

あなた達は、ゲームを作り上げたクリエイター達と同じくらい真剣に、子供のことを考えたのか?

本当の子供の目線で、どうすれば子供自分たちの考えた通りに興味を示し、覚え、身につけ、行動してくれるか、考えたのか?

子供には現実の辛さも教えないと……」

その現実の辛さを、なぜ我々は、セックスのやり方より先に子供に教えなければならないのか?

幼少期に染み込ませた「現実の辛さ」とやらで、我々は子供たちに何をやらせたいのか?

将軍様の号令の下、どこかの大陸出兵して女子供を皆殺しにする。

現実の辛さ」に耐えてそういうことができる人間を育てたい。

そういう話なら納得できる。

だが、もし、人間らしく生きる人間を作りたいなら

——多様な選択肢の中で、自分の適性と手持ちの武器に合わせて目標を選び、仲間と一緒に努力してクリアし、その成功を分かち合う。そういう人間を育てたいなら——

なぜ、破壊するのがゲームではなく現実であってはならないのか?

もし現実が、公正でも平等でもなく、やり直しが認められず、苦痛に満ち、わずかな楽しみもない場所であるなら。

現実が、理不尽ルールに満ち、納得できない気持ちごまかしながら、退屈で単調な日々をただ過ごしていく場所であるなら。

まれた人にだけ開かれていて、そうでない人の前には門戸を閉ざし、異なる人間を蔑んで、互いに触れ合うことを禁じる場所であるなら。

大きすぎる問題を前に、まともな知識もアイテムスキルも与えられずに、無力感に苛まれたまま押し潰されてゲームオーバーする場所であるのなら。

もし、現実が、そういう場所であるとしたら、なぜ、破壊するのが現実であってはならないのか?

なぜ我々は、現実の方を破壊して、ゲームのようにしようと考えないのか?

なぜ我々は、現実ゲームのように、寛容で公正なルールを備え、レベルに応じた適切なヒントと問題・適切な資源が与えられるようにしないのか?

なぜ現実を、誰にでも開かれ、どんな母語のどんな状態の人でもコミュニケーションが取れ、それぞれが役割を果たせるようにしないのか?

なぜ、何度かの失敗とやり直しを許し、いつでも好きな時に参加や離脱が可能なようにしないのか?

なぜ、たくさんの作品があり、多様な選択肢があり、自分の興味と能力に合わせて好きなステージジョブを選べるように、現実を彩り豊かにしないのか?

ゲームを遊び、ゲームから学ぼう。

そして、現実のほうを破壊しよう。

2016-02-06

わたしくらい左寄りだと周りが皆右に見える

君たちがはてサと呼んでるbogusくんやApemanくんもわたしに言わせればただのネトウヨにすぎない

そんなわたしも本物の中に混じるとまだまだ左には左がいるな、精進しなければと謙虚になることもある

と言って、わたし極左だというわけではない

はてなは全体的に右寄りすぎるので、ここにいると自分が左寄りなのではと錯覚してしまう人が多いのではと懸念するのだ

そもそも世界知的階層共通語英語なので、ネット使用する言語のうち英語の占める割合が半分を切っているようならば、ネトウヨ化している自覚を持つべきだ

なお、言うまでもないがここでいう英語とはアメリカイギリスで話されているローカル言語のことではない

地域性の高い話題ならば英語以外を使うこともあるだろう

わたしの知る限り、知的サークルに属する人間国連公用語である五カ国語すべてを自由に使いこなせないものは一人もいない

わたしの知る限り」が指す範囲がいかほどのものか、あえて説明するまでもなかろうが、この投稿へのブクマ数より一桁多いと言っておく

この投稿を読んでいる君に高度な語学力があれば、助詞の使われ方や構文の特徴からわたし母語をかなり正確に推定することができるだろう

それができないようであれば、君の語学力だけでなく人権意識国際感覚にも疑問符を付けざるを得ない

なぜ語学力の有無だけでそんなことを言えるのか分からないのであれば、さら実用レベル統計学の知識もないことになる

紛うことなネトウヨである

2016-02-05

猛虎弁増田論理学増田)の語るピジン語としての猛虎弁(民賊学)

  1. 猛虎弁ピジン語かつ大阪弁にならって作られている。
  2. なんJ民と一般市民との橋渡しを行う役割を担ってる。
  3. 猛虎弁増田当人いわく日本語不自由しており、しかピジン語としての猛虎弁は話せるという。

1.猛虎弁ピジンである

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%B8%E3%83%B3%E8%A8%80%E8%AA%9E#.E7.89.B9.E5.BE.B4

語彙はベースとなる言語に比して極端に少ない。一つの単語多義的に用いられる。

この特徴に合致しない。

2.なんJ民と一般市民との橋渡しを行う役割を担ってる

先日、

現地人と貿易商人などの外国語を話す人々との間で異言語間の意思疎通のために自然に作られた接触言語

という定義に基づき一国として分離した地域、あるいは自治区などの場所を想定してなんJ民は日本とは隔離された地域である規定した。

ところがピジンであることがすなわち自治区の成立とは何も関わりがないとする反論を受けた。

このことにより猛虎弁は「ピジン語かつ、なんJ民族」(とはっきり当人表記している)の言語であり自治権はなく国家としても成立していない」

といっている。

まりロマのような立場想像すると良いだろう。

他に民族として存在確認されているが、多(他)言語が堪能で正式国家へと統合もされていない、という民族は少ない。

もしそのような形態民族がいた場合ネイティブアメリカンと同じく迫害を受けているか正式国家人員として認められない移民である


3.猛虎弁増田当人いわく日本語不自由しており、しかピジン語としての猛虎弁は話せるという。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%B8%E3%83%B3%E8%A8%80%E8%AA%9E#.E3.83.94.E3.82.B8.E3.83.B3.E8.A8.80.E8.AA.9E.E3.81.AE.E4.BE.8B

太平洋戦争中のラバウル航空戦で、米軍航空機に押されて活動の鈍った海軍機を見て現地人がこう言っていた。「ジャパン、プレーン、ナンバーワン、マラリア」 意訳「日本飛行機は第一級だが、今はマラリアにかかっていて動けない」

こほかにも上記にはピジン語としての例示がなされているが、ここにも問題がある。

  1. ピジン語の表記は簡潔で、猛虎弁ほど体系化されている形跡は見られない。
  2. 猛虎弁増田ピジン語を話せて日本語が話せない割に、ピジン語以外の日本語積極的に書き込んでいる。
  3. ピジン語のクレオール化が進んでいる場合猛虎増田日本語不自由している、と自己申告した内容と若干矛盾する。
  4. 3の場合でも、ピジン語が広く伝播した後に母語ベース言語勉強した可能性が残される。しかしその場合でも日本語が堪能であった事実は覆せない。猛虎弁に含まれ日本語としては、あまりにも標準語化されており流暢である

猛虎弁増田のいうことが正しければ、猛虎弁はそもそも成立しておらず、矛盾している。

一行で

言語として:

なんJ派生猛虎弁は、なんJ民と日本民族の橋渡しを行う簡便なピジン語であり、かつ(ピジン語なのにw)豊富日本語体系を有している(!)。猛虎増田日本語習得者ではない割に、流暢な日本語を話せるピジン語使いである(!?)」

民族として:

なんJ民は特定派閥形成しているが、自治区国家などはもたず、しか多民族との交流の形跡が見られる。こうした背景から歴史的前例により被迫害民族である可能性を持つ」

http://anond.hatelabo.jp/20160204104102

2016-02-04

http://anond.hatelabo.jp/20160204143839

ピジン言語とは非母語話者のために簡略化された言語である

ピジン言語を使う人間の多くはそのベースとなった言語を使えない。

猛虎弁を使えるなら日本語も使えるはずだ、という主張は間違っている。

2016-01-26

最近東・東南アジア旅行英語使うのついに辞めた

英語北京語の話者だが、最近ついに英語使うのやめて、日本語北京語にすることにした。

20年前はこんなことなかったと思うのだが、もう英語使ってもフィリピン以外は現地人も下手くそなので、あまり意味ないなーと思い日本に変えた。

昔はそれはカッコ悪い事だと思っていたのだけど、実際問題、楽すぎて、もう日本語でいいや、母語だし。

後は、北京語の通用度合いも年々上がってきているのも、なかなか興味深い。

2016-01-18

http://anond.hatelabo.jp/20160118143352

アメリカに住んでるけど、英語話して驚かれることなんて皆無だぞ。

ていうか日本外国人と話してても英語話して驚かれたことなんて記憶にあるかぎり1回くらいしかない。

こっちの英語が下手糞だから聞き返されることめちゃ多いし、十分に意味が伝わりきらずに会話が終わってしまうこともしょっちゅうある。

多分増田がいるのは外国人慣れしてない地域でかつ英語母語じゃないというのが効いてると思う。

2015-12-14

英検という仕組みの現代ジャパンにおける存在価値のなさについて


そもそもなんで母国語でなく真っ当にジャッジ出来無いにもかかわらず、未だに偉そうに検定とか言って若人を引き込んでるのか、ほんとうに意味不明TOEFLGRE、GMATなんか一度でも受けたことあれば、いかにあんなもん意味ないかよく分かるでしょ。

あれで利益を得ている、雇用が…みたいなナイーブ(どうせたいしてないから)な視点は仮にあったとしてもインパクトが小さいので、おいておいたとしてもさ。

独検仏検だのなんだの…、大抵の言語は、それを母語とするコミュニティによって一番多く研究、普及、それに向けての投資がされているので、わざわざ日本人が無理して国内でごチャゴたやる事に何の意味があるのか。

提携でいいじゃん。

2015-11-08

セミリンガルの分かれ道

母語を奪うこと、セミリンガルにすることの残酷さ 

http://togetter.com/li/896780

まとめの状況とは多少違うが小学生とき親の転勤で海外暮らしをしたことがある。

 

いつ帰国するかわからない状況で渡航し、現地の学校に入れさせられた。

親は教育熱心で幼少期からアルファベットや簡単な英会話を教えられていた。

そのため現地校の授業における言語ハードルは数ヶ月のうちに無くなった。

しかし初の海外でのカルチャーショックは大きく、他人と壁をつくることが多かった。

 

一心の支えだったのが日本から持って行った本だ。

自分の本を読み終えると親の本棚から何冊か取って読み漁っていた。

本を読んでいる間は母語での思考ができた。

英語での授業は受けられるが自己表現はできない状況だった。

小学生レベルの授業には問題なくついていけても思考はできないと感じていた。

そのような状況で母語を忘れてしまえば自分アイデンティティを失うんじゃないかと思った。

時間があればひたすら日本語の本を読んだ。しかしそれは次第に英語学習の妨げになっていった。

テストの成績が伸び悩むようになり、親はそれを読書のせいだと考えたようだった。

 

「本を読むな」「学校勉強しろ

まりにも残酷だった。

それでも唯一自分アイデンティティ日本に繋いでくれるものを切り離せるわけがなかった。

親に隠れて本を読むようになった。夜寝たふりをして布団の中で読み続けた。

自分日本人として日本語が出来なくてはいけないと暗示をかけ続けた。

 

 

数年後、無事日本に帰れることになった。帰国枠で受験合格した。

クラスには自分と似た経緯で海外暮らし経験した人がいた。

完全に帰国子女雰囲気だった。話をしてみると、自分と同じ程度の英語能力はあったが日本語は下手だった。

彼は日本人アイデンティティを持っていならがも2つの言語を混ぜなければ自己表現できなかった。

受験出会った帰国子女は彼のようなケースが多かった。日本語英語も完全ではない。

日常会話は出来ていても思考文章化することができない。学校の成績も英語以外は悪い。

 

 

もしあのとき自分読書を諦めていたら同じようになっていたはずだ。

たまたま良い本との出会いがあっただけ。どこで道が分かれるかはわからない。

そんな小学生の時の些細なきっかけで思考に差が出ることを怖いと思った。

2015-10-16

日本人国際感覚に疎い理由がわかった。

示唆を与えてくれてありがと!日本人が気兼ねない母語で会話する相手は、大抵自分と同じ日本人ってこったね。

http://anond.hatelabo.jp/20151016115732

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん